マネジメントに携わる立場として、財務知識がどのような場合、どのような理由で必要か教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

【会社の経営状態の把握】



 マネジメントに携わる立場としては、まず、会社の経営状態を正確に把握する際に財務知識が必要と言えます。例えば、売り上げが減収になり運転資金が苦しくなってきた場合など、資金の調達と合わせて、現状の経営状態を下記のような観点から正確に把握し根本的な見直しを行わなければなりません。

・売上原価が過大
・経費過大
・自己資金不足
・在庫増大
・過大な設備投資
・売上債権(受取手形、売掛金)の増加

 これらを把握し分析する上で、財務知識が必要となってきます。

【税務対策】

 また、企業を効率よく運用していくためには、どのような場合にどのような税を納める必要があるのかを把握しておく必要があります。これも財務知識の一つと言えます。最終的にはプロである税理士にチェックを任せるにしろ、マネジメント側としては最低限の税務知識は必要でしょう。

 以上、非常に一般的な回答を列挙しましたが、多少なりともご参考になれば幸いです。具体的な事例について補足していただければ、何かまたお役に立てるかも知れません。--a_a
    • good
    • 0
この回答へのお礼

greenhouseさん、回答ありがとうございます。税務対策のことまで教えていただき、大変参考になりました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qファシリティーマネジメントについて

FM(ファシリティーマネジメント)手法として、コストを下げかつ効果をあげるため、IT導入・オフィススペースの見直し・設備見直し・中長期修繕計画等が挙げられていますが、実際にFMを導入していなくとも企業内で前記の手法は殆ど実行されている考えます。
新たにFM導入と言った場合、今まで実行している手段とFMの違いがよく判りません、ご教授のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 人間の行為は、無意識に行っている場合があります。もし、この無意識に行っている行為の一つ一つの動作を、自分が意識して制御できれば、その行為で得られる成果を、変えて行く事もできるはずです。

 実際にFM手法を導入しなくても、各企業が個々の経験則で得た手法で運営して、それなりの成果をあげています。でも、上述の通り、経験則や勘で無意識に行う手法を、一つ一つの基本実施行為に分解して、考察を加える機会を持つこと、これがFM手法の導入の大きなメリットではないでしょうか。

 企業の存在価値観が問われる、今だからこそ、従来手法の別な観点からの検証と、付加価値を生む新たな発想の糸口としてみては如何でしょう。

 あとFM手法は、現状の改善と言うよりも、企業の基礎体力としての「挑発的なインフラの拡充(設備と人的なスキル)」をして、過激な変動に耐えうる経営体質を持つ事を目的にしています。

Q豊洲問題について提案下さい。 自身としては、 ①都庁を豊洲に移す。⬅ヘンテコな形でも、都庁として機能

豊洲問題について提案下さい。
自身としては、

①都庁を豊洲に移す。⬅ヘンテコな形でも、都庁として機能すると思います。

②今の立派な都庁は、商業施設として利用する。⬅良い立地で、案外エエかも。

③築地を手直しして使う。⬅使えるものは使う。

Aベストアンサー

既に豊洲には市場として運営するために既に巨額の都民の税金が投入されています。
今の豊洲に対策不十分な個所があるならば早急に対策したうえで,可及的速やかに築地から豊洲に移転するのが,都民の税金を最も効率的に活用する道でしょう。
今の都庁は,都庁として機能しているからよいのであって,商業施設としては新宿の中心部からちょっと遠いです。
築地の手直しに新たな税金を使うのも,無駄です。それより環状二号線の開通を早く目指すべきです。

Q現代の急激な「国際化」「情報化」とは具体的にどのようなものでしょうか?

現代の急激な「国際化」「情報化」とは具体的にどのようなものでしょうか?

Aベストアンサー

近年は中小企業でも50%以上が、何らかの形で海外展開していると言われます。
その発端が「情報化」・・と言うより、インターネット等のIT化によるもので、会社に居ながらにして、容易に海外と繋がれる環境が整い、国際化が加速しました。

個人でもインターネットを利用して、簡単に海外製品などの調達が可能だし。
更に言えば、アメリカの企業が、日本語で日本人向けのホームページでも作成して通販すれば、その利用者は、
特段、「アメリカから買ってる」などと言う意識もなく、「無意識に個人で輸入している」と言う様なケースだって有り得ます。

その逆で、日本の企業が、海外向け通販などを行うことも容易だし。
これらは「B to C(会社から個人消費者)」の例ですが、「B to B(会社 対 会社)」でも同様で、その先には、「では、良く売れている国で生産しよう!」などと言う動きも活発になります。

海外駐在とかも、メールやテレビ会議などがあれば、負担が小さくなりますし、人や荷物の動きが活発化すれば、各国もそれに対応し、物流の拡充や手続きの簡易化とか、税制見直しなどの動きも出てきます。
TTPなども、その一環と言って良いかと思います。

この先、更に翻訳アプリなどが充実してくれば、言語の壁などもなくなりますし・・。
世界の距離は、近付く一方かと思います。

近年は中小企業でも50%以上が、何らかの形で海外展開していると言われます。
その発端が「情報化」・・と言うより、インターネット等のIT化によるもので、会社に居ながらにして、容易に海外と繋がれる環境が整い、国際化が加速しました。

個人でもインターネットを利用して、簡単に海外製品などの調達が可能だし。
更に言えば、アメリカの企業が、日本語で日本人向けのホームページでも作成して通販すれば、その利用者は、
特段、「アメリカから買ってる」などと言う意識もなく、「無意識に個人で輸入してい...続きを読む

Qみなさんコンビニ経営とはどのようなものだと思いますか?大変な部分、楽な部分、経営のコツ、いろいろある

みなさんコンビニ経営とはどのようなものだと思いますか?大変な部分、楽な部分、経営のコツ、いろいろあると思いますが。

Aベストアンサー

最近、女子高校生のバイトから、罰金を徴収したなど、ブラック経営のコンビニが問題化してますね。

基本的には、コンビニ経営者が「無知すぎる」結果かと思いますが、コンビニに限ったことではなくて、特に「法的に無知」がいけません。
「あらかじめ損害賠償などを予定する労働契約は禁止」なんてのは、労基法の基本中の基本なのですが、それにも関わらず、法律ではなく、経営者が我流の「自分のルール」で運営しちゃってるから、問題になるワケです。

言い換えれば、無知な経営者は、経営者側に絶大な権限があると考えがちですが。
しかし労基法などの法律上は、むしろ正反対であって、「労働者の権利を手厚く保護し、経営者には重い責任を課している」と考えるべきなんですよ。

ほかにも商法や税法など、経営に関わることは、法律でがんじがらめです。
経営学とかマーケティングなども重要ながら、そう言うのは、スポーツで言えば技術,テクニックであって。
そう言うものを習得する以前に、そのスポーツの「ルール」を知らなければ、競技資格が無いと言えます。

経営者は監督であり選手でもあって、審判ではないです。
従い、経営者が法律家である必要はないものの、審判的な考え方などは知っておかねばならないし。
少なくとも選手(一般的な労働者)と同レベルの知識では、話にならず。
まして監督が選手以下の知識,知恵だと、そんな監督が率いるチームは、勝負になりません。
実業の世界で言えば、必ず問題を引き起こしたり、経営する企業や店を潰すことにもなりかねません。

最近、女子高校生のバイトから、罰金を徴収したなど、ブラック経営のコンビニが問題化してますね。

基本的には、コンビニ経営者が「無知すぎる」結果かと思いますが、コンビニに限ったことではなくて、特に「法的に無知」がいけません。
「あらかじめ損害賠償などを予定する労働契約は禁止」なんてのは、労基法の基本中の基本なのですが、それにも関わらず、法律ではなく、経営者が我流の「自分のルール」で運営しちゃってるから、問題になるワケです。

言い換えれば、無知な経営者は、経営者側に絶大な権限があ...続きを読む

Q日本の大学生の奨学金問題とはどのようなことが問題になっているんでしょうか。 また、解決方法はあります

日本の大学生の奨学金問題とはどのようなことが問題になっているんでしょうか。
また、解決方法はありますか。

Aベストアンサー

ほとんどの奨学金は将来返さなければなりません。
いわゆる借金です。
大学を卒業してしばらくすると何百万という借金の取り立てが始まる訳です。
月に5、6万返している人もいます。
それ以上の人もいるかもしれません。
それが20年前後続く訳です。
男性はまだ良いかもしれませんね。
女性は結婚すると同時に相手に借金まで押し付ける事になりかねません。
結婚後も働けば良い訳ですが、妊娠、出産と働けない時期もあります。

でも私から言わせれば、甘い!
私達が学生の頃はそんな物ありませんでした。
家に金が無い=進学出来ない
でした。
奨学金制度が全く無い訳ではありませんが、本当に優秀な生徒1人、2人がもらえるものでした。
ほとんどの優秀な生徒、もっと学びたいと思っている生徒がご家庭の都合で進学を諦めました。

今はその頃と比べれば選択肢が出来たのです。
借りる時にこれは借金なのだという認識が薄い気がします。
それを含めて人生設計をしなければならないのではないでしょうか?

私の娘は奨学金で専門学校に行きました。
2年なので確かに4年生の大学よりは安く済むでしょう。
それでも親子で良く話し合い、計画的に利用しました。
高校生の時はアルバイトもしたし、卒業後は実家暮らしで収入のほとんどを返済に当て、1年で繰り上げ返済しました。

奨学金制度があったからうちの子は希望の学校に進学でき、就職出来ました。

ほとんどの奨学金は将来返さなければなりません。
いわゆる借金です。
大学を卒業してしばらくすると何百万という借金の取り立てが始まる訳です。
月に5、6万返している人もいます。
それ以上の人もいるかもしれません。
それが20年前後続く訳です。
男性はまだ良いかもしれませんね。
女性は結婚すると同時に相手に借金まで押し付ける事になりかねません。
結婚後も働けば良い訳ですが、妊娠、出産と働けない時期もあります。

でも私から言わせれば、甘い!
私達が学生の頃はそんな物ありませんで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報