同軸コネクタの構造からコネクタのインピーダンスを考える場合、同軸ケーブルのように中心導体外形、外部導体内径、絶縁体の比誘電率から計算する方法で良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

もちろんそれでいいと思います。


ただ、コネクタによっては、長さ方向に径が一定でないものがあり、厄介です。
一般に、N型、BNC型はインピーダンス整合が取られており、M型は整合が取られてないようです。
プロや測定器で、N型、BNC型を使う理由はそれですね。
下記URLを参考にどうぞ。

参考URL:http://www.hirose.co.jp/cat98j/co_axial/standard/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサテライト用同軸ケーブル

(1)サテライト用同軸ケーブルとはどの規格のケーブルのことでしょうか。サテライト用同軸ケーブル、同軸ケーブル、アンテナケーブル等いろいろなケーブルの呼称がありますが全部違うのでしょうか。

(2)BS・110度CSのI/Fにはサテライト用同軸ケーブルを使用下さいと説明書などによくありますが、例えばアンテナ~レコーダ~TVなどの接続方式でレコーダ~TV間も当ケーブルを使用しなくてはいけないのでしょうか。

Aベストアンサー

サテライト用というのは要するに衛星放送(BS、CS)の周波数に対応したものということです。(それにしておけばもちろん地上波にも使えます)
同軸ケーブル、アンテナケーブルというのはそれや地上波用を含めた一般呼称と思えばいいでしょう。
衛星用として具体的にはS5C-FBなどの規格品です。
旧来の5C-FVなどは地上波用(U,VHF)のものです。
衛星用を使わないと高い周波数のチャンネルになるほど受信できにくくなります、またケーブルが長くなるほどその影響も大きくなります。
当然アンテナ端子から各機器までもその規格品が望ましいです。(わずかな長さですから規格外でも使えることもありますが一部チャンネルが映らないなどのことも起こりえますのでおお薦めはしません)
これらの規格はケーブル自体にも印字してあります。
ついでにですが、ケーブルだけでなく分配器、ブースターなどすべてBS、CS用になってないと同様な現象が起こりえます。
要はすべてBS,CS用といって購入すれば問題はないはずです。

Q誘電率(ε)と誘電正接(Tanδ)について教えてください。

私は今現在、化学関係の会社に携わっているものですが、表題の誘電率(ε)と誘電正接(Tanδ)について、いまいち理解が出来ません。というか、ほとんどわかりません。この両方の値が、小さいほど良いと聞きますがこの根拠は、どこから出てくるのでしょうか?
また、その理論はどこからどうやって出されているのでしょうか?
もしよろしければその理論を、高校生でもわかる説明でお願いしたいのですが・・・。ご無理を言ってすみませんが宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

電気屋の見解では誘電率というのは「コンデンサとしての材料の好ましさ」
誘電正接とは「コンデンサにした場合の実質抵抗分比率」と認識しています。

εが大きいほど静電容量が大きいし、Tanδが小さいほど理想的な
コンデンサに近いということです。
よくコンデンサが突然パンクするのは、このTanδが大きくて
熱をもって内部の気体が外に破裂するためです。

伝送系の材料として見るなら、できるだけ容量成分は少ないほうがいい
(εが少ない=伝送時間遅れが少ない)し、Tanδが小さいほうがいい
はずです。

Qなぜ同軸ケーブルで、HDDレコーダーとテレビを繋げる規格が無いのでしょうか?

(1) アンテナ ──同軸ケーブル─→ HDDレコーダー ──AVケーブル(赤白黄)─→ テレビ
(2) アンテナ ──同軸ケーブル─→ HDDレコーダー ──HDMIケーブル─→ テレビ
(3) アンテナ ──同軸ケーブル─→ HDDレコーダー ──同軸ケーブル─→ テレビ


HDDレコーダーとテレビを繋ぐ場合、(1)で見るより(2)の方が綺麗に映ります。
これは当たり前だと思うのですが、なぜ規格的に(3)は無いのでしょうか?
(1)より(3)の方が綺麗に映る気がするので、疑問です。

Aベストアンサー

#1です。
Sodan01様の意図は、再生画像を送る方法として同軸ケーブル使う規格がなぜ無いのかと言う事として回答しましたが、再度回答します。
1980年代半ば頃からカセットビデオレコーダーを使い始めましたが、その頃はありました。
当時のテレビはビデオ入力端子が無いものが多数あり、そのようなテレビでは、再生映像をテレビ電波(VHF帯)に変換して同軸ケーブルで送り視聴していました。
現在でも同じですが、テレビには同じ周波数帯(VHF帯やUHF帯)のアンテナ端子は一つしかありませんでした。
そのため配線は
アンテナ-同軸ケーブル→ビデオレコーダー-同軸ケーブル→テレビでした。
(3)と同じですが、違うのはビデオレコーダーからの出力に再生映像の電波を混合する点です。
そのため、その地方の放送電波と混信しないようレコーダーに切り替えSWがあり、VHFのCH1かCH2を選択するようになっていました。
現在のHDDレコーダーはこの部分は内蔵分配器の出力になっており、再生映像は混合されていません。
AVケーブルは画像信号と音声信号を分けて送りますが、同軸ケーブルは画像信号と音声信号を混合してから電波に変換して送りますので、AVケーブルより画質や音質が劣ります。
そのため、テレビにビデオ入力端子が標準装備されるにつれ、無くなってしまいました。
つまり、同軸ケーブルで再生映像を送る接続方法はあったが、画質や音質が劣るため無くなったと言う事です。

#1です。
Sodan01様の意図は、再生画像を送る方法として同軸ケーブル使う規格がなぜ無いのかと言う事として回答しましたが、再度回答します。
1980年代半ば頃からカセットビデオレコーダーを使い始めましたが、その頃はありました。
当時のテレビはビデオ入力端子が無いものが多数あり、そのようなテレビでは、再生映像をテレビ電波(VHF帯)に変換して同軸ケーブルで送り視聴していました。
現在でも同じですが、テレビには同じ周波数帯(VHF帯やUHF帯)のアンテナ端子は一つしかありませんで...続きを読む

Q減速比とギア比について

現在、ギアボックスの設計で悩んでいます。
入力側にピッチ円直径xのギア
出力側にピッチ円直径yのギア
があった場合、減速比はx:yで合ってますでしょうか?

モジュールは1です。

Aベストアンサー

> ギアの歯数が・・・、ギヤの直径が入力側に比べて大きいという捉え方でよろしいでしょうか?

そういうことですね。滑車などで重いものを巻き上げる時には実際ロープを
巻く部分と手で巻き上げるハンドルとではハンドルの外径が大きいですよね。

> 入力側2:出力側1としたら入力側のピッチ円直径が30cmの場合は出力側のピッチ円直径は60cmという事になるんでしょうか?

減速比率で駆動力が伝わるって事ですが入力側より出力側が遅いって事でしょう
例えば入力側が10枚で出力側が30枚なら1:3で駆動力は3倍になる。
しかし回転数は3:1になる。
又ギアはピッチが同一でなければかみ合わないので歯数が異なれば
当然ピッチ円径も異なってくる。

Q壊れたBSアンテナで同軸ケーブルも壊れますか

正常に作動しているCSスカパーアンテナの同軸ケーブルを、故障してるBSアンテナに接続しましたが
BSは映りませんでした。

その同軸ケーブルを元のスカパーアンテナに接続
したらスカパーも映らなくなりました。アンテナの調整もしましたが(受信できません)のメッセージしか映りません。

質問1 壊れてるBSアンテナに同軸ケーブルを使用したので
スカパーのアンテナやチューナーが故障したのでしょうか。

質問2 同軸ケーブルも破損することはありますか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
壊れているアンテナを接続した事によって同軸ケーブルを破損することはまず無いと思います。ただ、ケーブルは大丈夫ですが、ケーブルのコネクター部分の接触不良を起こす可能性が考えられます。取り外し、取り付けによって、コネクター内部で断線している可能性が考えられます。

Q曲げ材の幅厚比・径厚比

曲げ材の幅厚比・径厚比が大きいほど、局部座屈を起こしやすいとあるのですが、どうして、厚みがあるほど、座屈しやすいのでしょうか? 逆だと理解できるのですが、どなたかご教授おねがいします。

Aベストアンサー

幅をB 厚さをt とするなら幅厚比はB/t

厚みが少なくなるほど径厚比が大きくなる。

QBS・110度CSデジタル対応の同軸ケーブルの特徴は?

 地上・BSデジタル対応のHDD&DVDレコーダーと液晶テレビをつなぐとき、取説では、BS・110度CSデジタル入出力端子にはBS・110度CSデジタル対応の同軸ケーブルをつなぐように記載されていますが、とりあえず手近にあった普通(非対応)の同軸ケーブルをつないだところ、BSデジタル放送も問題なく視聴できています。
 このまま使い続けても大丈夫でしょうか?
 また、BS・110度CSデジタル対応の同軸ケーブルの特徴、普通の同軸ケーブルとの違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

>地上・BSデジタル対応のHDD&DVDレコーダーと液晶テレビをつなぐとき、取説では、BS・110度CSデジタル入出力端子にはBS・110度CSデジタル対応の同軸ケーブルをつなぐように

もちろんアンテナ線の接続のことですね。
普通のケーブルと対応ケーブルの違いはBS,CSの高い周波に対応してるかどうかの違いです。
テレビとレコ機器くらいの接続の長さなら特に専用でなくても映る場合も多いです。
今支障なく映ってるならそれでもいいでしょう。
ただ普通のケーブル(5C、4Cや3C-2V等)の場合は高い周波数に対応してませんので、BSはともかくCS110くらいになってくるとかなりレベルが落ちる場合もあり、普段は映っててもちょっと悪天候で受信レベルが下がると映らないなんて事態も起こりえます。
ですので対応ケーブル(S4C-FB等)にしておくにこしたことはないと思います。
アンテナから機器までのものならそれだけで(普通のケーブルなら)映らないなんてこともあるくらいですので。
なお端子が金メッキなど高級なものである必要はまずありません。

Q混合気体について、 分圧比=分体積比 で良いのですか?

混合気体について、
分圧比=分体積比
で良いのですか?

Aベストアンサー

同温同圧下の条件では。
分圧比=モル比=体積比 の関係が成り立ちます。
条件に注意して下さいね。

QTVの同軸ケーブルに優劣があるのでしょうか?

パソコンで地デジが視聴出来るように環境を整えました。
あとはアンテナ(購入済み)の設置ですが、
同軸ケーブルを購入しなければなりません。
ただ、同軸ケーブル(10m)はネットでは数百円で通販されており、
地元のホームセンターでは、どこも2千円以上しています。
同軸ケーブルでもいろいろ違いがあるのでしょうか?
地デジを見るための、お勧めの同軸ケーブルの仕様(選び方?)がありましたら教えていただけませんでしょうか?
やはり、メーカー物でも安物はダメなのでしょうか?

Aベストアンサー

同軸ケーブルは色々なメーカーが作ってます。
値段の差は品質に関係あります。持ってみると
判りますが、良いケーブルは重たいです。

TVに最初から附属してるケーブルと比べると
良くわかりますよ。

ケーブルはなるべく太い規格(5C以上)を
お勧めします。おまけケーブルはほとんが3C
以下ですから。

Q中心市街地の活性化に資するために、中心市街地における商店街改善事業を公

中心市街地の活性化に資するために、中心市街地における商店街改善事業を公的に補助するとします。

その補助金の適切さを学術的に検討する場合には、どのような分析をすればよいのでしょうか?

私は費用便益分析を考えましたが、他にも分析手法はありますでしょうか?


ご存じの方おりましたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>学術的に検討する
学術的に検討する課題ではないです。
大きいコンサルタント会社か建設会社に見積もらせた方が良いです。
彼らの方がよほどたくさんの「既存」の例を知っています。
「成功例」、「失敗例」ともです。
でも、まずはじめに大規模な都市計画が必要であることだけは疑う余地がありません。
中心市街の個人商店と閉店して土地・店舗だけ持っている方の全面的な協力をまず取り付けなくては何ともなりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報