グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

素人質問ですいません。
最近海外で、病気や細菌兵器が取りざたされていますが、
地球が自転していることは知っているのですが、
回りの空気はどうなのだろうと疑問に思っています。
もし、地球だけが回っているのであれば、
大気の汚染されたところに日本が行ったら恐いですよね。。。

以上よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

しょうもない補足です。


ニュートンがリンゴの落ちるのを見てひらめいたのは、
「地球が自転しているのに、なんでリンゴはまっすぐ下に落ちるのだろう」というところから、「リンゴの木も地球といっしょに自転している」これがどんどん進んで、秒速8Kmで飛び出せば地球を一周してもとのところに戻ってくる、ということにつながったということ。(リンゴの話自体はフィクションかもしれないけど)

発想としては、ニュートンと同じところにいたわけですね。自慢しましょう。
    • good
    • 1

こんにちは。

oribeyakiさんの回答で正解だと思います。

 ちょっと蛇足の計算を。

 一番極端な例は、赤道地方です。
 地球の1周は約40000kmですから、これを1日24時間で回るとして、空気が止まっている?とすれば、

 40000km/24h=1666.66・・km/h  で、
約1700km/hの暴風?となります。

 新幹線 約300km/h より、航空機 約900km/h より、
そして音速 約1200km/h より速い風!?ですね。

しょうもないことをすみません。では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>約1700km/hの暴風?となります。
こんなスピードで回ってるんですね。
すごい、いつ宇宙に放り出されるか・・・

計算したことなんて無かったから、ほんとにびっくりです。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/10 17:34

基本的に、大気も地球の自転とともに回っています。


そうでないと、地上は地球の自転スピードの速さで、
東から西へ暴風が吹いていることになります。
ただ、偏西風やらなんやらで、空気は動いてますので、
一度、風に乗るような生物兵器が使われたら、
地球上はすべて危険です。

ただ、化学兵器なら拡散しちゃって無害なレベルになることも考えられますし、
よっぽど高空に舞い上がらない限り遠方で使用されたものが飛んでくることはないっすよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>東から西へ暴風が吹いていることになります。
そうですね、どうして気づかなかったんでしょ・・・(^-^;

>地球上はすべて危険です。
そういう意味で危険は残るのか。

ありがとうございました。長年の疑問がひとつクリアされました。
また、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/10/10 11:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自転と飛行機の速度について

地球はものすごい速さで回っていますが、慣性の法則の及ばない飛行機などには、影響するのでしょうか。
例えば、自転の回転方向に飛び立つのと、自転の逆回転方向に飛び立つ場合では、同じ距離の国に行くのでもかなり時間に差ができるのでしょうか??
日本上空で待機していればハワイは勝手にやってくるのですか?ということは飛行機で24時間以上かかる場所はないんですよね??
違っていたら素人にも分かりやすく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

地球の自転により大気の流れに影響が出るため飛行機の速度にも違いが出るというのが正しいのですが、ご質問のとおりにはなりません。

飛行機は空気の中を飛びますので、一旦飛び上がってしまったら地面がどう動こうが関係ありません。ということは地球に対して大気がどのように動いているかが肝心です。

もし大気が静止していて地球だけ自転していれば、ご質問のとおりハワイは勝手にやってくるでしょう。ただし、その場合地上は大変なことになります。

というのも、地球はものすごい速さで自転していて大気が静止しているなら、赤道上では時速1600kmの風が吹くことになります。人は生活できないでしょう。幸いなことに、実際はそうではありませんよね。

つまり空気も地球と一緒に動いていて、その中を飛行機は飛ぶので、ご質問のとおりにはならないということになります。

ところで実際のところは、地球の自転と大気の相互作用のためにさまざまな風が吹いています。中でも私たちに一番関係するのが日本上空付近を吹くジェット気流(偏西風)でして、冬になると地表に対して西から東に向けて時速300km程度にもなります。それに乗れば飛行機は早く目的地まで到着し、逆らうと到着まで時間がかかります。例えば、東京-福岡間のフライトでも福岡から東京に向かうほうが速く、東京から福岡に向かう場合よりも数十分早く到着します。これはまさしく地球の自転の影響と言えますが、ご質問の内容が正しいとして出てくる答えとは反対になりますよね。

地球の自転により大気の流れに影響が出るため飛行機の速度にも違いが出るというのが正しいのですが、ご質問のとおりにはなりません。

飛行機は空気の中を飛びますので、一旦飛び上がってしまったら地面がどう動こうが関係ありません。ということは地球に対して大気がどのように動いているかが肝心です。

もし大気が静止していて地球だけ自転していれば、ご質問のとおりハワイは勝手にやってくるでしょう。ただし、その場合地上は大変なことになります。

というのも、地球はものすごい速さで自転していて...続きを読む

Q自転、公転の及ぼす影響について

地球、或いは月の自転、公転運動が原因で発生する現象の中でで、太陽熱と関係の無いものは潮の満ち欠け、フーコーの振子以外にありますか?

箇条書きでも結構ですので、教えて下さい。

お願い致します。

Aベストアンサー

ぱっとおもいついたのだけ

自転
・昼夜の交代、日の出、日没
・コリオリの力(フーコーの振り子はその現れ方の一つにすぎない)
・地球の扁平

公転
・白夜、極夜(白夜の裏、黒昼ともいうらしい)
・月の満ち欠け
・星空の四季による変化
惑星の場合、順行と逆行


人気Q&Aランキング