現在、S社の5年ごと利差配当付きステップ払終身 特別保障更新型に入っています。 毎月の支払い金額が大きいので、定期部分を減額し(現在5千万円)終身を100万円プラス(そうすると終身250万円です)しようと考えました。
同じ会社でライブOOで見積もってもらうと終身は保険ファンドということで100万円弱です、年金部分は300万X20回です。支払い金額は現在より少し高くなります。ライブOOだと入院が一泊からでます。5年ごと~は外交員の方にとってもいい保険だからもったいないといわれました。
S社での転換をしたほうが良いのでしょうか?
それとも、全く新しく掛け捨ての保険に入ったほうが良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは!


 
 5年毎利差配当付き定期特約付き終身保険なんですよね。
 5年毎~ならとくにもったいないと言うことはありません。
 今まで毎年配当の商品が主流だったのですが、この低金利時代に突入して思うように配当がつかなくなった現状から、5年毎~が発売されました。
 ですので、契約自体の利率はけしていいものではありませんので、もったいないことはないと思われます。
 しかも、終身保険の部分が150万円とのことなので大して貯蓄性のある保険でもないですしね。(500万以上あるのであれば、年齢も今より若いときに加入されてるんでしょうし、もったいないかもしれません)

 住友のライブワンですが、「アカウント型」の商品で終身保険の保障額は確定ではなかったと思ったのですが・・・
 確定で終身保険を用意したいのであれば、「アカウント型」はお勧めではありません。なぜなら、終身保険が必ずしも設計書どおりの保障額で支払われると確定していないからです。
 まだ、ライフプラン(将来の生活設計)が定まっていない方には良いと思いますし、元になる保険をきちんとお持ちなら+アルファーで保障を持つと言う意味ではいいと思います・・・
 
 ご結婚されていますか?お子さんはいらっしゃいますか?保険金を残してあげたい方はいらっしゃいますか?

 生活状況によって選ぶ保険は変わります。

 もし、独身であるならば、終身保険と医療保険をひとつずつ加入しておいたらいいのではないでしょうか?
 ご結婚されて、お子さんもまだ小さいのならば、ライブワンでも良いとは思います。見直しがきく保険だったと思いますので。。。
 ただし、転換は要注意です。きちんと説明を聞いた方がいいでしょう。

 転換とは、今ある溜まっているお金(責任準備金&配当金)を頭金活用して保険の一部分を買い、新しく追加したところや買い足せなかった残りの保障部分を払うものです。
 頭金活用する部分がどこに充当されるかにより、解約払戻金が変わってきます。
 定期保険の部分に充当されれば一番保険料が安くなり、終身保険の部分に充当されれば保険料は高くなりますが、掛け捨てではないので頭金は増えていきます。
 
 たしか・・・「アカウント型」は、終身ファンドに充当する方法だったような気がします。定かではないので、確かめてみてください。
 
 私がお勧めするならば、終身保険は確定のものにします。
 医療は特約ではなく、単品の医療保険にします。
 ある程度の死亡保障が必要なら、必要な期間だけの定期保険を単品で。

 単品で加入することにより、何かニーズが変わったとき保険の見直しがしやすくなると思います。

>毎月の支払い金額が大きいので、定期部分を減額し
>(現在5千万円)終身を100万円プラス(そうす
>ると終身250万円です)しようと考えました。
>S社での転換をしたほうが良いのでしょうか?

 支払いを少なくしたいのに、どうして転換して支払いを多くしようとするのでしょうか?転換すれば確かに終身を増やすことは出来ますが、必ず保険料は上がります。

 一体、どのような保険に加入されたいのでしょうか?どのような保障が必要なのでしょうか?wzerocさんの保険に対するニーズが分かりません。

 状況がいまいちわからないので的確に回答できていないかと思いますが、何か他にありましたら補足してください。
    • good
    • 0

転換については、朝日新聞の特集をまとめたものを


下記のサイトで見て下さい。
家族状況、年齢などが全くわかりませんが、必要な保障が
何かを項目別に整理して下さい。

定期保険部分は4850万円のようですが、この部分は掛け捨てです。
更新型のようですから、契約から、10年か15年後に更新する時に
同じ保障を継続すると年齢が上がっているので当然高くなります。
50歳台ではかなりの保険料です。

また、ライブ○○ではおそらく年金300万円X20回というのは、死亡
した場合の保障だと思います。生きている間に受け取るとしたら、総額
6000万円を受け取るにはものすごく貯蓄として良いか、ものすごく保険料が
高いかのどちらかです。率の良い方でもざっと4000万円以上を払込みしないと生前の年金としては受け取れないっはずです。


akebonotarouさんの回答に補足します。
私も医療保険単独加入か、終身保険に終身医療特約が良いと思います。

独身の方でしたら、解約した場合の戻りの多い終身保険を選んで定期保険部分は
掛け捨てですから、部分解約をおすすめします。

私なら、独身者に定期保険はおすすめしません。

参考URL:http://www.kitanihonsonpo.co.jp/page8.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在、第一生命「堂々人生『保険工房』(5年ごと利差配当付更新型終身移行

現在、第一生命「堂々人生『保険工房』(5年ごと利差配当付更新型終身移行保険)」に入っております。
ご契約内容のお知らせによれば、2年後に「堂々ファンド(生存給付金)」が更新時に移行後の責任準備金として充当されるとのことですが、一部(半額程度)のみを責任準備金として、残額を受け取るとした場合、保障額がどれ位変わるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

まずは、下記の第一生命の堂堂人生のパンフレットをご覧下さい。
http://event.dai-ichi-life.co.jp/d_book/doudou_jinsei/index.html

6,7ページの「02、堂堂人生の基本的なしくみ」の図が
わかりやすいでしょう。
図の主契約の下の部分に「堂堂ファンド」があります。
その右を見ると……「終身保障」となっています。
つまり、堂堂ファンドとは、かつての定期特約付終身保険の
終身保険部分に相当するのです。
この部分が、この保険の要なのです。
この保険の評判が良くないのは、この堂堂ファンドの部分が
あまりにも小さい設計が多いからです。
そして、わかりにくいのですが、この部分は「保障」ではなく、
「貯蓄」機能なので、減らしても、現状の保障に影響はありません。
しかし、減らせば、将来、終身保険に移行する金額が減ることになり、
また、解約払戻金が減ることになります。
今は、影響が小さくても、将来では、大きな問題となるのです。

この保険を継続するつもりならば、堂堂ファンド部分を減らすことには
賛成できません。

まずは、下記の第一生命の堂堂人生のパンフレットをご覧下さい。
http://event.dai-ichi-life.co.jp/d_book/doudou_jinsei/index.html

6,7ページの「02、堂堂人生の基本的なしくみ」の図が
わかりやすいでしょう。
図の主契約の下の部分に「堂堂ファンド」があります。
その右を見ると……「終身保障」となっています。
つまり、堂堂ファンドとは、かつての定期特約付終身保険の
終身保険部分に相当するのです。
この部分が、この保険の要なのです。
この保険の評判が良くないのは、この堂堂ファンドの部分が
...続きを読む

Q5年ごと利差配当付終身保険の見直しについて

主人が独身の時に加入した保険が更新型で、更新ごとに保険料が増えていくのが不安で見直しをしています。

主人30才(会社員、年収300万)、妻32才(専業主婦)、子供二人3才と1才、賃貸

○住友生命
 5年ごと利差配当付終身保険(ステップ保険料払込方式 II型)

 契約日 1998年(平成10年)7月1日
     2005年 3月16日に本人妻型に変更
 
 毎月払込保険料  12,174円
 
 主契約  終身・60才払込満了  100万
 定期保険特約 15年更新  1800万
 特定疾病保障定期保険特約 15年更新  300万
 重度慢性疾患保障保険特約 10年更新  300万
 傷害特約(本人妻型)80才満了  500万
 新災害入院特約(本人妻型)15年更新  10,000円
 新疾病医療特約(本人妻型)15年更新  10,000円
 新成人病医療特約 15年更新  5,000円
 通院特約(本人妻型)  3,000円
 傷害損傷特約(一般職種I型) 60才で更新 5万円

主契約だけを残して他の特約のみを解約するのと、主契約の終身が100万だけなので思い切って保険を解約するのとを迷っています。
2005年7月の解約返戻金は79,740円
2034年7月(60才時)の解約返戻金は601,600円  (主契約および特約の解約返戻金の合計額)となっています。

解約した部分の保障は他の安い保険会社の定期保険(オリックス生命 ダイレクト定期20年)と終身医療の60才払込(主人 損保ジャパンひまわり生命 ワハハ21一生満足 妻 オリックス生命 パステルfit)に入ろうと思っています。
長々と書いてしまって分かりにくいかとは思いますが、ド素人なもので申し訳ありません。
良いアドバイスをお願いいたします。

主人が独身の時に加入した保険が更新型で、更新ごとに保険料が増えていくのが不安で見直しをしています。

主人30才(会社員、年収300万)、妻32才(専業主婦)、子供二人3才と1才、賃貸

○住友生命
 5年ごと利差配当付終身保険(ステップ保険料払込方式 II型)

 契約日 1998年(平成10年)7月1日
     2005年 3月16日に本人妻型に変更
 
 毎月払込保険料  12,174円
 
 主契約  終身・60才払込満了  100万
 定期保険特約 15年更新  ...続きを読む

Aベストアンサー

保険料のアップが不安でしたら、やはりアップしない内容にはいるべきだと思います。
中途半端に100万円の終身保険なら、必要ないと思います。お考えのように定期保険(掛け捨ての死亡保障)と終身保障の医療保険でよいと思います。
オリックスダイレクトが20年で、お子様が21歳になれば、もう死亡保障は必要ないというお考えならそれでよいと思います。ただ、実際ご主人50歳という働き盛りに保険が切れると、その時に不安をもたれることがおおいにありえますので、60歳くらいの設定もご検討下さい。
本当に必要なくなれば解約や減額していきましょう。
減らすのは簡単です。が途中で増やすのは、保険料・健康状態をかんがえると結構大変です。
60歳までの設定では、50歳より当然保険料は少し高くなりますが、50歳で解約すると、50歳の設定より多く払った分くらいは解約金が返ってくると思いますので、50歳で解約してもトータルではムダにはなりません。少し余裕をもったかけ方をお勧めします。
最後に、現在加入中の保険は解約しても良いのですが、払い済みをお勧めします。
解約・払い済みどちらにしても、必ず新しい保険をきちんとかけてからそうしてください。
長くなりますので、払い済みについてわからなければまたご説明いたします。

保険料のアップが不安でしたら、やはりアップしない内容にはいるべきだと思います。
中途半端に100万円の終身保険なら、必要ないと思います。お考えのように定期保険(掛け捨ての死亡保障)と終身保障の医療保険でよいと思います。
オリックスダイレクトが20年で、お子様が21歳になれば、もう死亡保障は必要ないというお考えならそれでよいと思います。ただ、実際ご主人50歳という働き盛りに保険が切れると、その時に不安をもたれることがおおいにありえますので、60歳くらいの設定もご検討下さい。
...続きを読む

Q5年ごと利差配当付終身保険のこと

保険のことがよくわからないので質問させてください。
15年程前に知り合いの保険のオバサンに進められるまま
加入し、現在に至っています。
入った時は独身でしたが現在は結婚し子供もいます。
保険の契約内容は
主契約    2,029,200円 終身
定期保険特約 3,000,000円 65歳まで自動更新
介護収入保証特約 2,070,000円 65歳まで
特定疾病保証特約 3,000,000円 80歳まで
重度慢性疾患特約 3,000,000円 80歳まで
障害特約     5,000,000円 
その他、特定損傷特約、入院初期給付特約、災害入院特約
疾病医療特約、女性疾病医療特約が付いていて保険料は
10,258円(主契約2,082円、特約8,176円)です。
質問したいことは
まずこの保険は掛け捨てなのでしょうか?
解約返戻金は今約15万ほどなはずで将来的には100万ぐらいに
なることもあると思うのですが、この保険”終身”だし満期
は無いと考えてよいのでしょうか。
何かの時にまとまった資金が欲しいとなったら、生存給付金や
満期金の記載なんてどこにもないし解約するしかないということ
でしょうか?

あと5年ごと利差配当付きとはいうものの配当なんて一回も
もらったこと無いと思います。
スミセイなのでキャッシュバックというのはありますが、
これは配当とは違いますよね?
こういう保険で配当がもらえるなんてことあるんでしょうか?

お詳しい方教えていただければ幸いです。

保険のことがよくわからないので質問させてください。
15年程前に知り合いの保険のオバサンに進められるまま
加入し、現在に至っています。
入った時は独身でしたが現在は結婚し子供もいます。
保険の契約内容は
主契約    2,029,200円 終身
定期保険特約 3,000,000円 65歳まで自動更新
介護収入保証特約 2,070,000円 65歳まで
特定疾病保証特約 3,000,000円 80歳まで
重度慢性疾患特約 3,000,000円 80歳まで
障害特約     5,000,000円 
その他、特定損傷特約、入院初期給付特約...続きを読む

Aベストアンサー

>まずこの保険は掛け捨てなのでしょうか?

主契約は掛け捨てではありません。解約をすれば解約返戻金を受け取ることができます。主契約を解約すると特約を含めてこの保険はなくなります。特約部分は恐らく10年更新の定期だと思いますが、解約返戻金はわずかですがあります。ただし10年経つと(10年更新型だとすれば)解約返戻金はゼロになり、更新後また解約返戻金が少しづつですが貯まっていきます(また10年経つとゼロになりますが)。ですから基本的には主契約以外は掛け捨てだと思ってください。


>この保険”終身”だし満期は無いと考えてよいのでしょうか。

主契約のみ終身です。主契約に満期はありません。特約は全て満期がありますが、満期金はありません。


>何かの時にまとまった資金が欲しいとなったら、生存給付金や満期金の記載なんてどこにもないし解約するしかないということでしょうか?

主契約の解約返戻金の90%まで借り入れを受けることができます(利息をつけて返済する必要があります)。それ以外にこの保険から資金を調達する方法は解約しかありません。


>スミセイなのでキャッシュバックというのはありますが、
これは配当とは違いますよね?

違います。スミセイのHPを見ると、キャッシュバックの対象となる保険は『契約日が平成11年4月2日以降の当社所定の保険契約が対象となります。』とあります。15年前に加入した保険でしたら対象になりません。もし対象になっているのでしたら転換してますね。


>こういう保険で配当がもらえるなんてことあるんでしょうか?

15年前でしたら予定運用利率が高いころの保険なので、現在の低金利では配当は難しいでしょう。将来大きく金利が上がれば配当を復活しますが、当分無理だと思います。

>まずこの保険は掛け捨てなのでしょうか?

主契約は掛け捨てではありません。解約をすれば解約返戻金を受け取ることができます。主契約を解約すると特約を含めてこの保険はなくなります。特約部分は恐らく10年更新の定期だと思いますが、解約返戻金はわずかですがあります。ただし10年経つと(10年更新型だとすれば)解約返戻金はゼロになり、更新後また解約返戻金が少しづつですが貯まっていきます(また10年経つとゼロになりますが)。ですから基本的には主契約以外は掛け捨てだと思ってください。


>...続きを読む

Q生命保険5年ごと利差配当保険とは?

養老保険のことを調べているうちに、「5年ごと利差配当保険」というのを知りました。
これは具体的にどのようなものでしょうか?

Aベストアンサー

保険料は基本的に以下の3つの「予定率」を基に計算されています。
(1)予定死亡率
(2)予定利率
(3)予定事業費率

(1)(2)は将来の保険金支払いの財源となる部分で、(3)は保険会社の運営に必要となる部分です。(人件費など諸経費)

まず、厚生労働省が発表する「生命表」を基に(1)を算出して保険料を計算しますが、保険会社は加入者から預った保険料をまとめて運用しますので、予め運用によって得られるであろう利益分を保険料から割引きしています。この割引きの計算に用いるのが(2)です。

一定期間運用を行った結果、(2)で予定していたよりも大きな運用結果が得られた場合に保険会社はこれを加入者に還元します。これが「利差配当」です。
予定していたよりも運用結果が悪かった場合は当然ながら利差配当はありません。
そこで開発されたのが「無配当型保険」で、利差配当が発生しても受け取らないという条件で更に保険料を割引するというものです。

つまり、「利差配当のために保険料を上乗せする」事は保険料の計算上有り得ないので誤解の無い様にお願いしたいのですが、当然この超低金利時代ですから利差配当はここ数年ほとんど(あるいは全く)発生していないのが現状です。
ただし今後の市場金利を長期的に考えた場合、運用力のある会社なら利差配当は期待できるかも知れません。
「利差配当付き」にするか「無配当型」にするかはinu1banさんの好み次第です。
これは養老保険だけに限った事ではなく、全ての保険種に該当します。
ちなみに「利差配当」と医療保険の「無事故ボーナス/健康祝い金」などは全く別の性質のものです。ごっちゃに考えない様にご注意下さい。

ご質問の対象は養老保険なので、恐らくは貯蓄を目的とした20年程度の保険期間のものかと思います。
であれば、個人的には「無配当型」で良いと思います。

保険料は基本的に以下の3つの「予定率」を基に計算されています。
(1)予定死亡率
(2)予定利率
(3)予定事業費率

(1)(2)は将来の保険金支払いの財源となる部分で、(3)は保険会社の運営に必要となる部分です。(人件費など諸経費)

まず、厚生労働省が発表する「生命表」を基に(1)を算出して保険料を計算しますが、保険会社は加入者から預った保険料をまとめて運用しますので、予め運用によって得られるであろう利益分を保険料から割引きしています。この割引きの計算に用いるのが(2)です。

一定期間運...続きを読む

Q掛け捨ての生命保険で2000万円程度の保障は無理?

子供が生まれたため、まじめて生命保険に入ろうとしています。
あまりお金をかけたくないので掛け捨てを考えていますが、共済のパンフレットを見ると、病気で死亡の場合は400万円の保証しか受けられません。
あとに残った妻や子供のことを考えると、最低でも2000万円程度は残したいと思いますが、そうすると5口も入らなければならないため、高額になってしまいます。
どのようなプランを考えたら良いのかアドバイスをお願いします

家族構成は以下のとおりです
夫:42歳 年収500万(税込み)
妻:37歳 年収250万(税込み)
子供はいまのところ一人ですが、もうひとり作る予定です

なお、積み立て式や終身保険は考えていません
(今入った保険会社が、30年先に存続しているかどうか、信用する気になれないため)

Aベストアンサー

#1の補足です。
死亡保障以外の、医療保険はどうでしょうか。

病気400万というところから県民共済であろうと想定します。
実際5口入れるのか、ホームページからはわかりませんでしたが、
県によって違うようですが、生命4+入院4=8,000円(4口)というところはありました。
これには死亡保障と医療保障が含まれます。

生命4+入院4だと、
死亡:交通事故死亡3,000万円or病気死亡1,500万円
入院:交通事故2万円~病気1.7万円
で、8,000円です。
しかも共済は営利ではないため剰余金が年1回割り戻し(キャッシュバック)されます。
だいたい30%ぐらいです。なので実質的な負担額は70%の5,600円程度ということになります。

これに500万円分の死亡保障をオリックスで追加するとすると、10年契約で1,770円/月です。
5,600+1,770=7,370円で、死亡 交通事故3,500万or病気2,000万円 + 交通事故入院2万円or病気入院1.7万円 になります。
(但し共済は60歳を超えると保障が薄くなるのでご注意ください)

#1の補足です。
死亡保障以外の、医療保険はどうでしょうか。

病気400万というところから県民共済であろうと想定します。
実際5口入れるのか、ホームページからはわかりませんでしたが、
県によって違うようですが、生命4+入院4=8,000円(4口)というところはありました。
これには死亡保障と医療保障が含まれます。

生命4+入院4だと、
死亡:交通事故死亡3,000万円or病気死亡1,500万円
入院:交通事故2万円~病気1.7万円
で、8,000円です。
しかも共済は営利ではないため剰余金が年1回割り戻し(キャ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報