プロ野球のオフ(アメリカも日本も)にハワイの野球人と各国の若手有望選手を
集めて、ハワイ各島でウィンターリーグが行われていましたが、現在もやってる
んですか?もしやってるなら期間はいつ頃でしょう。イチローや小久保や檜山
といった選手達も1.5軍選手の頃行ってプレーしていたんですよね。
webで探してもうまく探せないんで困ってます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

今もあってるみたいですよ。


このサイトに期間とかも載ってました。
http://www.ibabaseballacademy.com/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔の野球選手と現代の野球選手の違い

 以前から考えていたのですが、昔の野球選手は本当に人間でしょうか?。
 特に投手です。稲尾・金田などの名投手の成績を見ると先発50試登板は当たり前20勝は普通で30勝をしなければタイトルが取れないという時代がありましたよね。
 しかし、現代では投手の肩・ひじに与える影響が考慮され、球数制限が重視され中継ぎ・抑え投手の存在が勝敗に大きく影響を与えますよね。
 この差は一体何なんでしょうか?。
 親父に聞くと、「根性が違う」と言います。確かにそれもあるでしょう。しかし、根性だけでは人間の体がコントロールできるわけではないはずです。かつての横浜のエース「権藤」は「権藤・権藤・雨・権藤」という流行言葉が出たほどの無茶なローテーションから故障し短い選手生活になりましたよね。
 近年はバッターでは歴代成績に並ぶ・越す成績が出る事が目立ちますが(イチロー・青木・ローズ・カブレラ。大リーグでもボンズ・イチロー)、投手に置いてはその傾向が見られません(速球記録は日米近年出ていますが)。単純にボールの素材などから、打高投低だからなんでしょうか?。
 私の個人的見解としては、まだ野球文化が成熟しておらず今でいう高校野球みたいなものだったのではないかと思います。今では全国区のスポーツですが、その頃はプレイヤーも少なく切磋琢磨できる環境がなく、才能だけでプレーする選手が多かった故に一部の抜き出た選手が多いように思います。だから手を抜いてもそうそう打たれることも無かった。しかし、この考えは自分で検証すると説得力がありません。今の高校野球では十分に切磋琢磨できる選手人口がありますしね・・・。
 誰か教えてください。

 以前から考えていたのですが、昔の野球選手は本当に人間でしょうか?。
 特に投手です。稲尾・金田などの名投手の成績を見ると先発50試登板は当たり前20勝は普通で30勝をしなければタイトルが取れないという時代がありましたよね。
 しかし、現代では投手の肩・ひじに与える影響が考慮され、球数制限が重視され中継ぎ・抑え投手の存在が勝敗に大きく影響を与えますよね。
 この差は一体何なんでしょうか?。
 親父に聞くと、「根性が違う」と言います。確かにそれもあるでしょう。しかし、根性だ...続きを読む

Aベストアンサー

「根性が違う」いいなあ(笑)。まあ一方的に間違いとも言いませんよ。最近の選手は「食べる物がないほどの貧乏」とか「両親もいない10人の幼い弟たちを食べさせねば」みたいな悲哀はないので、多少は違うかもしれません。でもおっしゃるように「野球人口は減っているものの、全体がレベルアップしたが故に選手の実力に大きな差が生じにくくなった」が正しいでしょう。

それから昔の大選手たちを美化しすぎる傾向はありますね。でもそれは相撲界の双葉山やサッカー界のペレ、プロレスの力道山、空手のマス大山などのように、スポーツ界全体に言える事なので仕方ないかもしれません。「あの人が現代の試合に出ても全勝できる」とか「楽々30勝はできる」などは時代が違うので全然、意味のない論議です。ああいった人たちは「あの頃抜きん出てた大選手」だったわけで、それはオリンピックの記録の変遷を見ても明らかです。

だって当たり前ですよね、オリンピックの陸上や水泳などは明らかに昔より現代の方が記録が向上してるのに、日本のプロ野球だけが昭和20~30年代の投手は150~160キロの速球を投げ、現代の投手は140キロ台しか投げられない、なんてことはあり得ないんですよ。

ですがちょっと興味深い話がありましたので、参考まで。

1.ナイター照明の違い。当時、球場のナイター設備が現代より暗くボールが見づらかった。よってナイターだとボールが今より速く見えた。

2.走塁や中継プレーの差、フォームによる球種を見抜くなどといった事がなかったので、その点でも昔の投手が有利。

3.ストライクゾーンが今より高めに広く、投げ方そのものが違う。

http://f55.aaa.livedoor.jp/~amaxanou/kyusoku1omote.htm

でもいつの時代でも酒の肴に「今の○×と昔の▽△が対決したら・・・」という話は尽きませんね。

「根性が違う」いいなあ(笑)。まあ一方的に間違いとも言いませんよ。最近の選手は「食べる物がないほどの貧乏」とか「両親もいない10人の幼い弟たちを食べさせねば」みたいな悲哀はないので、多少は違うかもしれません。でもおっしゃるように「野球人口は減っているものの、全体がレベルアップしたが故に選手の実力に大きな差が生じにくくなった」が正しいでしょう。

それから昔の大選手たちを美化しすぎる傾向はありますね。でもそれは相撲界の双葉山やサッカー界のペレ、プロレスの力道山、空手のマス大...続きを読む

Qプロ野球選手で小中学校で肘を剥離骨折して プロ野球選手になった人いますか? 小中学校で肘剥離骨折する

プロ野球選手で小中学校で肘を剥離骨折して
プロ野球選手になった人いますか?

小中学校で肘剥離骨折するとプロ野球選手(ピッチャー)は諦めたほうがいいですか?

Aベストアンサー

おそらく問題ありません

ひじが伸びない
腕があまりまがらない
腕があまりあがらなくても
プロ野球は目指せます
なってる人もいます

問題ありません

Qプロ野球選手で小中学校で肘を剥離骨折して プロ野球選手になった人いますか? 小中学校で肘剥離骨折する

プロ野球選手で小中学校で肘を剥離骨折して
プロ野球選手になった人いますか?

小中学校で肘剥離骨折するとプロ野球選手(ピッチャー)は諦めたほうがいいですか?

Aベストアンサー

剥離骨折自体が野球人生を終わらせるような怪我ではありません。

治れば普通に出来ますよ。

Qプロ野球選手に関わることの出来る仕事とかありますか? 小さい頃からプロ野球が大好きで…(女子です)

プロ野球選手に関わることの出来る仕事とかありますか? 小さい頃からプロ野球が大好きで…(女子です)

Aベストアンサー

1.スポーツドクター
2.スポーツトレーナー
3.プロ野球の球団事務所の職員
4.用具スタッフ
5.球団スタッフ 球場内の案内アナウンサー(俗にウグイスと呼ばれる人)
6.通訳
7.審判
8.グラウンドキーパー
9.スポーツカメラマン報道記者、カメラ担当(新聞社・出版社・放送局など)
10.スポーツライター
11.整体師
12.理学療法士
13.アナウンサー・レポーター
14.野球用具(特にユニフォーム関係)のメーカー
15.球団寮の栄養士・調理師 などなど

などではないでしょうか?


http://careergarden.jp/job_matome/baseball/
https://ikejo.net/pro-yakyu-josei-1319
http://shinronavi.com/advise/answer.php?q_id=1924

Q僕は中学校2年生の野球クラブチームに通う者です。 笑われるかもしれませんが、僕は、プロ野球選手を目指

僕は中学校2年生の野球クラブチームに通う者です。

笑われるかもしれませんが、僕は、プロ野球選手を目指しています。簡単じゃないなんてことは分かっています。でも、絶対になりたいです。今はレギュラーには、なれていないけど野球のことをたくさん知って絶対叶えたいです。

僕の平日のトレーニングを見てほしいんですけど
何が足りないのか教えて下さい。



ウォーミングアップ

三段跳び練習
30m走

メディシンボール走
(メディシンボールを持って50メートルを往復)
正面で持って走る
正面で持ってサイドステップ
頭の上で持って走る
↑を4セット

サーキットトレーニング

20回ジャンプ

腕立て伏せ30回

メディシンボールを持って50メートル走る。

バービー15回

メディシンボールを持って50メートルを走る。
↑を4セット

シャドーピッチング

ネットスローorキャッチボール

素振り

~トレーニング~

柔軟体操

握力トレーニング(グリップを使う)

手首トレーニング

チューブトレーニング(主に上腕二頭筋を鍛える)

腕立て伏せ

腹筋運動

背筋トレーニング(ペットボトルを使ったラグビーでも使われるトレーニング)

体幹トレーニング

ダウン(ストレッチ)

で終わりです。

他にやるべき事はありますか?

ちなみに、野球の練習をすると、体育とかで使われる身体能力も上がると聞いたのですが本当ですか?

長文失礼致しました。

僕は中学校2年生の野球クラブチームに通う者です。

笑われるかもしれませんが、僕は、プロ野球選手を目指しています。簡単じゃないなんてことは分かっています。でも、絶対になりたいです。今はレギュラーには、なれていないけど野球のことをたくさん知って絶対叶えたいです。

僕の平日のトレーニングを見てほしいんですけど
何が足りないのか教えて下さい。



ウォーミングアップ

三段跳び練習
30m走

メディシンボール走
(メディシンボールを持って50メートルを往復)
正面で持って走る
正面で持ってサイ...続きを読む

Aベストアンサー

継続することです。
何が何でもやり通す、そういう強い精神面は大事な局面を左右することが多いです。

そして体調管理、いざプロとなった時に食生活や生活習慣が乱れていてはプレイにも影響し、挙句の果てに出場できないとなればお話になりません。

プロになりたいというのであれば今のままこのメニューを持続すればよっぽどのことがない限りなれると私は思いますが、プロの中でも頭一つ飛び抜けた存在を目指すのならまず考え方を改めて見ても良いのではないかと思います。

いつだって最大の敵は自分自身です。自分に勝てない者が他人より優れてトップになれるなんて話は聞いたことがありませんから、いつなん時も比べる基準を他人に置かず自分自身に置くよう心がけてください。

応援してます!!
٩( •̀ω•́ )ﻭファイト!!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報