photoshopの質問です。ちなみにバージョンは6.0です。
いろいろな作業をしていると、輪郭がギザギザになってしまうことがあります。
いわゆるジャギが発生してしまう状態ですね。

当方、中途半端な知識しかないので、できる限り、ジャギを発生させない方法、
効率的にジャギを処理する方法とうありましたら、教えてくださいませ。

また、自動選択ツールはカスが残ってしまうことが多く、
基本的に使っていません。このツールって使い道あるのでしようか??
是非、きいてみたいと思いました。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>ところで、ジャギが発生してしまったら、どうすればいいのでしょうか?


>ドット単位でちまちま塗りつぶすとか・・・

通常の処理での話は前回書いたつもりですので、これは選択範囲についてのことでしょうか??自動選択などで選択すると、選択領域とそうでないところがギザギザになるとか??
ちょっと対象としているものが何なのかわかりにくいのですが。

・自動選択ツールなどで選択したものをコピー/削除したときに輪郭がギザギザになる場合

フリンジ削除、だったかな?そういうメニューがあるはずです。白マット処理、黒マット処理と同じところに入っていたはず・・・。レイヤーメニューの一番下だったでしょうか?すみません。てもとにPhotoShopがないのでうろ覚え。違っていたら申し訳ない。

まぁ、基本は選択するときにきれいに選択できるように設定をいろいろ試しながらやることだと思いますけど。
一度、処理して起こってしまった問題を後から直すのは難しいので、おかしな状態になってしまったら一度戻ってやり直した方がいいと思います。
あとはヒストリーツールで変になったところだけ元に戻すとか。

あと、抽出コマンドというものがあり、これは複雑な輪郭のものを切り出すときに有効です。たとえば、写真の中から人間を、髪の毛一本一本もきれいに抽出したい、とかいうときに。

この回答への補足

ありがとうございました、こちらの方で無事解決しました。
sightさんの回答も、大変役に立ちました。

補足日時:2001/10/21 00:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってスイマセン。再び、ご回答ありがとうございました。

ジャギが発生したような・・・と思うケースはいろいろありますが、
たとえば、ベクター画像を取り込み、その画像に境界線を描く、
をしてやると、ギザギザっぽく見えてしまうのは気のせいでしょうか??

それと、調べたのですが、いまいちフリンジ削除や抽出コマンドの
使い方がわからず悪戦苦闘しています。
もしよろしければ、どなたか教えていただけないでしょうか??
たびたびスイマセン・・・・・・。

お礼日時:2001/10/16 18:36

いろいろな作業をしていると、輪郭がギザギザになってしまうことがあります


この発生原因は、行う処理によって異なりますので、臨機応変に、ですが、押さえておくべきポイントはアンチエイリアスのON、OFF、再サンプリング処理を行うときの補完方式(バイキュービック、バイリニア、ニアレストネイバー等)あたりですかね。

>また、自動選択ツールはカスが残ってしまうことが多く、
>基本的に使っていません。このツールって使い道あるのでしようか??
便利なツールだと思いますよ。
許容値などのパラメータ設定をちゃんとしてやれば単品でも結構使えます。
それよりも、このツールで大まかに選択して、使用後に他の選択ツールやクイックマスクモードで選択領域を整えることでその真価を発揮すると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。なるほど、クイックマスクモードと
併用して使うのですね。感謝いたします。

ところで、ジャギが発生してしまったら、どうすればいいのでしょうか?
ドット単位でちまちま塗りつぶすとか・・・
もっと何か有効な手立てはないでしょうか?

お礼日時:2001/10/12 06:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文字の輪郭のギザギザを修正する方法

Photoshop4.0Jの文字ツールで文字を作成して印刷したところ、文字の輪郭がギザギザになってしまいました。曲線が滑らかではないんです...。
これを直す方法はありますか?

Aベストアンサー

文字ツールで文字を入力する画面でアンチエイリアスがチェックされてますか?

Qpshotoshop輪郭を和紙のようにランダムにギザギザにしたい

写真やイラストの輪郭を和紙のようにランダムにギザギザにしたいのですが、どうやればいいのでしょうか?
使用ソフトはphotoshopです。
どうかお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは!

まず輪郭の選択範囲を作ります。
その選択範囲をちょっとだけ小さくします。
チャンネルパレットで『選択範囲をチャンネルとして保存』します。

保存したチャンネルを表示して

【フィルタ】→【ピクセレート】→【水晶】を確認しながら適応

ギザギザにするレイヤを選択して・・
水晶でギザギザにしたチャンネルを選択範囲として読み込みます。
反転して・・削除・・。

Qギザギザをなくして輪郭をすっきりさせる方法を教えてください。

ネット上から見つけた画像をWORDで編集、色づけした所に貼り付けすると例えば花でしたらPhotoDeluxで背景を削除または白色にカラー変更してもその輪郭の部分が白いギザギザで縁取られたようになってしまいます。原因とそうならぬようにする方法を教えてください。ファィルの種類はネットから保存時はGIFで加工後はJPEGになったようですが。実はphotoshop Elementsもイラレ8.0もインストール済みですがよく使い方がわからず(そのものをよく理解していません)が現状の私です。もしかしたら素人考えで拡張子を変更できればいいのかと思ったりしますが、さてその方法があるのかまた無理なのか全く分かりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

恐らくですが‥。

Jpegに透過をする機能がないからです。Wordで編集するのではなくPhotoShop等で編集すると、透過に対応しているGifで保存されるはずなので背景にとけ込むはずです。

ただし、Web上で既に背景が白になっている場合はスムージングで輪郭をぼかしてあるのでどうにも出来ません。

QIllustrator10 ナイフツールでギザギザに

いつもお世話になっております。
Illustrator10を使用しています。

描いたイラストを、ナイフツールを使って、
直線のギザギザで切りたいのですが、
何度やっても、ふにゃふにゃ曲がったかんじでしか
切ることができません。

どうすればよろしいでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ギザギザの線をペンツールで描いて、
パスファインダ「分割」。
じゃだめですか?

私事ですが
ナイフツールは、ほとんど使ったことがありません。
ストリームラインとかでイラスト等を作った際、くっついちゃった部分を切り離す時くらいでしょうか。

Qイラストレーター長方形ツールのギザギザ

イラストレーターCS2です。
長方形ツールを回転させると、線がギザギザになってしまうのですが
解像度をあげると取れるということは調べられましたが
解像度をあげるというのは大きく作るということですよね?
大きさこのままで。というのはできないでしょうか?
線は0.5ptとなってます。

Aベストアンサー

ども。

イラストレーターで作成中のオブジェクトは,ベクトルデータですので,解像度はこの時点では気にしなくてよいです。つまり,座標(x,y)のA点と(n,m)のB点を直線で結ぶといった感じの図ですので,大きくつくっても小さく作っても変わりは無いです。
ただ,これをBMPやjpegといった,ビットマップ画像データに書き出す事をする場合には,ベクトルデータではなく,どの座標に点を打つかが1点1点示されたデータになりますので,解像度を高く設定すると,点が緻密になってきれいな画像になります。

私はバージョン9ですが大きくは異ならないと思いますので,試しに,イラストレータで作成中のそのままのプリントアウトと,「ファイル」→「データ書き出し」で「BMP」を指定してOKしたときに表示される「ラスタライズオプション」で,「75dpi」で保存したもの,同様に「360dpi」で保存したものを別な画像ソフトでプリントしたものとで比べてみてください。ベクトルで作成されたデータと,点となったデータの違いが分かると思います。

ですので,イラストレータで作成して,ai保存している限りは,直線のがたつきはモニター・プリンターのせいであって,当該の長方形を大きくしても何も変わりませんよ。

ご参考になれば幸甚です。

ども。

イラストレーターで作成中のオブジェクトは,ベクトルデータですので,解像度はこの時点では気にしなくてよいです。つまり,座標(x,y)のA点と(n,m)のB点を直線で結ぶといった感じの図ですので,大きくつくっても小さく作っても変わりは無いです。
ただ,これをBMPやjpegといった,ビットマップ画像データに書き出す事をする場合には,ベクトルデータではなく,どの座標に点を打つかが1点1点示されたデータになりますので,解像度を高く設定すると,点が緻密になってきれいな画像になります。

私は...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報