とある本で「砂糖から作った炭素をダイヤモンドとして結晶させるのに成功した」とありそのときに触媒として「ニッケル」を使用したとかかれていたのですが、どのような理由で「ニッケル」にいたったのでしょうか?どなたか是非教えてください。

A 回答 (1件)

 理由:それが一番よかったから!じゃないんですかね・・・。


いきなり砂糖からダイヤモンドを作るのに、ニッケルを使ってやってみよう!!
とはならなかったんじゃないですかね・・・。
何回もの条件検討を重ねた結果、ニッケルが一番よかたんじゃないですか。
費用とかもろもろ条件をみたすものとして。
一応、触媒候補としてあがったのには理由があるだろうけど・・・・。
触媒は反応機構には直接作用しないはずなので、その理由はわかりません。
専門家の方の回答をお待ちください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイヤモンドの単位格子中に含まれる炭素の数はなぜ8個になるのですか ダイヤモンドの結晶はZnS型と同

ダイヤモンドの単位格子中に含まれる炭素の数はなぜ8個になるのですか
ダイヤモンドの結晶はZnS型と同じで、二つのイオンをC原子に置き換えたのはわかるのですが、そうすると原子半径の異なるC原子が存在することになってしまい...
どこから考え方が違うのかわかりません

Aベストアンサー

ダイヤモンドって理想的には炭素原子が sp3 でつながっている (だけ) の構造だから, 少なくとも理想的には「大きさが違うようにみえる」としてもそれは描くときの都合などであって全て「同じ原子」だよ.

Q【宝石】ハーキマーダイアモンド結晶はダイヤモンドですか? ハーキマーダイアモンド結晶をダイヤモンド

【宝石】ハーキマーダイアモンド結晶はダイヤモンドですか?

ハーキマーダイアモンド結晶をダイヤモンドカットしたらダイヤモンドって名乗って売って良いですか?

それともハーキマーダイアモンド結晶はダイヤモンドというけど普段のダイヤモンドの指輪とかダイヤモンドのネックレスとかに使われているダイヤモンドとは別物?

ダイヤモンド結晶を固りで買ってダイヤモンドカットしてg売りしたら凄い大きなカラットになって大儲けできる気がする。

カラットって大きさでしたよね。

輝きとカラットは別物。カラットはgで大きさだったはず。

ハーキマーダイアモンド結晶をkg買いしてダイヤモンドの指輪とダイヤモンドのネックレスとして売ったら億万長者なのでは?

Aベストアンサー

水晶だって
http://www.ishi-imi.com/2009/05/post_419.html

Qニッケル触媒を用いたカップリング反応での触媒サイクル

ニッケル触媒を用いたカップリング反応での触媒サイクル

ニッケル触媒を用いたカップリング反応での触媒サイクルにおいて、出発錯体として2価ニッケルを用いる反応が多く見られるのですが、結局ニッケルは系内で還元されて0価になってから反応が開始されます。
最初から、0価ニッケル触媒を用いない理由とは何なのか、わからないのでどなたか回答お願いします。

また、パラジウムの場合についても出来ればお願いします。

Aベストアンサー

カップリングの場合には酸化的付加から反応が始まりますが、その場合に「0価で二座配位」でないと十分な反応性を持たないようです.Ni(PPhe3)4では、配位子が二つ外れないとその状況が生まれませんが、それが起こらない、ということでしょうね.

また、dppeやdppfのように、二座配位子であることも反応性を高めるために必要、と考えられているようです.配位錯体がやや屈曲しているため、反応性が高くなるようです.

Q【化学】「分子に炭素を含むものを有機物と言います。ただし、一酸化炭素と二酸化炭素は炭素が含まれている

【化学】「分子に炭素を含むものを有機物と言います。ただし、一酸化炭素と二酸化炭素は炭素が含まれているのに有機物ではありません」


どういう理屈で一酸化炭素と二酸化炭素は有機物から除外されてるんですか?

数学だと何の法則性もないので数学者ならブチ切れてるレベルでは?

規則性がないのになんで一括りに纏めちゃったの?

纏めた人は馬鹿なの?

Aベストアンサー

結論から言いますと、一酸化炭素COや二酸化炭素CO2が無機化合物とされるのは、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」、すなわち慣例上の理由からです。

現在では、「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」と区別している原則は、すでにご存じだと思います。

しかし、19世紀初頭までの化学の世界では、「生物が作り出した物質を有機化合物、生物とは無関係に作られたもの(たとえば岩石や鉱物、食塩など)を無機化合物」と
区別がされていました。そして、有機化合物については、「生命力によってのみ作られ、人工的に合成することのできない特別な物質」と考えられていたのです。

ところがこの頃、COやCO2などの一部の炭素を含む物質、つまり現在で言うところの「有機化合物」が、すでに人工的に合成することが可能になっていたのです。
しかし、上に書いたような当時の基準に基づいて、当時、人工的に合成可能だったCOやCO2は「無機化合物」に分類されてしまったのです。

この概念に変化をもたらしたのが、ドイツの化学者ウェーラーです。ウェーラーは、無機物であるシアン酸アンモニウムNH4OCNを加熱して、有機物である尿素CO(NH2)2の
合成に成功したのです。この成功がもとで、多くの有機化合物が、人工的に合成されていき、現代の「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」とする
基準が完成されました。


従って、現代の基準によれば、COもCO2も「有機化合物」となるはずです。しかし、COやCO2に関しては「昔から『無機化合物』に分類されていたから」という理由で、
現在も「無機化合物」とされているのです。


COやCO2のように、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」という理由で、炭素を含むにも関わらず、無機化合物とされている物質は結構あります。
CO、CO2を筆頭に、CaCO3のような炭酸塩、シアン化水素HCN(いわゆる青酸です)やシアン化カリウムKCN(青酸カリ)などのシアン化合物がこれにあたります。

なお、昔は四塩化炭素CCl4(テトラクロロメタン)も、この慣例上の理由で無機化合物とされていました。しかし、四塩化炭素に関しては、メタンCH4の誘導体として考えるようになったために、有機化合物とされるようになりました。

結論から言いますと、一酸化炭素COや二酸化炭素CO2が無機化合物とされるのは、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」、すなわち慣例上の理由からです。

現在では、「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」と区別している原則は、すでにご存じだと思います。

しかし、19世紀初頭までの化学の世界では、「生物が作り出した物質を有機化合物、生物とは無関係に作られたもの(たとえば岩石や鉱物、食塩など)を無機化合物」と
区別がされていました。そして、有機化合物につい...続きを読む

Qニッケル触媒について

ニッケルについて、ニッケルは通常では、常温常圧では水素を吸蔵もしくは吸着しない。吸蔵させるには常温で4000気圧くらい必要だと聞きます。しかし、硝酸ニッケルなどを、熱分解した後、水素気流中で還元すれば、活性な還元ニッケル触媒となって、そのまま空気中に曝すと赤熱した点がたくさん見られるそうです。普通のニッケルと還元ニッケル触媒とは、一体なにが違うのでしょうか。文献なんかを見ると、普通ニッケルは面心立法格子の構造ですが、高温低圧下では稠密六法格子も見られ、低圧下で常温まで温度を下げると、稠密六法格子の状態が残り、水素を吸蔵できると書いてありました。結晶構造の違いなんでしょうか。また、赤熱するのは、水素を吸蔵した還元ニッケル触媒が、酸化するからなのでしょうか。

Aベストアンサー

ここには触媒屋さんがおいでなので、素人は素人なりのお答えをします。まず金属を入手した段階では純金でさえ表面は酸化物になっています。ですからこの酸化物層が水素と容易に反応する金属以外は高温高圧で無理遣り酸化物層を除かねばなりません。ご存知の様に水素吸蔵合金が流行ったのは既に三十年も前、その時大問題になったのが、この合金が水素を放出すると非結晶金属合金が出来てしまう、それもほとんど結晶になっていない、そのため空間がほとんど無くなる、だから再度水素と触れさせると吸蔵合金質量当りの発熱が発散できず、おっしゃる通り、赤熱してしまい場合によっては熔ける、すると表面積が非常に小さくなり水素吸収速度が何桁も小さくなる。水素と反応したあとの吸蔵合金の結晶系は単純では無くなり定義不能な状態になります。一度水素と結合し水素と離れたあとの金属には表面酸化物層が無いので、酸素分子と激しい反応を起こします。この金属の表面酸化物層を除く手法はアルカリ金属などでは大昔から知られており、アルミナやシリカを赤熱して水を除きアルゴンか高純度窒素下に置いて熔融金属と激しく攪拌する、すると内部が金属酸化物、表面が裸の金属という活性金属を得る事が出来る、この際反応を穏やかにするため、有機溶媒中で処理します、この様にして得られた活性化アルカリ金属は通常反応しない有機化合物特にハロゲン化物から有機金属をつくるのに使われました、現在はほとんどお目にかかりませんが、金属断面の様にキラキラ輝くそうです。地球上では酸素と水から逃れる事は出来ないので、様々な手法で裸の金属を作る事になります。

ここには触媒屋さんがおいでなので、素人は素人なりのお答えをします。まず金属を入手した段階では純金でさえ表面は酸化物になっています。ですからこの酸化物層が水素と容易に反応する金属以外は高温高圧で無理遣り酸化物層を除かねばなりません。ご存知の様に水素吸蔵合金が流行ったのは既に三十年も前、その時大問題になったのが、この合金が水素を放出すると非結晶金属合金が出来てしまう、それもほとんど結晶になっていない、そのため空間がほとんど無くなる、だから再度水素と触れさせると吸蔵合金質量当り...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報