dポイント最大50倍で史上最大級のお得に!

公的融資に詳しい方にお尋ね致します。
先日個人から法人なりし、協会保証で金融機関に融資の申し込みを致しましたが、審査基準はどのようなものでしょうか?個人情報の利用目的に関する同意書に署名致したばかりです。
現在、銀行系カードローン50万円(全額返済、済み)信販系のカードローンで50万円ほど借入が御座いますが審査に大きく影響致しますか?一年前に新規開業資金を協会保証で金融機関から融資を受け(200万円)只今返済中ですが一度も滞納・遅れは御座いません・・
決算書も二期とも黒字です。どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

保証協会付き融資は、個人事業主の方から法人へ組織変更された場合、


同じ事業をキチンと引き継いでいるということが、
わかる書類が要求されます。
基本的には、事業開始後6ヶ月未満は保証協会から融資は受けれません。
過去に保証協会から融資を受けたご経験がおありの様子なので、
その場合は、個人時代に融資を受けたものでしょうか?
もし個人事業主時代に融資を受けたものであるのならば、
法人にその債務を引き継がなくては、新しい融資は受けれません。
重畳的債務引受という手続きを行って、新しい法人へ、
今の融資の債務者変更を行う必要があります。

あと、個人信用情報の利用目的に関する同意書というのは、
この4月より施行された、個人信用情報保護法案にかかるものです。

この同意書は、基本的には、あなたの個人情報を徹底的に
調べますという性格のものではありません。
法人の保証人として、あなたが加入される予定なんですよね?
その場合、あなたの個人の印鑑証明等の公的な証明書を銀行や保証協会は
下さいと言われますので、
その公的証明書を銀行等が顧客から頂く場合、
あなたの住所、生年月日等を銀行が知ってしまうので、
その情報は、融資に関するものにしか使用しませんので、
ご了承下さいという性格のものです。

しかし、その保証人となれる方が、過去に延滞の情報がないか?
他の融資の保証人となっていて、その融資が延滞していないか?
または、その融資先が破綻し、保証債務の履行を求められていないか?
等々を調べます。

カードローンがある、信販会社から借入があるということは、
保証協会の審査には全くと言っていいほど、影響はないでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答頂きましてとても参考になりました。

個人事業主の方から法人へ組織変更し書類等は提出、
その際に個人事業主時代に受けた融資は法人にその債務を引き継致しております。

ただ前回融資の際、個人信用情報の利用目的に関する同意書に署名・捺印する事は無く(4月より施行されたので当然ですが・・)前回の融資の時にはカードローンなどの借入などはありませんので、条件的には前回とは異なるので少し心配になったしだいです。

過去に延滞は御座いませんし、他の融資の保証人にもなっておりません。
"カードローンがある、信販会社から借入があるということは、
保証協会の審査には全くと言っていいほど、影響はない"と言う事ですので、少し気持ちが落ち着きました・・
ご回答有難う御座いました。

お礼日時:2005/07/08 20:59

会社を経営しております。



保証協会は基本的に個人のローンは事故情報(延滞、踏み倒し、破産、など)しか見ておりません。2~3日の延滞ですら気にしていません。銀行の住宅ローンなどは無担保貸付額(いわゆるキャッシング)の総額を気にしますが、保証協会は全然平気です。

保証協会は会社の決算状況と保証協会に対する事故情報が主な審査内容です。それと親戚筋に保証協会に対する事故者(クレジット等の民間は親戚筋は関係なし。)がいらっしゃると指摘される可能性があります。(経験あり)

よってあとは借り入れ希望金額が適正かどうか?だけがポイントでしょう。たぶん大丈夫ですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答頂きましてとても参考になりました。

"個人のローンは事故情報(延滞、踏み倒し、破産、など)しか見ていない"と言う事ですので、少し安心致しました。

"借り入れ希望金額が適正かどうか?"は当方も気になるところです。

一応、事業計画書にて利益計画書及び資金収支計画書、見積書など希望借入額の算出根拠として提出致しました。
決算書にて大体の融資額が決まるそうですが、
その辺はどうなのでしょうか?・・

融資が決定し、希望融資額になるかどうかはわかりませんが、少し気持ちは楽になりました

ご回答頂きまして有難う御座いました。

お礼日時:2005/07/08 21:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q信用保証協会に断られたら

はじめまして。
私は現在、東京都で決算4期目の零細企業を経営しております。
創業より3期連続で額は少ないですが黒字を確保しております。

金融機関からの融資について質問させてください。
一度信用保証協会の審査に通らなかった場合、その後に金融機関に
融資申し込みをして融資を受けられる可能性はあるのでしょうか・・。

先日、地方銀行に新規事業起ち上げの為に500万円の信用保証協会の
保証付き融資を申込みました。
銀行さんで審査検討をして頂き、信用保証協会の審査が通れば
即融資実行という段階までいきました。

銀行を通して信用保証協会に申込み、面談などをして頂き、審査結果を
待ちましたが、信用保証協会からの結果は保証はつけられないとの事
でした。
理由をお伺いしたところ、「個人の消費者金融からの借り入れの額が
多いため、それらを解消してからにしてください。」とのことでした。
個人の借入額は400万円ほどです。

という経緯で先月融資を受けることに失敗しておりますが、今度は
信用金庫さんに「信用保証協会の保証が必要ない融資」のお願いを
しようと思っております。

しかし、信用金庫さんに申込みをすると「信用保証協会の保証が“必要”
である融資」を勧められてしまうのではないかと心配です。

その信用金庫さんには「信用保証協会の保証が必要ない融資」があるの
ですが、「信用保証協会の保証が“必要”である融資」を勧められるの
ではないかと。その際に「信用保証協会に断られている」とのことを
伝えてしまったら、やはり融資を受けられる可能性は低くなってしまい
ますよね・・。

と、私は融資申込みは先月失敗した件しか経験しておりませんので、
思い込みが頭の中をグルグルと回っております。

そこで詳しい方にお聞きしたいのですが、
・信用金庫さんへの申込みをすると、やはり「信用保証協会の保証が
 “必要”である融資」を勧められる可能性が高いのでしょうか?
・信用保証協会に断られていることはマイナスポイントでしょうか?
・信用金庫さんの方針などもあると思いますが、零細企業は信用保証
 協会の保証が無いと融資が受けられる可能性は低いのでしょうか?

だらだらと長文になってしまいましたが、よろしくお願い致します。

はじめまして。
私は現在、東京都で決算4期目の零細企業を経営しております。
創業より3期連続で額は少ないですが黒字を確保しております。

金融機関からの融資について質問させてください。
一度信用保証協会の審査に通らなかった場合、その後に金融機関に
融資申し込みをして融資を受けられる可能性はあるのでしょうか・・。

先日、地方銀行に新規事業起ち上げの為に500万円の信用保証協会の
保証付き融資を申込みました。
銀行さんで審査検討をして頂き、信用保証協会の審査が通れば
即融資実行と...続きを読む

Aベストアンサー

公庫の利用はありますか?
残された道は日本政策金融公庫の一般貸付しかないと思いますが・・・
500万5年払い、代表者保証のみで相談してみてはいかがでしょう?
サラ金の400万は・・・・微妙
駄目で元々・・・やるだけやってみては?
私も零細ですが公庫には随分お世話になってます。結構親切ですよ!

Q保証協会の審査基準とは???

保証協会の審査について代表者と法人の借入は問題になるのでしょうか??借入先は法人についてはいわゆるノンバンクです。個人の場合は消費者金融でこの2つについては事故はありません。クレジットカードでの延滞は数回あります。支払い日より2週間以内では支払っておりますが。。。
今期黒字決算で売上1億2千万円ほどで法人税などもおさめております。ノンバンクの借入金額も法人では450万円なのですが提出書類については全て正当なものですし、審査でひっかかるとしたらこの問題ではないかと考えてるのですが、わかる範囲でお答えいただけたら助かります!!

Aベストアンサー

保証協会の結果が心配であれば
(1)、銀行の担当者に連絡をとってみましょう。
そして、保証協会の審査状況を尋ねてみましょう。
○○日に支払(借入れの返済などではなく出来れば会社にとって前向きなものの支払い)をしたいので、審査状況をしりたいのですが…もし、駄目なようであれば、他で調達方法を検討したい…とさりげなく→銀行の担当者は、銀行側にリスクがなく自分の成績になる保証協会の貸付は、御社に利用してほしいため、保証協会に確認してくれると思いますよ。その後、報告があると思います。
(2)、保証協会が駄目だった場合のことを想定して、
インターネットで、東京三菱、みずほ、三井住友、UFJなどのビジネスローンを検討してみてください。ノンバンクよりも金利は安く、審査も早いです。

Q保証協会の審査結果について

保証協会の面接が済みそろそろ2週間が経過します。聞く人により異なり審査が通らない場合はやはり長引くのでしょうか?どなたかくわしくお分かりの方教えてください。

Aベストアンサー

時期的なものもあると思います。銀行は9月末から10月上旬は期末と期初にあたるため他にもやることが沢山あり、審査、保証協会への書類発送が遅れたのだと思います。
 また、新規であることも2回目以降の会社と比べ調べることも多く時間がかかる要因です。
 申込みをされた借入の内容が何か分かりませんが、一部の制度融資では銀行、保証協会の他に書類が回付されるものもあり、時間がかかります。
 書類の不備、質問事項になかなか答えない、書類を出さないなども審査が中断する要因です。貴方が銀行へ提出しても銀行がそれを保証協会へすぐに提出しない(提出資料に整合性がなく銀行がその資料をもとに再作成することもあります)ということも考えられます。

>審査が通らない場合はやはり長引くのでしょうか
 そんなことはありません。逆にすぐに駄目だとの解答がきます。すぐに答えが出ると、その会社にはまだ時間があるため、他の調達方法を考える道が残せます。結果を先延ばしにした挙句否決とした場合に、最後に追い詰められるのは銀行自身です。そのため否決はすぐに伝えます。

2週間というのはそんなに遅いとは思いませんが、もし急いでいるのであれば、銀行の担当者に必要理由といつまでに必要なのかを伝え優先的にやってもらうように話をしたほうがいいと思います。

ちなみに、保証協会がOKとなったとしても銀行での手続があるためさらに1週間くらい見ておいたほうがいいと思います。

時期的なものもあると思います。銀行は9月末から10月上旬は期末と期初にあたるため他にもやることが沢山あり、審査、保証協会への書類発送が遅れたのだと思います。
 また、新規であることも2回目以降の会社と比べ調べることも多く時間がかかる要因です。
 申込みをされた借入の内容が何か分かりませんが、一部の制度融資では銀行、保証協会の他に書類が回付されるものもあり、時間がかかります。
 書類の不備、質問事項になかなか答えない、書類を出さないなども審査が中断する要因です。貴方が銀行へ提出...続きを読む

Q事前審査OK後の本審査でOUTはあり?

親戚に相談された内容です。

住宅ローンの事前審査を通りました。
本人100%名義のローンです。2400万までOK。保証協会認証OKでした。
自営業5年・年収500万・頭金約1000万・他行借り入れ等無し。
物件価格(土地+建物+諸費用)約3300万。

本審査申し込みにて、事前審査で必要とされなかった妻(専従者)
の保証人が必要と言われました。
保証協会の認証OKと言われたのに・・・?

もし妻にキャッシング等(銀行系vizaカードローン50万・サラ金50万・全て延滞等無し)計100万が合った場合、
保証人にして本審査が通るのものなのでしょうか?
ちなみに、事前審査で妻も個信にかけられていると思うのですが・・・
教えてください。

Aベストアンサー

金融機関に勤務しており、以前、住宅ローンを担当したことがあり、保証機関に出向して保証審査を担当したこともある者です。

> 事前審査で必要とされなかった妻(専従者)
> 事前審査で妻も個信にかけられていると思うのですが・・・
事前審査で必要とされなかったのならば、事前審査では、妻の個人信用情報は照会されていません。
現在は個人情報保護法、関連諸規則およびガイドラインの規定により、個人信用情報の照会も「個人情報の第三者提供に当たる」と解釈され、事前に「照会される当人」の承諾を得ずに個人信用情報の照会をすることはできなくなっています。

> 本審査申し込みにて、事前審査で必要とされなかった妻(専従者)の保証人が必要と言われました。
> 保証協会の認証OKと言われたのに・・・?
土地・建物の名義も債務者単独ですか?
ならば、債務者の「年収500万」は、妻が専従者であるうえでの年収なので、妻を連帯保証人に追加徴求した-というところでしょう。
家族専従者がある自営の場合はよくあることです。

> もし妻にキャッシング等(銀行系vizaカードローン50万・サラ金50万・全て延滞等無し)計100万が合った場合、保証人にして本審査が通るのものなのでしょうか?
ご利用になっている銀行や保証協会がどのような基準を設けているか分からないので、何とも言えないのですが…。
「全て延滞等無し」ならば、問題は銀行よりも保証協会でしょうね。
カードローンの枠とサラ金の枠がそれぞれ50万円にもかかわらず、極度額いっぱいの50万円ずつ利用しているとなると、難しいかもしれません。
また、極度額いっぱいを「借りては返し、返しては借りる」という利用状況ですとさらに厳しいですね。
ご利用になっているサラ金業者が加盟している個人信用情報機関と、保証協会が加盟している個人信用情報機関が共通している場合は、サラ金を利用していることも把握できてしまいます。
保証機関が「サラ金の利用履歴がある場合は保証不可」という基準を設定していたら、それで保証協会保証が受けられなくなり、銀行が「保証協会保証が受けられない場合は融資不可」という基準を設定していたら、それで住宅ローンも受けられなくなるでしょうね。

> 事前審査OK後の本審査でOUTはあり?
いくらでもあります。
なお、今さら「銀行系vizaカードローン50万」と「サラ金50万」全て一括返済しても審査には間に合いません。

ただ、それらを踏まえたうえで、保証協会保証がなくても、「銀行が貸したい」と思い、稟議決裁がおりれば住宅ローンは受けられます。
自営とのことなので、そちらとのお付き合い次第では、本審査もOKとなる可能性はあると思います。

金融機関に勤務しており、以前、住宅ローンを担当したことがあり、保証機関に出向して保証審査を担当したこともある者です。

> 事前審査で必要とされなかった妻(専従者)
> 事前審査で妻も個信にかけられていると思うのですが・・・
事前審査で必要とされなかったのならば、事前審査では、妻の個人信用情報は照会されていません。
現在は個人情報保護法、関連諸規則およびガイドラインの規定により、個人信用情報の照会も「個人情報の第三者提供に当たる」と解釈され、事前に「照会される当人」の承諾を得...続きを読む

Q全国信用保証協会について。

以前同じ質問をさせていただいたのですが、答えがでなかったので再度皆さんにお聞きしたいと思います。

全国信用保証協会のホームページをみたところ、個人信用情報について記載されてませんでした。
なので、どこの個人信用情報センターの会員になっているのかわからないんです・・・。ホームページに載せない場合もあるのでしょうか?

どうしても知りたいので、ご存知のかたいましたら情報お願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。審査ですが、全国保証が調査する場合、全情連の中身は調べられません。ですが、融資の際、窓口が銀行ですよね。各、銀行にもよりますが、全情連に加盟している銀行を窓口にすると、全情連の中身は当然見えます。銀行も全国保証も各自で調べますので、まず、申し込みされる銀行がどこに加盟しているか調べましょう。
あと、問題は多少の遅延はCRINでは情報交換されにくいのですが、
債権回収:事故情報になると、CRINで全て情報交換されます。
ただ、最終完済日から、5年経過すると消えますが。
注:>KSCでの情報交流対象情報は、CIC・全情連ともに「なし」でした。←KSCもCICも自分の所の事故情報を開示しただけです。
助言としては、全情連の加盟していない銀行を窓口にしましょう。(全情連に加盟している銀行は少ないです。)

Q昨日国金面談行きました。簡単な面談でちょっと不安にありました。

国金面談を昨日行きました。
個人で申し込み。
飲食開業
融資金190万、自己資金100、無担保無償

担当者はどう見ても若い人です。23-25歳くらい
最初に面談ですが1時間くらいかかりますが大丈夫ですか?
はい。では必要書類を出して下さい。
経歴確認とあわせて過去の給料明細出して、はい。
源泉は、はい。
自己資金確認できるものは、はい通帳。
家族の(奥さん)
ちなみに勤続17年、公務員

中を見て、この引き落としはなに?カードです。
これは、年金です、これはって感じで・・・
残高はこれですね、メモメモ・・・
住まいに関するものは?賃貸契約書です
借り入れは、カードだけです(クレ)
まあ書類関係確認およびコピーが終わり

事業の話と待ち構えてたんですが

えーと、飲食をやって赤字になったらどうしますか>?
売り上げ見通しもかなり低水準を見て
費用は多めにたてました。ここから赤字にはきついです。
向こう約一年赤字でも耐えられる計画です、それでも足りなければ
働いてでも軌道に乗せる考えです。やるだけやります。
正味2分かな

担当は:あ、そうですか
それと開業は12/1ですね
資金は急ぎますか?
急ぎます。早ければ準備を繰り上げたいし調理の練習もしたいです。

では返事は10日くらい見てください。
現地も確認しますから

え?これだけですか?
25分しかたってません。
最初から融資しないから軽くあしらう考え?*????
隣のブースでは年配のおじさんが一生懸命説明してるの聞いて
おれは??
もう終わり、事業説明って赤字だけの部分

これって最初から無理だから対応違うんですかね?

ちなみに現地は複合施設の一角少坪
スケルトン状態です。

簡単ですがどうなんですか?
事前の友人の話とかと違うのでちょい不安です。

過去の融資を受けたかはどんでしたか?

国金面談を昨日行きました。
個人で申し込み。
飲食開業
融資金190万、自己資金100、無担保無償

担当者はどう見ても若い人です。23-25歳くらい
最初に面談ですが1時間くらいかかりますが大丈夫ですか?
はい。では必要書類を出して下さい。
経歴確認とあわせて過去の給料明細出して、はい。
源泉は、はい。
自己資金確認できるものは、はい通帳。
家族の(奥さん)
ちなみに勤続17年、公務員

中を見て、この引き落としはなに?カードです。
これは、年金です、これはって感じで・・・
残高はこ...続きを読む

Aベストアンサー

同じ様な経験をしたことがあります。

結論から言うと書類で8割方決まります。
あとは、話の内容に整合性がとれていれば時間も掛りません

書類の不備や話のつじつまが合わないと話が長引くのです。

過去3回利用しましたが、私の場合15分位でだいたい終わります。
面接と言うより書類の提出って感じです。

919gogoさんに良い結果が出ることを願ってます。

Q【!!至急!!】政策金融公庫からの通帳提出依頼

主人が個人事業主として独立します。
自己資金600万以外に1000万円程を政策金融公庫から
借入しようとしているのですが、先日面接担当者から
私の通帳を提出するように言われたそうです。
名義は主人なのですが、私の通帳を提出する理由が分かりません。
子供はなく共働きで、主人の扶養に入らず税金等は自分で支払っています。


理由をご存知の方がおりましたらご教授ください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

家系用の通帳の確認(家計費をどう捻出しているか、同一生計の方の通帳を確認)の意味だと思います。

市中金融機関では、自己資金条件や通帳の確認は行いませんが、日本政策公庫では、事業実績が全く無い先柄に事業計画書を信じて融資をしなければなりませんから、一定の条件や確認が必要となります。

個人事業主の場合には、営業用口座の通帳と家系用の通帳を求められ、法人の場合には、法人名義の口座通帳と代表者個人の通帳を求められます。政策公庫の審査担当者は、事業計画書に記載された自己資金があるのか通帳残高と突合します。

そして、その自己資金をどうやって蓄えたのか、他行や街金からの借入ではないか、地道に積み立てたのか、生活費はどの程度掛っているのか等預金の出入りも診ているのです。一時的に大きなお金が振り込まれているとか、不自然なお金の動きが無いことがポイントになります。

本件は、ご主人の通帳分は営業用と判断されたか、ご主人のものを全て自己資金として事業計画書に記載されているのではないでしょうか。そして、面談の際、「家計費はどう賄っているのか」を問われた為、貴方が別途収入があることを示したいということだと思います。

家系用の通帳の確認(家計費をどう捻出しているか、同一生計の方の通帳を確認)の意味だと思います。

市中金融機関では、自己資金条件や通帳の確認は行いませんが、日本政策公庫では、事業実績が全く無い先柄に事業計画書を信じて融資をしなければなりませんから、一定の条件や確認が必要となります。

個人事業主の場合には、営業用口座の通帳と家系用の通帳を求められ、法人の場合には、法人名義の口座通帳と代表者個人の通帳を求められます。政策公庫の審査担当者は、事業計画書に記載された自己資金があるのか...続きを読む

Q信用保証協会について

初めて投稿します。先日、保証協会の方の面接が終わり1週間ほど経過しておりまだ回答が得れませんが、面接終了後2,3確認事項の問合せが銀行経由でありましたが保証協会の審査で信用調査は銀行がするのか保証協会がするのでしょうか?

Aベストアンサー

>保証協会の審査で信用調査は銀行がするのか保証協会がするのでしょうか?

結論から言えば両方します。
ただし、真剣にするのは保証協会のほうです。その理由は
No1さんが書いているとおり、保証協会は銀行に対して貴方の保証人となるため、貴方が返済できなくなったときに銀行に対して返済を行い(代位弁済といいます)最終的に損害を被るからです。

銀行は、貴方が返済不能になったとき、督促、代位弁済の請求手続をとる手間がかかるだけで、金銭的に損はしません。極端なはなし、保証協会がOKならば銀行もOKというスタンスです。

貴方が保証協会の立場、銀行の立場に置き換えて考えれば理解は簡単だと思います。

質問が銀行からあったのは、申込み窓口が銀行であったためです。融資の可否も銀行をとおして行われ、仮に延滞をしたときの督促も代位弁済が行われるまですべて銀行が行います。

審査の基準は、
 (1)保証協会が利用できる業種か、利用条件は揃っているか
 (2)資金使途は妥当か
 (3)過去借入で事故がないか(法人、代表者、保証人について)
 (4)資産背景(法人、代表者、保証人について)
 (5)返済できるかどうか

(1)、(2)については審査が進んでいるためクリアしていると思います。
最も重要なのは(5)です。全く問題がなければ、極端なはなし(3)、(4)は関係ありません。実際に過去倒産した人や資産のないひとでも保証協会を利用しているひとは沢山います。


 

>保証協会の審査で信用調査は銀行がするのか保証協会がするのでしょうか?

結論から言えば両方します。
ただし、真剣にするのは保証協会のほうです。その理由は
No1さんが書いているとおり、保証協会は銀行に対して貴方の保証人となるため、貴方が返済できなくなったときに銀行に対して返済を行い(代位弁済といいます)最終的に損害を被るからです。

銀行は、貴方が返済不能になったとき、督促、代位弁済の請求手続をとる手間がかかるだけで、金銭的に損はしません。極端なはなし、保証協会がOKならば銀...続きを読む

Q一般の銀行員は個人情報を見たりできるの?

銀行に勤めてる方は個人の信用情報(金融資産、借金履歴など)を見ることはできますか?
銀行自体は把握可能だろうと思うんですが、銀行員なら誰でも調べることができるなら個人情報流出のことを考えると恐いと思い気になったので教えてください♪

Aベストアンサー

金融機関に勤務している者です。
以前、個人融資を担当したこともありますし、保証機関に出向して保証審査を担当したこともあり、保証機関に出向していたときに「個人信用情報機関」の1つである「CIC」認定の「個人信用情報取扱主任者」の資格を取得しました。
また、個人情報保護法の施行にあたり、勤務先では「金融個人情報保護オフィサー2級」が義務付けられましたので、そちらも合格済みです。

ご質問者さまは、一般の方にはありがちな「個人情報」と「個人信用情報」の混同をされていらっしゃるようです。

まず、銀行等金融機関において、個人の「金融資産」を見ることはできません。把握しきることもできません。
「金融資産」というのは、土地・建物・機械・原材料・製品などの実物資産に対していう言葉で、『現金・預金・有価証券・貸出金などの形で保有する資産』を指します。
ご質問者さまの意図が「預貯金だけ」を指すとしても、A銀行において他行・他機関(別の銀行、信用金庫、信用組合、農協・漁協、郵便局)にあるご質問者さまの名義の預貯金残高や取引履歴を調べたりすることはできないからです。
ただし、融資を受ける際に、場合によっては他行・他機関の預貯金残高や取引履歴が証明された書類(通帳・証書では不足の場合がありますので、その証明書になります)を徴求することもあります。
提出していただいた書類は、永年もしくは取引継続中保管が原則なので、貸出稟議書や関係書類として保管しておきますが、新しいものと差し替えていただく訳ではありませんので、常に現有資産が把握できる訳ではありませんよね。
ですから、「銀行等金融機関においては、個人の「金融資産」を見ることはできません。把握しきることもできません。」というのが回答になります。
銀行等金融機関の職員の場合は、さらにできません。
その書類の管理は「個人情報保護法」の施行以来厳しくなっていますので、「融資」担当の職員でも、必要な時に必要な人の書類を取り出すのでなければ難しいです。
他部署・他担当の人間にはさらにできません。
私の勤務先の場合、融資実行済み・返済中の方の書類は、地下にある保管庫に保管されていますが、その部屋の鍵の持ち出しには許可が要ります。

自行扱いの預貯金に限っていえば、その銀行等金融機関で「資金を扱う」かつ「端末が設置されている」部署であれば、照会することはできないことはありませんが、まず、端末を操作するためにはオペレーターカードが必要ですし、オペレーターカードは端末操作者として登録された人にしか発行しません(私は資金を扱う部署にいて、部署には端末もありますが、運用を担当しており後方事務担当ではないため、端末を操作することはできません。動かしている金額はかなり大きいんですけれどね)。
また、オペレーターカードを使うので、端末に「誰が」「いつ」「どのような情報を」「照会したか」という履歴がデータとして記録されます。
私の部署では、その操作履歴のチェックは毎日(業務取引終了後に)行われますから、業務に関係のない照会が行われればバレます。
バレれば、規定により罰則をくらいます。

一般的に「個人信用情報」=「借金履歴」との認識が強いのではないでしょうか?
厳密に言えば違うんですけれどね。
「借金履歴」は、個人信用情報機関のデータを照会することによって、一部は調べることができますが全ての把握はできません。
なぜならばここで言われる「借金」は「お金を借りる」とイコールではないからです。
例えば、銀行等金融機関でも、住宅ローンやマイカーローンのように、実際に「お金」を借りることはもちろん「借金」ですが、カードローンのように「お金を借りられる枠を与える」ことも「借金」になります。
カードローンの契約はしたけれど、実際にお金は借りていない…ということもありますよね。
また、これに準じた取引は、銀行等金融機関以外の会社等でもできます。消費者金融会社がいい例ですね。
他に、クレジットカードの発行、クレジットカードの利用(買い物や公共料金等の振替)、割賦販売による高額商品の購入契約なども「個人信用情報機関」の「個人信用情報」に登録されます。
そして、銀行等金融機関、クレジット・信販、消費者金融が加盟している「個人信用情報機関」はそれぞれ異なっているんです。
現在、日本における個人信用情報機関は大きく「5つ」といえます。
詳しくはこちらが分かりやすいと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E7%94%A8%E6%83%85%E5%A0%B1
銀行等金融機関が加盟しているのは一般的には「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」というところです(複数の個人信用情報機関に加盟している金融機関はあります)。
#1さんが仰っているのは、銀行等金融機関でここに情報を照会しようという時のことです。
一般的には、お客さまとの窓口になっている部署に設置されている専用端末で照会をします。
この端末も決められた担当者しか操作することはできません。

私が個人信用情報取扱主任者の資格を取得した「CIC」は、銀行等金融機関が関係する「保証会社・保証機関」や、クレジット会社、信販会社などが主な加盟会員となっています。
こちらも専用端末を使います。
こちらはオペレーションカードは使いませんが、担当者のコードとパスワードを入力しないと操作できないシステムになっています。

先ほどご紹介しましたウェブサイトにも記載されていますが、KSCとCICと「全国信用情報センター連合会(FCBJ・全情連)」は、CRINというシステムによって、情報の相互利用をしています。
ですが、ここでの共有情報となっているのは、いわゆる「ブラック」といわれている情報だけです。
A銀行がKSCに個人信用情報を照会した場合、CICや全情連の契約・取引の情報全てが見られるわけではありません。

組織としてはこんな感じですが、これを職員個人が勝手に見ようとしても、KSCにしろCICにしろ、やはり「誰が」「いつ」「どのような情報を」「照会したか」という履歴がデータとして記録されます。
CICでは「目的外利用はしてはいけない」とされていますので、加盟会員である団体の意志にしろ、職員個人がかってにやったことにしろ、「してはいけないことをした」ということになります。
場合によっては、契約を打ち切られます。
個人信用情報機関と契約してもらえないということは、個人信用情報の照会も出来なくなる訳で、申込者の「個人信用情報」を調べる手段がなくなり、保証や融資の「審査基準」となる情報が得られなくなります。
これでは「仕事」になりません。

尤も基本的なところでは、銀行等金融機関の職員が業務上知り得た情報を外部に漏らすのは、個人情報保護法に違反することになります。
内規違反にもなりますので、まず、職員は勤務先から罰則を食らうことになります。
職員当人もですが、組織としても「個人情報保護法」における管理監督責任を問われ、刑罰を食らうことになりますね。
のみならず、実際に個人信用情報を漏らされたことによって「本人」に損害があった場合、その損害賠償責任も負うことになります。
実質的な損害のみならず、「そのような企業・組織なのだ。」というレッテルを貼られてしまうことも、大きな損失ともなります。

そのようなことから、銀行等金融機関の職員が「業務上知り得た情報」を外部に漏らすことは、企業・組織としても大きな損害を招くことになります。
それを避けるために、銀行等金融機関が保有する「個人情報(個人データおよび保有個人データを含む)」および業務上取得した「個人信用情報」については「銀行員なら誰でも調べることができる」状態にはなっていません。

回答が長くなってしまいましたが、銀行等金融機関はこんなカンジで、個人情報等の徹底管理をしています。
ただ、道路交通法でもそうですが、どれだけ罰則が強化されても違反者というものは出るものです。
以前、このサイトでも「友人の銀行員から、飲み会の席で自分の借金を暴露された」という質問をみかけましたから。
真っ当な金融機関ならば、恐れるのは罰則よりも「風評リスクとその被害(あの銀行は個人情報を外部に漏らしている-などという噂を流されること。それによって、銀行の「信用」を失うこと)」ですので、より厳しい状況が作られています。
ただ、これが「お金を貸すおよびそれに準じた業務をしているところ」全てに言えるかといわれるとなんとも申し上げようがございません…。

銀行等金融機関についてならば、「銀行等金融機関が保有している情報を1職員が見ようと思っても、外部の方が思っているほど簡単なことではない。」と思っていただいて結構です。

金融機関に勤務している者です。
以前、個人融資を担当したこともありますし、保証機関に出向して保証審査を担当したこともあり、保証機関に出向していたときに「個人信用情報機関」の1つである「CIC」認定の「個人信用情報取扱主任者」の資格を取得しました。
また、個人情報保護法の施行にあたり、勤務先では「金融個人情報保護オフィサー2級」が義務付けられましたので、そちらも合格済みです。

ご質問者さまは、一般の方にはありがちな「個人情報」と「個人信用情報」の混同をされていらっしゃるよ...続きを読む

Qたいへん悩んでいます!銀行からの融資ですがネックがあります

個人自営業です。銀行から融資を受けようと思うんですが、今まで返済はきちんとやってきたので問題ないのですが、ただ一つ気になることがあります。昨年度の税金の支払いが10ヶ月ほど延滞して納付しております。これは引越しや不意の出費でうっかり忘れてルーズになってしまったのが原因です。知り合いから税金を納めていても、過去に延滞があれば融資が受けれないと聞きました。本当でしょうか?またそうなった場合何かいい方法は無いでしょうか?紛失したことにして最近の日付で領収書の再発行でもしてもらったら、延滞したのが判らないのでは・・とか考えてるんですが。あまりよい質問ではありませんが、どなたか妙案を教えてください!!

Aベストアンサー

#3です。
はっきり覚えていないまま解答を差し上げてしまい、さらに言葉が不十分だったせいか、誤解を招いてしまったようで申し訳ありませんでした。

私も、納税証明書に「納付の遅れ」や「滞納したという履歴」の記載はなかったと思います。
ただ、それに納付の遅れや滞納に対してペナルティが課せられ「延滞金(延滞税)」などを納めた場合、どういった名称のものを、いつ、いくら納めたか-という記載があったと記憶していまして…。
ただ、個人融資の申し込みに対して提出していただいた納税証明書に間違いはないのですが、(市区町村発行の)地方税のものだったかもしれません。
融資を受けようという方は、所得税の納税証明書が必要だということは当然にご存知の方が多いせいか、所得税については多くの方がきちんと払われることが多いのです。
そんな方でも地方税は滞納・延滞される-という方がいらっしゃるので、こちらを見させていただく場合もありました(申し込みの当初ではなく、審査の途中段階で追加提出という形でしたが)。

> 税務署で納税証明書(税務署発行分)「その3-2」と指定して発行してもらってください。という連絡がきたんですが、この証明は3年分とかの意味でしょうか
「納税証明書 その3-2」に関しては、既にご回答が出ているとおり、『申告所得税と消費税及び地方消費税について未納の税額がないことの証明』ですから、こちらには延滞やその処分に関しては記載されていませんね。
とりあえず、銀行からの指示が「税務署発行の『納税証明書 その3-2』を」ということですから、それを提出すればよく、銀行側は所得税や消費税に未納がないかをチェックする-ということですね。

融資に関しては、当該担当者や銀行の判断次第です。
どんな場合であっても、第三者の立場から(特に金融機関の人間として)は「絶対大丈夫でしょう。」とは申し上げられませんが、無事に融資が受けられることをお祈り申し上げます。

#3です。
はっきり覚えていないまま解答を差し上げてしまい、さらに言葉が不十分だったせいか、誤解を招いてしまったようで申し訳ありませんでした。

私も、納税証明書に「納付の遅れ」や「滞納したという履歴」の記載はなかったと思います。
ただ、それに納付の遅れや滞納に対してペナルティが課せられ「延滞金(延滞税)」などを納めた場合、どういった名称のものを、いつ、いくら納めたか-という記載があったと記憶していまして…。
ただ、個人融資の申し込みに対して提出していただいた納税証明書に間...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報