農地保有合理化事業には買入協議制度というものがありますが、一問一答形式になった参考になる資料等がありましたらそれを入手したいのですが。
ちなみに「農地保有合理化事業のすべて(改訂版)」は持っています。

A 回答 (1件)

農林水産省のHPのヘッドページ


http://www.maff.go.jp/
このページの左上から2番目の虫メガネのついた「農林水産関係情報検索」が参考URL
ここに単語を入れてみて下さい。今回の質問に最適なものがあるかは、判りませんが、
施策の要点、協議内容や中間答申まで出ています。
件数が多ければ更に単語を加えて絞り込めます。
重要な事は報道機関への発表と同日か翌日にはHPへ掲載されています。

また、ヘッドページの中ほどにリンク集がありますが、
「電子政府の総合窓口」
http://www.e-gov.go.jp/
これは各省庁の情報を横断して検索できます。

参考URL:http://search.maff.go.jp/guide.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきましてありがとうございました。

お礼日時:2001/10/19 07:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅地・雑種地・農地の固定資産税について

農地・雑種地・宅地といろいろありますが、固定資産税は各地目でどのくらいかわってくるのでしょうか?例えば同じ100坪でも各地目によってどのように固定資産税の比率がかわってくるのか知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>例えば同じ100坪でも各地目
宅地を1とすれば 農地は200~300分の1です。
難しのは雑種地ですね!宅地に出来るのか?それとも原野にしか出来ないのかによっても違います。尚農地であるなら市街化調整区域か市街化区域は関係有りませんよ!相続で農家をして20年間売らなければ 相続税は免除と聞いたことあります。
農家の分家より 

Q郵政三事業の民営化並びに道路公団の民営化をすると一体どういったメリットがあるのでしょうか??

小泉さんが掲げている物の一つが郵政三事業の民営化ですがこれをすると私たちにどういった利点があるのでしょうか??近いうちに民営化すると思いますが、潰れたりすることもあるのでしょうか??

Aベストアンサー

 民営化はたしかに#4さんのおっしゃるとおり、国(国民)の経済的な負担を押さえることだと思います。
 ただ、郵政と道路公団は事情がちがうと思います。しかし、お尋ねか郵政のことですのでその点だけ。

 郵政が問題になっているのは、民業を圧迫していることです。郵政は、郵便・貯金・保険の3事業を持っていますが、全部民業を圧迫しています。
 まず郵便。特に小包。現在郵便もクール便などをやっていますが、これはクロネコがはじめたサービスで、郵政は税金を使って設備を整備し、これに対抗し民業を圧迫しています。また、はがき等の配達も民間で十分やれるサービスです。
 今回の法律改正時にクロネコが参入を見送ったのは、総務省(郵便局の親分)の許可がないと事業やサービスをすることができない。という制度に反発したもので、全国一律料金制度の下でも十分やっていけるはずです。
 信書の秘密保持。現在ポストからの郵便物の回収、郵便局間の輸送などは郵政から委託を受けた民間業者が行なっているのをご存知でしょうか。民間だから秘密保持ができないという論理は、実は郵政自身で放棄しているのです。

 貯金・保険。同じく民間で十分やれる事業です。たしかに、田舎では郵便局以外の金融機関がないところもありますが、民営化で郵便局がコンビニを兼業することも可能になります。
 そして、民営化の見えないメリット。税金がとれる。国営企業からは税金はとれませんからね。

 潰れたりするのでしょうか。
 民営化になれば、当然競争があります。まず郵便。これは既存の運輸各社との競争になります。親方日の丸でやってきた郵政は小包部門で大苦戦するでしょう。撤退があるかも。葉書等については、新規参入業者があるか否かが鍵になるでしょう。新規参入があるとこれも苦戦すると思います。
 貯金・保険部門。実は郵政は、一般の金融会社が持っている貸付部門を国に依存しています。この部分がどうなるかが大きな鍵になります。もし、貸付部門も自前でと言われると潰れてしまうでしょうね。でも、そういうわけにはいきませんから、なにかうまい手を考えるとは思いますよ。

 民営化はたしかに#4さんのおっしゃるとおり、国(国民)の経済的な負担を押さえることだと思います。
 ただ、郵政と道路公団は事情がちがうと思います。しかし、お尋ねか郵政のことですのでその点だけ。

 郵政が問題になっているのは、民業を圧迫していることです。郵政は、郵便・貯金・保険の3事業を持っていますが、全部民業を圧迫しています。
 まず郵便。特に小包。現在郵便もクール便などをやっていますが、これはクロネコがはじめたサービスで、郵政は税金を使って設備を整備し、これに対抗し...続きを読む

Q田んぼ1反(300坪)を雑種地に農地転用。埋土費用って?

田んぼ1反(300坪)を雑種地に農地転用。埋土費用したのですが、
概算でいくらぐらい必要でしょう。素人で、どこに尋ねたら良いのかも分からず。
経験者の片や専門家の方、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

小屋を作り、三ヶ月ルールあるので、ノウテンで、100万もあれば、
町の不動産屋に聞けば、やってくれますよ。
埋めるのは、高さ、あと、側溝、土留めなど、やり方次第、2ー300万位用意すれば。

Q郵政三事業の民営化について

最近はこのことに関して、あまり聞かれなくなりつつあるのですが、小泉首相が就任時に騒がれていた、郵政三事業の民営化問題ですが、民営化されると具体的にどうなるのでしょうか?国鉄がJRになったときのように、郵便物の郵送料が高くなったりするのでしょうか。そして、民営化をするというによってえる、政府の利益とはいったいなになのでしょうか?教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

郵便局が公社化になることで皆さんがおっしゃっている、NTTを例えての『競争原理に基づく価格の値下げが見こまれる』とか『サービスの向上が見こまれる』ですが、私はそうは思いません。

国鉄がJRになって、運賃の値下げがありましたか?サービスの向上が感じられたでしょうか?
確かに国鉄時代、安易に行ってきた運賃の値上げや、スト突入による運休の回数は減りました。でも、それだけです。全ては雇用者数を減らし、国鉄清算事業団による資産売却等によって、それまでの赤字をカバーして、運賃の値上げ等を行わないようにしているだけです。
今でも国家公務員は毎月の給与から、国鉄時代の赤字を補填すべく共済金として天引きされているのです。

郵便局は独立採算性を取りながらも事業体としては法人税を払っておりませんし、郵便・貯金・保険、どれを取っても民間とかぶる事業を展開しております。だからその点では民業を圧迫しているのかもしれません。
しかし、貯金を例にとると地方の隅々まである郵便局が民営化されると、一番業務を圧迫されるのは、地域密着をうたっている地元の信用金庫であり、第二地銀ではないでしょうか?

政府にとっては現在、個人貯蓄限度額制限を引いているとはいえ、膨大な金額にまで膨らんでいる郵便貯金が、民営化され、制限を撤廃する事によって、より膨大な資金流入が見こまれ、それにかけられる税金収入の『うまみ』があります。
金融機関の統廃合がこれによって加速されますが、同時に、多くの失業者も生み出すと考えられます。都市銀行は地方の『都市』にしかありませんから、結局は『弱い者虐め』にしかなりません。

また、よく引き合いに出される郵便の場合ですが、民間を代表するヤマト運輸社長は、『地域による料金格差は行わない。全国規模でトータルとして考え、黒字であればそれでいい』との声明を出しています。
しかし、荷物運送業では相手が確実にそこに住んでいることを前提に行うものですから、計算上では黒字になることは可能でしょうが、DMや手紙・ハガキの場合は可能とは思いません。
実際、民間宅配業者が最近は『第3種郵便』に該当するものや、DMの配送を請け負っていますが、これらの配達達成率は現在のところ非公表とされていますが2割程度です。これは郵便局にしかない『転居届』による転送制度が、民間では行き届かないからなのです。
ちなみに、この転居届による転送制度を『無料』で行っている国は、世界的に見ても珍しいのです。
いつもは米国しか見ていない日本人が、こと、郵政の民営化論に対しては『ヨーロッパ』を引き合いに出します。
ご存知の通り、ヨーロッパでは多くの国が民営化をしていますが、これにより、転送制度は皆無であったり、有料化にしています。

郵便の場合、郵便法によって『あまねく公平で安価なサービスの提供』を掲げています。
私は逆にここで問いたい。『郵便に求めるサービスとはなんですか?』と。
なんでも海外を引き合いに出す日本人が、こと、『サービス』に関しては、『サービスは無料』であるという感覚があります。果たしてそうでしょうか?
『サービス』とは人間が行うものですから、当然有料なのです。だから料金に見合ったサービスを受けられればいいと思うのです。
先に例に出した転送制度だって、十分な『サービス』として受け入れられないのでしょうか?『当然』と考えるのでしょうか?

話はそれてしまいましたが、国家公務員は職務在任中は『雇用保険』を払っておりません。したがって、郵便局が民営化になった場合には郵政職員約30万人、郵便に限って言えば14万人が失職する可能性があります。
その時の失業率は一気に上昇し、雇用統計に敏感に反応するマーケットでは、株価の乱高下や為替にも影響が出ると考えられます。そうなると、まだ先行き不透明な日本経済は昨日発表された経済動向のように『下方修正』を繰り返すばかりで、デフレ・スパイラルからの脱出は難しくなると考えます。

橋本派を大きく支えているといわれている、『特定郵便局長会』のことがあり、『票』を失う事を恐れているだけだとする向きもありますが、それだけで政府は反対はしません。小泉首相のもくろみもあるのでしょうが、民営化によるサービスの低下や経済動向を考えて反対しているのです。
したがって、今の所メリットは無いと考えられます。

長くなって、申し訳ありませんでした。

郵便局が公社化になることで皆さんがおっしゃっている、NTTを例えての『競争原理に基づく価格の値下げが見こまれる』とか『サービスの向上が見こまれる』ですが、私はそうは思いません。

国鉄がJRになって、運賃の値下げがありましたか?サービスの向上が感じられたでしょうか?
確かに国鉄時代、安易に行ってきた運賃の値上げや、スト突入による運休の回数は減りました。でも、それだけです。全ては雇用者数を減らし、国鉄清算事業団による資産売却等によって、それまでの赤字をカバーして、運賃の値上げ等を...続きを読む

Q登記地目が田、現況地目が宅地介在雑種地

土地の購入を考えています。

目ぼしい土地を見つけて、土地について調べてみたら、登記地目が田、現況地目が宅地介在雑種地となっていました。

土地を実際に見ると、荒れ地になっています。


こういった土地に家は建てられるのでしょうか。
農地転用などの手続きが必要でしょうか。

教えてください。

Aベストアンサー

一般的には農地転用許可を受けているから介在雑種地になっているはずですが、断定は出来ません。
自治体の農業委員会、建築許可部署などで確認してください。

Q郵便事業が民営化されたらどうなるのですか

今日(2001/1/11付)の日経に載っていましたが、ヤマト運輸が郵便事業への参入に興味がある様です。そこで、政治的な問題はさておき、実際に民営化されたときの運用について教えてください。
現在は、郵便物は町中にあるポストに投函すれば集配して届けてくれますが、現在の宅配便と同じ運用になった場合、取扱店に持っていかなければならないのでしょうか。コンビニとかだとついつい要らないものまで買ってしまいます。
また、現在大量に発行されている記念・特殊切手はどうなるのでしょうか。(まさか紙屑にはならないですよね)
また、外国ではのどくらいの国で民営化されているのでしょうか。趣味で切手を集めていますが「郵政公社」という言葉は聞いても、「○○社」といった言葉は余り聞いたことがないのですが。

Aベストアンサー

>現在は、郵便物は町中にあるポストに投函すれば
>集配して届けてくれますが、
>現在の宅配便と同じ運用になった場合、
>取扱店に持っていかなければならないのでしょうか

なぜ取扱店かというと、料金を払う必要があるからです。
郵便は、切手という形でもう既に料金を払い終わっていますよね。
だからポストがあればすむんです。
新に参入するヤマト運輸も、
切手のような、事前に料金を支払うシステムを考えるのかも知れません。
そうなれば「ヤマト運輸ののポスト」というような、
無人の受付所のようなものができるのでしょう。
もしそうなった場合は、
各社の切手(のようなもの)が出揃って、
今より多くなる、ということになるのでしょう。
でも、新に切手を発行するには、
お金も時間もかかりますから、たぶんやらないでしょう。
そうなると、参入してくる企業としては
低料金化をすすめる事になるのだと思います。
もし、郵便切手を買うよりも、
取扱店に持って行ったほうが安かったらどうでしょうか?
たとえば、今、郵便ハガキ一枚50円ですが、
同じ大きさの紙に、同じように住所等書いて、
一枚40円で取扱店から送れるとしたら、どうでしょう。
取扱店に持っていくのではないでしょうか。
もしそうなると、今度は郵便も40円に値下げするかもしれません。

そもそもそこが民営化の狙いですから。
他社と競争させる事で、利用者にとってよりものにしよう
と言うことですからね。
独占状態だと、何の努力もなしに経営が成り立ってしまいますからね。

>現在大量に発行されている記念・特殊切手は
>どうなるのでしょうか。(まさか紙屑にはならないですよね)

上に書きましたように、切手とは郵便の料金支払いシステムです。
言ってみれば、郵便専用の金券です。
切手そのものを売ることが、本来の目的ではないです。
(コレクションされている方には申し訳ないですが)
なので、そのシステムが残れば残ります。
新たな料金支払いシステムが出来て、
それが一般に普及すれば、切手はなくなるでしょうね。
まあ、でも、現在流通している切手が使えなくなる、
ということは無いと思いますよ。
でもそれは郵便自体があればの話で、
もし、郵便そのものがなくなってしまえば、
倒産してしまったお店のポイントカードと同じ事になりますから、
他では使えませんので、ただの紙くずになってしまいますね。

>現在は、郵便物は町中にあるポストに投函すれば
>集配して届けてくれますが、
>現在の宅配便と同じ運用になった場合、
>取扱店に持っていかなければならないのでしょうか

なぜ取扱店かというと、料金を払う必要があるからです。
郵便は、切手という形でもう既に料金を払い終わっていますよね。
だからポストがあればすむんです。
新に参入するヤマト運輸も、
切手のような、事前に料金を支払うシステムを考えるのかも知れません。
そうなれば「ヤマト運輸ののポスト」というような、
無人の受付...続きを読む

Q雑種地に家を建ててその後壊して更地にした場合 固定資産税はどうなる?

雑種地に家を建築し、古くなったので家を壊した場合の固定資産税。その間は宅地並みの固定資産税が掛かりましたが、壊して更地にした場合は前の雑種地の固定資産税に変わりますか?
以前、雑種地は固定資産税は0円でした。
どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

家屋を解体し更地にすると宅地(住宅用地ではなく非住宅用地とみなされる)になり、かなり税金(翌年から固定資産税・都市計画税が大幅に増額される)がかかるようになります(例:家屋があるときの固定資産税の4倍~6倍)
http://kaitai-takumi.com/qa/118/
雑種地→宅地(家屋を建て、権利書取得のため所有権登記した時に地目は宅地に変更されたはず)→家屋を解体したらそのまま「宅地」

Q郵政事業の民営化賛成という立場でディベートをすることになりました

はじめて利用させいただきます。
突然なんですがディベートをすることになりまして、一週間前からネットで、いろいろ検索して資料を探しているのですが、反対意見ばかりなので困り果てています。
郵政事業に関しての知識があまりなく、私自身は民営化できるのだったらすればいいじゃないかと思っていました。
でも、今回いろいろ調べてみて、事が単純でないことを痛感しました。
私が、考えていた民営化推進の意見として、
1、郵貯や、簡保が民間金融期間を圧迫している現状を受け止め、日本経済の立て直しのために行うべき
2、郵政事業省は、通信分野の拡充が必要となる中で、郵政事業の効率化をはかるべきではないのか
3、郵政事業を引き離せば国の財政難が少しはマシになるのではないか
の3点です。
しかし、調べれば調べるほど反対意見のほうがまともなことを行っているような気すらしてきました。
頭がパンクしそうなくらい考えてもどちらが正しいのかわからないほどです。
でも、ディベートでは賛成派の立場なので、何かよい考え方があれば教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

困ったときの2ch。参考URLをどうぞ。
正論、邪論、屁理屈なんでもありあり。
時間はかかるでしょうが、関連スレッドをじっくり
読んでみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://salad.2ch.net/nenga/index2.html

Q雑種地に宅地の課税

よく雑種地と耳にするのですが、詳しくわかりません。
固定資産税のことで、地目は雑種地で課税は宅地になっていて、とても税金が高くて・・・困ってます(ーー゛)

住宅に隣接しているので、地目は雑種地でも宅地扱いになりますと、役所のかたに言われましたが、実際、農協から堆肥をトラックで購入したり、近くの酪農家から牛フンをもらってやっていることは畑作だと思うのですが、どうしても、宅地とは思えません。
ちなみに、住宅のある宅地が200坪で、隣接してある雑種地は400坪です。  
どちらも宅地とは・・・ただ、その雑種地には確かに庭と物置もあるのですが、物置も基礎などはやってないし、畑作のための道具を入れおいているのですが・・・解決するにはどうしたら?またどこに相談したらよいのでしょうか?

詳しい方、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

固定資産税は地目は関係なく現状課税になります。
因みに雑種地はどれにも分類できない地目の事です。
 宅地課税になるのは現在の土地が開発や造成しなくてもすぐに家を建てられる状態だからです。
 税金が高いのでおそらく市街化調整地区では無いと思います。
 アパート建てれば収入もあり税金は減ります。
 資材を置くのをやめて栗の木を植えたり、全面で家庭菜園をやるとか。現状を変えれば良いだけです。

Q郵政3事業の民営化について

 小泉さんが首相になり、いよいよ郵政3事業が民営化
になるかならないかという所まできています。

 そこで皆さんにお聞きしたいのですが、ズバリ、
この制度についてどう思いますか?

 ぜひみなさんの意見をお聞きしたいと思いますので
どうかよろしくお願いします。

 P>S。私は賛成です。

Aベストアンサー

率直な話、しましょうか。
私は,現首相が郵政相だったころに郵政を退職した者です。

私は,郵政事業の民営化は条件付で賛成します。

国鉄がJRになり、電電公社がNTTになり、私達の生活はどうなったでしょうか?

簡単に地方を切り捨てました。JRもNTTもそうです。
民営化して廃止された鉄道路線はいくつありますか?
民営化して地方の方々にインターネット接続料金(通話料部分)を定額にしていない会社はどこの会社ですか?ISDNとかADSLとか完全に地方を無視しています。

郵政事業でも同様のことが考えられます。
郵便料金は、ゆうパックと一部の取扱を除いて全国均一の料金です。
郵便貯金は、その町や村に金融機関が郵便局しかない地方はいくつかあります。
簡易保険は、保険料だって同一条件なら同額です。

地方では、現在も採算は全く取れていません。当然、民営化されれば、採算の取れない地方の郵便局は次々と閉鎖し、町や村に金融機関のない地域が出てくるでしょう。
郵便料金の地域格差、考えられます。
金融機関のない地域、どうやって公共料金や税金を払えばいいのでしょう?貯金するのに数百円のバス代や電車代がかかるというのは考え物です。

現在の郵政施設・郵政サービスを維持し続け、民間の経営手法を取り入れるのであれば、民営化には反対しません。
民営化後、地方を切り捨てる状況があるのなら、解散すべきです。
全ての国民に同一のサービスを提供するのが条件です。

率直な話、しましょうか。
私は,現首相が郵政相だったころに郵政を退職した者です。

私は,郵政事業の民営化は条件付で賛成します。

国鉄がJRになり、電電公社がNTTになり、私達の生活はどうなったでしょうか?

簡単に地方を切り捨てました。JRもNTTもそうです。
民営化して廃止された鉄道路線はいくつありますか?
民営化して地方の方々にインターネット接続料金(通話料部分)を定額にしていない会社はどこの会社ですか?ISDNとかADSLとか完全に地方を無視しています。

郵政事...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報