素人質問ですいません。
最近海外で、病気や細菌兵器が取りざたされていますが、
地球が自転していることは知っているのですが、
回りの空気はどうなのだろうと疑問に思っています。
もし、地球だけが回っているのであれば、
大気の汚染されたところに日本が行ったら恐いですよね。。。

以上よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

しょうもない補足です。


ニュートンがリンゴの落ちるのを見てひらめいたのは、
「地球が自転しているのに、なんでリンゴはまっすぐ下に落ちるのだろう」というところから、「リンゴの木も地球といっしょに自転している」これがどんどん進んで、秒速8Kmで飛び出せば地球を一周してもとのところに戻ってくる、ということにつながったということ。(リンゴの話自体はフィクションかもしれないけど)

発想としては、ニュートンと同じところにいたわけですね。自慢しましょう。
    • good
    • 1

こんにちは。

oribeyakiさんの回答で正解だと思います。

 ちょっと蛇足の計算を。

 一番極端な例は、赤道地方です。
 地球の1周は約40000kmですから、これを1日24時間で回るとして、空気が止まっている?とすれば、

 40000km/24h=1666.66・・km/h  で、
約1700km/hの暴風?となります。

 新幹線 約300km/h より、航空機 約900km/h より、
そして音速 約1200km/h より速い風!?ですね。

しょうもないことをすみません。では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>約1700km/hの暴風?となります。
こんなスピードで回ってるんですね。
すごい、いつ宇宙に放り出されるか・・・

計算したことなんて無かったから、ほんとにびっくりです。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/10 17:34

基本的に、大気も地球の自転とともに回っています。


そうでないと、地上は地球の自転スピードの速さで、
東から西へ暴風が吹いていることになります。
ただ、偏西風やらなんやらで、空気は動いてますので、
一度、風に乗るような生物兵器が使われたら、
地球上はすべて危険です。

ただ、化学兵器なら拡散しちゃって無害なレベルになることも考えられますし、
よっぽど高空に舞い上がらない限り遠方で使用されたものが飛んでくることはないっすよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>東から西へ暴風が吹いていることになります。
そうですね、どうして気づかなかったんでしょ・・・(^-^;

>地球上はすべて危険です。
そういう意味で危険は残るのか。

ありがとうございました。長年の疑問がひとつクリアされました。
また、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/10/10 11:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q環境基準について

中国、韓国、タイ、フィリピン、台湾の大気汚染物質の環境基準値に
ついて調べています。中国、韓国、タイ、フィリピンについては、
何とか調べられたのですが、台湾が見つかりません。台湾環境保護省は
すでに調べました。台湾以外の情報でも結構ですので、待ってます。

Aベストアンサー

私も以前、韓国環境省の情報を得るのに苦労したことがあります。
その際、このページでも見つからなかったので、直接大使館に聞いてみました。

きちんと目的を述べて、お願いしたら丁寧に教えていただくことができました。

台北駐日経済文化代表処や試料センターがあるようなので、一度
問い合わせをしてはいかがでしょう?情報提供や交流が目的の施設なので、
日本語で対応してもらえますよ。

参考URL:http://www.roc-taiwan.or.jp/

Q【地球の自転は周囲の何の影響を受けて自転しているんですか?】 地球は磁石としても磁石を動かすには何ら

【地球の自転は周囲の何の影響を受けて自転しているんですか?】

地球は磁石としても磁石を動かすには何らかの他の磁界が必要ですよね?

太陽が発している磁界を地球という磁石が受けて自転している?

それとも宇宙空間の真空の無重力の世界に小さな磁石として磁場が生まれて地球は自転する?


まさか月が磁石の役割をして地球は月の磁石によって自転してるわけないですよね?

Aベストアンサー

たくさんの岩のかたまりが合体成長して惑星が作られる最後の段階では、地球の半分くらいの大きさのやや小さな惑星同士がぶつかって合体して、地球のような惑星になったと考えられています。

地球が自転しているのは、小さな惑星同士が合体して地球ができたときに、真正面からぶつかったわけではないからだと考えられます。

真空の宇宙空間では摩擦力が働かないから、その時の惰性で今も自転し続けている。

月の影響で海水の満ち引きが起こり、少しずつブレーキが掛っている。

宇宙空間へ鉄磁石を回転して投げれば、ず~と回転し続ける。

そのままの運動をず~と続けるというのが、運動の基本。
(慣性の法則)

地上の生活では、必ず摩擦力が働くので、止まる。

運動の基本は慣性(外力が働かない限りその運動を続ける)で有って、摩擦と言う外力が働くから止まる。
これを最初に見抜いたのは天才ガリレオ。

Q環境基準値の設定根拠について

水質汚濁に係わる環境基準、地下水の水質汚濁に係わる環境基準、土壌の汚染に
係わる環境基準といった環境基準値が環境基本法に基づいて制定されています。
しかし、これらの環境基準値の設定根拠をどう調べても分かりません。
どなたか「カドミウム」、「シアン」、「有機リン」、「鉛」、「六価クロム」、
「ヒ素」、「総水銀」、「アルキル水銀」、「PCB」、「銅」、「ジクロロメ
タン」、「四塩化炭素」、「1,2-ジクロロエタン」、「1,1-ジクロロエ
チレン」、「シス-1,2-ジクロロエチレン」、「1,1,1-トリクロロエ
タン」、「1,1,2-トリクロロエタン」、「トリクロロエチレン」、「テト
ラクロロエチレン」、「1,3-ジクロロプロペン」、「チウラム」、「シマジ
ン」、「チオベンカルブ」、「ベンゼン」、「セレン」の設定根拠をお教えくだ
さい。上記物質の設定根拠が記載されている文献でも構いません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 keroroさんが紹介されてますが、横浜国立大学の中西準子先生の本で「水の環境戦略」(岩波新書)があります。ここに、水質環境基準の設定根拠について、述べられています。
 また、水質環境基準は飲料水として人が摂取した場合の毒性影響を根拠に定められているのですが、地下水についても飲料水と考えていますので、水質環境基準と同じ値となっています。土壌環境基準については、土壌から溶出してきた際に、地下水が環境基準を越えないようにと言う観点から設定されています。

Q地球の自転が反時計回りというが腑に落ちません

地球の自転は反時計回りと習ったのですが、
腑に落ちません。

反時計回りということは、
外界の環境は、
左から右へ移動しているように見えると思うのですが、
これが太陽が東から昇ることとどう関係しているのでしょうか?

Aベストアンサー

陽時計をご存知ですか?
その影が右回り=時計回りです(北半球では)。
実際には地球が動いているので、地球回転方向は地上影方向の逆になるのは当然です。

貴方の足元を右周り(時計回り)する物体があるとき、
その移動物体を頭上にもっていったら左回り(逆時計回り)になります。
左から右へ移動するとき、その途中が前を通るか後ろを通るかでも、表現は変わります。
つまり、視点によって表現が変わります。

上二つ、どちらの説明に納得されますか?

Q二酸化窒素の環境基準

二酸化窒素と環境基準について調べているのですが、1978年に二酸化窒素の環境基準が大幅に緩和された理由がどうしてもわかりません。なぜ反対があったにも関わらず強行されてしまったんでしょうか?ご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

これは産業界と通産省の要望により改訂が行われたという
のが結論ですね。


その当時は環境の道に入っていなかったんで、当時の関係
者の話を聞いたり資料を読んでの個人的見解ですが...。

【産業界の主張(私が理解している要旨)】
 ○1973年の値は疫学的に見て厳しすぎ、この基準を
  達成するための設備投資の多さを考えると、妥当な
  数字に改訂することが望ましい。
  (電力・鉄鋼・自動車・通産省の共同主張)

たしかに、1973年の基準値決定の元となったデータ類を
見たら、要所が不明瞭で、恐ろしく安全サイドに寄った
データを主に採用しているなんて点がありますし(※)
1973年の数字を遵守しようとすると、産業界全体で4,000
億円弱の投資が必要だったようで、当時の各社業績では耐
えられなかったって面では同情できる部分も無いではないんですが....。

 ※:この面にはmugisakenomiさんの云われるような
   こともあった様子です。

当時で云えば欧米よりも数段厳しくって、しかも技術的に
見て達成が可能な基準だし、一カ所に大量の車が集中する日本の道路行政を放置して考えるのは不味かろうと思うん
ですね。

しかも、電力・鉄鋼・自動車という、当時「NO2排出量の
多い御三家」が通産省と組んで、1971年に発足した若い環
境庁をこづき回して、中央公害対策審議会に諮問せずに
環境庁の行政判断で国会に法案を提出して可決させてし
まうという裏技を使ったようで、ますます駄目ですね。

もちろん、「明日からNOXを排出しない製品しか生産して
はならない」って話なら、こらぁ無茶なことなんで、蹴っ
てしまうシナリオもあるでしょう。

でも、一般家庭から排出されるNOXの削減なんて期待でき
ないことだし、ドライバーに制限を掛けても十分な効果
が得られないのは当然なんだから、辛くても企業がなん
とか遵守して排出量を減らすしか道はないと。

 ※:ちなみに、今も昔もNOXの最大発生源は自動車
   やバイクなどで、現有台数を3~4割減らさな
   いと環境基準達成は困難みたいですね。
   でも、車やバイクを4割削減って、一般国民は
   協力しないでしょうね...。

その上で、設備投資がしづらいなら、国に融資制度の
実現を求めて、これに伴う製品の値上がりは購買者に
負担してもらう、それを非難する人が居たら「環境を
守る製品を作るなら、そのくらいのコストが必要なんで
すよ」って事で、国民合意を醸成することに力を傾注す
るってシナリオが当然だったんでしょうが....。

なんで(簡単で当然の方法を)やらなかったのかについて
は、今となっては謎ですね。

これは産業界と通産省の要望により改訂が行われたという
のが結論ですね。


その当時は環境の道に入っていなかったんで、当時の関係
者の話を聞いたり資料を読んでの個人的見解ですが...。

【産業界の主張(私が理解している要旨)】
 ○1973年の値は疫学的に見て厳しすぎ、この基準を
  達成するための設備投資の多さを考えると、妥当な
  数字に改訂することが望ましい。
  (電力・鉄鋼・自動車・通産省の共同主張)

たしかに、1973年の基準値決定の元となったデータ類を
見たら、要所...続きを読む

Q地球の自転速度あるいは自転周期の測定方法

3年半ぶりとなる「うるう秒」が2012年7月1日に「午前8時59分60秒」として挿入されると聞きました。現在の1秒はセシウムを元にした原子時計で定義されるということも分かりました。さて、地球の自転周期がだんだん遅くなっているということですが、この地球の自転速度あるいは自転周期のどのようにして計測するのでしょうか?? 詳細ではなくても良いので大体のところをご教示願えれば幸いです。

Aベストアンサー

短時間・短期間での自転速度の計測については、現行の計測技術がないと計測できません。(No.1:equinox2さんの回答の通り)
 
昔、こうした技術がなかった時代の自転周期については、別の方法で推定されるようです。
 
地球や月で公転や自転の周期や距離関係などが現状と変わらないと仮定して過去に遡って計算するといつどこで日食や月蝕が観測されるのかが計算されます。その計算と実際の観測記録をつき合わせて日付や場所のズレを調べると、自転の違いなどが推計できるそうです。このサイトには、紀元前900年~西暦1200年頃の自転周期の大きな変動の推定カーブが計算されています。http://www.wagoyomi.info/suiko/suiko.html
 
人類の記録が日付や場所、事実かどうか疑問がある時代や、人類が記録を残せない時代については、サンゴなどの成長が縞となって残っている日輪、年輪を調べるのだそうです。地球の公転1回の間に寒暖があると成長記録の縞でそれが残ります。一日の昼夜の成長記録が縞に残ると日がわかります。1年間に何日あったのかを、太古のサンゴやオウムガイの化石の縞で調べるそうです。また、地層を調べると海の潮の干満がパターンで残っているところがあるので、そうした堆積物の状況でも1年の日数を調べることができます。他の観測や事実確認から、公転周期が大きく変わっていないことがわかれば、1年の日数の変化から、1日の時間の変化が推定できるそうです。 http://www.geog.or.jp/journal/back/pdf114-3/p419-433.pdf (下の図はp11/15にあります)
 
その他にも月の運動を調べる方法で、太古の地球の自転が1日10時間以下だったらしいという推定もあるそうです。
http://rikanet2.jst.go.jp/contents/cp0320a/contents/chishiki/answer06/index.html
「そもそも地球が誕生したころは、自転周期は5時間程度だったと考えられています。6億年前でも約22時間程度で、今よりもずっと早く自転していました。では、どうして地球の自転は遅くなっていくのでしょう。 地球の自転にブレーキをかけているのは、主に「潮汐作用」です。とりわけ月の影響が大きくあります。月は1年に約3cmずつ遠ざかっています。ぐるぐる回る地球の自転のエネルギーを、潮汐作用を通じて月が受けとっているため、月はしだいに遠ざかってしまいます。その結果、エネルギーを吸い取られた地球は、自転が遅くなります。 地球だけに限ってみれば、自転が遅くなるのはわかりやすいといえます。潮の満ち干によって移動する海水と海底との摩擦で、自転のエネルギーが失われます。正確にいえば、地球潮汐(地殻の上下)や、地球の中心の液体核、それに地球の大気と地面との摩擦なども効いています。さらに細かく調べると、地球の自転速度が遅くなっていくペースも一定ではないことがわかってきました。過去の日食の記録による調査からは、地球の気候変動が自転速度に影響を及ぼしていることや、最近の正確な地球の自転運動の研究から、大きな地震の前後で自転速度が変化してしまうことなどがわかりつつあります。」
 
http://www.nao.ac.jp/QA/faq/a0404.html
「地球の自転速度は、長期的には、主に「潮汐摩擦」(潮の満ち引きによって起こる海水と海底との摩擦)によってだんだん遅くなっています。 しかし、数年から20年ぐらいの期間で考えると、地球内部にある「核」の運動の変化や、地球規模での水(海水、陸水、氷河)の分布変化などが原因となって変動し、自転速度は、必ずしも一定の割合で遅くなっているわけではありません。 それでは地球の自転はどのぐらいの割合で遅くなっているのでしょう。 19世紀の約100年間の地球の自転による1日の長さの平均が24時間に等しくなるように定められましたが、1990年頃には、地球は24時間より約2ミリ秒(1ミリ秒は1秒の1000分の1)長くかかって1回転しています。1回転にかかる時間が100年間で2ミリ秒長くなっていることになりますので、もしもこの割合がこれからもずっと続くと考えると、5万年で1秒、1億8千万年で1時間長くなることになります。このことはつまり、1億8千万年後には、1日の長さが25時間になってしまうということを意味しています。 しかし、この割合でずっと地球の自転が遅くなり続けるのかどうかはわかりません。現に、2003年現在、地球の自転を観測すると、地球は24時間より約1ミリ秒長くかかって1回転しています。1990年のころと比べると、地球の自転速度は、むしろやや速くなっているのです。」

短時間・短期間での自転速度の計測については、現行の計測技術がないと計測できません。(No.1:equinox2さんの回答の通り)
 
昔、こうした技術がなかった時代の自転周期については、別の方法で推定されるようです。
 
地球や月で公転や自転の周期や距離関係などが現状と変わらないと仮定して過去に遡って計算するといつどこで日食や月蝕が観測されるのかが計算されます。その計算と実際の観測記録をつき合わせて日付や場所のズレを調べると、自転の違いなどが推計できるそうです。このサイトには、紀元前900年...続きを読む

Q澱粉溶出の環境基準について

澱粉溶出の環境基準についてです。

澱粉の使用量は1kg/平方メートルで板状に固化されています。面積は1000平方メートルの量で雨水でゆっくり溶出しており、近くの河川に流れ出る可能性があります。
この程度の溶出では河川に影響ないのでしょうか?

環境基準のこと、澱粉で判る方がいらっしゃいましたらご教示を宜しく御願いします。

Aベストアンサー

デンプンという物質そのものは、リスク評価と呼ばれる一連の試験の対象となるような有害な物質ではありません。
食品に含まれている成分ですから、当然ですね。

環境基準に関係する可能性があるとしたら、BOD(生物化学的酸素要求量)、SS(浮遊物質量)、DO(溶存酸素量)といった、水辺の生き物の生活に関るような項目ですね。

具体的な判定は、測定しない限り、不可能です。
管轄の市町村やその測定機関にお問い合わせください。


>この程度の溶出では河川に影響ないのでしょうか?

まず、「影響がある」と判断する基準は、人それぞれの価値観によってバラバラです。
環境測定を行ったとき、小さくても、データ上全く影響が出ないとは言えません。
少しは検出されることのほうが普通でしょう。
しかしだからといって、それが憂慮すべきデータか否かの判断は、科学的な検討により、別に行う必要があります。

人間社会にとっては大きな影響がなかったとしても、小さな水生生物にとっては、一時的に影響が出る場合もあるでしょう。
酸素が減って、魚が浮くとか。
生物にとって暮らしやすい環境の維持というのは、結構、繊細な課題です。
ちょっとしたことですぐに影響が観測されることもあります。
あるときは小さな生物に対して目に見える影響が出たのに、別のときには出ず、両ケースの違いは何だったのかと聞かれても、確実な答えを出すのは難しいということも多いです。
ただし、何事も程度の問題であって、近年では、多くは一時的な影響で終わります。


環境基準とは、科学的な検討を経て厳しい値に設定された、「行政目標」に過ぎません。
これを守ることができていれば、さすがに、かつての公害のような健康被害が観測されるとは考えられないだろうという意味です。
したがって仮に、基準を少しクリアできていなかったとしても、その事実だけで危険だとの結論を導くことは不可能です。
目標ですからね。

原発事故による放射能汚染への対策なども、環境基準とは呼んでいませんが、同様です。

基準の設定されていない項目には、リスクが存在しないという意味ではありません。
微小なリスクも含めるなら、日常生活のあらゆる場面、あらゆる環境、あらゆる飲食物にリスクを考えることは可能です。

そもそも、測定もできないほど微小なリスクまで考えるとき、本当の意味で安全か危険かを判断することは、哲学などにも関ってくる難しい問題です。
便宜的に定めた数値などでは割り切れないし、完全に正しい答えを知っている人はどこにもいません。
世の中に存在するあらゆるリスクどうしを比較して、優先順位を付けながら暮らしているに過ぎません。
あまりにも小さいリスクの場合、被害を一生実感しないまま、余命が尽きてしまうのだから。

デンプンという物質そのものは、リスク評価と呼ばれる一連の試験の対象となるような有害な物質ではありません。
食品に含まれている成分ですから、当然ですね。

環境基準に関係する可能性があるとしたら、BOD(生物化学的酸素要求量)、SS(浮遊物質量)、DO(溶存酸素量)といった、水辺の生き物の生活に関るような項目ですね。

具体的な判定は、測定しない限り、不可能です。
管轄の市町村やその測定機関にお問い合わせください。


>この程度の溶出では河川に影響ないのでしょうか?

まず、「影響がある」...続きを読む

Q1.地球の自転周期は現在、24時間56分4秒ですが、未来には、地球か

1.地球の自転周期は現在、24時間56分4秒ですが、未来には、地球から遠ざかってゆく月の潮汐力の影響で、現在の周期より徐々に短くなってゆくと考えられます。

2.ある物体から受ける引力は、物体の質量に比例し、物体からの距離の2乗に反比例します。月の質量は地球の82分の1です。地球と月との中心間距離を1としたとき、等重力点(地球と月の引力が同じ地点)は、月の中心から約0.35、地球の中心から約0.65離れた地点にあります。

丸バツ問題でこの二問が出たのですが答えはどうなるのでしょうか?
わかる方、回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1に関してですがヒント、

地球は月の引力の影響を受けて潮の満ちひきがある。

そのせいで、地球の自転速度は落ち続けている。(1年前に比べ今年の方が自転速度が遅い)


問題にある<現在の周期より徐々に短くなっていく>ってのは、地球の自転速度が月が離れるほどに増していくってことですよね。


月が地球から離れるほどに月は地球を減速させなくなるが、車のタイヤのように地球は自力で回転していて、月がブレーキの役割をしているため本来のスピードが出ていないわけじゃあない。
ブレーキが無くなったタイヤが回転速度を取り戻し早くなるのとは話が違う。


地球の自転スピードを減速させないレベルまで月が離れた頃の地球のスピードと今のスピードを比較すればいいわけです。

自転周期が短い=回転速度が速い。
自転周期が長い=回転速度が遅い。


2はどう考えればいいのかわからないのでヒントあげれません。

Q地下水環境基準について

地下水環境基準で健康項目はあるのですが、生活環境項目のないのは何故でしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

摂取することにより、健康被害が発生すること(だけ)を念頭においているから、

と聞いたことがあります。

Q地球の自転

素朴な疑問なのですが、笑わずに読んでください。
衛星生中継で地球の裏側からのテレビ放送を観た場合
過去、或いは未来の事を見ていることには
ならないのでしょうか。
宜しくお願します。

Aベストアンサー

 失礼ながら、皆さんの回答の主旨が違っていると思います。


 #6さんが言っているように・・・
 今が日本で4月7日の午後6時だとして、衛星生中継でブエノスアイレス(時差12時間)の映像を見た時に、4月7日の午前6時の映像が流れますが、それは日本で過去の映像(12時間前の映像)を見ている事にはならないのか、って事を聞いていると思うのですが。


 その回答ですか?
 違う人に答えてもらってください(苦笑)。
 光が進むスピードうんぬんについては、多分mirrorsさんは考慮にいれてないと思いますが、考慮に入れないとすれば、過去にも現実にもなりません。


 時間(何時何分っていう基準)自体が人間が勝手に決めたもので、世界中みんな同じ時間を同時に過ごしているのですから。


人気Q&Aランキング