オードリー・ヘップバーンのフアンの方。
あれこれとご覧になっているでしようね。
ぜひ、これは見ておくべき作品を教えてください。
理由も添えていただければあり難いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

#4です。



1.ローマの休日(1953)
やはり最も美しい時期のオードリーはコレでしょう。

2.マイ・フェア・レディ(1964)
これも代表作ですね。
ストーリーが良いです。
かなり長いですが、気になりません。

3.ティファニーで朝食を(1961)
オードリー作品のしては少し重いかもしれません。
ただのハッピーエンドじゃないところがいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お手数をかけてすいません。
コメントがよく分かります。「ティファニー…」は少し重いのですか。
題名からはおしゃれな感じがしますが中は濃いのですね。反って
興味を感じます。
有難うございました。

お礼日時:2005/07/06 16:35

そうですねえわたしは今までいろんなオードリーを観て来ましたけど主役じゃない役で出ている『オールウェイズ』が良いですね。


 まあオードリーが現役で最後の作品だというのもありますけど。内容よりもオードリーの老いても綺麗なところが私は魅力的でした。ちなみに私はそれを観てから『ローマの休日』『ティファニーで朝食を』を観たいと思いましたので。
    • good
    • 0

『ローマの休日』と『麗しのサブリナ』は二十年ほど


前に名画座での二本立てを観ました。古い映画にはま
るきっかけとなった、思い出の作品です。
もう一本選ぶなら『昼下りの情事』。とても表情が豊
かなオードリーが可憐です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。いつまでも想い出に残るのは
作品もヘップバーンも素晴らしいからでしょうね。

お礼日時:2005/07/06 17:22

私のお勧めは


 
(1)パリの恋人(1957)・・・ファニーフェイスのオードリーはなんともかわいいですよ。パリでアステアと歌って踊っている彼女のこの作品は映画でありながらグラビアを眺めるようなワクワクする美しい作品です。

(2)麗しのサブリナ(1954)・・・この作品からうまれたサブリナパンツ!美しくて可愛くて、必見の作品だと思います。

(3)尼僧物語(1959)・・・ある意味彼女のバックボーンとも言える考え方が伝わってくる作品だと思うので。

次点  シャレード  実はこれもはずしたくない作品です。「暗くなるまで待って」とともに珍しいサスペンスですが、シャレードの洗練された雰囲気は秀逸です。


 以上4作品、ぜひ!オススメですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なコメントを添えていただき有難うございました。
ヘップバーンの作品は多いですね。しかも素敵な内容で。
亡くなってからこれだけ愛し続けられる女優さんはこれからも
出てきませんよね。
ご返事の中に《美しい》の文字が二度ありました。コマーシャルでも
綺麗です。

お礼日時:2005/07/06 17:19

 『戦争と平和』です。



オードリー演じるナターシャがアンドレイ公爵(=メル・ファーラー。オードリーの最初の夫)に見初められる、夜のバルコニーから飛び立つように身を反らせるシーンがとても印象的でした...

今観ると、個人的にはロシア版の方が原作に忠実でよくその雰囲気を伝えていると思うのですが、こちらはこちらで役者は揃っているし、映画として観るにはいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

『いつも2人で』ですね。

後期の作品で、興行成績も芳しくなかったと記憶していますが、彼女の出演作品中の最高の野心作だと思います。

『ローマの休日』がおとぎ話の傑作だとすると、この作品は、「人間臭い」傑作と言えば良いでしょうか。『パリの恋人』『シャレード』に続くスタンリー・ドーネンとのコンビとしても最良です(『シャレード』は、中期の傑作だと思います)。
内容は、子供にはちょっと難しいかもしれません。

『緑の館』は、失敗作とまでは言いませんがポイントは低いです。
異色作『許されざる者』もお忘れなく。

http://jtnews.pobox.ne.jp/movie/database/treview …

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。
#1さんのお礼で述べた、友達を経てのオードリー狂の二番目の推薦作が
「許されざる者」でした。西部劇だけど共演者が山盛りに揃っていて、
彼女の演技も素晴らしいそうで、必見となっていました。
「いつも二人で」はなぜ興行成績が良くなかったのでしょうね。残念ですね。

お礼日時:2005/07/06 17:11

おしゃれ泥棒(1966)


マイ・フェア・レディ(1964)
シャレード(1963)
パリで一緒に(1963)
噂の二人(1961)
ティファニーで朝食を(1961)
尼僧物語(1959)
パリの恋人(1957)
昼下りの情事(1957)
戦争と平和(1956)
麗しのサブリナ(1954)
ローマの休日(1953)

なんていいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
出来ましたら、順位をつけて三本に絞ってもらえないでしょうか。
すいませんがコメントもつけていただければ助かりますが。

お礼日時:2005/07/05 07:59

ローマの休日・麗しのサブリナ・ティファニーで朝食を・マイフェアレディ・オシャレ泥棒 は基本中の基本だと思います。


他にも沢山のオードリー作品がありますが、個人的にオススメなのは 暗くなるまでまって です。ラブストーリーが多いオードリー作品の中でちょっと珍しいサスペンスで、なかなかいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事有難うございました。
個人的には「暗くなるまでまって」ですね。オードリーとサスペンスの
取り合わせとは以外でしたが、心がけたいと思います。

お礼日時:2005/07/06 16:28

こんにちは。



それは「ローマの休日」でしょう。

何回見てもすばらしく日本人にこよなく愛されるオードリーの代表作だからです。

他の作品の知名度と本作を比較するときっとくらべものにならない認知度だと思います。

その知名度と同様にすばらしいオードリーの最高傑作だと思います(^^)/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりね。世間での評判が普通ではありませんものね。
ヘップバーンのような女優さんは二度と出てこないでしょうから
「ローマの休日」とくらべるられる作品も無いでしょうね。
有難うございました。

お礼日時:2005/07/06 16:24

尼僧物語が一番印象に残っています。


純潔、利発という持ち味が発揮された
作品だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、有難うございます。
質問を投稿してから友人を介して狂的なフアンの意見を聴いたところ、
好みや見解は人さまざまだけど推薦は「尼僧物語」とのことでした。
ストーリーから助演者までしっかりしていてヘップバーンが出なくても
作品としては良質なのに、彼女が女優としての最高の演技をしているから
だそうです。トップのご回答が一致しているので驚きました。

お礼日時:2005/07/06 16:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオードリー・ヘップバーン出演作について

こんにちわ

知人が「自転車泥棒」という作品にオードリー・ヘップバーンがでているらしいと言うのですが、証拠となるなるものを探しホームページ検索しているのですが、なかなか見つかりません。

どなたか知りませんか?

Aベストアンサー

残念ながら、オードリー・ヘップバーンが1948年のイタリア映画「自転車泥棒」に出演している可能性はないと思います。偶然ながら、同じ年公開のオランダ映画で、19歳のヘップバーンは、チョイ役でデビューしています。もしかしたら、1966年の「おしゃれ泥棒」と混同されているのでは、と思います。ケーリー・グラントと共演したおしゃれなコメディです。

Qオードリーヘップバーン出演作

オードリーヘップバーンが出演している、「言語には差別はない」的なテーマの作品って何ですか??
学校の英語の先生がオススメしていました...

Aベストアンサー

「言語には差別がある」だったらマイフェアレディです。たぶん。。。言葉(なまり)を矯正するお話ですから。

Qオードリーヘップバーン

当時のオードリーへップバーンのライフスタイルやファッション、メイク、美容法、好きな物、お気に入りの物など知りたいです。知っている方教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして。tehuと申します(^-^)
オードリーヘップバーンて素敵ですよね。
母の影響もあり、私はとても好きです。

『当時』というのがいつを指しているのか、ちょっとわからないのですが(汗)
洋服についてはシバンシー、靴についてはフェラガモやイヴサンローランが
お気に入りだったようですよ。鞄はヴィトンが多かったような気がします。
特にジバンシーについては、かなりお気に入りだったようですね。
私の記憶だと、『麗しのサブリナ』以来、ジバンシーが特にお気に入りだったような気が...。あのドレスもジバンシーですよね。ちなみに"サブリナパンツ"もあの映画が発祥でしたね...確か。

それから私見ですが、オードリーのファッションはハイネックが多かったような
気がします。首が長くて細くて綺麗だからとても映えるんですよね。
(うらやましい...)

オードリーについての本も出版されていますし、
読んでみるといろいろわかるかもしれませんよ(^-^)
いろいろ書いてしまいましたが...間違っていたらごめんなさいm(__)m

Q人には、お薦めし難いけど好きな作品

こんにちは、お世話になります。

こういったサイトでの質問や
プライヴェートでの友人知人から
お薦めの作品を尋ねられる事がよく有ると思いますが
自分は大好きなんだけど人にはお薦めし辛いな~・・・
と躊躇してしまう様な作品って有りませんか?

私はどちらかと言うと
派手なアクションやストーリー展開の物や
誰もが認める様な感動作品よりも
そういったチョっと人には胸を張ってお薦めし難い様な作品の方が
興味が有ったりします。

例えば
◆少々難解なストーリーで
謎を多く残したまま終わってしまうけど
何度か見直す内に、
その作品の世界にハマり癖になってしまう様な
不思議な魅力を持った作品
とか

◆派手なストーリー展開は無く淡々とした話運びだけど
見終わった後に何故かジンワリと来る(心に染み入る)様な作品
とか

◆細かい点まで注意してみてみると
何気に音楽の使い方や、インテリア、小物使い等が凝っている
スタイリッシュな作品。
等々

皆さんの、人にはお薦めし難いけれど大好きな
「自分だけのお気に入り」的な作品を教えて下さい。
出来れば
◆人にお薦めし難い理由
◆その作品を好きな理由
◆ここに注意して見て欲しい!というポイント
等を書き添えて頂けると嬉しいです。

色々と観る作品の幅を広げて行こうと思っておりますので
どうぞ宜しくお願い致します。

こんにちは、お世話になります。

こういったサイトでの質問や
プライヴェートでの友人知人から
お薦めの作品を尋ねられる事がよく有ると思いますが
自分は大好きなんだけど人にはお薦めし辛いな~・・・
と躊躇してしまう様な作品って有りませんか?

私はどちらかと言うと
派手なアクションやストーリー展開の物や
誰もが認める様な感動作品よりも
そういったチョっと人には胸を張ってお薦めし難い様な作品の方が
興味が有ったりします。

例えば
◆少々難解なストーリーで
謎を多く残したまま終...続きを読む

Aベストアンサー

「ウェインズ・ワールド」!
◆人にお薦めし難い理由◆
ばかばかし過ぎます。勢いだけっていうか。
素人が自主制作したみたいなカメラワークだったり。
そもそもテレビ用コントだから許せる範囲のものをスクリーンに持ち込むなんて、無理があり過ぎなんです。
それでも出演陣が無名だったら却って薦め甲斐が湧くんですけど、主演のマイク・マイヤーズが下手に売れてしまった。
何となくミーハーに見られそうで、息を殺してしまいます。

◆「WW」を好きな理由◆
何しろばかばかし過ぎますからね。勢いがあるし。笑
素人が自主制作したようなカメラワークを狙っていたりする配慮も好きです。
時折ドキュメンタリーフィルムなんじゃないかと錯覚するんですよね。イリノイ州オーロラ市に行けば、日常的にこういう風景が展開されているんじゃないかと。そんな錯覚起こす自分自身がまたばかばかしくて、嬉しくなってしまいます。
そもそもテレビ用のコントをそのままスクリーンに持ち込もうなんていう発想が素晴らしい。日本のバラエティー界を支えるスポンサーでは、常識に縛られてなかなか資金提供できないことでしょうね。(やりたいと思っている芸人は山ほどいると確信)

色々書き出すときりが無くなってしまうんですが、とにかく開始10分で一目惚れした作品です。
同時に毛唐嫌いだった私を、バカが判る国民性(なんか向こうでは凄くヒットしたらしい)という点でアメリカ好きにさせてくれました。

◆ここに注意して観て欲しい◆
映画作品としては特にありません。
ただ、SNLのスペシャルエディション版ビデオ「ウェインズ・ワールド・スペシャル」も併せてご覧になっていただきたいところです。
本来のマイク・マイヤーズ、ガース役ダナ・カーヴィの芸達者さ、エアロスミスとの共演、マドンナとのキスシーン後のマイクの赤面などなど見所満載なのです。

以前“ウェイン町山”こと町山智浩氏が「ウェインズ・ワールドは本当に存在するんだよ。俺たちの心の中にね」と、相棒の“ガース柳下”こと柳下毅一郎氏との対談でおっしゃっておられました。
「ウェインズ・ワールド」って支持する人はほんとに大好きだし、支持しない人はハナから訳分からなくて受け付けられない。両極端だと思います。
そして悲しいかな、日本人の多くは「支持しない派」なんです。だから人に薦めるのが恐いというのが本音です。
ここのカテでたまにおすすめコメディ作品を回答していますが、敢えて「WW」を回答することは避けています。

だから「支持する派」の人がもし周囲にいたら、親友になれそうな気がします。笑

「ウェインズ・ワールド」!
◆人にお薦めし難い理由◆
ばかばかし過ぎます。勢いだけっていうか。
素人が自主制作したみたいなカメラワークだったり。
そもそもテレビ用コントだから許せる範囲のものをスクリーンに持ち込むなんて、無理があり過ぎなんです。
それでも出演陣が無名だったら却って薦め甲斐が湧くんですけど、主演のマイク・マイヤーズが下手に売れてしまった。
何となくミーハーに見られそうで、息を殺してしまいます。

◆「WW」を好きな理由◆
何しろばかばかし過ぎますからね。勢いがあ...続きを読む

Q昔の映画ですばらしい作品評価の高い作品教えてください

昔のすばらしい映画を見たいです
見たことないですがティファニーに朝食を とかみたいに題名くらいなら誰もが知ってそうな映画とか見てみたいです
暗いのとか怖いのとか内容が難しい 重いものは苦手なので
気軽に見られる内容がいいです
お願いします

Aベストアンサー

テス(79英・仏)美しい背景を舞台に愛と悲しみのストーリーが描かれます。
シラノ・ド・ベルジュラック(90ハンガリー・仏)文武に秀でたシラノは大きな鼻にコンプレックスを持っていたが、美しい女ロクサーヌに心を奪われる。
椿姫(37米)報われない愛に生きる男女の悲劇。
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(84米)禁酒法時代のアメリカでのし上がっていくユダヤ系ギャングを描く大作。
カサブランカ(42米)1940年代のフランス領モロッコを舞台に繰り広げられる愛憎劇。
ブレードランナー(82米・香港)近未来、人間とほとんど見分けのつかないアンドロイドと人間達の愛憎の物語。
リトル・ロマンス(79米)少年と少女の淡いラブストーリー。
小さな恋のメロディ(71英)ある日、ダニエルは学校で女子生徒がバレエの練習をしているのをのぞき見して見つかるが、その中に素敵な女の子メロディもを発見し魅せられてしまうが・・・


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報