特別利益の定義を教えてください。本によれば、百万円以上の過年度修正益、固定資産売却益と書いてありますが、これ以外でも、百万円以上の経常的でない収益(移転補償費など)は、全て特別利益になるのでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 実務的な観点でお答えしてよろしいですか?


 特別利益は、本業とはまるで関係ない利益で、百万円以上という基準は、厳密に言えばあくまで一例に過ぎないと思います。例えば製造業で考えますと、物を造って売るのが本業ですが、土地の売却益、投資有価証券売却益・・・などは本業ではない利益は全て特別利益になります。しかし、短期の運用目的で保有していた有価証券の売却益や、社長が講演をして謝礼をもらったなど経常的でない利益で、金額的に小さなものであれば営業外利益としてもいいと思いますし、金額的にたとえば売上の50%にのぼるような巨額なものとなれば特別利益になると思います。移転補償金は、経常的な企業活動ではないので金額的に大きければ特別利益になりますが、金額的に小さければ、営業外利益として処理する会社もあると思います。恐らく移転経費と対の勘定科目で処理するのが自然と思います。
 いろいろ書いてしまいましたが、百万円以上、経常的でない利益は全て特別利益になるのではなく、その利益の内容や金額の大きさによって処理は様々で、かつ1つの取引に関し、必ずしも全ての企業が同じ処理をしているということではないと思います。結構あいまいな世界ですね。経常的な利益かそうでないか、金額的に重要性があるかないか、を基準に個別判断してゆくことになると思います。
 もしtopspinさんが簿記や会計士、税理士などの試験を受けるためのご質問であれば、教科書に記載してある通りに暗記しておいた方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。もう一つ質問させてください。
当社では、営業外収益で移転補償費を受け入れて、そのお金で実際の移転工事を行う予定です。『移転経費と対の勘定科目で処理』するとすれば、移転工事の支出科目を営業費用の修繕費とするのは、おかしいのでしょうか?よろしくお願いします。

お礼日時:2001/10/11 10:24

 こんばんは、ghq7xyです。

さてご質問の件ですが、「百万円以上」というのは、下のchika2go2さんのおっしゃっているとおり、あくまでもおおよその目安でしかないと思います。企業会計原則の注解で重要性の原則というものがあります。これは重要性の乏しいものは任意で計上しなくてもいいことになっています。あるいは表示箇所を特別利益ではなくて営業外収益にもってきて表示することも可能です。重要性の原則は、逆に重要性のあるものはもれなく載せなければならないということでもあります。
 あと、「特別利益」は大まかに2種類に分かれます。一つは「臨時損益」、もう一つは「前期損益修正益」です。前者は固定資産売却益、投資有価証券売却益、保険差益など経常的には発生しない異常に発生した収益が該当します。一方の後者には、貸倒引当金戻入、償却済債権取立益、過年度減価償却過大額など過年度の損益の修正項目が該当します。
 本来であれば、これらは1円でも厳密に特別利益として計上するのが本来の形ですが、あまりにも小さい金額にまで載せると、細かすぎてしまい、財務諸表(計算書類)を見る人に誤解を与えかねない面があるため、重要性の原則が生きてきます。
 参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
非常に丁寧なご回答をいただき、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/12/10 20:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経常利益ってなんですか? 営業利益は営業で儲けた利益で、経常ってなんで

経常利益ってなんですか? 営業利益は営業で儲けた利益で、経常ってなんですか・・・

Aベストアンサー

営業利益
 本来の業務(営業)で儲けた利益です。
 <例>
 本来の業務とは、自動車部品メーカーであれば自動車部品の売買で得られた
 利益です。(会社の定款に記載されている業務で得られた利益)
  ※本業の売上高-本業の仕入高-人件費及-本業の販売費等=営業利益

経常利益
 本来の業務では無いけれど、日常的に計上される損益です。
  ※営業利益に、営業外損益を加減算します。
 <例>
 金融業以外の会社が、お金を借りた場合に借入利息は営業外損失ですから
 経常利益(損失)に含まれます。
  ※金利は、お金を借りていれば日常的に支出されますが、本業の儲け
  (費用)ではありませんので、経常利益に含まれます。
 
税引き前当期純利益
 今期発生した全て(税金を除く)の損益を表します。
  ※経常利益に特別損益を加減算します。
 <例>
 不動産業以外の会社が、会社の所有する土地を売って儲けたのであれば、こ
 れは普通(経常)には計上されるものではありませんので、特別損益とし
 て当期純利益に含まれます。


以上は一般論です。対象の会社の業種(業態)によって異なる場合があります。

営業利益
 本来の業務(営業)で儲けた利益です。
 <例>
 本来の業務とは、自動車部品メーカーであれば自動車部品の売買で得られた
 利益です。(会社の定款に記載されている業務で得られた利益)
  ※本業の売上高-本業の仕入高-人件費及-本業の販売費等=営業利益

経常利益
 本来の業務では無いけれど、日常的に計上される損益です。
  ※営業利益に、営業外損益を加減算します。
 <例>
 金融業以外の会社が、お金を借りた場合に借入利息は営業外損失ですから
 経常利益(損失)に含まれます...続きを読む

Q連結決算経常利益の内訳(企業ごとの経常利益)を確認することは不可能? 営業利益の内訳だったら可能?

みずほ銀行27年3月期の連結経常利益1,010,867 百万円の内訳を知りたいと思い、決算資料を確認したのですが詳細(企業ごとの経常利益)が掲載されていません。

営業収益876,961 百万円の内訳なら掲載されています。

・これは、連結経常利益は、個別に算出不可能ということなのでしょうか?
・グループ全体としてしか計算できない性質のもの?

http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/tanshin/data1503/pdf/fy.pdf

Aベストアンサー

それはみずほ銀行ではなくみずほフィナンシャルグループのものです。
個別はみずほFGの主要3社、みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券の報告書を調べればいいです。みずほ証券は作成をやめてしまったのでみずほFGのセグメント情報を見てください。
http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/report/index.html

1-45からです。
http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/tanshin/data1503/pdf/fy.pdf

連結は個別をただ単純に足し合わせるだけのものではないので、当然ながらグループ全体でなければ計算できません。

Q増収増益の益は、【経常利益】、【当期純利益】のどちらですか?

こんにちは、みなさん!!

【質問】
増収増益の益は、【経常利益】、【当期純利益】のどちらですか?NETで調べた所、どちらの回答もありました。

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>増収増益の益は、【経常利益】、【当期純利益】のどちらですか?NETで調べた所、どちらの回答もありました。

そもそも、”増収増益”の言葉の定義は誰も定めていません。
(法定でも簿記用語でもありません)
<”私”(当該文書の作成者)が定義を定めた上で>
営業利益、経常利益、当期純利益のどれを使っても問題はありません。
 ※くれぐれも、定義を定めてそれを明記しましょう。

私事の恐縮ですが、”増収増益”の語を使いたいが為に、営業利益を指したり
経常利益を指したり、当期純利益を指したりと、インパクトの強い利益を都度
変更して使用しています。
(勿論、増収増益の根拠は示しています)

Qなぜ特別利益は『特別収益』 とは呼ばないの?

利益と言うと収益から費用を差し引いた残りをいうイメージをしてしまうの
ですが、なぜ収益ではなく利益なのでしょう?

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

なぜ「特別収益」と言わず「特別利益」と言うのか
なぜ「特別費用」と言わず「特別損失」と言うのか

↓悩んで夜も寝られなかった人が過去にも居ました。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nakaman/Q1/673736572265625.html

Q経常収益と経常収入の違いについて

 経常収益と経常収入の違いについてですが、「経常収益」は、営業利益に営業外収益・営業外費用を加減算したものであるのは分かるのですが、「経常収入」が経常収益とどう違うのかが、はっきり区別がつきません。
 ネットで調べると「経常収入=売上+営業外収入+期首(受取手形+売掛金)-期末(受取手形+売掛金)」という計算式や、「売上、営業外収入などの通常の経営によって実際に入金した金額をいいます。」と説明はあるのですが、分かるような分からないような・・・といった感じです。
 はっきりと区別できる方法を教えてください。
 
 あと「経常収入は経常収益の一部分をなすもの」という認識で良かったでしょうか?
 
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

<はっきりと区別できる方法を教えてください。>
損益計算と資金計算は関係してても別物だと言う前提を理解しなければ無理です。
「経常収益」は損益計算上のもので
「経常収入」は資金計算上のものです
<あと「経常収入は経常収益の一部分をなすもの」という認識で良かったでしょうか?>
は当然誤りです。
また「経常収益」と「経常利益」の混同もされています。
営業利益に営業外収益・営業外費用を加減算したものであるのは「経常利益」
「経常収益」は損益計算上、通常の営業活動による利益のもととなる物で売上+営業外収益です。
ただ、この金額がそのまま入金するわけではないので
実際のお金の入金を問題にする「経常収入」は未収入部分が問題になります。
「経常収入」 経常収入=売上+営業外収入+期首(受取手形+売掛金)-期末(受取手形+売掛金)」は
「経常収益」に対し入金時点のズレを調整し該当期間の入金額とすれば「経常収入」となると言う両者の関係を式で表したものです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報