ラックス(luxman)が過去に発売したプリメインアンプについての情報を探しています。
1. 発売時期
2. 当時定価
3. 批評(できれば)
などが詳しく載っているページもしくは雑誌などご存じの方は教えてください。
現在中古品の購入を考えておりますのでできれば早くお返事をいただけるとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず ラックスの 別冊本 の件ですが ステレオサウンド 別冊VOL 1


世界のオ-ディオ ラックスのことだと 思います 発売時期は はっきり覚えてませんが 1975年頃だと 思います 価格は 1.900円 でした その後世界のオ-ディオは VOL 2マッキントシュ VOL 3 サンスイ VOL 4 アルティク VOL 5 ビクタ-と つづきました 今はたぶん絶版で 中古本を 探すしかしょうがないでしょう またラックスの プリメインアンプを 探しておられるようですが
ラックス 自身大変古い歴史ある オ-ディオメ-カ-ですから 種類も多く 一言では 語れないと 思います 私が 知っている範囲で 魅力あった 機種を 参考 まで 年代は マチマチですが SQ38FD SQ505 L550 L560 L58A などでしょう まずは 参考まで  

参考URL:http://www.luxman.co.jp
    • good
    • 0

古い情報で申し訳ないのですが、手持ちの資料ではプリメインアンプ(インテグレーテッドアンプ)としては以下の2機種がありました。



1.L-540
発売時期:1988年12月
定価:¥219,000
最大出力100W+100W(8Ω)のプリメインアンプ。A級動作領域で15W+15W(8Ω)の出力が得られる。

2.L-570
発売時期:1989年4月
定価:¥350,000
純A級で50W+50Wの出力を有するプリメインアンプ。2Ω負荷で200W+200Wの強力な低負荷駆動能力を持っている。

上記はステレオサウンド別冊STEREO GUIDE誌1992年版(価格¥5,000)によるものです。
最新版は書店で注文できます。
    • good
    • 0

最初に断っておきますが、ぜんぜん回答になっていませんが、ご参考になれば。


ステレオ雑誌の別冊で、ラックスの特集誌が発行されています。そこに同社のアンプの履歴もありました。
確か2年ほど前だったと思います。店頭で見つけた時に購入したかったのですが、何せボロボロでその時は購入に踏み切れず、その後店頭から姿を消し、結局入手出来ませんでした。
雑誌名も忘れていますので、探しようがなくて、私も困っています。で、この場をお借りして...どなたかご存じの方がみえましたら、私にも教えてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプリメインアンプのプリ部分のみの使用

同クラスのプリメインアンプが2台あります。1台目にはバイアンプ用ラインアウトが付いており、入力数も豊富です。2台目にはライン出力はなく、入力数もあまりありませんが、パワーダイレクトインがあるのでこちらをパワーアンプとして使用しています。
ボリューム調節なのですが、プリ側で調整して、パワー側は最大固定、のパターンで使うより、プリ側最大固定、パワー側で調整、でつかったほうが、あきらかに音がぐっと前にでてきて、いい音がします。スピーカーとの相性もあるのだと思っています。
プリメインアンプをプリアンプとして使った場合、とくに今回のようにボリューム最大で使用した場合、電力の消費は負荷(スピーカー)をつないだのと同じだけ消費(熱になるとか)されるのでしょうか?
電気回路系オンチなもので、よくわかりません。

Aベストアンサー

プリメインアンプをボリューム最大で使用してもスピーカが接続されていなければ大きい電流が流れないので消費電力は小さいです。
プリ側最大固定で使うことはノイズが小さくできるので有効です。
ただ、大きい入力があった時に音割れが起きる危険性がありますが問題なければ支障はありません。

Qメインアンプとプリメインアンプ?の違い

超初心者です宜しくお願いします。
メインアンプとプリメインアンプ?の違いを教えて下さい。
AVアンプとの違いも良く分からないのでお願いします。

Aベストアンサー

今晩は。
初心者とお書きになっているので、少し勉強までに細かく書きます。
メインアンプ(パワーアンプ)
メインアンプは、単に電力を増幅するだけで、出力音量を調整するボリ
ュームつまみが唯一付いているだけの機器が一般的です。
また、プリアンプの使用を前提とし、ボリュームすら無いものも少なく
ありません。
CDが主流になり、機器の出力レベルとインピーダンスがラインにほぼ統
一された現在、プリアンプによる音質の劣化を嫌い、CDプレーヤー等を
直接メインアンプに接続する場合もあります。
メインアンプは発熱量が大きいので放熱に注意しなければなりません。
∴インピーダンス
 交流に対する電気抵抗のことで、アンプの出力インピーダンス、とい
 えば負荷側から見たアンプの内部抵抗の事です。

プリアンプ(コントロールアンプ)
音の最初の入り口で使うアンプで、この後、メインアンプへと音が流れ
て行きます。
レコードが主流の時代は、カートリッジ(レコード針)の微少な出力を
増幅し、RIAA特性を平坦にするフォノイコライザアンプが必要で、プリ
アンプに内蔵されることがほとんどでした。
この部分だけを独立させたものをフォノアンプなどといい、現在では主
要メディアがCDに移行し、もはやフォノイコライザを持たない機種もあ
ります。
その為、プリアンプの意義は薄れていますが、プリアンプは単に信号を
増幅するだけでなく、高音域、中音域、低音域をそれぞれ大きくしたり
小さくしたりできるトーン・コントロールつまみや、ステレオの左右の
信号の大きさを調整する(左右)バランス調整つまみ、複数接続されて
いる再生装置のどれを再生するかを選べる入力切替スイッチ(入力セレ
クタ・スイッチ)、テープレコーダへの入出力を制御するテープモニタ
ースイッチなどの機能が付いていることが多いです。
∴RIAA特性
 レコードの場合、カートリッジからの出力をそのまま増幅したのでは
 高音ばかり耳について決して原音ではありません。
 これは、レコードと言う録音媒体に起因します。
 レコードはその音の波形を溝に刻んでいく波形の振幅が大きければ大
 きな音となります。
 ところが音は高音から低音まであり、低音ほど大きく振幅させないと
 それなりの音が出ません。
 そのままをレコード溝に刻んでいくと低域では隣の溝まではみ出して
 しまい溝間隔を広くとらなければならなくなります。
 そこで、考案されたのがRIAA特性で、録音時隣の溝にはみ出さないよ
 うに低音を抑え低音も高音もちょうど溝に収まるように書き込み、そ
 して、再生のときにその低音を抑えた分余計増幅してやるのです。
 周波数により増幅度合いを決めたのがRIAA特性カーブです。

プリメインアンプ(インテグレ-ティッドアンプ)
プリアンプとメインアンプの両方の機能を統一し、ひとつの筐体に納め
た物で、現在では一般的にはこの形が標準となっています。
プリアンプの機能を持つ為、前面にはそのような入力切り替えや音量と
音質調節のボタン類があり、背面にはCDプレーヤーなどの入力端子と共
にスピーカ用の出力端子があります。

AVアンプ(AVセンター)
ホームシアター用のアンプで、映像信号の入出力もでき、セレクターと
しての機能も持っているのが、AVアンプです。
プリアンプ、プリメインアンプがCD等を初めとする左右2chの信号を扱
うのに対して、AVアンプはサラウンド機能を持つ為、2ch以外に5.1ch
6.1chの音声を出力するアンプです。
∴5.1ch
 フロント右、フロント左、センター、リア右、リア左の5つのスピー
 カーで5ch、残りの0.1chはサブウーファーが周波数範囲が狭いので
 0.1の扱いになります。
∴6.1ch
 5.1ch のセンタースピーカーの反対(聞き手の真後ろ)にバックサラ
 ウンドチャンネルを設け、5.1chよりサラウンドチャンネル間のつな
 がりを良くし臨場感や包囲感を更に高めたものです。
 バックサラウンドチャンネルは、左右のチャンネルを持つため、スピ
 ーカーは2つ使いますが信号としては1chです。

今晩は。
初心者とお書きになっているので、少し勉強までに細かく書きます。
メインアンプ(パワーアンプ)
メインアンプは、単に電力を増幅するだけで、出力音量を調整するボリ
ュームつまみが唯一付いているだけの機器が一般的です。
また、プリアンプの使用を前提とし、ボリュームすら無いものも少なく
ありません。
CDが主流になり、機器の出力レベルとインピーダンスがラインにほぼ統
一された現在、プリアンプによる音質の劣化を嫌い、CDプレーヤー等を
直接メインアンプに接続する場合もあります...続きを読む

Qプリメインアンプ、LUXMAN vs Accuphase!

こんばんわ。よろしくお願い申し上げます。

さて、いま、プリメインアンプ選びで迷っています。候補は、ラックスマンのL-509fか、アキュフェーズのE-408です。どちらも、ほぼ同価格ですので、非常に困っています。

試聴してみたところ、アキュフェーズは、「こんな音がCDに入ってたの?」っていうくらい微細な高域が美しく聞こえてきました。この高域の伸びは圧巻で、ラックスマンの方は、L-509fの上位機種、SEでさえ、そこまでの高域は聞こえませんでした。

ところが、使用するスピーカは、いますでに持っている、BOSEの901WBなのです。901WBで試聴できたのは、ラックスマンだけで、アキュフェーズの置いてある店では901WBで試聴できませんでした。ラックスマンにおける901WBは、現在、家でいま使っているアンプと比べ、圧倒的な低域の響きがすばらしく、フルレンジスピーカーとは思えない迫力は圧巻で、気持ちいいの一言でした。

アキュフェーズと901WBの組み合わせで試聴できなかった以上、聴覚的な判断ができず、試聴したアキュフェーズは、ふつうのスピーカーで鳴らしていたので、901WBのような特殊なスピーカーとは明らかに違うと思うので、迷っているのです。低域の迫力が出なければ、BOSEの魅力は半減だからです。

901WBとの組み合わせに限らず、「私はラックスマンが好きだ」「アキュフェーズが好きだ」という方々のご意見を伺いたいと思っております。よろしくお願い申し上げます。

こんばんわ。よろしくお願い申し上げます。

さて、いま、プリメインアンプ選びで迷っています。候補は、ラックスマンのL-509fか、アキュフェーズのE-408です。どちらも、ほぼ同価格ですので、非常に困っています。

試聴してみたところ、アキュフェーズは、「こんな音がCDに入ってたの?」っていうくらい微細な高域が美しく聞こえてきました。この高域の伸びは圧巻で、ラックスマンの方は、L-509fの上位機種、SEでさえ、そこまでの高域は聞こえませんでした。

ところが、使用するスピーカは、いますでに持...続きを読む

Aベストアンサー

ラックス党です。

ラックスはソリッドステートアンプでも真空管アンプのイメージを大切にしている会社だと思います。

音源のすべてを緻密に描出するか、全体の雰囲気を重視するかといった音作りの行き方の違いが、両社とも機種が変わっても基本的に変わらないのはさすがというべきですね。

あえて乱暴な例えをすれば、ピアニストでいえばアキュフェーズがポリーニならばラックスはリヒテル、ヴァイオリニストでいえばアキュフェーズがハイフェッツならばラックスはオイストラッフ、のイメージを個人的には持っています。

答えはすでに質問の中に含まれているようにお見受けしましたが・・・。

Qプリメインアンプ?

プリメインアンプって普通のアンプなんでしょうか?あとアンプにミニコンポを繋ぎたいのですがピンジャック出力が付いてないんです・・・。なので片方に2本のスピーカーコードが付いていて片方はピンジャックのケーブルを発見しました。これでも使えるのでしょうか?

Aベストアンサー

>アンプで低音をブーストすると重低音から低音まできれいに出るものなのでしょうか?

まず、説明しておかねばならないのが、アンプで強めた低音はあくまで、”強調した低音”でしかないということです。
本格的なオーディオシステムの低音と、ラジカセの重低音とはモノが違うでしょ。
近年、メーカーの工夫でそんなに大きくないラジカセでも重低音が出せますが、迫力も音のクオリティもないでしょ。(つまり、ニセモノ、見せかけをよくしたもの。私はあれがキライです。)

本当の低音はとんでもない大きさのスピーカーとエンクロージャー(箱)とそれを鳴らせるアンプが必要です。

だけど、実際にはそれだけのものを家で鳴らせる人も、
買うことのできる人も、ごくわずかです。

そこを工夫するのがオーディオの醍醐味なのかも。
スピーカーの下にかたくて重いものを敷くと低音がきれいに強く出るようになります。ブロックは定番です。
でも今は御影石の板がいいかも。(中国産、安いです。)

私今はMDラジカセで聴いていますが、
中の低に鉛テープ(ホームセンターで¥500で買えます。)を貼ったところ、低音が強くキレイに出るようになりました。)
さらに、天板のしっかりした重いキッチンチェストに乗せて聴いてます。
(これはCD,DVDやアクセサリーの収容庫として使用。)
また、その横でCDプレイヤーを5kgのバーベルプレートを2つ敷いて使ってます。(これからMDにダビングすれば、本格的なイベントに使用できるミュージックMDが作製可能になります。)

>アンプで低音をブーストすると重低音から低音まできれいに出るものなのでしょうか?

まず、説明しておかねばならないのが、アンプで強めた低音はあくまで、”強調した低音”でしかないということです。
本格的なオーディオシステムの低音と、ラジカセの重低音とはモノが違うでしょ。
近年、メーカーの工夫でそんなに大きくないラジカセでも重低音が出せますが、迫力も音のクオリティもないでしょ。(つまり、ニセモノ、見せかけをよくしたもの。私はあれがキライです。)

本当の低音はとんでもない大きさ...続きを読む

Qプリメインアンプ

現在、PC→SOUND BLASTER X-FI SURROUND 5.1 PRO→SA-36A→S-31B-LRというふうにつないでいるのですが、音に艶、厚みが欲しいと思いアンプを買い替えたいと思っているのですが、5万円以下でおすすめの物があったら教えてください。

Aベストアンサー

正直、5万円もあるなら、スピーカーを交換したほうがいいのかなぁ。っと思ってしまいます。
5万円以下のアンプはこんな言い方は悪いですけど、好きなデザインで購入しても失敗はないと思います。
各メーカーの音っという物があると思いますが、5万円以下となるとみんなそこそこの音でなります。

10万円、20万円、30万円となると、各メーカーの特色がつよくでると思いますが、
5万円以下のアンプは、スピーカーのキャラクターを変えるほどの特色はないと思います。

デジタルアンプは、音の質は別にして、スピーカーを駆動する力は5万円のアンプにも負けていないと思います。
それに、音を左右するのは、なんといってもスピーカーです。

お使いのスピーカーは、大きさとデザインと音を考慮して選らんだのだと想像します。
しかし同じ大きさのスピーカーですと、もう少しオーディオ的なスピーカーも購入できると思います。
中古で5万円であれば、とても良いスピーカーも購入できます。

DENONのアンプとマランツのアンプが、5万円以下ではとても売れている印象をうけます。
その理由は、家電量販店でもDENONとマランツばかりがならんでいますし、
PIONEER、YAMAHA、CECなどもありますが、5万円以下はなかなか置いてませんが、
DENONのPMAー390シリーズは、ものすごく昔からあります。
何回マイナーチェンジをしたかわからないほどのロングセラーです。
マランツもそうです。

なので、DENONやマランツを買えば失敗は少ないと思いますが、
音がそんなに変わるかどうかは微妙だと思います。

やはりスピーカーを売って、そのお金を元にしてさらに良いスピーカーを購入したほうがいいような気がします。
小さくても、本格的な音がでるのは、タンジェントのEVO-E5はとてもバランスがとれて良いスピーカーだと思いました。
あと、私が小型スピーカーで、一番良いと思っているのが、CAVのV70です。

CAVを地元の近くのオーディオショップでなっていたのですが、
正直、ものすごく聴きやすく、かつ音楽的で驚きました。
どんなアンプでもそれなりに良い音です。

CAVのほかのスピーカーはあまり良い音には感じません。
このスピーカーだけは別格だと思っております。
タンジェントはいかにもオーディオ的な音ですが、長くしようするならCAVだと思うくらいです。

将来、アンプをいいものに変えても、それに十分答えるスピーカーだと思います。

アンプならDENON、スピーカーならCAVをお勧めします。

7万円くらい予算があれば、両方とも購入することも可能かもしれません。

正直、5万円もあるなら、スピーカーを交換したほうがいいのかなぁ。っと思ってしまいます。
5万円以下のアンプはこんな言い方は悪いですけど、好きなデザインで購入しても失敗はないと思います。
各メーカーの音っという物があると思いますが、5万円以下となるとみんなそこそこの音でなります。

10万円、20万円、30万円となると、各メーカーの特色がつよくでると思いますが、
5万円以下のアンプは、スピーカーのキャラクターを変えるほどの特色はないと思います。

デジタルアンプは、音の質は別にして、スピーカ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報