比較優位と絶対優位の違いについてわかりやすく教えていただきたいです。お願いいたします。

A 回答 (2件)

 テレビでもおなじみの伊藤元重、経済学を解りやすく説明している本が沢山あります。

その中から「比較優位」についての説明を見つけだしました。以下に引用します。
 いま、アインシュタインが彼の弟子といっしょに仕事をしていたとします。仕事は2種類の作業に分けることができ、ひとつは理論的な構造について考える創造的作業、もうひとつは論文をタイプしたり資料を整理したりする補助的作業であるとします。この2つのどちらの作業も、研究上欠かせないものとします。
 いま、アインシュタインは、どちらの作業に関しても弟子よりも有能であったとします。たとえば、能力を仕事のスピードで測れるとして、アインシュタインは創造的作業に関しては弟子の5倍、補助的作業に関しては弟子の2倍のスピードで仕事を完了することができるとしましょう。この場合、アインシュタインは、作業を全部自分でやってしまって、弟子にはなにも任せないほうがよいのでしょうか。また、弟子はこんなに優秀なアインシュタインと一緒に作業するのでは、アインシュタインに搾取されるばかりなので、ひとりで別に研究したほうがよいのでしょうか。
 もちろん、答えはは否です。アインシュタインも弟子も1日24時間という時間的制約に縛られています。したがって、この時間的制約のもとで最大限の成果をあでようと思ったら、両者が協力して分業したほうがよいのです。この場合、アインシュタインは創造的な仕事をさせれば、補助的な仕事の2.5倍の仕事をするのですから、アインシュタインは創造的な仕事に特化し、それを補うため弟子が保持的な仕事を行えばよいのです。
 このような状況のとき、アインシュタインは創造的仕事に「比較優位」があり、弟子は補助的な仕事に「比較優位」があるといいます。国際貿易における比較優位とは、ここでの2人の人物を国に置き換え、2つの作業を産業に置き換えることでそのままあてはまります。
 『入門 経済学』伊藤元重著 日本評論社 1988. 1. 5
    • good
    • 1

いま、二財(x 財, y財)二国(A国, B国)モデルを考えます。


各財のそれぞれの国価格は表のようになっているとします。

財\国 A  B
x    2  8
y    3  4

したがって、自由貿易が開始されると、A 国で x 財を買って B 国へ行って売り、B 国で y 財を買って A 国へ持ち帰って売ることで利益が出ますから、A 国は x 財を輸出し B 国は y 財を輸出します。これが比較優位です。

しかし、B 国の価格は x 財、y 財ともに A 国よりも高いです。完全市場を仮定すれば生産コストと価格は一致しますから、どちらの財もA国で作った方が安いはずです。このような場合、A 国は x 財、y 財ともに絶対優位を持っているといいます。
勿論、だからといって両方とも A 国で作るようにはなりません。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもしも、アインシュタインさんが存在してなかったら

もしも、アインシュタインさんが生まれてこなかったなら、
アインシュタインさんが唱えた相対性理論の発見は、アインシュタインさんが発見した時から、
何年くらい遅れて(誰かが)見出していただろうと推測出来ますか?
答えはないでしょうから、みなさんの感覚でOKです。

Aベストアンサー

多分あまり変わらなかったでしょう。

特殊相対論はポアンカレが1899年に発表したものとほぼ同じものだし、
一般相対性理論はヒルベルトとの先取権争いがありました。

天才は彼一人ではなかったということです。

Q池田信夫氏の『内田樹氏の知らない比較優位』について

http://news.livedoor.com/article/detail/5978857/

経済学について疎いので教えていただきたいです。
経済学というのは形式的なことが多く、
人間の幸せについて考慮されていない(見えないふりをしている)と常々感じている者です。
言葉尻をつかまえるのでなく、本質的なところを教えていただきたいのです。
参考URLを見てもらうと早いのですが、
この中に以下のような参考の文章が引用されています。

引用--------------
アメリカでは1000万本のバラを栽培しているが、これに使う資源で10万台のコンピュータを生産できるとしよう。他方、南米では同じ資源で3万台のコンピュータしか生産できないとすると、アメリカでバラの生産をやめて全量を南米から輸入したら、南米のバラの生産は1000万本増えてコンピュータの生産は3万台減るが、アメリカではバラの生産がゼロになってコンピュータの生産が10万台増える。つまり世界全体では、バラの生産量は変わらないが、コンピュータの生産量は7万台増える。
--------------引用おわり

これは結局のところ、生産量とか富(≒お金)が増えたということで、
アメリカでバラ生産に従事していた労働者は職を失ったことで不幸になりましたよね?
幸せがアメリカ労働者から南米労働者へ移ったということにはならない、
そういう意味でプラマイゼロにはならないのでしょうか?

また、経済学では生産量や富が増えることが無条件に是とされていると思いますが、
それらが増えることで有限資源がゼロに近づいているということは考慮されているのでしょうか?

また、比較優位というのは効率の良いほうに任せるほうがいいということだと思います。
効率の悪いほうから効率の良いほうに任せた場合、
効率の悪いほうの人(国・企業など)たちは一時的にしろあぶれるわけですが、
その人たちはムダ(不要)ということですよね?
少なくともその比較の上では存在価値がなくなった。
ということは、その人たちは突き詰めれば「経済的には役立たずだから、死ね」
というのと同じなのでしょうか?

そういう意味で、富は増えたかもしれませんが、
幸せは移動しただけ、ゼロサム的になった、
そういう意味とは違うんでしょうか?

貿易黒字・貿易赤字などの言葉の意味はここではスルーでお願いします。
このケースでの「幸せ・不幸」は失業に伴う労働者の「不幸感」みたいな
漠然としたものかもしれませんが、
それに納得いただける方の回答をお待ちしています。
よろしくお願いします。

http://news.livedoor.com/article/detail/5978857/

経済学について疎いので教えていただきたいです。
経済学というのは形式的なことが多く、
人間の幸せについて考慮されていない(見えないふりをしている)と常々感じている者です。
言葉尻をつかまえるのでなく、本質的なところを教えていただきたいのです。
参考URLを見てもらうと早いのですが、
この中に以下のような参考の文章が引用されています。

引用--------------
アメリカでは1000万本のバラを栽培しているが、これに使う資源で10万台のコンピュータ...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんは『比較優位論』という複雑怪奇な理論の迷路に踏み込んでしまっているように見受けられます。ちなみに、池田氏のブログでの引用は比較優位論の正しい引用ではありません。理論の半分しか引用されていません。思うに、池田氏も比較優位論を理解していないのでしょう。経済学の基本的な考え方そのものも十分には理解できていないようにも感じられます。理論を理解していない人が間違った引用をし、それを読んだら余計にわからなくなるのは当然です。

私自身も、比較優位論をわかりやすく説明できるだけの理解はできていないので、これに関する詳しい説明は割愛させてください。

さて、『社会』というものはとても複雑であって、これを分析しようとしても一筋縄では行きません。そこで、まず社会を単純化したモデルを考え、そこに少しずついろいろな要素を付け加えて『社会』というモノを分析しようとするのが『科学』の方法論です。

ハヤブサを小惑星まで送り届けて小惑星のかけらを採取し、それを地球に持ち帰るというのは、ものすごく難しいことです。まず地球と月の重力によってハヤブサの軌道がずれます。さらに木星の重力と土星の重力、そして火星の重力の影響も考えなければなりません。さらに多くの小惑星の重力の影響も計算に入れる必要があります。それをいっぺんに考えようとすると複雑すぎるので、まず太陽の重力のみを考えてハヤブサの軌道を計算し、これに地球の重力が加わったらその軌道がどうずれるかを計算し、月の重力が加わったら、木星の重力、土星の重力、というようにしていろいろな影響を一つずつ加えて計算を修正し・・・、というようにして軌道の計算をします。

経済学も同じです。まず完全競争市場という、きわめて単純な、現実の市場とはかけ離れた性質の市場を考え、これにいろいろな要素を一つずつ加えて市場の動向が完全競争市場と比べてどう変化するかを検討して、考えている市場を現実の市場に近づけて行きます。

比較優位論は完全競争市場を前提とした理論です。完全競争市場では、労働者は労働という商品を売って対価を得ています。完全競争市場では商品には差がないとみなします。つまり、バラを作るときの労働とコンピュータを作るときの労働には質的な差がなく、バラを作っている労働者はそのまますぐにコンピュータを作る労働に従事することができ、給料さえよければ、労働者は給料が良い方の労働に従事する、とみなします。ですから、アメリカでバラを生産していた労働者はコンピュータ産業に転職し給料をもらいます。そしてコンピュータの方が沢山作れるので労働者はより多くの給料がもらえるようになるはずだ、と『みなし』ます。これが『完全競争市場での比較優位論』の考え方です。

もちろん現実の社会では、バラとコンピュータでは労働尾の内容も必要とされる技術も異なりますから、そんな転職は困難であるのは言うまでもありません。そこで、必要な労働内容や技術によって転職のしづらさはどれくらいか、それによって完全競争市場の場合とどんな差がどの程度生じるか、ということを考えてゆきます。
これを考えなければ、実際の市場に適用はできません。池田氏のブログはこの部分が欠けています。


>経済学というのは形式的なことが多く、人間の幸せについて考慮されていない(見えないふりをしている)と常々感じている者です。

人間にとって何が幸福であるのかは、個人個人によって違います。いろいろな幸福の形があります。これを全部考えに入れるのは不可能です。女性にハイヒールのかかとでぐりぐりと踏みつけられて『あ~ん、し・あ・わ・せ』なんてのは私には理解できません。誰にとっても『理解可能な』しあわせの『要素』として、『お金』というモノがあります。それが幸福のすべてではありませんが、幸福を『科学的』に、ということは『理論的に扱うことができて』『再現性がある』理論を組み立てるためには、扱いやすい要素であるのは間違いありません。そこで、この『お金』という要素を研究してみよう、というのが『経済学』という科学なのです。

もちろんお金以外にも幸福を考える要素はいろいろあります。しかし、物理学という科学はヤンバルクイナの生態を調べたりしませんし、ニュートリノの質量を生物学が調べたりしないように、『お金』を研究する『経済学』は異性と2人でいる幸せや、孫の笑顔を見る幸せを扱いません。それは分野が違いますし、複雑すぎて経済学の手に余るからなのです。

>経済学では生産量や富が増えることが無条件に是とされていると思いますが、

企業の売り上げから、給与以外の費用を引いた残りが給料として支払うことの可能な金額になります。労働者の給与が増えるためにはこの支払可能額が増加する必要があります。もちろん経営者が給料を増やしたくないと考えていたら、支払可能額が増えても労働者の給料は増えませんが、給料が増える前提(=必要条件)が支払可能額が増えることであるのは間違いありません。そこで、経済学では生産量が増え、企業の売り上げが増え、企業の付加価値額が増えることを『是』とみなします。支払可能額を経営者が給料として支払うかどうかは、その経営者個人の考え方の問題ですから、経済学はこれを扱いません。
GDPが増えることは消費者の収入が増えるために必要な条件であるので、これを『是』とするわけです。

これでご質問の回答になったでしょうか?

質問者さんは『比較優位論』という複雑怪奇な理論の迷路に踏み込んでしまっているように見受けられます。ちなみに、池田氏のブログでの引用は比較優位論の正しい引用ではありません。理論の半分しか引用されていません。思うに、池田氏も比較優位論を理解していないのでしょう。経済学の基本的な考え方そのものも十分には理解できていないようにも感じられます。理論を理解していない人が間違った引用をし、それを読んだら余計にわからなくなるのは当然です。

私自身も、比較優位論をわかりやすく説明できるだけ...続きを読む

Qアインシュタインがベロを出している写真について

S01-現代科学に欠けているもの/アインシュタイン
http://inochi.jpn.org/hitoiki/S01.htm

このページの上部に表示されているアインシュタインがおどけてベロをだしているように見える写真は、実在のものでしょうか?アインシュタインってとてもひょうきんな方だったのですか?
あと、アインシュタインは原子爆弾の開発には関わっていないというのは本当でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の記憶では・・・
プライベートなパーティに出席したとき
マスコミにうるさく付きまとわれ、車の
後部座席からマスコミにむかってアカンベー
したと記憶しているのですが・・・

あいまいな記憶ですいません

参考URL:http://www.atfan.com/einstein/LIFE/eins18.htm

Q中国より優位に立つには…!?

中国より優位に立つには…!?

中国に(韓国や北朝鮮にも)やられっぱなしの日本が、
なんとか優位に立って少なくとも舐められなくなるにはどうしたらいいんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

やはり核を持つ事でしょうか。
日本の技術で1、2発で中国全土かたずけられるようなもの。

外交の最強チームを作る。

現在の中国や韓国がやっている諸外国の侵略、を学校できちんと教える。

Qアインシュタインって凄い人なんですか?

物理学おもしろいなぁと思い今日物理の本を見に行ったら「アインシュタイン」という人の本が凄く多かったので「何だろう?」と思い本を見たんですが、相対性理論とか凄い難しい本ばかりで、読むのをやめたのですが、アインシュタインってそんなに凄い人なんでしょうか?

死んでから結構経ちますよね?それなのにこんなに本が出ているってアインシュタインは何をした人なんですか?
アインシュタインは間違ってたらスミマセンが「タイムマシンは理論的に無理」って言ってた人ですよね?「夢がない人だなぁ」と思って(そういう問題ではないですよね(汗))ずっと読まなかったんですけど、物理学の皆さんから見てアインシュタインって凄い人だったんでしょうか?アインシュタインについて教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2のものです。
参考として

http://homepage1.nifty.com/tac-lab/

あと、アインシュタインの人間性を知る上でも

http://kuroneko22.cool.ne.jp/einstein.htm

もどうぞご覧になってください。

あと、E=M×(Cの二乗)いーいこーるえむしーのにじょうの方程式もアインシュタインです。これは原子力発電所、原爆でつかわれています。とにかく凄いですね。あらためて思います。アインシュタインは広島に原爆が落とされたことを知ったとき、自分はなんて物を発見してしまったのだと嘆いたそうです。

Qコスト優位戦略をやっている企業・・・

そのまんまなんですけど、コスト優位戦略をやっている企業ってどんな企業がありますか?
コスト優位戦略の意味はわかるんですが・・・

Aベストアンサー

基本は低価格商品路線と同義ですよね?・・
○○ソーとか○○クロとか

Qアインシュタインの写真はなぜ舌を出した老人の顔か

アインシュタインは若い頃は結構男前で、良い顔をしていたのに、
アインシュタインの写真が出るときは、なぜ若い頃のハンサムな写真ではなく、
舌を出した老人の顔なのでしょうか?

Aベストアンサー

確かアインシュタインは「人生」だか「人間」だかを悟り、人の愚かさを知ってしまい

「笑うしかない」みたいな感じで舌をだしたと
なにかで読みました・・・

曖昧ですみません

Q日本とアジア各国のGDPを比較したHP

最新のGDPをわかりやすく(日本語で)解説したHP、または本や資料などをどなたかご存知ありませんか?

Aベストアンサー

ここはいかがでしょうか?


国民経済計算年報(平成14年版)
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/h14-nenpou/chart/chart_j.html
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/h14-nenpou/index_j.html

Qアインシュタインと原爆

先日、友達が「アインシュタインが原爆を作ってそれが日本に投下された。」といっていたのですが、日本に投下された爆弾はアメリカのマンハッタン計画によるものですよね?でも、その計画にアインシュタインは参加したのでしょうか?僕は核エネルギーが軍事目的のために使用される可能性を米大統領に進言したとどこかで聞いたのですが開発そのものには関わったというのは聞いたことがありません。アインシュタインと原爆開発について詳しい方がいたら教えて下さい。また原爆を作るきっかけとなった理論にアインシュタインのもの(特殊相対性理論でしたっけ)以外にどのようなものがあるのかも教えて頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

お友達が間違いで、springer さんの方が正しいです。

(1)アインシュタインは大統領宛ての手紙に署名しましたが、そもそも、その手紙を書いてさえいません。
文面は他の人(シラードなど)が作り、影響力を持たせるために有名人の署名が欲しくて、アインシュタインに依頼したのです。依頼に応じてアインシュタインが署名したので(1939年8月2日)、結果的に「アインシュタインが大統領に手紙を書いた」という形で、世間に広まっています。
アインシュタインの署名には効き目があったらしく、同年10月21日には「ウラニウム諮問委員会」が発足し、同委員会は原爆の可能性と実験研究を答申しました。ただし、これによって行われた実験は小規模なものであり、のちのマンハッタン計画に直接つながるものではありません。他にも幾つか起源があって、すったもんだの末、42年にマンハッタン計画が走り出しました。

(2)アインシュタインはマンハッタン計画に参加していません。ご存知のように、「マンハッタン」と名の付くこの一大プロジェクトは、ニューメキシコ州の砂漠のロスアラモス研究所で進行しました。責任者はグローブス准将、所長は物理学者のオッペンハイマーです。アインシュタインは、ニュージャージー州のプリンストン高等研究所にいました。

(3)原爆は、一人の理論物理学者が開発できるようなものではありませんでした。
ご存知のように、特殊相対性理論の「 E = mcの2乗」も元になっているのですが、これは1905年の理論です。
それよりも、「原爆を作れるかも」と分かった直接のきっかけは、オットー・ハーン(ドイツの物理学者・化学者)による原子核分裂の発見だと思います(1938年)。本が手元にないのですが、ハイゼンベルク(ドイツの物理学者)著の『部分と全体』の中に、ハーンによる原子核分裂発見の報に接し、世界の物理学者たちが直ちに原爆の実現性を連想して不安にかられた、という記述があったような……。うろ覚えですが。

さらに、原爆開発には幾多の技術的問題を乗り越えなければなりませんでした。マンハッタン計画に参加したフォン・ノイマンによる、「爆縮レンズ」の計算などが有名です。ノイマンは超人的な計算力で知られており、爆薬を32面体に配置すると最も効果的であることを、10カ月に渡る計算から導き出しました。当時はコンピュータがなかったので苦労したそうです。戦後ノイマンはコンピュータの開発に一枚噛んで、今も「ノイマン型コンピュータ」として名前が残っています。

マンハッタン計画に参加した学者は、ノーベル賞受賞者だけ挙げるとしても数多く、コンプトン、ローレンス、ユーレイ、フェルミ、ウィグナー、ベーテ、レビ、アルヴァレフェルミ、ファインマンらがいるそうです。デュポン、ゼネラル・エレクトリック、ウェスティングハウス・エレクトリックなどの大企業も参画しました。

参考にした本、URL:
『世界大百科事典』(平凡社)
ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%B3%E8%A8%88%E7%94%BB

お友達が間違いで、springer さんの方が正しいです。

(1)アインシュタインは大統領宛ての手紙に署名しましたが、そもそも、その手紙を書いてさえいません。
文面は他の人(シラードなど)が作り、影響力を持たせるために有名人の署名が欲しくて、アインシュタインに依頼したのです。依頼に応じてアインシュタインが署名したので(1939年8月2日)、結果的に「アインシュタインが大統領に手紙を書いた」という形で、世間に広まっています。
アインシュタインの署名には効き目があったらしく、同年10...続きを読む

Qうちの会社は絶対倒産しない!

、、、と私の上司は自信満々に語っていたんですが
その理由が「うちの社長は借金が嫌いだからこの会社も
借金などしないで自分のお金で作った。だから不況でも倒産
するわけがない!」との事だったんですが、果たしてそうなんですか?そんな単純な問題じゃないですよね?

Aベストアンサー

絶対に倒産はないと言う事は出来ません。
取引先の突然の倒産に巻き込まれるコトや、
ヒット商品の突然のリコールでの倒産など、数多くの信じられない事に
巻き込まれ倒産した会社は多いのです。
絶対に倒産しないのではなく、倒産する確率が低いという事を言ってるのだと思いたいです。


人気Q&Aランキング