先日、一般に部落地区と言われている地域について、
『怖い』『あそこって、いけないトコロだよね』
という事を言われました。

これは、名誉毀損や侮辱にあたるのでしょうか?
もしそうであれば、これに対しどういった対処が出来るのでしょうか?
法律的なものは何も分からない素人なものですので、
出来れば、専門的な知識をふまえて教えていただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

みなさんの回答を見てると法的な処置は難しいようです。

でも法的な処置ができないからと言って、この差別発言をほったらかしにしておくのもいけないと思います。
「怖い」「あそこって、いけないトコロだよね」という発言は明らかに差別発言です。差別をなくすためには、まず差別に気付くことができなくてはなりません。一見見逃してしまいそうなこの発言を差別発言と見抜けたkakanaさんはすばらしいと思います。
本人に差別する気がなかったら差別発言は許されるのでしょうか。そうではないと思います。傷付く人がいる以上、自分に差別する気がなかったのであれば、以後もっと自分の発言に責任を持つべきです。
他人事に考えてては差別はいつまでたってもなくなりません。部落差別に関しては、部落に住んでる人よりも、寧ろ部落外に住んでる人の心の問題だと思います。なぜなら、部落差別は差別する人がいるからあるのだからです。それとも部落と言われる地域に住んでるからいけないというのですか。それはおかしいです。どこに住もうとも人間の価値は変わりません。
差別をつくったのが人間ならば差別をなくすのも人間です。差別心は多かれ少なかれ誰にでもあります。でもその差別心に打ち勝つ強さをみんなが持ってほしいです。全然質問の答えになってませんが、どうしても自分の気持ちを言いたくてこの場を借りさせていただきました。申し訳ございません。
    • good
    • 0

前に駄目だ駄目だと書いてしまったので、


プロとして反省の意味を込めて、アドバイスを。

前にも書きましたが、具体的な事情、資料がなにも分からない状態での回答であることは頭に置いて下さい。
メールとか電話とかというものは、やはり法的紛争に対してしっかりアドバイスする事ができないと思われるのはこのためです。

具体的な事情を聞いていく内に当事者が意識しないけれど、有効な法的構成も出てきたり、資料も自分の手で確かめながらしないと分からないことも多いということです。

その意味で、具体的な事情も分からず、できないとか出来るとかは全く言えないといってよいでしょう。私としては、法的紛争に関してメールや電話の対応だけで断言する人は信用できないと思っています。

もし、どうしても許せない。徹底的にやる意思があるならば、一度法律相談をしてみればいかがでしょうか。
    • good
    • 0

二人だけでも、『怖い』『あそこって、いけないトコロだよね』刑法上の犯罪は難しいかもしれません。



まず、『怖い』だけでは、無理です。これは、自分の心情を述べたにすぎません。それがたとえ、偏見に基づくものにしろ、無知に基づくものにしろ、刑法上の犯罪には当たらないとおもいます。『あそこって、いけないトコロだよね』についても、同じかもしれません。

故意もないでしょうね。この言葉だけを捉えれば。

いずれにしろ、刑事は無理です。

民事で、損害賠償できないかの問題ですが、難しいでしょうね。

厳密にいうと、『怖い』『あそこって、いけないトコロだよね』という発言は、故意の差別ではないようです。法律的な用語ではありませんが、過失による差別ですね。

差別するつもりはないけれど、無知や偏見のため注意を怠って差別したということになると思います。

そうすると、注意義務の問題として、
(1)同和問題という差別があることを認識できるか
(2)それに対する無知や偏見を取り除く努力をするべきか
ということが必要になると思います。
つまり、
(1)は、そのような差別があることを一般的に認識できるかの問題。
(2)は、同和問題が無知や偏見に基づく差別であることを一般的に認識され、一定程度の知識を有すべきかの問題です。

私も深くは考えたことがなかったのですが、
一般的には、
(2)は勿論、(1)についてもかなり怪しい状況ではないでしょうか。

無知だから偏見を持つのですが、
そのような人を現在の社会状態では、
法的義務にまで高める、要するに損害賠償を負う
とすることは難しいと思います。
しかしながら、現在では、このような無知故の差別が多いのでしょうね。
そこは、やはり、この件に関しては、法的問題ではないといえるのでないでしょうか。

貴方の祖母が当事者となるのは、ますます無理でしょうね。そもそも特定の人を指して言った言葉には取ることが出来ません。

もちろん、具体的な事情を全く聞いていない上での回答ですから、具体的な事情によっては、不法行為で構成できるかもしれませんが。


付け加えるに、単に訴えることはできます。
ただ、プロとして、勝つ見込みのない事件について、裁判しろとは言えません。

これは、私見ですが、無知により軽率な発言をした者に対して民事訴訟を起こすことは、また「怖い」と思われないでしょうか。
もちろん、この判断は専門外ですから、一概に言えないのかもしれません。逆に、負けても訴えることで、無知により軽率な発言をした場合でも訴えられる可能性があるという考えが浸透すれば、社会的な意味はあるという考えもあるのかもしれませんね。
裁判は何も勝つことが目的ではないという考えもあると思います。

これは考えがいろいろあると思いますが、それは依頼者が判断することで弁護士が判断すべきものではないし、できないと思っています。
    • good
    • 0

う~ん、当事者でしたか。

。。それは辛いことでしたね。
でも、本人達はわかって言ってるのでしょうかねぇ?何がと言えと、部落差別の実情とか、kakanaさんのこととか。
前者についてはそれこそが差別的発言ですよね。どこが怖いところなの?なぜいけないところなの?と逆に聞きたいぐらいです。(実際に聞いたことのある私。。。相手は言葉に詰まってました。)
これがアメリカのような訴訟社会なら訴えられるのでしょうが、日本の現状では無理でしょう。
それより理解のある第三者からその人たちに部落差別の無意味さを説いてもらったほうが良いのではないでしょうか?(本人が言っても信用してもらえない&話し合いの段階で心無い言葉で辛い目に会うかも?等の理由で)
    • good
    • 0

法律的には何もできないとわかれば、自治体(市役所等)の同和対策課に早急に相談すべきでしょう。

しかるべき処置がとられるはずです。
    • good
    • 0

 地区は被告/原告になれないんですね(^_^;


 やっぱ最低でも法人じゃなきゃ無理なのかな?

>私はその地区に住んではおりませんが、祖母がそうです
 もしそのおばあさんが直接迫害を受けた、といった場合は、代理で訴えを起こすことができたハズです。もちろん本人も交えてってことになるでしょうけど。
 が、現状として「言われただけ」というのは、訴えて出る理由としては弱いかと(^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびありがとうございます。

そういうモノなんですか?
明らかに差別しているような発言でも?

開票で揉めているアメリカとは全然違いますね…。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

「地区」そのものに対し、侮辱罪が成立することはあり得ません。



特定の人に対してでも、『怖い』『あそこって、いけないトコロだよね』と言っただけでは、名誉毀損罪、侮辱罪の構成要件には該当しにくいと思います。

また、民法には部落差別関連の直接的な記載はありません。

言われた当事者でなければ、原告と被告にもなりえないことは回答No.47206のおっしゃるとおりです。

同和問題は、無知と偏見と教育に基づく差別ですが、法的解決だけではこのように到底解決し得ないものです。ご質問は、対処の根拠を法律にもとめていらっしゃるようです。しかし、そんなものは、お手伝いはできるかもしれませんが、それだけでは到底片づきません。社会問題の解決には、知識と知恵と行動と愛が必要だと思います。

法律の専門家は、私も含めて、具体的な問題でないと動けないし、動きにくい面があります。法律の専門家が社会運動に適さないと思われるのは、そんな面があるからかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
これを言われたのは、2人しかいない時に私のことについて話したおりです。
2人しかいないので私に言ったとも取れますが、その地区に対して言ったとも取れます。
これにより私が心に受けたモノは法的には「仕方ないどうしようもない」という事なんでしょうか?
大変失礼ですが、専門家という事なので、もう少しお付き合い頂けますか?
よろしくお願い致します。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

それはれっきとした差別になりますが、それくらいなら処罰はないでしょう。

この文面から察するに仲間内での内緒話のレベルでしょうから。「あいつを殺す!!」って言っても逮捕はされないでしょう?もちろん、本人の目の前で言ったのなら話は別ですが。
あと、部落差別も問題ですが、解放運動と称してお金を儲けている人たちがいることも問題です。7月ごろに某部落差別に関する講演会に会社の命令で出席したのですが、部落差別は無くなったとのたまう、あとは自分の経験(しかも面白くない、役に立たない)を延々と述べるだけでしたので、あほらしくなって途中で帰ってきました。
たしかに自分自身が部落差別をしていると認識している人はかなり減ってきています。しかし、部落の人と交流を持つと周りから白い目で見られると思っている人はかなり大勢いると思います。実はこれが部落差別を無くすのに一番の障害だと思っています。
質問から外れたところで熱弁してしまいしました。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
いちおう本人なんですが…。その地区に住んでおりません。
その事を話した際にこのような事を言われ、
大変ショックを受けました。
早くこういうを意識しないですむようになって欲しいですね。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

 部落差別についてはいろいろと社会的な背景などもありますんで難しいのですが、通常は「地区」そのものに対する侮辱罪になります。


 適用されるのはおそらく刑法だと思います(民法にも部落差別関連の記載があったような気がしますが)。
 また、そこに住んでいる人を直接そういうふうに言った場合は、もちろん個人への侮辱罪(もしくは名誉毀損罪)で、これは刑法刑罰の対象となります。

 可能な対処としては、現在の状況ではその言った人に注意するのがせいぜいでしょう。kakanaさんが当事者でなければ被告にも原告にもなれません。

 しかし、この問題に対してここにこういう質問を書いた行為そのものを高く評価すべきだと思います。
 願わくば、この質問にもっとたくさん返事が返ってほしいものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
私はその地区に住んではおりませんんが、祖母がそうです。
この場合はどうなるんでしょう?
厚かまし質問ですが申し訳ございません。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q留学のための奨学金

 育英会の奨学金は留学には使えませんが、留学に使える奨学金をご存知ありませんか?私の希望はイタリアで、社会人です。

 返済形の奨学金でも構いません。イタリア政府の奨学金は調べました。それ以外でご存知の奨学金はありませんか?

 アメリカなどの英語圏の奨学金はいろいろとあるようですが、イタリアなどヨーロッパ圏への奨学金はあまりないようです。

 アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

 既にチェック済かもしれませんが,「Google」(↓)で「イタリア 留学 奨学金」を検索するとそれらしい記載のあるサイトがいくつかヒットしますが・・・。

 例えば,参考 URL 2番目のサイトでは『奨学金で主なものには、1.イタリア政府奨学金 2.文部省奨学金 3.ロータリー財団奨学金 4.企業の奨学金 5.日伊協会の奨学金 6.イタリア文化会館を通じての語学学校の短期奨学金、などがあり、・・・・』となっています。

参考URL:http://www.google.co.jp/, http://www.japanitalytravel.com/guide/school/mini.html

Qそもそも名誉毀損って何? 事実であっても名誉毀損ならなぜ事件報道ができるの?

お世話になります。
名誉毀損についてこの質問板で質問したところ
「マスコミで報道された内容であろうが、指摘された内容がたとえ事実であろうが、本人にとって名誉毀損であれば名誉毀損で訴えることは可能」
という回答をいただきました。

 事実無根の誹謗中傷や、針小棒大な脚色されたうわさ話などを流されたりすれば名誉毀損になることはわかりますが、なぜ事実であっても、すでにマスコミ報道されたものであっても名誉毀損になるのでしょうか?これがわかりません。

 「自分にとって不都合なことはみんな名誉毀損だ!」という理論がまかり通るならば、豊富な資産をもつ人間は、自分の悪口を言っている連中を片っ端から訴えることができるはずです。また裁判所もそれを受理して裁判をしなくてはなりません。

 現実にそういう人がいるかどうかわかりませんが、少なくとも法律の上ではそれが可能ということですよね。それならば、事件報道などはなぜ可能なのでしょうか?
「どうせ相手は訴えるほど時間も金もないから、報道しちゃえ!」
ということなのでしょうか? ということは逆のパターンも考えられますよね。
「あの人に関することは礼賛記事しかかけない。たとえ警察に捕まったとしても、記事にしたら名誉毀損で訴えられちゃうから・・・」
という暗黙の了解、アンタッチャブルな人物がこの世に居る、とも考えられます。

 ではそもそも名誉および名誉毀損って何なのでしょうか? 事実であっても指摘したり論評、批判の対象にできないならばマスコミや評論家の存在意義は何なのでしょうか?

詳しい方、教えてください。

お世話になります。
名誉毀損についてこの質問板で質問したところ
「マスコミで報道された内容であろうが、指摘された内容がたとえ事実であろうが、本人にとって名誉毀損であれば名誉毀損で訴えることは可能」
という回答をいただきました。

 事実無根の誹謗中傷や、針小棒大な脚色されたうわさ話などを流されたりすれば名誉毀損になることはわかりますが、なぜ事実であっても、すでにマスコミ報道されたものであっても名誉毀損になるのでしょうか?これがわかりません。

 「自分にとって不都合なこと...続きを読む

Aベストアンサー

公共の利益に適っているかどうかでしょう。
表現の自由というものは何でもOKという意味ではありません。

公共の利益にならないにもかかわらず、好奇心で個人の悪評を書き立てること、それによって明確な社会的損失を出すことは、内容が事実であっても名誉毀損です。
例えば「隣の夫婦はSM趣味があって夜な夜な変態行為に及んでいる」と「個人を特定できる形」で、「広く一般に向けて」情報を流せば名誉毀損行為です。
それは公共の利益には関係ないですから。
夫婦間で個人の趣味で行っていることで公共に損害を与えているわけでもない行為を、世間一般に知らせる意味はありません。
誰かの好奇心は満たすかもしれませんが、その夫婦は暮らしにくくなるという損害を受けています。

逆に、報道の対象に社会的損失を与えることでも、その報道が公共の利益に可能ものであれば許されます。
事件報道はそれです。
金があろうと社会的地位があろうと、報道されるときは報道されます。

明確な線引きをするのは難しく、グレーゾーンがあります。
何でもかんでもNGということにしてしまうと、憲法で保証された表現の自由を侵害してしまいますから。

公共の利益に適っているかどうかでしょう。
表現の自由というものは何でもOKという意味ではありません。

公共の利益にならないにもかかわらず、好奇心で個人の悪評を書き立てること、それによって明確な社会的損失を出すことは、内容が事実であっても名誉毀損です。
例えば「隣の夫婦はSM趣味があって夜な夜な変態行為に及んでいる」と「個人を特定できる形」で、「広く一般に向けて」情報を流せば名誉毀損行為です。
それは公共の利益には関係ないですから。
夫婦間で個人の趣味で行っていることで公...続きを読む

Q奨学金制度ってどういうものなんですか?

大学生が月に一定金額の奨学金を受け取りますが
私立大学の場合、借りれる奨学金の上限とか
第一種奨学金、第二種奨学金とはなんなのか
上記の奨学金を貸与される人の審査基準はどうとか
私大(文系80万から120万、理系120万から200万)の場合、
奨学金を月額5万借りるとしても年間で60万円ですから
学費すら賄えないんじゃないでしょうか?
そうなれば退学(除籍)ですか?

Aベストアンサー

下記の方の言うとおりです。
現実的な話で言いますね。

1.まず憲法で「教育を受ける権利」が書かれています。言わば奨学金は君の「権利」です。

2.よって間接的に税金で徴収してます。大臣のポケットマネーじゃありません。
消費税が分かりやすいですが、タバコ、酒、贈与、所得、住民、君や君のお母さんは実はさまざまな税金を払っています。

3.その一部を使って奨学金制度が運営されています。独立行政法人日本学生支援機構-JASSOは国の機関です(正確には独立行政法人)。
※だから奨学金は「貰ってる」のではなく「還元」されています。生活保護もそうです。河本準一さんの手法に問題はありましたが、彼が払ってる莫大な所得税の内の一部が、生活保護費としてお母さんに回されていることも事実です。

4.申請を受ければ月々お金が貰えます。
無利子が1種、
1種は成績が上位10%程度の者、あるいは年収が300万以下の者のはずです。
有利子が2種(2%)、
2種は成績は関係なく、年収が700万以下の者のはずです。
まあよほど金持ちじゃなければ2種は受かると言われています。
この辺はちょっと曖昧です。
です。無担保(土地とかいらない)ですが連帯保証人は2名必要です。
「信用はカネで買えない」と言うのは本当です。
信用される人になりましょう。
アコムアイフルが21%、以前は29%だったのでいかに優遇されているか分かるでしょう。

5.方法は幾らかあります。
銀行の教育ローンとの併用、アルバイトとの併用などです。
1・2種の併用も可能でその際は月に14万ぐらいMAXで貰えます。

6.卒業後、月々返済していく事になります。

7.延滞猶予と言うのも使えます。最高3年です。
返済金額は自身で決められます。
ただ返済困難、返済猶予が多発しています。なのでJASSOはいつも赤字ですし社会問題になっています。
本当に無理なら分かりますが、最初から払う気のない悪徳学生もいるようです。
やっぱり借りたからには少額ずつでも一生懸命返しましょうね。

8.仮に500万借りたとしたら、年50万ずつなら10年、100万ずつなら5年で返済となります。

9.詳しくは資料を取り寄せて自分で調べなさい。

10.その他日本には様々な就学援助、奨学金が存在します。

下記の方の言うとおりです。
現実的な話で言いますね。

1.まず憲法で「教育を受ける権利」が書かれています。言わば奨学金は君の「権利」です。

2.よって間接的に税金で徴収してます。大臣のポケットマネーじゃありません。
消費税が分かりやすいですが、タバコ、酒、贈与、所得、住民、君や君のお母さんは実はさまざまな税金を払っています。

3.その一部を使って奨学金制度が運営されています。独立行政法人日本学生支援機構-JASSOは国の機関です(正確には独立行政法人)。
※だから奨学金は「貰ってる...続きを読む

Q名誉毀損?侮辱?

たとえば会社での出来事です。
課内会議にて、「仕事の出来が悪い、ミスが多い、何を考えて仕事をしているのかわからない」など個人を名指しで批判した場合には何らかの罪に問われるのでしょうか?
十数人出席の会議で、批判されたのは一人、批判する側は数人、黙っていた人も数人、上司は批判はしなかったが批判を止めようともしなかった。また批判内容が事実であった場合とそうでなかった場合は異なりますか?

Aベストアンサー

正直言って質問者さんの意図がわかりません。課内会議の場、ですよね?それではオフィスで上司が部下の仕事の不備を指摘したら?言いすぎだよね、という感想は出るかもしれませんが、それが事実なら、まずその様な指摘をされないように努力することにその知恵と時間をかけたほうがいいですよ。それを逆に名誉毀損だの、侮辱だのと言っているのでは、自分(第三者のことを仰っているのかもしれませんが、その考え方、という意味では同等レベルです)の至らなさを他人の言動にすり替えようとするのは単に逆切れと捕らえられかねませんし。もっとも、その場の雰囲気に拠るとは思いますが。
そもそも名誉毀損にしても侮辱にしても、その罪を問われるのは、意図的に個人の欠点を必要以上にもしくはありもしない情報を、その個人の人格や品位などを汚すことを意図として吹聴する場合だけでしょう。対外的に言いふらしたりしているわけでもありませんし、会議の場であるならなおさら、欠点を指摘されることなど、どの世界でも普通にあっていることだと思いますよ。
今回の対象が質問者さんならば、ぜひ、次は良く頑張っているな、といわれるように頑張ってほしいですし、もし、他のどなたか同僚の方ならば、必要以上に落ち込まないようにあとでそっとフォローしてあげてくださいね。そういうときに味方(?、なじる上司が必ずしも敵というわけではありませんが、今はそう見えているようですので…)がいることはとても心強いものですから。

正直言って質問者さんの意図がわかりません。課内会議の場、ですよね?それではオフィスで上司が部下の仕事の不備を指摘したら?言いすぎだよね、という感想は出るかもしれませんが、それが事実なら、まずその様な指摘をされないように努力することにその知恵と時間をかけたほうがいいですよ。それを逆に名誉毀損だの、侮辱だのと言っているのでは、自分(第三者のことを仰っているのかもしれませんが、その考え方、という意味では同等レベルです)の至らなさを他人の言動にすり替えようとするのは単に逆切れと捕...続きを読む

Q所得制限なし奨学金についての質問

奨学金について質問があります。
奨学金について知識が全くないので教えていただきたいんですが、所得制限の無い奨学金はどこでどうやって受け取れるのですか?
インターネットで見ると大体すべての奨学金に条件として家庭内の経済状況が進学困難というようなことが書いてあります。私の家族は比較的裕福なので私の志望私立大学の授業料は奨学金がなくても大丈夫という状況ですが、受け取れる奨学金があるのなら受け取りたいと思っています。給付型の奨学金を見つけたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

日本学生支援機構が来年度から新しく始める給付制奨学金は、今のところかなり所得の少ない家庭だけが対象です。あなたのおうちは当てはまらないでしょう。報道によれば学校を通じて申し込むそうです。

それとは別に、様々な団体(企業がバックに付いた財団が多い)が奨学金事業を行っています。日本学生支援機構に比べて採用人数は非常に少なく、せいぜい数名程度ですが、貸与ではなく給付、家庭の経済状況とは関係なく才能あふれる学生を支援するという趣旨のものもあります。申込方法は各団体それぞれの規定によりますが、成績やエッセイなどで採否が決まります。

おそらく進学先の大学の事務に、申込可能な奨学金の一覧があるでしょう。一例を示します。
http://www.hit-u.ac.jp/shien/campuslife/minkan.html

Q名誉毀損?侮辱?

こんにちは。
先日病院の先生に話を聞きに行った時の話です

祖父の簡単な手術を行うことになり、先生に色々お話を聞きたくて時間を作ってもらいました

場所は介護人がいる詰所でまわりには患者や大勢いる場所でした

「この薬をやめるとどんなリスクがありますか?」
と聞くと
「薬を飲んでるからならないとか、やめたからならないとか、なるときは(脳梗塞などに)なるし、薬をやめたからなったって証明できるのか」と突然怒鳴られ、
こちらの聞き方が悪かったのかと言い方などを変えても
「本当に頭が悪いな…っ」と前置きをし同じことを何度も繰り返しました。もちろん「頭が悪いな」と三度繰り返しました。しかも大きな声で言われたんです

これって裁判にできますか?このやりとりを録音してる訳ではないんです…
皆さんアドバイスお願いします…

Aベストアンサー

裁判の前に、相談者さんの地元にある医師会に、医師に対する苦情を受け付ける場所があります。

Q奨学金・審査

私は大学へ進学するときに奨学金を受けたいと思っています。できれば日本学生支援機構の第1種奨学金と第2種奨学金をあわせて受けたいと思っています。奨学金は年収が少なかったり、家族の人数が多かったりすると借りれなかったりするのでしょうか?2つの奨学金を受けるとき、審査は厳しくなると思いますが、2つの奨学金を借りる時の何か基準などはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

http://www.jasso.go.jp/saiyou/shougaku.html#Q29
29. 第一種奨学金と第二種奨学金とをあわせて受けたいのですが。
第一種奨学金と第二種奨学金をあわせて受けること(これを「併用貸与」といいます。)を希望する場合は、学校へ相談してください。ただし、併用貸与の家計基準については、第一種奨学金の収入基準よりも厳しくなっていて、希望どおり誰でも受けられるとは限りません。併用貸与をうけた場合は、貸与総額及び毎月の返還額が多額となりますから将来の返還のことも十分に考えてください。


だそうです。
あとは経験者の情報が集まるといいですね
ただ、ここにも書いてありますが、私は別の団体の奨学金を借りてましたが
返済まで大学卒業後18年掛かりました。
最後の数年は、子どもの中学受験の時期に重なりまして
結構返済大変でした。

借りるときはそれはそれで助かりますが、毎月の返済額結構、多額になると思いますよ

Q掲示板での名誉毀損罪・侮辱罪について

はじめまして、宜しくお願いします。

相談とかではないのですが、少し疑問に思った事を質問させて下さい。
掲示板上での名誉毀損罪や侮辱罪については「被害者側の個人情報を掲示されていない限り、法的措置は極めて困難」というイメージが私にはありました。
しかし、ヤフーのあるカテゴリーのトピックにおいて、この様な論議で訴訟を起こそうという方がおられます。

「確かに個人情報が出ていないので侮辱罪は適応されないと思われがちだが、○○○というハンドルと存在は3年以上に渡り、掲示板で使われてきて、もはや一人の存在として少なくとも他のHNよりは知られている。」

原文を少し引用させていただきましたが・・・3年以上使われてきたHNには、個人情報と同じ価値があるのでしょうか?

※この方が投稿されている掲示板は結構荒れてますし、この方自身もかなりの誹謗中傷を受けておられます。
※この方の告訴される内容は侮辱罪です。
※この方が3年以上使ってこられたHNは、現在は削除されて別のHNを使っておられます。
※以前のHNを消した理由は侮辱行為とは関係ないと思われます。
※HNを変えた現在においても、知っている方は知っているという、掲示板では中々、顔の広い方です。

今まで、民事訴訟でHNが個人情報に値する、した、とした例はあるのでしょうか?
ちなみに、この方は相手を口頭弁論まで持込むのは確実で、200万近い慰謝料・裁判費用を相手側に請求できる可能性は十分だと豪語されておられるのですが・・・

どんな意見でもかまいませんので、ご返答の方宜しくお願い致します。

はじめまして、宜しくお願いします。

相談とかではないのですが、少し疑問に思った事を質問させて下さい。
掲示板上での名誉毀損罪や侮辱罪については「被害者側の個人情報を掲示されていない限り、法的措置は極めて困難」というイメージが私にはありました。
しかし、ヤフーのあるカテゴリーのトピックにおいて、この様な論議で訴訟を起こそうという方がおられます。

「確かに個人情報が出ていないので侮辱罪は適応されないと思われがちだが、○○○というハンドルと存在は3年以上に渡り、掲示板で使われて...続きを読む

Aベストアンサー

まず、掲示板のHNに対する名誉毀損が認められた先例はないという前提があります。
先例がなく、法律解釈もあいまいで確立されていない本件のような事例については、実際に訴訟が提起されれば社会通念も照らし合わせて判断されることになるでしょう。

掲示板ではなく、ネットオークションなどの場合、個人情報が開示されていなくても、事実とは異なる誹謗中傷がなされれば損害賠償請求の対象となりうるという意見を出している弁護士がいるのを以前に見かけました。これは、オークションでビジネスをしている人もいるので、匿名であってもその実績によっては誹謗中傷により金銭的な被害が生じることもあるからという理由なのでしょう。

同様に考えると、掲示板のHNに対する誹謗中傷は、オークションサイトとは異なり直接的な金銭的被害は生じないものの、そのHNが相当に確立されたもので、かつ被害者によって誹謗中傷によりそのHNをやめざるを得ない状況が生じ、それにより相当な精神的苦痛を受けることを、誹謗中傷された人が立証できた場合には、民事上の損害賠償が認められない可能性がまったくないとまでは言い切れません。

但し、匿名ベースの誹謗中傷に対して、裁判所が実名を開示させることになるIP情報開示命令を出すとは思えないですから、被害者は(もし削除要請がなされてそれに対する対応がなかった場合の)2ちゃんねるに対して損害賠償請求できる可能性があるにとどまるのではないかと思います。その場合でも匿名で、しかも金銭的被害もないですからせいぜい10-30万程度の慰謝料しか認められないでしょう。(あくまで私見ですが)

裁判費用というのは弁護士費用は含みません。(現行法の話ですので、現在弁護士費用の敗訴者負担の議論がなされていますので、今後はどうなるかわかりません。)現在のところ、裁判費用に含まれるのは、訴訟を提起するのに裁判所に収める印紙代とか、裁判所のコピー費用とか、そういったものだけですので、それほど高額になるわけではありません。

まず、掲示板のHNに対する名誉毀損が認められた先例はないという前提があります。
先例がなく、法律解釈もあいまいで確立されていない本件のような事例については、実際に訴訟が提起されれば社会通念も照らし合わせて判断されることになるでしょう。

掲示板ではなく、ネットオークションなどの場合、個人情報が開示されていなくても、事実とは異なる誹謗中傷がなされれば損害賠償請求の対象となりうるという意見を出している弁護士がいるのを以前に見かけました。これは、オークションでビジネスをしている人...続きを読む

Q奨学金受けられなくなることってある?

日本学生支援機構奨学金のことでしつもんなのですが、
大学入学前の予約採用で奨学金を受けることが決まっても
大学在学中に成績不良などで、2年次や3年次、4年次に奨学金
を受けられなくなってしまうことはあるのでしょうか?
どのくらいの成績になると受けられなくなってしまうのでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします

補足・私は第一種奨学金と第二種奨学金の両方の奨学金を受けたいと考   えています。

Aベストアンサー

受け取れなくなることはあります。
もちろん、留年などをして、在学期間が延長された場合は
奨学金がそれに応じて延長されることはないので、新たな
申請が必要となります。


ただ、統計で出てる結果から、奨学金を借りている人は
借りていない人よりも平均勉強時間が長く、成績も高い傾向が
分かっているそうです。
奨学金は卒業後に重くのしかかるローンです。そのため
やはり本人が危機を感じていることが大きいのでしょう。
成績不振→留年など→ぱっとしない学生生活→就活困難
→奨学金の借金を返済できない→…

こうならないために、奨学金を借りている人は将来返済ができる
ように借りてない人以上に学生時代はがんばるのですね。

よほどのことがない限り受け取れなくなることはありません。
初めから不安になってもしょうがないので、努力する
ことだけを考えていれば大丈夫です

Q侮辱と名誉毀損と、慰謝料と損害賠償金

 もしかしたら、事例によって異なるのでしょうが、一般的に、侮辱や名誉毀損に対して支払われるのは「慰謝料」で、「損害賠償金」ではないと考えていいのでしょうか?
 それとも、侮辱の場合は財産的権利とは、あまり関係ないと思いますが、名誉毀損でも、財産的権利に関係する際は、慰謝料と損害賠償金と2つを請求するものなのでしょか?
 よろしくご教授ください。

Aベストアンサー

慰謝料と損害賠償は厳密に区別されていません。

言葉の本来の意味からいえば、損害賠償はあくまでも損害(マイナス)の補填です。損害の種類(物的・精神的)を問わないはずです。しかし、精神的な損害を正確にお金に換算して賠償することは非常に困難です。そこで、「精神的な損害を受けた被害者の慰謝(なぐさめ)」という、本来の損害賠償とはやや異なる目的で支払う「慰謝料」というものが一般化しています。慰謝料は、精神的損害(マイナス)の補填と、被害者の慰謝(超過的支払い?)が渾然一体となっています。

両者を厳密に区別する必要はありません。両者は元々区別があいまいな概念であり、また、所詮お金、結局、総額が問題なのです。裁判所の判決にも両者を区別していないものが多数存在します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報