ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

借地権20年の期限が来て、貸主から契約の更新料を請求されました。最初に契約をした時点では口頭でも書面でも更新料については取り決めていません。力関係から言って何がしかを払うしかない、と思っています。これから契約書を作ります。

そこで不動産所得からの控除に関して更新料でなく地代の値上げとして支払うとどうかな、と思いつきました。

借地権の更新料と地代は法律上はどう違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2



あなたもその不動産から不動産所得を得ているわけですね
その場合なら、更新料は前払い金として一括計上し、毎年償却分を控除できるんじゃないでしょうか
まあ、地主さんも、毎年どこかから更新料が入るというような大地主でなければ、所得は毎年平均的に入ったほうが税金上有利ですから、更新料無しにしてその分地代を上げてくれ、という交渉もできなくもないと思いますが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

更新料の法律上の概念が確立されていないことから、地代として払う、ということも調べて見ます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/05 19:15

『控除』というのがよく分からないのですが、更新料も地代も不動産所得上は収益とみなされることに変わりないと思います

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に2件もの回答をありがとうございます。まとめのお礼にて失礼します。

No1さんのおかげで、更新料の法律上の概念が確立されていないこと、「妥当な更新料」がわかり参考になりました。

No2さん、わかりにくい文章ですいません、借地権上に不動産をもっています。その不動産所得から控除するには、更新料として払わずに地代として払うことを選べるのかなあ、と迷っています。もし税務署に問い合わされた時に地代である理由をきちんと答えられたら、と思います。(と言いますのも、そもそも更新料は不動産所得から控除できないからです)

お礼日時:2005/07/03 22:27

更新料で検索してみると下記の様なページがありました。



参考URL:http://homepage1.nifty.com/lawsection/tisikibako …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング