この7月15日にPCB廃棄物処理に関する法改正があり、
コンデンサやトランス等のPCB廃棄物の譲渡ができなくなりましたが、
現在、自社内での処理ではなく、PCB廃棄物の処理を実際に
外部委託できる業者はあるのでしょうか?

ビルの売買や土地購入に際して、譲渡できなくなったPCB廃棄物は、
新しいビルのオーナーが保管しなくてはいけないのでしょうか?
しかし、PCB廃棄物の所有権は古いビルのオーナーにあるままだと
思いますので、どのような扱いになるのでしょうか?

どなたかご存知の方、どんなことでも良いので教えて頂けますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、数ヶ月前までの情報ってことはお許しを。



1.PCB処理廃棄業者は国内にはありません。
   PCBの廃棄については、一定の制限(条件)のもと
   でなら焼却処理が認められていますが、現状では
   処理している施設はありません。
   また、自社で処分しようとしても、技術的・各種
   公的手続き上、相当困難です。
   補足ですが、現在PCBの処理技術(分解による
   無害化)は確立されつつありまして、処理工場
   の計画も官庁内部では上がっているんですが、
   地元の反対等を懸念して正式には出来ておりま
   せん。
2.譲渡できなくなったPCB
   ご質問の意味が今ひとつわかりかねます。
   これは、ビルを買ったら、その中にPCB廃棄物が
   放置されていたって事でしょうか?
   (例えば地下室を点検したら、PCB使用機器が
    放置されていた等)
   この場合でしたら、先のビル所有者が責任を
   もって保管する必要があるのであって、新しい
   オーナーには管理責任がありません。


所有することに管理責任が付帯し、PCBを散逸させない
ように適切な管理を所有者に義務づけるのが法の精神
ですからね。   

この回答への補足

丁寧なご回答ありがとうございます。

ネット検索をしたら「PCB無害化」の事業に関するサイトを
持っている大手会社が結構あり、また「所轄の廃棄物窓口で
紹介してもらえる」という情報を頂いたりでかなり混乱して
いました。
今のところ、環境事業団で処理できる施設が将来できれば
そこに、そうでなければ当面国内で処理できるところは
ない、と理解して良いのでしょうか。

ちなみに、「海外」で処理するのはバーゼル法なども考慮して
実質的に可能なのでしょうか?現在のPCB含有廃棄物保持者は
どうなさっているのか、その実情に興味があるところです。


>2.譲渡できなくなったPCB
   ご質問の意味が今ひとつわかりかねます。
   これは、ビルを買ったら、その中にPCB廃棄物が
   放置されていたって事でしょうか?
   (例えば地下室を点検したら、PCB使用機器が
    放置されていた等)
   この場合でしたら、先のビル所有者が責任を
   もって保管する必要があるのであって、新しい
   オーナーには管理責任がありません。

立て壊しが決まっている前ビルに、PCBを含むコンデンサ等が
あるのですが、それはそのビルの元のオーナーが「撤去」して
どこかに保管する義務があると理解してよいのでしょうか?
PCB廃棄物の移動にも制限があったような気がするのですが。
同じ所有者が保管するのであれば、北海道から沖縄まで
移動させて良いと言う事になるのでしょうか?だとしたら、
これはとても怖い事でもありますね。

補足日時:2001/10/16 14:52
    • good
    • 0

 お住まいの都道府県庁に、産廃処理の担当部局がありますので、処理業者を紹介してもらえます。

その他、参考までに下記URLを参照してください。

参考URL:http://www.city.kyoto.jp/kankyo/sanpai/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPCB廃棄物処理について・・・

PCB廃棄物処理を詳しく知りたいです。
今、私の住んでいる室蘭市に処理施設が設置される計画があります。もしそうなってしまうとどのような影響などがでるのか心配です・・・
北海道室蘭市におけるPCB廃棄物処理受け入れについて教えて下さい!

Aベストアンサー

産廃振興財団のHPに解説があります。

PCBの中にはダイオキシン類が混じっているため、毒性があります。
それを分解し、安全なものに替える施設ですので、社会的に必要は施設です。

PCBは、現在も古い電気製品に使われていますし、トランス等は、各所有者が保管する義務がありますが、永い年月で所在が不明になったり、漏れ出すなどのトラブルもでています。
処理施設では、そこまでの搬入経路や分解処理前での漏れがないものである事が重要でしょう。
事故が起きた際の対応について、どの様な対策が取られているか確認される必要があります。

参考URL:http://www.sanpainet.or.jp/

Q産業廃棄物の子会社への処理事務委託について

会社(親会社)で、環境関係の業務をしております。
社内に、お客様が放置された様々な不法投棄物(ゴミ)を回収し、処理しないといけない事業所があるのですが、現在の処理状況は以下の通りとなっています。
産廃処理の「事務」を無許可業者(子会社)に委託しているという整理でこれまでやってきたようです。無許可業者への産廃処理委託は厳禁なのですが、これで通用するのでしょうか?
やはり、直接、産業廃棄物処理業者(産廃の収集運搬・処分業の許可業者)と、処理委託契約を締結しないといけないのでしょうか?

1.子会社Aとの委託契約に基づき、子会社Aは、お客様が放置された不法投棄物(ゴミ)を回収しバッカンに投入し保管。子会社Aとの委託業務の範囲は「回収」まで。
2.バッカンに「未分別の産業廃棄物」がたまっていく。
3.バッカンが満載になれば、子会社B(産廃の収集運搬・処分業の許可業者ではない)との委託契約に基づき、「未分別産業廃棄物」の「処理事務」を委託。
4.子会社Bは、産業廃棄物処理業者(産廃の収集運搬・処分業の許可業者)に連絡を取るなど、バッカンをひきとってもらうための「処理事務」を行う。マニフェスト等のやり取りは、子会社Bと産廃業者との間で行う。
5.処分費については、事前に親会社と子会社B間で協議して単価を定めており、処分の発生回数に基づき、親会社から子会社Bに支払う。子会社Bは産廃業者に処分費用を支払う。

会社(親会社)で、環境関係の業務をしております。
社内に、お客様が放置された様々な不法投棄物(ゴミ)を回収し、処理しないといけない事業所があるのですが、現在の処理状況は以下の通りとなっています。
産廃処理の「事務」を無許可業者(子会社)に委託しているという整理でこれまでやってきたようです。無許可業者への産廃処理委託は厳禁なのですが、これで通用するのでしょうか?
やはり、直接、産業廃棄物処理業者(産廃の収集運搬・処分業の許可業者)と、処理委託契約を締結しないといけないのでし...続きを読む

Aベストアンサー

~無許可業者への産廃処理委託は厳禁~

親会社がすべての業務の流れを統率して
細部を子会社に委託管理する形なら問題ないでしょう。

Q勘定科目 PCB廃棄物処理料金

PCB廃棄物を処理してもらい、処理料金を支払いました。
その時の勘定科目は何を使うのが適当でしょうか。
どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

PCBなどの廃棄物の処理費が恒常的に発生する製造業ならば、製造原価の区分に「廃棄物処理費」という科目を設定します。

PCBなどの廃棄物の処理費の発生が稀(まれ)であり、その額が比較的大きいときは、特別損失の区分に「廃棄物処理損失」という科目を設定します。

Q教えて!一般廃棄物の焼却、溶融時に発生するばいじんはすべて産業廃棄物?

一定の能力以上の焼却炉や溶融炉から発生するばいじんは、大気汚染防止法上、産業廃棄物に分類されています。しかし、行政が運営する一般廃棄物対象の上記施設から発生するばいじんは一般廃棄物だと言う人がいます。間違いではないでしょうか。

Aベストアンサー

政令では、
第2条の四 特別管理産業廃棄物
五  特定有害産業廃棄物(次に掲げる廃棄物をいう。以下同じ。)
ワ ばいじん(国内において生じたものにあつては、別表第三の一三の項又は一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)又は燃え殻(国内において生じたものにあつては、法第二条第四項第二号 に掲げる廃棄物の焼却に伴つて生じたものを除き、同表の一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)であつてダイオキシン類を含むもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。)及びこれらの廃棄物を処分するために処理したもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。)

別表3の14項 ダイオキシン類対策特別措置法施行令別表第一第五号に掲げる施設

同別表第一第5号
廃棄物焼却炉:火床面積(廃棄物の焼却施設に二以上の廃棄物焼却炉が設置されている場合にあっては、それらの火床面積の合計)が0.5m2以上又は焼却能力(廃棄物の焼却施設に二以上の廃棄物焼却炉が設置されている場合にあっては、それらの焼却能力の合計)が1時間当たり50kg以上のもの

以上から、通常発生するばいじん・燃えがらは特別産業廃棄物になります。
ただ、溶融炉で処理をされ、ダイオキシン類を含まない(基準以下)とされる場合は除外されます。
溶融時に発生するばいじんは、再度溶融炉に戻すのが一般的です。

政令では、
第2条の四 特別管理産業廃棄物
五  特定有害産業廃棄物(次に掲げる廃棄物をいう。以下同じ。)
ワ ばいじん(国内において生じたものにあつては、別表第三の一三の項又は一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)又は燃え殻(国内において生じたものにあつては、法第二条第四項第二号 に掲げる廃棄物の焼却に伴つて生じたものを除き、同表の一四の項に掲げる施設において生じたものに限る。)であつてダイオキシン類を含むもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る。)及び...続きを読む

QPCB含有機器の処理期限について

PCB処理特別措置法で平成28年7月15日までにPCB廃棄物を適正に処理するように決まっていますが、使用中(具体的には微量PCB含有高圧トランス)でもその期限までに廃棄物にして処理をしなければいけないのでしょうか。
色々と検索して調べているのですが、どうもそこのところがはっきり書いてあるのが見つかりません。
もっとも高圧トランスですので、そのころにはとっくに推奨交換期限(20年)を過ぎているのですが(既に過ぎている)、そこまで使用していたと仮定した場合を想定しています。

Aベストアンサー

現在、運用中の変圧器は廃棄物では有りません。

電気設備として、立派に運転されているものは、設備として法律も認めています。

但し、その設備が運用を止め、設備から外された段階で廃棄物となりますので、

其の時点からは廃棄物の適用を受けます。

ですから、其の時点でどうするかを検討されれば良いのです。

Q一般廃棄物と産業廃棄物について

一般廃棄物をクリーンセンターで焼却、その後処分場まで運搬し処分を行う場合、クリーンセンターで焼却後に排出した灰は産業廃棄物になると思うのですが如何でしょうか。飛灰は有害産業廃棄物として無害化処理をした後焼却施設から搬出しなければならないと思います。
一般廃棄物の場合、焼却後も排出された灰は一般廃棄物であるという行政関係者の発言ですがどちらが正しいのでしょうか。
わりやすくお教えください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

以前、関係する仕事をしていました。

法律では、産業廃棄物として定義されたもの以外は、一般廃棄物です。

一般廃棄物は基本的に煮ても焼いても(?)一般廃棄物です。
この場合、焼却残さ、飛灰とも一般廃棄物です。

ただし#1さんのご指摘のとおり、奇妙な点の多い法律です。
下水処理場で生じる廃棄物は産業廃棄物になります。

なお廃棄物行政は、以前は厚生省でしたが、今は環境省所管です。

参考URL:http://www.env.go.jp/recycle/

QPCBに触れた場合。

最近、高圧トランスの絶縁油に触れる機会がありました。
トランスの製造年は生産中止の行政指導前であった為、PCB混入の確立が高いと思っています。
いくつかの類似質問は読ませていただいたのですが、私の知りたい事と少々異なっていたので、ここに質問させていただきます。
・カネミ油症事件など、極微量のPCBを長期に渡って摂取した場合体内に蓄積され害を及ぼす、とのことですが、
 絶縁油の高いPCB濃度のものを一時的に摂取した場合にはどうなるのでしょうか?
 規制される前は絶縁油の中に手を入れて作業していたとの話も聞きましたが、健康な状態でなく、傷口があった場合にはどうなるのでしょう?
 高濃度のPCBが体内に一度に吸収されると言うことになるのでしょうか?
・その場合には中毒症状は早く発現するのでしょうか?
・関連サイトを見ると、PCBの付着した衣類等も産業廃棄物扱いとなるらしいですが、私はPCBに触れた手で色々な所を触っています。
 そういった箇所を傷口のある人が触れたり、舐めたりした場合には、体内に吸収されてしまうものなのでしょうか?

  かなり神経質な考え方だと思いますが、自分を含め今後の家族の事を考えると心配になってしまいます。
  どなたかお知恵を拝借いただければ幸いです。

最近、高圧トランスの絶縁油に触れる機会がありました。
トランスの製造年は生産中止の行政指導前であった為、PCB混入の確立が高いと思っています。
いくつかの類似質問は読ませていただいたのですが、私の知りたい事と少々異なっていたので、ここに質問させていただきます。
・カネミ油症事件など、極微量のPCBを長期に渡って摂取した場合体内に蓄積され害を及ぼす、とのことですが、
 絶縁油の高いPCB濃度のものを一時的に摂取した場合にはどうなるのでしょうか?
 規制される前は絶縁油の中に手を入れて...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に誤解をしているようですが、PCB自体に毒性があるのではなく、製造時に副生物として発生するダイオキシンにより人体に害を及ぼしています。

カネミ油症の場合は、米糠油の製造工程でPCBが混入したものを調理で使用し、直接摂取して中毒を起こしています。

ですので、直接触れても吸収される可能性が低く量的にも少ないので、一時的なものであれば、それほど心配する必要はありません。
もし、その程度で発症するならば、数100万人単位で発症しているはずです。
気にしすぎるほうが、健康によくありません。

Q成長の早い竹は、産業廃棄物として処理させるって聞きましたが、その処理方

成長の早い竹は、産業廃棄物として処理させるって聞きましたが、その処理方法はどのようにしているのでしょうか?焼却炉で焼却するのか、海底へ投棄しているのか、はたまたどこかに(どこに?)埋めているのか、どのようしているのでしょうか、教えて下さい。

Aベストアンサー

 竹の子の産地なのですが、竹を使った商品開発されているようです。

 竹細工としての竹の利用。竹炭としての利用。があります。
 
 海底へなどはしていないと思いますが。ただ竹の利用の仕方として魚のすみかにするなどもあります。
 でも、最終的には焼却かなぁ。放置している竹林も伐採し積み重ねていることも多いですが。

QPCB所有事業者の届出に関して

PCBを所有している事業者の
届出はどのように行えばよいのですか。
特別管理産業廃棄物管理責任者は必ずその事業者の
従業員でなければならないのですか。
届出等を代行してくれる所はありますか。
サイトをいろいろ探しましたが、法律条文等だけで
明快なものがありません。
どなたか具体的かつ明快なお答えをお願い致します。

Aベストアンサー

特別管理産業廃棄物管理責任者について、次のように規定されています。
(責任者の資格)
第2条 責任者の資格は、次のとおりとする。

一 別表の第1号に掲げる要件を満たした者。この場合において、廃棄物の処理に関する技術上の実務に従事した経験(以下「実務経験」という。)とは、法第7条又は第14条の処分業の施設及び第8条(第9条の3を含む)又は第15条の処理施設に従事した経験とする。

二 別表の第2号の知識及び技能を有すると認められる者。この場合において、知識及び技能を有すると認められる者とは、責任者講習を修了した者とする。

三 排出される特別管理産業廃棄物が感染性産業廃棄物のみの場合で、廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則(昭和46年厚生省令第35号)第8条の17第1号イに定める者を責任者として設置する場合は、責任者講習受講の必要はない。

そして、届出書には、
一 氏名又は名称及び住所並びに法人にあっては、その代表者の氏名
二 事業場の所在地
三 責任者の氏名、職名及び資格と記入欄が有りますから、事業所の従業員であることが必要です。

詳細は、参考urlをご覧ください。

問い合わせ先は、最寄りの都道府県・保健所設置市の産業廃棄物担当部局もしくは下記です。

 (社)日本照明器具工業会
 電 話  (03)3833-5747
 FAX  (03)3833-8455
 〒110-0005 東京都台東区上野3-2-1 フジオビル7F

参考URL:http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/haitaibu/sanpai/kisei/tokukan/tokuyoko.htm

特別管理産業廃棄物管理責任者について、次のように規定されています。
(責任者の資格)
第2条 責任者の資格は、次のとおりとする。

一 別表の第1号に掲げる要件を満たした者。この場合において、廃棄物の処理に関する技術上の実務に従事した経験(以下「実務経験」という。)とは、法第7条又は第14条の処分業の施設及び第8条(第9条の3を含む)又は第15条の処理施設に従事した経験とする。

二 別表の第2号の知識及び技能を有すると認められる者。この場合において、知識及び技能を有すると...続きを読む

Q廃棄物処理業務

を、立ち上げてと思うのですが、手始めに、空き缶、ビン、ペットボトル、発泡スチロールの中間処理をしたいと思っています。
そこで、空き缶、ビン、ペットボトル、発砲スチロールなどを、たくさん排出する企業or施設の例を挙げるとしたら、どのような所を挙げるでしょうか。みなさまのご意見を参考にさせていただきたいと思っています。
私は、スタンダードに、(株)コカコーラボトリング、ペプシコーラ、生協、卸売市場、大手百貨店、ホテル、食品会社、食品系の工場などを考えているのですが、他には、どのようなものが挙がると思いますか??

Aベストアンサー

中間処理というのがよく分からないのですが。
収集運搬という事で回答しますと、
一般の方が排出する各種のゴミは、行政または行政から委託された業者が収集していると思われます。
ですので、民間の、分かりやすく言えば「ゴミ屋」は、事業所、コンビニ、スーパー、アパート、マンション、細かい所で個人の商店と契約し、月額いくらで引き取りに来て貰っているはずです。
でも、これは、劇的に人口でも増えない限り、「器」は決まっています。ですので、新規の参入になるなら、古参の「ごみ屋」さんとの顧客の取り合いになるはずです。相当熾烈な戦いが予見されます。
古参より値段を下げれば、鞍替えする所は相当出ましょうが、採算が取れなくなる可能性はあります。
古参の業者も一般のセールスマンと何ら変わりはありません。
日々、新規の店舗が開店すれば、積極的に商談に回っているようです。
全ての企業や施設?は、開店の際に、どこかしらとごみ収集の契約はなされていると思われます。
2トンクラスのパッカ-車(ゴミ収集車)を新車購入すると、600万円は掛かります。中古車もありますが、特殊車輌ですので、部品代は恐ろしく高くなります。
採算が本当に取れるのか、もう少しじっくりお考えになった方が良いのではないかと個人的に思います。
全く的外れな回答でしたら、無視して下さい。
また補足等ありましたら、私がお答えできる限り、駄文で申し訳ありませんが、回答させて頂ければ嬉しく思います。

中間処理というのがよく分からないのですが。
収集運搬という事で回答しますと、
一般の方が排出する各種のゴミは、行政または行政から委託された業者が収集していると思われます。
ですので、民間の、分かりやすく言えば「ゴミ屋」は、事業所、コンビニ、スーパー、アパート、マンション、細かい所で個人の商店と契約し、月額いくらで引き取りに来て貰っているはずです。
でも、これは、劇的に人口でも増えない限り、「器」は決まっています。ですので、新規の参入になるなら、古参の「ごみ屋」さんとの顧客...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報