汚泥溶融炉、灰溶融炉に関して勉強したいと思っていますが、
あまり書籍などが世の中に出回っていない様に思えるのですが・・・

溶融炉の概論や運転方法・理論、システム構築、制御などジャンルは
問わないので入門書、入門HPなどがありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「絵とき 廃棄物の焼却技術」
http://www.toray-research.co.jp/report/kankyo/od …
(汚泥リサイクル技術の最新動向)
=============================
ごみ焼却技術絵とき基本用語/タクマ環境技術研究会…/オーム社/1998.7 
=============================
これら以外にもネット検索で「汚泥 灰 溶融炉」で検索すると沢山Hitしますので参考にしてください。

ご参考まで。

参考URL:http://www.ohmsha.co.jp/data/books/contents/4-27 …

この回答への補足

早速の回答、ありがとうございます。
実は上記「絵とき~」は既に持っていて読んでみたのですが、
もうちょっと簡単なほうが・・・(素人なもので(^^ゞ)
タクマのほうはストーカー炉などがメインなので・・・(わがままで恐縮です)

補足日時:2001/10/10 22:06
    • good
    • 0

灰溶融炉ならは.


「ガラス炉」や「フリット炉」
があります。窯業関係の本を探してみてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q下水汚泥焼却灰の中にケイ素?

下水汚泥の焼却灰について調べています。
下水汚泥の焼却灰というと、自分のイメージでは微生物に下水の有機物、他窒素やリンなどを食べさせて出来た微生物の余剰汚泥を、焼却によって有機物と水分を除去したものという感じなのですが、
下水汚泥焼却灰の成分を見るとどの場合もケイ素がSiO2ベースで20%程度、ものによっては最も多く含まれています。
他のものは何となく分かるのですが、なぜ下水汚泥の焼却灰にケイ素がこれほど多量に含まれているのでしょうか?
何由来のケイ素なのでしょうか? 自分の知識だと石や稲わらといったあまり下水汚泥とは縁のありそうにないものしか思いつきません。

ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

地殻の約25%は二酸化珪素です
いわゆる砂です
土の主成分も二酸化珪素です
ほこりがあるところ二酸化珪素ありです

Q汚泥のpH低下

 ある汚泥をしばらくの期間、ばっ気、攪拌しておくとpHが6から3くらいにまで下がりました。いろいろ理由があると思いますが教えてください。
 また、このpH低下が原因で自己消化率が低下することはあるのでしょうか?その場合、苛性ソーダなどで中和すれば回復するのでしょうか?

Aベストアンサー

活性汚泥槽でPHが下がる原因は一般にBOD負荷量が少なく過曝気状態になって、窒素分がNO3-N態になるからです。苛性ソーダでの中和も可能ですが、適正なBOD負荷(0.1~0.4kg/m3・day)を曝気量をD0が2~3mg/L程度に保って運転すべきです。

Q活性汚泥について

「活性汚泥に出現する微生物の分類」についての質問なのですが、大まかに分類すると、細菌類、菌類、藻類、原生生物、微小後生動物の5分類になるのでしょうか?
また、菌類及び藻類の代表的指標微生物にはどのような微生物がいるのかが良くわかりません。良ければ、各分類ごとの代表的指標微生物及び特徴を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

菌類(カビ類)及び藻類は良好な活性汚泥中にはめったになく増殖した場合
は沈降性が阻害されるなどの影響がでます、そのためネット上でも活性汚泥中
の菌類(カビ類)及び藻類の情報はあまりみつかりませんでした。

参考になるものとして

活性汚泥の微生物はどんなものなの?
http://www.city.yokohama.jp/me/cplan/mizu/qa/syori/001.html

その他

活性汚泥-微生物研究
http://www.sanyosetsubi.co.jp/kassei_odei.htm
藻類についてはHP下の方

はたらく微生物
http://www.water.city.nagoya.jp/report_pages/condition_pages/sewer_pages/biology.html

水をきれいにする微生物
http://www2.gunmanet.or.jp/khiroshi/know/microorg.html

参考URL:http://www.city.yokohama.jp/me/cplan/mizu/qa/syori/001.html,http://www.sanyosetsubi.co.jp/kassei_odei.htm,

菌類(カビ類)及び藻類は良好な活性汚泥中にはめったになく増殖した場合
は沈降性が阻害されるなどの影響がでます、そのためネット上でも活性汚泥中
の菌類(カビ類)及び藻類の情報はあまりみつかりませんでした。

参考になるものとして

活性汚泥の微生物はどんなものなの?
http://www.city.yokohama.jp/me/cplan/mizu/qa/syori/001.html

その他

活性汚泥-微生物研究
http://www.sanyosetsubi.co.jp/kassei_odei.htm
藻類についてはHP下の方

はたらく微生物
http://www.water.city.nagoya...続きを読む

Q活性汚泥の種菌について

活性汚泥法である毒性のある廃液を処理しようと実験をしようとしています。
知り合いから、活性汚泥の種菌を揃えていて、販売してくれる業者さんが有ると聞きました。
ただ、その知り合いもうろ覚えで詳しいことが判らず、困っています。
もし、そのような業者さんをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

始めまして。
補足より、処理目的物質はヒドラジン類と思われます。
活性汚泥法は好気性処理ですが、還元性物質が多く含有している場合は、DOが低下して嫌気状態となります。よって、好気性処理が出来る状態に前処理を行なわなければなりません。もし、低濃度のヒドラジン類であれば、微生物を投入する前に曝気のみでアンモニア性窒素にまで一次分解を行ないます。この状態であれば土壌菌レベルでも硝化が行なえます。(接触曝気法など)
高濃度の時は、苛性ソーダ等のアルカリ剤でpH11以上でも分解します。この場合はアンモニアストリッピング法でアンモニア性窒素を分離した後、通常の活性汚泥法で処理を行なえると思います。但し、銅やニッケル等の金属イオンが含有していると、先に分離処理が必要です。

Q活性汚泥の管理システム

活性汚泥による廃水処理は、専門の技術者などが管理しないとうまく処理できませんよね.
そこで、これまで数多ある活性汚泥の管理技術、判定基準などをまとめてコンピュータなどでシステム化できれば、管理もいくらか楽になるし、便利なのに・・・と考えたりしています。
現在のところそういったシステムというのはあるのでしょうか?それとも、そんなものを作ってしまったらいままでそれを食い扶持にしてきた人たちの仕事がなくなってしまうから、作らないのかな?

Aベストアンサー

畜産廃水処理ですが、以下のものを募集しています。

*********************転載自由ここから************************
このメールは転載自由です。関係のあるメーリングリストや掲示板等への転載をお願いします。

=============================================================
  「活性汚泥判断システム(試作版)」の試用者募集について
=============================================================

畜産環境技術研究所(ILET)では、畜舎汚水の活性汚泥処理施設の管理を補助するシステム(以下「活性汚泥判断システム」)の作製を行っております。

「活性汚泥判断システム」は、活性汚泥処理施設に問題が起きた場合に、一般畜産農家が解決策を立てるのを手助けするためのプログラムです。プログラムは、曝気槽の様子や汚泥の顕微鏡観察について一問一答の質問に数回答えることによって、解決策が得られるようになっています。顕微鏡観察は難しいと思われるかもしれませんが、イラストや写真等を使ってサポートすることにより、容易にできるようになっています。

現在、プログラムの骨子はできあがっているのですが、実際の試用を通して調整する必要があると考えています。そこで、「活性汚泥判断システム(試作版)」を試しに使っていただける人を募集します。

募集期間は2002年7月1日から2002年9月30日までです。

顕微鏡や測定器具を持っていない場合には、貸し出しいたします。試用者の条件等、詳しくは、以下のページをご覧ください。
http://ns2.shirakawa.ne.jp/~ilet/kkk/kasseiodei/handan_bosyu.html

なお、「活性汚泥判断システム」は、完成後はインターネット上に一般公開する予定にしておりますので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

連絡先:畜産環境技術研究所 長峰孝文
    e-mail: ilet2@shirakawa.ne.jp
**********************転載自由ここまで************************

参考URL:http://ns2.shirakawa.ne.jp/~ilet/kkk/kasseiodei/handan_bosyu.html

畜産廃水処理ですが、以下のものを募集しています。

*********************転載自由ここから************************
このメールは転載自由です。関係のあるメーリングリストや掲示板等への転載をお願いします。

=============================================================
  「活性汚泥判断システム(試作版)」の試用者募集について
=============================================================

畜産環境技術研究所(ILET)では、畜舎汚水の活性汚泥処理施設の管理を補助するシステム(...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報