建設機械のアタッチメントを、今までとは全く違うコンセプトで発明開発し、世界特許の申請をしました。
試作品(販売用)は、完成したのですが、今後の量産販売について、資本に窮しています。
販売先も、毎日のように交渉に来ますが、それに答えられません。
何か良い方法はないものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

たびたび、すみません。



他の方へのお礼を読ませて頂いて、再度お節介させて頂きます(^^)

もし、発明されたアタッチメントが魅力的なもので、その後のFC展開を考えるような販売先なら、
試作費用の面倒くらい見てくれると思うのですが・・・
極論ですが、このご時世でも魅力的な商品なら金を出してくれる販社は結構あると思います。
相手に義理が無ければ、出資してくれる販売総代理候補を探す方がラクかも?

助成金の話が出てましたが、開発はオセアニアでやられたとか。
生産も外国でするのですか?
国内でするのなら、最初から「助成金」の扱いになれている鉄工所が各県にかならず2,3社あります。
その会社の新事業で申請して、自分はライセンス料なりアドバイザー料なりを頂くと。
同じ鉄工所でも、ちょっと形式が違いますが成功した経験があります。
役所も「前例があるところに貸したい」のがホンネみたいです。
過去に似た内容で助成金を引っ張っている会社を検索して、交渉する方法もあると思いますよ。

なんか自分の立場とあまりに似ているので、あれこれ書かせて頂きました。
何度もすみません。がんばってください!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yanagya さん 何度もお手数おかけします。
今回、皆さんからお返事を頂き、大変励みになっております。
今の日本にも、善意で相談にのってくれる方々がいることを嬉しく思いました。
私の場合には、日本に知り合いが少ないのと、日本の公的機関制度の知識が極端に無いと言うことが問題だと思います。
日本でベンチャー志向のある鉄工所を探すのは、なかなか大変なことだと思いますが、頑張ってみます。
生産は、油圧部分を日本で、ケース(外枠)を海外で作成するのがコスト面、品質面で良い結果が得られると思います。
このコンセプトが、世に出れば、全てのユンボがこの方式を採用することになるのではと期待しています。
カセットテープからCDに変わるよりも大きな変革かもしれません。

度々の、ご助言、ほんとうにありがとうございます。

お礼日時:2001/10/11 21:29

発明をして特許を取ろうとしているんですか。

技術屋の私としては、少々うらやましい話です。

ところで資金繰りに窮しているとのことですが、失礼かもしれませんが経営手腕に
ついてはご自分ではどの程度に評価しているのでしょうか。
自分で知恵が出なければ、経営面での助言をどこからか得る必要があります。

他の方の回答にもありますが、ベンチャービジネスを支援するような公的機関が
身近にあるのでしたら、そこに相談されるのが良いかと思います。

販社が信頼できるのならば、販社と提携して販社側から資金を提供してもらい、
その見返りとして独占販売権を与えるといった方法も考えられます。
いずれにしても、今は知恵が必要なようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。
今まで、開発はコストの低いオセアニアで行なってきました。
私は、海外居住が長かった為、日本に基盤が何もありません。
また、コストの安い国々では、開発費は安く押さえられるのですが、反面、資金調達が出来ません。
日本では、何件か公的機関にあたりましたが、事業主本人の資格要件が私の場合には該当しないようです。
既に、会社(工作機器製造会社、または鉄工所等)があり、新部門として、ベンチャーに取り組みたいという場合には、割と簡単なようです。

ご意見を頂戴しましてありがとうございます。
また、頑張ってみます。

お礼日時:2001/10/10 13:39

こんにちは、bishoptiさん。



発明品の量産を販売先から迫られるというのは、うらやましい限りですね(^^)
販売先は「エンドユーザー」と「販社」のどちらなのでしょう?
エンドユーザーで且つ優良企業であれば「注文書」を発行して貰う方法はどうでしょう?
その「注文書」を持って取引銀行に融資依頼を出す方法が考えられます。

何かの発明品をこの方法で量産した・・・という話を聞いた覚えがあるのですが。
試してみる価値はあると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

販売先は、フランチャイズ展開を考えているようでして、その販促展示会用に、見本品を送ってもらいたい旨、言われています。
私の発明品は、1セットの価格が20万円ほどですので、わずか10セットでも200万円もかかってしまいます。
友人に言わせると、この手の商品は、大企業のすることで、個人企業では無理などと夢を消すようなことも言われています。
注文書を発行してもらい、再度金融機関にかけあってみたいと思います。
大変貴重なご意見ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/10 13:51

下記のページをご覧ください。


和歌山県の例ですが、各県に同様な制度があると思いますから、お住まいの県に問い合わせたらいかがですか。
http://www.wakkun.or.jp/wripo/wripo_sien.htm

下記のページも参考にしてください。
http://www.fukui-iic.or.jp/nbss/shien/shikin_enj …


http://www.joho-shimane.or.jp/topics/jigyo/gishi …

http://www.maebashi-cci.or.jp/gunma/bijinesu/1/2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

教えていただいたホームページを良く検討させていただきたいと思います。

大変ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/10 13:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコンセプト、コンセプト…

雑貨店を始めたいのですが、
ショップのコンセプトが決まりません。
決まらない、というより、うまく言葉にできません。
日本やアジアの、器や竹製品、布(てぬぐいや織物、裂き織など)製品、布草履や民芸玩具、うちわ、筆、などのアイテムで、選りすぐった職人や作家モノを扱いたい。ふだんの暮らしの中に取り入れ、使える「美」。
そのようなものを、商品として考えていますが、これを「コンセプト」として、どう表したら良いのか、わかりません。コンセプト、という言葉自体、あいまいです。
でも、ショップのコンセプトは大切と、誰でも言います。何かコンセプトの建て方についてわかる本のご紹介、またはヒントなど教えて下さい。
考えれば考えるほど、わからなくなってきます。

Aベストアンサー

alessandraさんが思いついた言葉をとにかくあげてみて
それを組み合わせてみてはどうでしょうか?

今回の質問の中にある言葉でも
「暮らしの中の・・・」「日常(ふだん)」「美」「職人・作家」「日本・アジア」とキーワードはたくさんあります。

これらを組み合わせてさらに発展させてみてはどうですか?

「暮らしの中の美」
「暮らしの中の伝統美」
「日本・アジア」を「オリエンタル」といってみたり・・・

Q資本金と資本準備金について

自動車の中古車の販売、買取事業での起業を考えています。
公認会計士や司法書士の方いらっしゃいましたらお力になって下さい。
↓↓↓↓↓

起業の準備を進めている時に、「株式の発行価格の2分の1以上は資本金としなければいけない」という決まりがある事を知ったのですが

例えば...

①事業資金1000万ある状態で設立して
資本金500万
資本準備金500万
でスタートし、
登記終了後、会社を運営中に銀行又は日本公庫などから1000万の融資を受けた場合
資本金500
資本準備金1500
にする事は出来ますか?

この場合は...
資本金1000
資本準備金1000
にしないといけないですか?

目的としては資本金を削らずに、資本準備金のみで会社を回したいので出来る限り資本準備金の方に事業資金をもっていきたいからです。


全く会社法の知識もないので、詳しくご回答頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

まず最初に理解いただきたいのは、金融機関からの融資(=借入金)はあくまでも「負債」であり、株主からの払い込み金である資本金や資本準備金等の「資本」とは明確に区別しないといけません。

 次に、資本準備金の使い方ですが、確かに質問者さんの仰るとおり、株主による払込金のうち1/2を超えない額は資本金として計上しないことができますが(会社法445条2項)、その計上しない額については資本準備金としなければなりません。
 そして、この資本準備金を取り崩せる目的は①資本金への組み入れ、または②欠損金の補てん に限られており、さらに①の場合を除いては別途「債権者保護手続き」が必要となります。

 こうしたことから、資本準備金を安易に運転資金に充てることは会社法や税法上の法令違反となりますので絶対に避け、当面は銀行などからの融資を通常の運転資金に充てるなどして下さい。

Q出資金を資本金と資本準備金に分けた場合の1株の価値

法人が出資して株式会社を設立した時の株券の簿価について教えて下さい。
会社法445条では、株主が出資した額の半分を資本金、半分を資本準備金とすることが出来ることとなっています。
例えば、1000万円出資して500万円の資本金、500万円の資本準備金で会社を設立し、100株の株式を発行した時、1株の簿価はいくらになるのでしょうか。
株券の簿価は資本金/株数と考えると5万円になります。
しかしこれでは出資者は1000万円出資したのに、5000万円の有価証券しか手に入らないことになるのではないでしょうか?
また、現物出資した場合でも、資本金と資本準備金に分けることは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

1点目。有価証券とか投資有価証券とかの取得時の簿価は、購入対価と取得に直接かかった費用との合計だ。だから1千万出資したらその簿価は少なくとも1千万。100株なら1株当たりはその100分の1。

2点目。445条の「給付」には現物出資が含まれる。

Q【会社の法律】「授権資本」とは何ですか? 「 株式数の総数は授権資本の1/4でなければならない 」

【会社の法律】「授権資本」とは何ですか?



株式数の総数は授権資本の1/4でなければならない


未公開株の株式会社で授権資本を設定するメリットを教えてください。

資本金を実際の4倍大きく見せれるけど倒産したら総株式数だけ有限責任で残りの3/4は経営者責任にならないってこと?

資本金1億円以上の会社としか取引しないというような会社が取引先だと資本金を2500万円にして授権資本を7500万円にすれば外から見た資本金は1億円企業に見せれるってことでしょうか?

無借金企業が授権資本を設定するメリットがよくわからないので教えてください。

Aベストアンサー

>株式数の総数は授権資本の1/4でなければならない

これが間違いです。
会社法上の公開会社にあっては、発行可能株式総数は、
発行済株式総数の4倍以内でなければならない。
という規制が存在します。

発行可能株式総数-発行済株式総数の差の数の株式を
取締役会が経営判断に基づいて発行することができる。
株式発行権限を取締役に受権している。
「授権株式」といいます。
株式の払込金は、資本になるから、資本増加の権限を
取締役会に授権している。そういう意味で、授権資本
ということがあります。

しかし、現在の会社の資本金は、払込み済みの金額のみ
が表示されているにすぎません。
授権資本の金額は、そもそもだせない数字です
(そんな数字は存在しない)。

会社法が発行可能株式総数(授権株式、授権資本)
を定めさせる理由は、株式数が無限に増えると、
既存株主の持株比率が低下する(既存株主の発言力低下)ので、
取締役会のみの判断で、既存株主の発言力低下させることの
できる限界を定める意味があります。

資本金額の多寡をどうこうするためではありません。
既存株主の保護のためです。

>株式数の総数は授権資本の1/4でなければならない

これが間違いです。
会社法上の公開会社にあっては、発行可能株式総数は、
発行済株式総数の4倍以内でなければならない。
という規制が存在します。

発行可能株式総数-発行済株式総数の差の数の株式を
取締役会が経営判断に基づいて発行することができる。
株式発行権限を取締役に受権している。
「授権株式」といいます。
株式の払込金は、資本になるから、資本増加の権限を
取締役会に授権している。そういう意味で、授権資本
ということがあります。

しか...続きを読む

Q資本金として認められるのは現金のみなのでしょうか。商品として購入している場合は資本金にならないんでし

資本金として認められるのは現金のみなのでしょうか。商品として購入している場合は資本金にならないんでしょうか。

また融資を受ける際に自己資本として認められるのでしょうか?

Aベストアンサー

立場を分けて考えましょう。

小さい会社ですと、発起人(株主・出資者)と経営者(役員)が同じになっていることが多いですが、これらそれぞれの立場を分けて考えつつ、設立される法人も別と考えましょう。

手続き的には現物出資という方法があります。
ただ、現物出資による設立や増資というのは、色々な制限もありますし、設立手続きなども難しくなります。専門家へ依頼の場合でも面倒になるほど費用も高くなることでしょう。

融資は借り入れであり、資本とはなりえません。
ただ、会社ではなくあなた個人が借り入れたお金をどう使おうと自由なのですから、出資に使えば資本となります。ただ、返済は個人で行うこととなりますね。

現物出資するぐらいであれば、一時的に資金が用意できるのであれば、設立後、あなた個人から購入することを想定し、商品価値と同額以上のお金を用意し出資し設立するのです。設立後にあなた個人とあなたが経営する法人の間で商品仕入れのための売買取引を行えばよいでしょう。

複式簿記の理解とそれぞれの立場の理解ができないと、これらを理解することは難しかもしれませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報