今、エドガー・アラン・ポーの「アッシャー家の崩壊」を読んでいます。なかなかひきこまれる話なんですが、いまいちテーマがわからないというか、どう解釈してよいのかわかりません。この作品を読んだことのある方は、どうとらえているのか、意見を伺いたいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お返事ありがとうございます。



>家自体がある種の怪物のような存在としてとらえられていると考えていいんですかね?

家自体がある種の怪物ととらえると怖さが半減しませんか?

>なにか得体の知れないものが直接心に触れた感覚がしますよね。

怖さの正体はこの「なにか得体の知れないもの」だと思います。

家だけではなく周りの景色全体に、なにかが潜んでいるのです。

確か近くに沼だか池だかがあって、崩壊した建物をのみこんでしまったと思います。
家が怪物ならその時点で、恐怖は終わるはずなのに、
読んだ後も恐怖は続きますよね。

植物にも無機物にも知覚は存在する、という言葉があったと思います。

家や周りの風景は、得体の知れないなにかを感じ、形となって表現しているように思います。

逃れられない破滅への運命、死、得体の知れないものへの恐怖などがアッシャーの風貌や病んだ心、家や家を取り巻く風景や空気全体に表現されているのではないでしょうか。

「人間の深層と外界との根源的かかわり」とはこのことだと思います。

この作品を読むと、心の奥深くに眠っている物をかき鳴らし呼び起こすので、得体の知れない恐怖を感じるのではないでしょうか。

得体の知れないなにかとは、何なのか、考えてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりました。考えてみます。すごく参考になりました!ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/08 23:14

『アッシャー家の崩壊』はずいぶん前に読んだので細かいところは忘れましたが、この作品の、ぞくぞくするほど怖くて幻想的な雰囲気は今でもよく憶えています。



ポーの作品については、「人間の深層と外界とが根源的かかわりに基づくものであることを、凝縮した表現と綿密な構成によって戦慄的に明らかにしている」と言われています。

これは『アッシャー家の崩壊』にもそのまま当てはまるでしょう。

確かこの作品の中に、屋敷の持つ独特の雰囲気が彼ら一族の運命を形作り、彼(アッシャー兄)の心にも影響している、ということが書かれてあったと思います。

古びた屋敷の憂鬱な雰囲気はそのまま彼の病んだ心であり、彼とその妹が死んだとき、屋敷も崩れ落ちるのでしたよね(私の記憶の中ではものすごい音を立てて壊れたような)。

彼と屋敷は運命を共にしたわけです。

ホラー映画でよくこういう手法が使われますが、この時代では画期的だったと思います。

単なる怪奇物で終わらなかったのは「凝縮した表現と綿密な構成」によるところが大きいと思います。
ポーは詩人でもありましたので、作品全体に格調高い雰囲気があったように覚えています。

記憶に曖昧なところがありますので、その点は御勘弁を、、(汗)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ぞくぞくする感じは私もしました。文章は難解なのに、なにか得体の知れないものが直接心に触れた感覚がしますよね。
なるほど、感覚的には家自体がある種の怪物のような存在としてとらえられていると考えていいんですかね?ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/05 01:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文学レポートの書き方を教えてください。

現在、レポート真っ最中です。

文学でレポートを提出するよう指示されました。
その内容が

・作品の中で最も興味を抱いた登場人物を選び、その人物に作品を分析
・あらすじでも感想文でもない
・何故、取り上げるのか
・その人物は作品の中でどのような位置づけになっているか
・他の人物との関わり

などを具体例と共に書き込む

とのことなのですが、
感想文とどう違うのでしょうか。

上記のように具体例をあげてくださったものの、作品分析とは一体なんなのか。
最終的に何を書いていいか全くわかりません。

また、文中もどのように書き、展開していけばよいのかさっぱりわからないのです。

私は昔から文系は苦手でレポートに戸惑っています。
皆さん忙しいかと思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。レポート大変そうです。私も大卒なのでレポートの大変さはよく判ります。私が過去書いた書き方でよければお教えします。参考になれば幸いです。

まずレポートは自分が考えて答えにいたったその”答え”から書き始めるのが普通ではないでしょうか。そのあとからその答えに至った経緯を説明していきます。
中身ですが、質問にもある通りその5点を頭に入れて書いていけばいいと思います。こだわる必要はありません。多分、あくまで”例”としてあげてくれていると思います。
例えばですが、小説を挙げてみましょう。主人公では面白くありませんので脇役とします。
その脇役からみた”主人公”ですとか時代背景、いろいろ書けると思います。要はその登場人物になったつもりで作品を説明していけばいいかと。

レポートですから
1)
2)
3)・・・なんて感じでまず見出し、で、それについての説明で私は書いていました。私の場合、経済だったので細かくはアレンジした方がいいかと思います。具体例を見出しにしてはどうでしょうか?それについて自分の考察を下に書いていくわけです。

いきなりは難しいと思いますので、自分の言いたいことをまずメモ書きでいろいろ書き出してみてください。それに順番をつけていくのもいいと思います。

こんなところでどうでしょうか。同じレポートをやっている友人に展開を聞くのもいいでしょう。私のやり方を書いてみましたが、個人によってそれこそその個人分のやり方があると思いますので他の方の意見もあるといいですね。
長くなりましたが、がんばって完成させてください。

こんばんは。レポート大変そうです。私も大卒なのでレポートの大変さはよく判ります。私が過去書いた書き方でよければお教えします。参考になれば幸いです。

まずレポートは自分が考えて答えにいたったその”答え”から書き始めるのが普通ではないでしょうか。そのあとからその答えに至った経緯を説明していきます。
中身ですが、質問にもある通りその5点を頭に入れて書いていけばいいと思います。こだわる必要はありません。多分、あくまで”例”としてあげてくれていると思います。
例えばですが、小説を挙げ...続きを読む

Qウィリアム フォークナーの「エミリーに薔薇を」について

英語の授業でやったんだけど、小説の中の時間がバラバラに進んでいくのでチンプンカンプン・・・。
エミリーのお父さんがエミリーに及ぼした影響や、ラストになぜエミリーはバロンの死体を抱いて寝ていたのか、その前になぜバロンを殺さなくてはいけなかったのか・・・。気になります・・・。
誰か時間の流れが分るように教えて下さい!

Aベストアンサー

幸い、ファイルの中に以前書いたレポートが残っていましたので、それを見ながら書いていきます。
といっても、フォークナーの専門家ではありませんので、解釈をそのまま鵜呑みにしないでくださいね。

まず、ミス・エミリーが死んだ時から物語はスタートするのですが、その時期(物語時間の現在)はしばらく経つまであきらかにされていません。
具体的に数字が出るのは1894年、父親が死んだ年です。
このことから、この1894年がこの物語の中心、起点であると考えてよいと思います。
ここから以下年譜を作ってみます。

1894年:父親死去、エミリーは三十過ぎ
サートリス大佐はエミリーに免税措置。
1895年:ホーマー・バロン来る。
1896年:エミリーはヒ素を買う。
エミリーは男性用洗面用品を買う。
エミリーの家に従姉妹が来る。
従姉妹が帰ってから10日後バロン来訪。
異臭騒ぎ。
1904~1910/11:エミリーは陶器の下絵描きを教授。
1926年:税金の通知を持って、人々が屋敷来訪。
1936?年:エミリーは74歳で死亡。

物語ではバラバラに語られるこうしたできごとを時間の経過に沿って整理するとこうなるかと思います。

まずエミリーに対する父親の影響ですが、その前に“we(わたしたち)”と語られる語り手のことを考えてみます。
この“we”は街の人々ではあるけれど、具体的に語り手を特定するものではありません。
ここから読みとれるのは、グリアソン家は常に「わたしたち」という街の住民の注視の対象であった、ということです。

街の中にグリアソン家に釣り合う家はなかった。
エミリーの大叔母ワイアット夫人は精神病だった。
このようなことから、エミリーは結婚相手を見つけるのがなかなかむずかしかったことがわかります。
格下の相手でも良ければなんとか見つかったのでしょうが、父親はそれを潔しとしなかった。そのことに対する街全体の反感も描かれています。

こうして父親の庇護の下(あるいは監視の下)に留め置かれていたエミリーが、衆人環視のなか、父の死後、初めて自分の人生を歩み始めるのです。
 
北部からやってきたホーマー・バロンがなぜエミリーと関わりを持ち、彼女を捨てたのか、さまざまな解釈がありますが、大きく分けて、この三つになるかと思います。

・南部の名家の女性に興味はあったが、いざつきあってみると、年増の彼女に、あるいは名家の格式に、あるいは格式が高い割に財産がないことに嫌気がさした、という説。
・彼はゲイだった、という説。四章で、ホーマー自ら、自分は男性が好きだ(男友達と飲み騒ぐのが好き、とも解釈できるのですが)と言っています。
・彼は『サンクチュアリ』のポパイ同様、性的不能者であったという説。

何にしても、ホーマーは北部人の象徴であり、南北戦争の深い敗北感を引きずる南部人の中に現れたよそ者です。いつかは(工事が終われば)北部へ帰っていく人間です(そうした北部的時間軸の中に生きている)。

しかも、バロン(Barron)は容易にBaron=男爵という称号を連想させ、ホーマーはすなわちホメロス、ギリシャの偉大な詩人の名前です。そのような高貴な名前を持つ、道路工事の現場監督。この名前には彼の持つ矛盾が象徴的に表れています。

家に縛られて、南部的時間軸(最終章でこの南部的時間軸についての説明がでてきます。

the very old men--some in their brushed Confederate uniforms--on the porch and the lawn, talking of Miss Emily as if she had been a contemporary of theirs, believing that they had danced with her and courted her perhaps, confusing time with its mathematical progression, as the old do, to whom all the past is not a diminishing road but, instead, a huge meadow which no winter ever quite touches, divided from them now by the narrow bottleneck of the most recent decade of years.

ここでふれられているのは、エミリーの葬儀に集まった老人の時間概念ですが、同時にエミリーのそれでもあった。この物語の進行のように、あっちへいきこっちへいき、エピソードが複雑に絡み合う、そのような時間軸を南部人は生きている、とフォークナーは考えていたわけです)を生きるエミリーとは、どう考えても一緒になれるはずがなかったのです。

エミリーとホーマーの関係をどう見るか、というのも、一致した見解はありません。
・#1の方のおっしゃるようにもてあそんだ、という解釈。
・ゲイであった、あるいは性的不能者であったために、恋愛関係でさえななかった、という説。

エミリーが彼を愛していたのかどうかさえ、よくわからない。
というのも、ホーマーはエミリーの前に表れた、父親以外の唯一の男性だからです。
愛していようがいまいが、とにかくエミリーにはホーマーしかいなかったのです。

そうした唯一の男性が、自らの下を去ろうとするのを妨げようと、エミリーはヒ素で彼を毒殺します。
死体となった彼は、永遠に彼女から離れることはありません。
その死体は、ぬいぐるみのクマなのか、父親代わりなのか、恋人なのか。
これもさまざまに解釈することができると思いますが、ともかく、永遠に彼女のものとなった彼を抱いて、エミリーは寝ていた。
この結末が、発表された1930年代当時の人々にとってどれほど衝撃的なものであったか想像にかたくありません。

最後にタイトルの由来なのですが、新潮文庫のあとがきに、訳者の龍口直太郎がフォークナー来日時に直接聞いてみたことが書いてあります。
「バラの花ぐらい贈ってやらないと、エミリーがあまりにもかわいそうではないか、という返事がかえってきた」(p.279)
原題は"A Rose for Emily"(直訳すると“エミリーへのバラ”)なのですが、そうしたフォークナーの意を汲んで、かわいそうなエミリーにバラの花を捧げよう、という意味で『エミリーにバラを』とした、とあります。

もちろんこのタイトルをめぐっても、さまざまな解釈があります。

作品の解読に「正解」はない、と翻訳者の柴田元幸は書いています(『アメリカ文学のレッスン』講談社現代新書)。
「世界を解読するたび、我々は自分というファイルを更新している。(…)世界というファイル、自分というファイルの両方をどう豊かに更新するかが問題なのだ」

ここで紹介したいくつかの解釈が質問者さんの理解の助けになれば幸いに思うし、それだけでなく、作品を繰り返しお読みになって、質問者さんなりの解釈を深めていってほしいと思います。

幸い、ファイルの中に以前書いたレポートが残っていましたので、それを見ながら書いていきます。
といっても、フォークナーの専門家ではありませんので、解釈をそのまま鵜呑みにしないでくださいね。

まず、ミス・エミリーが死んだ時から物語はスタートするのですが、その時期(物語時間の現在)はしばらく経つまであきらかにされていません。
具体的に数字が出るのは1894年、父親が死んだ年です。
このことから、この1894年がこの物語の中心、起点であると考えてよいと思います。
ここから以下年譜を作っ...続きを読む

Qアメリカ文学の特徴って?

英米文学を専攻したいと考えている者です。
アメリカ文学とイギリス文学の違いがいまいちわかりません。アメリカ文学は人間の暗い本質を追求しているのかな・・・と考えているのですが、その他どういった違いがあるのかもっと違う面から知りたいので教えてください。
また、そういった特徴がはっきりと出ている書名を教えてください。
アメリカ文学の特徴を詳しく解説している本があったら教えて欲しいです。
お願いします。

Aベストアンサー

作品について書き忘れていました。
自分が覚えている、アメリカを象徴するような作品は、、

「ハックルベリーフィンの冒険」・・黒人差別について
「スカーレットレター」・・・解説はここらをw
http://www.sankei.co.jp/mov/yodogawa/951226ydg.html
「She's Come Undone」(邦題「人生におけるいくつかの過ちと選択」)・・両親が離婚し、幼い頃にレイプされた少女が、100キロを超える肥満児&引きこもりとなって、またそこから立ち直っていくお話。心理学的な題材が満載。

あと、個人的にはヘミングウェイが大好き。
ヘミングウェイ、フィッツジェラルド、ロバート・B・パーカー(文学とはいえないけど、マッチョイズムを知るためにw)、フィリップ・K・ディックあたりは普通に楽しんで読めるのでオススメ。

参考URL:http://www.fumisweb.com/americanlit.htm

Q○○ゼミ記入→担当教授の名前を記入?

エントリーシートなどでよくゼミ名記入の欄があるのですが、私は今までそのゼミの内容、専攻(例えば『近世文学ゼミ』)の名前を書いていましたが(その方が他の人にも分かりやすいと思って…)、どうやら説明会などで周りを見ていると皆、そのゼミの担当教授の名前(例えば『山田太郎ゼミ』など)を書いているようです。

やはり、この欄には担当教授の名前を書くべきなのでしょうか?
今まで専攻のゼミ名を書いてエントリーシートを提出していたので、心配になって来てしまいました。。

どなたか教えて下さい!よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

結論から言えばどちらでも良いと思います。

担当教授が、その研究分野で知名度が高い場合は
教授名を書いておくと良いような気がします。
また、履歴書の中の自己アピールのような欄に、
これまでの研究について書いていく場合は、
同じく担当教授名を書いておけばよいと思います。

そうでない場合は、あなたがなさってきたように
ゼミの内容を書かれているほうが、面接をする側にとって親切だし、これまで勉強してきた内容をアピールしやすいので良いと思います。

納得のいく就活をしてくださいね☆

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報