ご質問させて頂きます。

東京にて、
英語・中国語・韓国語を同時に選択して勉強できる会話学校をご存知ではないしょうか?
別々の学校に行っても良いのですが、
もしあれば便がいいのでと思っております。

ご存知であれば宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

検索してみました。



参考URL内の下のほうで以下の3校がみつかりました。
・ベルリッツ・ジャパン
・アイザック
・大学書林国際言語アカデミー

もしかしたらまだまだあるかもしれませんね。

参考URL:http://www.paseli.co.jp/brushup/manabi/ser_tg2/g …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
なかなか同時に勉強するというのは難しいですね。
今はとりあえず中国語を進めます。

お礼日時:2001/11/07 17:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q養護学校の先生になるには。申し訳ありません。色々とごちゃごちゃになってしまい。また改めて。重点のみ質問いたします。宜しく

僕は今24で大学を受験します。養護学校の教員になりたいのですが時間がなく国立にはいけません。普通の教員資格ではそういう教員にはなれないのでしょうか?盲、聾学校はどうしても国立を経ないといけないのであきらめモードです。特殊養護教論とは何なんでしょう?それと24では遅いのでしょうか。それらを含め皆様本当に宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

私には、養護教員の友達と、障害児を抱えた友達と両方います。
参考になればと思いまして。。。
養護教員は本当に大変だということはわかってなりたいといっているのでしょう。ならば、年は関係ないと思います。経験を重ねていても
やる気のない先生は山ほどいるそうです。若くても勉強して子供のためを一番に考え頑張る先生は、やっぱり子供にも父兄にも好かれるそうです。あなたのやる気と頑張りがあれば、できると思います。ただ、聾はわかりませんが、盲はなんかとらなければ盲学校の先生にはなれないと聞いたことがあります。それが特殊の意味かはわかりませんが。。。
もし他にきちんと説明できる方がなく、あなたが望むのであれば友達に要点を聞くことはできますが。。。まずは頑張ってください^^

Qドル平を教えてくれるスクールをご存知ありませんか?

長年のカナヅチから脱却したいのです。
今まで3度挑戦しましたが、スイミングスクールはクロールから入るので息継ぎが出来ず(横に顔を上げて水が口に入るのが嫌)挫折しました。
平泳ぎなら前に顔を上げるので覚えたいのですが、ドル平から始めるスクールはないでしょうか。

Aベストアンサー

ドル平から教えているスクールはまずないと思っていいのではないでしょうか?スクールで教える泳ぎじゃないような気がする・・・

スイミングスクールでは「背泳」から教えてくれるところに通ってはどうでしょうか?個人的に背泳ぎが一番簡単に泳げると思います。いつでも息つぎできるし、手と足をバタバタしてたらとりあえず進むし・・・

私は背泳ぎでまずは「泳げる」という自信をつけました。そして同じ足と手の動きのクロールで息継ぎを習い、その頃には「体を浮かすコツ」のようなものがわかり、平泳ぎも勝手にできるようになってました。ドル平は意外に難しい気がする。バタフライに近いような。

もしくはTIPNESSなどの有名な「スポーツクラブ」の水泳はどうでしょうか?私の通っているところでは好きなクラスを取れるようになっています。いきなり平泳ぎでもいいし。ちゃんとコーチがついてくれて教えてくれますよ。

Q学校や塾の授業中などで他の子と差がつけられるような、授業の受け方などありますか? もしこれをやってい

学校や塾の授業中などで他の子と差がつけられるような、授業の受け方などありますか?
もしこれをやっていた!などあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

ものすごく古めかしいけど、予習・復習だけ。お金も要らない。それが実現出来ていないのは、あなたが他の子に優越感を持てないからで、つまりこれはスパイラル・堂々巡り。どこかで一度それを打ち切ってムチャクチャ勉強し、塾でも先生にも質問の嵐を喰らわせて、一歩上へ昇ると、優位に立った学科だけでなく他の学科にも余裕ができて同じスパイラルでも上へ上へと昇れる。

QSAPIXをご存知の方、教えて!

小学校3年生の子どもがいます。中学受験を考えています。現在色々な塾を検討中ですが、SAPIXに通われている方、またご存知の方、塾の様子、先生、カリキュラム等について教えてください。実績はすばらしいのですが、厳しいとか(厳しくなければあれだけの実績はでないのかもしれませんが)、下の方のクラスだとあまり面倒をみてもらえないとか聞くのですが、いかがでしょうか。
また、プリントをばらばらと貰うので整理が大変とも聞きましたが、その点はいかがでしょうか。四谷大塚とどちらにしようか迷っているのですが、違いについても何かありましたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

わかる範囲でお答えいたします。中学受験をお考えとのことですが、そのための勉強を塾ではじめるのには、早くて小学校4年生から、遅くて小学校5年生の夏期講習までだとおもいます。ですから、いまお子さんは小学校3年生ということで、今からどんな塾がいいか検討するのはとても賢明なことだと思います。

まず、サピックスについてですが、厳しいと言うよりも出きる子優先といったところです。例えば志望校が偏差値57だとして、自分の偏差値が54だとします。その場合でも、実際に先生がすすめるのは、偏差値63の学校だと思ってください。実績が素晴らしいと言うことはここ近年の合格者をみてもそうだと言えますが、その分実情としては、たくさんの受験者を上位校に受験させているという事実があるのです。言い方は悪いですが、数打てばあたるの発想ですね。そうすると、詰め込み型で、耐えられると言うかそのやり方にあったお子さんはいいですが(偏差値も上がれば)その流れに乗れなかったお子さんや、思うように偏差値が上がらなかった場合は非常に辛いと思います。それでも、一番良かったときの成績で上位校をすすめられた場合本人や御父母の方が、正しい判断ができるかどうかが重要です。

大手の塾は、いま熾烈な合格実績争いをしているわけです。たくさん良い学校に受からせて、次の生徒が入室してくるのをまっているわけですから、そう言う意味で、塾の戦略に巻き込まれてはいけないと思います。
ということで、結論が後になりましたが、あなたさまが言うとおり、下のほうのクラスの生徒さんは、かなり厳しいものがあります。

プリントの量は半端ではありません。以前に1年間にこんなにプリントが出たと、1年分をまとめて積み上げた写真を見せてもらったことがありますが、腰の高さくらいまでありました。
子どもだけで管理するのは無理なので父母の協力は欠かせません。

最後にわたしの経験から言えることですが、中学受験において塾選びはとても重要です。もっと言いかえると、良い指導者、つまり先生に会えるかどうかが決め手となります。有名な塾へ通っても、各教室に分かれているので、いい先生に当たるかは非常に難しいのです。

塾選びのポイントを紹介したいと思います。

(1)将来どんな人間になるために、またはどんな夢の実現のために、勉強するのかを親子で、はじめによく話し合う。

~これは、中学受験を最後まで成し遂げるために、親子で気持ちのすり合わせをしておくことが重要になるからです。4年生からはじめたとしても、受験までは大変長い道のりになります。やめたくなることや、成績が上がらなくて悩むことなど、多々出てきます。そんなとき、はじめに親子で意見の一致をみておけば、乗り越え易いものとなります。

(2)とにかく実際にその塾をみる

週末に、親子揃って塾を見学に行くということをおすすめします。電話やパンフレット、または説明会では、本当の様子はわかりません、実際に通うであろう教室をじかにみてください。説明会のときお話してくれた先生は、実際に教える先生とはかぎりません。そうでない場合のほうが多いでしょう。そこに通っている生徒の様子を見てください。廊下などで立ち食いをしたり、ごみを捨てたりしていないかどうか、そしてそれを周りの職員が注意しないでいるなどあれば、その塾はだめでしょう。

(3)授業の見学をさせてもらう

これも非常に重要なことです。イベント用の無料体験授業とかではなく、実際に行われている授業の見学は必須です。先生の生徒に対する様子や力量、熱意などこれを確かめずして、入塾するのは後悔のもととなります。
塾に6年生まで通わせると言うことは、とてもお金のかかることです、授業という名の商品を確かめるのは大事なことです。なかには、見学を断る塾もありますが、それはどういったとしても、授業の中身に自身がないということなので、やめたほうがいいとおもいます。

(4)実際に通っている人の話をきく

と、いっても、上位クラスの親御さんにきいてもだめです。成績が良い生徒に対してはどこの塾も、大事に大事にしています。大切なのは成績が振るわない、下位クラスの親御さんにきくことです。
そこで、その方が、「わからないとこは質問対応してくれている」「先生が熱心に声をかけてくれる」「室長からさいきん○○くんは家でどうですか?などと電話をくれる」のような答えが返ってくるようであれば、成績の悪いときでも、下位クラスに下がってしまっても、きちんと面倒見てくれていることがわかると思います。

長くなりましたが、以上です。

わかる範囲でお答えいたします。中学受験をお考えとのことですが、そのための勉強を塾ではじめるのには、早くて小学校4年生から、遅くて小学校5年生の夏期講習までだとおもいます。ですから、いまお子さんは小学校3年生ということで、今からどんな塾がいいか検討するのはとても賢明なことだと思います。

まず、サピックスについてですが、厳しいと言うよりも出きる子優先といったところです。例えば志望校が偏差値57だとして、自分の偏差値が54だとします。その場合でも、実際に先生がすすめるのは、偏差値63の...続きを読む

Q学校の呼称について・・・小学校、中学校

日本の学校の呼称として、「小学校、中学校、高等学校、大学」と続くのですが、以前から違和感を持っています。まず、小学校=小さい学校、中学校=中ぐらいの学校、と「大きさ」で分けています。
そして、高等学校=程度の高い学校、大学=大きく学ぶ、といった具合で、一貫性がないと思われるのです。大学は学校なのに「学校」の文字が付きません。

どうしてこのような呼称を付けたのでしょうか。
英語では、初等学校、下級高等学校、上級高等学校、というように学ぶレベルで名付けているようですが・・。

Aベストアンサー

日本では小学校は初等教育
中学校は前期中等教育
高校は後期中等教育
大学は高等教育と分けられています。
小学校、中学校は基礎となることを学び
高等学校では進路に応じて高度な普通教育教育及び専門教育を学びます(学校教育法 第50条)
そして問題の大学ですが大学は深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させることを目的とする。(学校教育法 第83条)

ですから質問者さんが言っていた「大学=大きく学ぶ」ではなく、学んだことをより大きくしていく学校なので大学と言うんだと思います


人気Q&Aランキング

おすすめ情報