平成初めのバブル景気と呼ばれた好景気から、平成不況と呼ばれる不景気になるまでの推移が分かる表または折れ線グラフがあるようなサイトのURLを教えてください。また、景気の推移を調べる指標は、「経済成長率」や「景気動向指数」でいいんでしょうか。他にどんな指標があるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

バブルから平成不況までということですので、数年間にわたる景気の曲線ですよね。

私は「経済成長率」をお勧めします。内閣府のホームページにある実質GDPの前年比がそれに当たります。年度ごとや四半期ごとの括りがありますが、初心者には年度ごとの方が分かりやすいでしょう。

景気動向指数も内閣府が発表しています。毎月発表しているので、これを全部数年にわたってプロットするとかなりぎざぎざします。それに景気動向指数のDIは景気の変化方向を見るもので、高ければ高いほど景気が良いと言う物ではないので、あまりお勧めしません。

他には「大口電力カーブ」と言うものがあります。これは景気を見るのに非常に優れた指標ですが、2000年の電力小売の自由化に伴い、全国値が発表されなくなりました。それ以前のデータでしたら、電気事業者連合会あたりに問い合わせてみれば良いでしょう。

参考URL:http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/menu.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門の方がわざわざお答えくださったんですか。僕は理系なので経済はほんと分かりません。高校の政経以来なので。もしよろしければこれからもいろいろ教えてください。

お礼日時:2001/10/11 20:25

>他にどんな指標があるのでしょうか。


だけ

日銀(経済企画庁?)の「月報」とか「短観」とか.「短期経済報告」とかにいろいろ記載されています。図書館にありませんか?

お近くの政府刊行物センター等に出かけて.上記2個所発行の書籍に掲載されている指数ならば.景気の動向を示す指数でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。今度図書館で調べてみます。

お礼日時:2001/10/11 20:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバブル景気のとき日本は円高だったけど、今の円高不況とどう違う?

バブル景気のとき日本は円高だったけど、今の円高不況とどう違う?

連続の質問申し訳ありません。
同じくタイトルの通りです。バブル景気のとき日本は円高だったと聞きますが非常に経済は潤っていたと思います。それと比べて現在の日本はどうして不況なのでしょうか。
円高になると日本製品が外国で売れ難くなりますが、そのような企業はバブル景気のときどうだったのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

バブル景気の際の円高は、「プラザ合意」と呼ばれる、先進諸国との協調でおこなわれた政策が原因です。

当時は、円高になることが初めからわかっていましたから、当時の政府は、代わりに日本国内に対して、
積極的な公共投資を行い、外需手動の経済政策を内需主導に切り替えました。

また、大幅な金融緩和を行い、企業がお金を借りやすい状況を作り、また、当時国内に工場を持っていた
企業は海外へ拠点を移し、人件費を安く抑えることのできる仕組みを作り出しました。

また、何より「プラザ合意」が行われたのは、アメリカの日本に対する「貿易赤字」が問題でした。

ですが、日本は上記のような政策を採ることで、日本のブランド力を高め、結果的にアメリカの対日「貿易
赤字」はさらに拡大するにいたったのです。日本は、他国にまねのできない製品を作ることで、高い製品を
諸外国に買わせることにも成功しました。

今の日本の現状を見てください。何から何まで逆ですよね。

円高是正のためには「協調」が必要なのに、諸外国と協調しない。どころか、アメリカが中国に対して人民
元の切り上げを迫っている真っ只中で巨額な為替介入を行ったりするし。(しかもほとんど効果ないし)

内需主導にすることが必要なのに、現政権の目は国外に向いていて、外国頼みの経済対策ばかり採ろうと
し、公共投資を行わないだけでなく、例の「二番じゃだめなんですか」発言に代表される、日本のブラン
ド力を高めるために必要な政策までストップさせようとするし。

すでに「大幅な金融緩和」が行われた後ですから、いまさら金融緩和を行おうとしたところで、寄りしろ
がありませんから、たいした効果はないし。

すでに多くの企業が工場を海外に移転させた後で、今はむしろ逆に「産業の空洞化」が問題視されている
のに、さらに企業を国外へ流出させるような政策ばかり打つし。(温室効果ガスの規制基準なんて、その
最たる例ですよね)

お答えになったかどうかはわかりませんが、これが現状だと思います。

バブル景気の際の円高は、「プラザ合意」と呼ばれる、先進諸国との協調でおこなわれた政策が原因です。

当時は、円高になることが初めからわかっていましたから、当時の政府は、代わりに日本国内に対して、
積極的な公共投資を行い、外需手動の経済政策を内需主導に切り替えました。

また、大幅な金融緩和を行い、企業がお金を借りやすい状況を作り、また、当時国内に工場を持っていた
企業は海外へ拠点を移し、人件費を安く抑えることのできる仕組みを作り出しました。

また、何より「プラザ合意」が行われた...続きを読む

Q【バブル時代を経験した人に質問です】バブルの思い出を教えてください。 バブル時代はバブルの恩恵を受け

【バブル時代を経験した人に質問です】バブルの思い出を教えてください。


バブル時代はバブルの恩恵を受けなかったバブルって何だったんだろう無縁だったなあって言う人もいたわけですよね?

ITバブル時代にITバブルの恩恵を一切受けずにというか気づかなかったという人もいますよね。

どのくらいの割合の人が恩恵を受けたのでしょう?

Aベストアンサー

売上が毎月前年度130%越えを達成し、毎月報奨金と言う名の臨時ボーナスが社員全員に10万づつ配られてました。お給料もボーナスもよかった。結果経済が回るので更に消費が進んで毎日楽しかった時代!
ジュリアナ世代です。扇子振ってました。

Q景気の良い状態及び不況からどういう手段で好景気に

(※あなた、経済の事を何にも全く知りませんね。)
>1・※無駄金 が正常な消費活動にまわり、物の売り上げに直結し、世の中の金回り方が正常になる
(※こんなことは、景気回復に何の役にも立ちません。)

上記のように(※)書かれたわけですが、自分の考えは大間違いですか?
下記が自分がした質問ですが、【今回の質問は景気が良いとはどう言う状態のことを指し、また、不景気から好景気に持っていくには国がどんな政策等を打てば好ましいかと言う質問ですが宜しくお願いいたします。】

一応他の質問の全文をコピペしますが、パチンコの件は抜きで教えてください、なお一応知らないかたのために書いておきますがパチンコは一時的に客が儲けて金が増えてもトータルで数十万・数百万の赤字は常識で儲けた金も「軍資金」と言って、そのお金で何かを買おうとかはないです。下記にて全文

世の為人のために
パチンコ
【パチンコを禁止させるぞ】のような素晴らしい公約の元、党のマニュフェスト?を掲げた政党が出てきたら選挙で圧勝・楽勝すると思います。
そこでみなさまに質問です、なぜ【パチンコを禁止させるぞ】のような最高に素晴らしい『楽勝で政権奪取できると思われる』公約があると思われるのにどの政党も【パチンコを禁止させるぞ】と言ったマニュフェスト?を掲げた政党が出てこないのですか?不思議でたまらないので教えてください。

もう一つ
【パチンコを禁止させるぞ】のような素晴らしい公約の元、党のマニュフェスト?を掲げた政党が出てきたら圧勝・楽勝で政権奪取できると思いますし、景気回復のための一番の近道だとも思いますので、みなさんもその党に投票すると思います。

そこでみなさまに質問です、政治家はパチンコを禁止させれば景気が良くなることくらい知っているはずですよね?ではなぜにパチンコを禁止させるぞと言わないのですか?不思議でたまらないので教えてください。
自分は【無駄金が正常な消費活動にまわり、物の売り上げに直結し、世の中の金回り方が正常になるので景気が少なくとも1年以内に好転すると思います。】

みなさんよろしくお願いします。

(※あなた、経済の事を何にも全く知りませんね。)
>1・※無駄金 が正常な消費活動にまわり、物の売り上げに直結し、世の中の金回り方が正常になる
(※こんなことは、景気回復に何の役にも立ちません。)

上記のように(※)書かれたわけですが、自分の考えは大間違いですか?
下記が自分がした質問ですが、【今回の質問は景気が良いとはどう言う状態のことを指し、また、不景気から好景気に持っていくには国がどんな政策等を打てば好ましいかと言う質問ですが宜しくお願いいたします。】

一応他の質問...続きを読む

Aベストアンサー

すみません。補足を見て、やっと分かりました。

***
(※あなた、経済の事を何にも全く知りませんね。)
>1・※無駄金 が正常な消費活動にまわり、物の売り上げに直結し、世の中の金回り方が正常になる
(※こんなことは、景気回復に何の役にも立ちません。)
***

ということが大間違いか、ということを聞いているのかと思っていました。
これだけなら、ryuken_dec様と一緒で、無駄金も消費活動に使われた時点で
無駄ではない金になる。そしてその無駄金に制約をかけた場合、その無駄金は
使われずに市民の財布から出なくなり、無駄金に関わる業種にはその分の
金が入ってこなくなる。そして市民の財布にある金が最大限、別の消費活動に
使われたとしても、金の行き先が違うだけで内需の拡大にはつながっていない。

ということから景気回復にはつながらないと思います。

ただ、質問内容が、

***
景気の良し悪しを聞いてるのですが
物が売れて金が循環すれば景気が良いが、今は消費が落ち込んでいて景気が悪いと思うわけ。これが大間違いと指摘されて、物が売れようが
金回りが良くてもそんなものは景気が良いとは言えないといわれたわけ。
それが本題
***

ということであれば、間違っていないでしょう。
ただ、前の質問で”物が売れようが金回りが良くてもそんなものは
景気が良いとは言えない”なんて言われたのですか?そんな風には
読めませんでしたが…

> 景気が良いとはどう言う状態のことを指し、

経済活動が好ましく行われている状態ということになりますかね。

> また、不景気から好景気に持っていくには国がどんな政策等を打てば好ましいかと言う質問ですが宜しくお願いいたします。

消費活動を促進させることが望ましいとは思いますが、そのためにはみんな
(個人、法人に限らず)がお金を持たなければなりません。
1万円の商品を買うにあたり、1万円以上の価値を見出せれば買うことになると
思いますが、それでもその人の全財産が1万円なければ買いようがない。
それが100万円持っていれば話は別ですよね。
そういった意味でかつての地域振興券や今回の定額給付金などの政府からの
バラマキは一般市民が何もしなくてもお金(あるいはそれに類するもの)を
もらえるのですから消費が促進される可能性はあります。
もちろんバラマキに見合うだけの景気回復が図れる保障はありません。
今回の定額給付金も生活に必要な食費などに化けるだけで、新たな消費活動に
つながらない可能性もありますよね。

またご存知かとは思いますが、ニューディール政策のような政府が
公共事業や雇用の確保を行うことで市民にお金を与えることというのもあります。
また政策ではないとはいえ、朝鮮特需のようになんらかの事件などにより
通常ではない需要があることで景気が回復することもあります。

ただ言えることは、どうすれば景気が回復するか、どのような政策を打てば良いか
ということは、誰も分からない、というところになるのでは、と思います。
現状に対して、”どうしてこうなったか?”ということを分析することは
できても、将来に対して、”このような政策を打てばこうなる”、
というのはある程度の試算は立っても最終的にうまくいくかは様々な要因に
影響されるので、難しいのでは?と思います。

すみません。補足を見て、やっと分かりました。

***
(※あなた、経済の事を何にも全く知りませんね。)
>1・※無駄金 が正常な消費活動にまわり、物の売り上げに直結し、世の中の金回り方が正常になる
(※こんなことは、景気回復に何の役にも立ちません。)
***

ということが大間違いか、ということを聞いているのかと思っていました。
これだけなら、ryuken_dec様と一緒で、無駄金も消費活動に使われた時点で
無駄ではない金になる。そしてその無駄金に制約をかけた場合、その無駄金は
使われずに...続きを読む

Q【昭和は東京オリンピックを契機にバブルに突入したそうですが、平成の東京オリンピックはバブルに突入しそ

【昭和は東京オリンピックを契機にバブルに突入したそうですが、平成の東京オリンピックはバブルに突入しそうですか?】

昭和の東京オリンピックのときと平成の東京オリンピックで違うところってどんなところですか?

東京の地価も上がってるそうですしまた昭和バブルのようになりますかね?

みなさん否定的だとは思いますけど平成の東京オリンピックを契機にバブルに突入すると良いですね。

Aベストアンサー

甘すぎデス。
バブルに突入する訳がありません。
我が国の経済の現実、政府の「小手先政策」を真面目に見据えれば、一目瞭然。
ナナミさんも、目を覚まして平成の東京オリンピックの浅はかさを見つめて下さい。
『フクシマ』の、現状を胸を張って全世界に見せることが出来ますか・・・・・・・・!?

Q利上げと景気の関係、中国の景気と日本の景気の関係

経済の事で質問です。

新聞に
「中国が利上げの判断を誤り景気の腰折れを招いた場合、貿易や直接投資などで日本経済を直撃する…。」
とありました。

(1)なぜ利上げする事で景気が良くなったり悪くなったりするのでしょうか?

(2)なぜ中国の経済状況の推移が日本に影響を及ぼすのでしょうか?

お詳しい方教えてください。
よろしくお願い致します。m(__)m

Aベストアンサー

利上げをすると、お金を借りにくくなりますから産業への投資が減ります。それで、基本的に景気が悪くなります。

いま、中国はバブル経済と言われています。景気が異様な状態で上向きを続けています。なので、このまま行くと日本も経験したバブル崩壊が生じると思われます。それで、崩壊になる前にちょっと景気を冷やす必要が生じているわけです。なので、利上げをして上を向きすぎた景気の拡大を冷やそうとしているわけです。

しかし、こういった調整は程良く行くと成功するのですが、やり方をミスすると景気を悪化させてしまう事もあるのです。日本のバブル崩壊も、異様な景気の上向きを調整し様として金融引締めをしたのがきっかけとなりました。

中国が、景気の調整として利上げをした場合、やり方をミスするとバブル崩壊が生じる可能性があるのです。中国の通貨である人民元は暴落するので価値が無くなり貿易で外貨を稼いでいる中国経済は大打撃を受けます。

また、多くのお金を中国に投資した日本の企業は、その投資した価値が暴落してしまいます。日本でもバブルがはじけて買った土地が暴落して資産が無くなり多くの企業が倒産しましたが、中国に投資した会社も同じ目にあいます。

人民元が暴落して紙くずのようになると、外国から借りた借金を返すために膨大な金額を払わなければならなくなります。暴落前なら1万元返せば良かったのに2万元、3万元と返さなければ成らなくなるからです。

そうなると、中国は元々共産主義国家ですから本来民間企業は無い国です。外国の投資や借金で作った多くの会社をある日「国有化宣言」をしてしまう事さえ夢話ではないです。

そして、現在日本国内で景気が良いと言われている企業の多くが中国の好景気によって実は恩恵を受けている事が多く、数少ない日本に好景気をもたらしている大きな要因が消滅すると、日本の経済界にわずかに燈る明るい火が消し飛んでしまいます。

利上げをすると、お金を借りにくくなりますから産業への投資が減ります。それで、基本的に景気が悪くなります。

いま、中国はバブル経済と言われています。景気が異様な状態で上向きを続けています。なので、このまま行くと日本も経験したバブル崩壊が生じると思われます。それで、崩壊になる前にちょっと景気を冷やす必要が生じているわけです。なので、利上げをして上を向きすぎた景気の拡大を冷やそうとしているわけです。

しかし、こういった調整は程良く行くと成功するのですが、やり方をミスすると景...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報