ここで質問することかどうか分からないんですが・・・。

 ある本で“著者は人類の命はあと4~50年だと考える”とありました。生物学科をご卒業になった方らしいです。

 で、諸説あるとは思いますが、個人的な意見で構わないのでお答え下さい。

 ズバリ“人類はあと何年持つ?”

A 回答 (11件中11~11件)

こんにちは。



 私が子どもの頃、1999年の7月に人類が滅亡するという(例の)本がありましたが、私達は今2002年を迎えようとしています。
 私が就職した頃、日本人42歳寿命説という本がありましたが、今回りを見回しても、高齢の方や中年の方、子どもの皆さんもそれなりに元気で、特に42歳くらいの人がバタバタ死んでいるという気はしません。

 ご紹介の本を私は読んでいないのですが、多分、当分人類はもつと思います。

 ひょっとすると、今後、環境汚染や核戦争などで人類は危機的状況になるかも知れません。でも、余程のことがない限り(古生代末や中生代末の大絶滅のようなことが起こらない限り)、生物の種としての人類は生き延びて行くと思います。

 現在約60億の人口があると言われます。環境汚染や核戦争で、その90%が死亡しても、6億人の人間が残ります。おそらく戦争の対象にならなかった田舎の国や、自然か厳しくて開発されていない辺境の地に。

 やがてはその数億人がまた増えていき、時間はややかかるかも知れませんが、文明を再興するでしょう。
 500万年前、東アフリカで我々の祖先がチンパンジーなどの祖先と別れたとき、あるいは、数万年前、ホモサピエンスが誕生したとき、彼らの人口は数万人くらいしかいなかったのではないでしょうか。

 あまりに楽観的かもしれませんが、現代文明がいったん滅びた後の、自然の浄化力や人類の種としての生命力を信じています。

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 返信ありがとうございました。

 そうですね。絶滅はしないかも知れないですね。でも現代文明は滅びちゃうんだろうか・・・。

 山の神様、海の神様、自浄作用に期待です。

お礼日時:2001/10/11 11:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報