Xwindowを立ち上げるとよくハングアップしてしまいます。
スーパーユーザーより一般ユーザの方がよく起きその中でも
コントロールセンターを起動させた場合によくハングアップ
してしまいます。ctrl+alt+delやctrl+alt+bsも効かない
ので強制的に電源を落としています。すると再起動時にフ
ァイルがよく壊れて困っています。
 
 ちなみに僕のパソコン(vaioノート)にはRed Hat7.1Jと
Windows2000proが入っています。
 
 何かご存知の方よろしくお願いします。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ちょっと調べました。



intel 815を利用するにはカーネルにドライバを組み込む必要があるようですね。

私の環境(kondara)ではデフォルトでカーネルに埋め込まれているようです。そちらの環境ではいかがでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそく再構築試してみます。
いろいろとお世話していただきありがとうございました!
大変勉強になりました。

お礼日時:2001/10/15 12:48

とりあえずwinから4Mとして見えているようなら、4Mで試してしばらく運転し、


その後、メモリを増やす試みをするほうが、確実かもしれません。

とりあえず4Mに設定してみてください。

ドライバについてもまだ調べていませんが、確認してみてください。
サーチエンジンでintel 815 xfree86 4.0 あたりで情報がつかめませんか?
    • good
    • 0

/usr/X11R6/bin/XはXrapperだったか。

XFree86は4系列ですな。
モジュールも調査の必要がありますね。Intelの815EMはどのドライバ
で動くか確認の必要があります。いま時間がないので調べてません。

あとハードの仕様についてはsonyのWWWを見ました。

VRAM最大11M(メインメモリと共有)ということなので明らかに
おかしいですね。

とりあえず8Mぐらいで試してみてはいかがでしょうか
サンプル
Section "Device"
Identifier "Intel 815"
VideoRam 8192
EndSection

この回答への補足

いろいろありがとうございます!
W2KでVRAMを調べたんですが、4MBでした。メインメモリと共用して11MBということは設定は8MBにすればよろしいのでしょうか?
VRAMを8192に落として2、3日様子をみてみることにします。

補足日時:2001/10/12 22:29
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり一般ユーザーでXを立ち上げたら操作ができる間もなくハングアップしてしまいました。
VRAMは変えたし、他に何か原因は考えられるでしょうか?
お願いします。

お礼日時:2001/10/15 00:18

なんとなくVRAMの数値が違っているような?


Windows2K上で認識しているVRAMサイズを調べてみては?

16MBなら
16*1024=16384

8MBなら
8*1024=8192

こんな感じで・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

W2KでVRAMのサイズを調べたら4Mでした。設定を4Mに直して少し様子を見てみる事にします。
ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2001/10/12 22:21

/etc(もしくは/etc/X11)配下にXF86Configなるファイルがあると思うので、それのSection "Device" と書いてある部分とその前後だけでもここに張り付けて(書き込みして)ください。



あとls -lga /usr/X11R6/bin/Xした結果もつけてください。

あと、Xがフリーズするタイミングですが、どういう時ですか?
使わずにしばらくほっておいてsuspend状態になった時とかだったりしませんか?

この回答への補足

### XF86Configの内容です。

Section "Device"
Identifier "Generic VGA Card"
VendorName "Unknown"
BoardName "Unknown"
Chipset "generic"
EndSection


Section "Device"
Identifier "Intel 815"
VideoRam 16384
EndSection

### ls -lga /usr/X11R6/bin/Xの結果です。

lrwxrwxrwx 1 root root 8 Oct 12 03:08 /usr/X11R6/bin/X -> Xwrapper

あと、フリーズするタイミングですが場合によるんですが、ほとんどの場合Xを起動させてすぐのタイミングです。サスペンド状態でのフリーズはありません。
たびたびすみませんがお願いします。

補足日時:2001/10/12 16:58
    • good
    • 0

>あとジャーナル機能って何ですか?



Ext2ファイルシステムでは、書き換え中にシステムがクラッシュすると、ファイルの書きこみが中途半端な状態で終了してしまい、それらは破損ファイルになってしまいます。
#Winで言えばFAT32

ジャーナルファイルシステムでは、更新の履歴をとっておく事で正常書きこみ出来なかったファイルは、以前に書きこみの成功した状態に戻してくれる機能です。
#Winで言えばNTFS


Win9Xで良く強制終了することがあると思いますが、FAT32なのに致命的な破損が少ないのは、内蔵ストレージに対してのライトキャッシュがされていないからなんです。
それなのでHDDにアクセスしていない状態で強制終了すればほとんど問題なし。
逆にLinux(一般的な)はカーネルチューニングしない状態ではライトキャッシュが有効なのでHDDのアクセスランプが消えている状況でも、致命的なファイル破損を起こす可能性があるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。大変勉強になりました。ありがとうございます!

お礼日時:2001/10/12 11:57

安定化の問題はグラフィックカードに依存する問題なので、vaioの型番もしくはグラフィックチップと搭載メモリ容量と現在のXF86の設定を書いておかないとだれも答えられないと思います。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
そうでしたすみません。型番はPCG-FX55です。メモリは192Mです
XF86の設定ですが、初心者なのでわかりませんが、インストール
して何もいじっていない状態です。情報が少ないと思いますが
お願いします。

補足日時:2001/10/12 00:49
    • good
    • 0

回答にはなってないですが、強制終了時にファイルが壊れるのはExt2を利用しているからですよね?


それであればExt3やReiserFS等のジャーナル機能付きのファイルシステムを利用すれば、ほとんど壊れることはないのかと思います。
#Ext3でX起動中に電源を落としてみたり、ファイルコピー
#の最中に落としてみたりして、壊れないか為したことが
#ありますが10回程度繰り返しても問題は出ませんでした。

X安定化はウインドウマネージャを別の物に変える、ドライバーを最新の物に置き換えてみる、ディストリービューションを変更してみる等で様子を見てみてはいかがでしょう?
#Xが不安定になるのは自分は仕方ないと思って
#しまっているのでこんな回答しか出来ないです・・・
#それに、そこまでひどい経験はない&めったに
#Xを起動しないもので。

たしかVAIO出始めるLinuxみたいなタイトルの書籍があるらしいのでVAIOで利用するには何かと制限が出てしまうのかも?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。
なるほど。VAIOに関する情報を探してみます。あとジャーナル機能って
何ですか?いろいろ調べたんですけどいまいちわからないんです。

お礼日時:2001/10/12 00:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q≪膜タンパク質は不安定?≫

≪膜タンパク質は不安定?≫

生物学を少しかじった程度なので、常識的な質問なのかもしれませんが
回答をよろしくお願いいたします。

膜タンパク質は、一般的に不安定だと言われるようですが
なぜ不安定なんでしょうか。
その不安定というのは、「構造的に」という意味でしょうか。

また、古細菌の膜タンパク質(バクテリオロドプシンなど)は
「比較的安定」と言われるようですがそれはなぜなのでしょうか。

教えていただきたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、「膜タンパク質は、一般的に不安定だと言われるようですが
なぜ不安定なんでしょうか。
その不安定というのは、「構造的に」という意味でしょうか。」
 これは膜たんぱく質は膜に接する部分(要するにたんぱく質の外側の部分)のアミノ酸の配列が疎水性のアミノ酸であるため、水を加えると不安定になります。(要するに変性する可能性が高くなります)

なお古細菌の膜たんぱく質の構造には詳しくないので、申し訳ないです。

QRed Hat Linux7.1J によるメールサーバの構築について.

こんにちは.初めて書込みします.現在,Red Hat Linux 7.1 Jをインストールしてメイルサーバの構築をしております.しかし,以下のような問題が勃発して非常に困っています.
(1) ホストからクライアント(WindowsNT)へ送信できるが,
クライアントからPOPでメイルを受信することができない.
(2) クライアントからのftp,telnetができない.

現在の設定は,ファイアウォールはipchainsですべてACCEPTに設定しており,
sendmail,qpoperの設定もしています.さまざまなサイトで似た状況を見受け,
参考にしているのですがどうもうまくいきません.

こんな知識の浅はかな私に御教示,御鞭撻のほど宜しく御願い致します.

では.

Aベストアンサー

xinetdの設定は確認しましたか?
/etc/xinetd.d/*にftp,telnet,qpopperの設定
ファイルがありますか?

さらに TCP Wrapperの設定は大丈夫ですか?

Q世界情勢は不安定?

不安定だと聞きますが、具体的にはどう不安定なのですか?
なぜ不安定なのですか?
日本は露骨に危険ですがwほかの国はよくわかりません。

Aベストアンサー

マスコミの戦略でしょう。宗教の勧誘と同じ手口で、不安を煽ったら信者(視聴者、購読者)が増えるということです。新聞の第一面に戦争が終わったわけでもなく、災害から立ち直ったでもないのに、『世界は平和だ』なとどヘッドラインを組んでも売れないでしょう。第二次大戦時、冷戦時の方がよほど成果情勢が不安定だったに違いありません。

日本は無防備すぎて危険だというのは当たっていると思います。

Qred hat linuxでxwindowが表示されません。

red hat linux 7.3をインストールしたのですがxwindowが立ち上がらずコマンド入力モード(ログインはできます)になってしまいます。おそらくビデオチップがIntel 845G内蔵3Dと新しいためかと友人が言っていました。このような場合何をどうすればよいのでしょうか。linux始めたばかりなもので迷っています。

ちなみにPCはエプソンダイレクトでオーダーメイドしたMT6100でインストールの際raidを組んでいます。

Aベストアンサー

初めまして、daipotさん。

daipotさんの友人のアドバイスが正解ではないかと思います。

以下のURLを参考になるかもしれません。
http://hardware.redhat.com/hcl/?pagename=hcl&view=allhardware&vendor=399&class=10#list

まだ、redhatが845内臓に対応していないみたいですね。
あと、chipset845を使用している機種で仕様でlinux動作する書かれているものは
内臓3D仕様でなく、他のビデオカードを使用していますね。
例として、以下のURLを参照してください。
http://www.j-insight.com/adventure/advAtRedHat71/content.htm

または、redhat社に問い合わせしてみてはいかがでしょうか。
・http://lists.insecure.org/linux-kernel/2002/Jun/0044.html や
・http://www.redhat.com/apps/search/results.html?search:start=50
を見ていると、カーネルパッチが必要だと思うんです。

あとは、専門の方から回答を待った方がいいと思います。

ちなみに、私は4月に某社のノートPCが欲しかったのですが、
intel845内臓を使用していたのであきらめました。
今はthink padに切り替えてlinuxを動作させています。

ご参考までに。

初めまして、daipotさん。

daipotさんの友人のアドバイスが正解ではないかと思います。

以下のURLを参考になるかもしれません。
http://hardware.redhat.com/hcl/?pagename=hcl&view=allhardware&vendor=399&class=10#list

まだ、redhatが845内臓に対応していないみたいですね。
あと、chipset845を使用している機種で仕様でlinux動作する書かれているものは
内臓3D仕様でなく、他のビデオカードを使用していますね。
例として、以下のURLを参照してください。
http://www.j-insight.com/ad...続きを読む

Q精神的に不安定な恋人が「いる方アドバイスをください

精神的に不安定な恋人が「いる方アドバイスをください

精神的に不安定の恋人がいる方に相談です。

相手が不安定になり、別れたいと言われたり、責められたりしたときどう対処してますか?

対応の仕方を間違えてしまうと相手を気づつける気がしてしまいます。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は時々精神不安定になります。
私は一人暮らしなのでそういう時に支えてくれるのはいつも彼氏です。

どういった対応をすればいいかは、その恋人にもよりますが、させたいようにさせとけばいいと思います。

責められたら黙って聞いてあげてください。別れたいといわれたら、好きだよといってあげてください。自分を受け止めて貰えると安心させてあげて下さい。
別れたいは多分本心ではないです。苦しくてなにもかも嫌になって一次的に空っぽになりたいのだと思います。

私の例ですが…私はよく 彼氏を泣き続けたり叩いたり 出ていって!っていってしまいます。彼氏は一回出ていって、しばらくすると私の好きな食べ物や本を買ってきてくれたりします。

あと…恋人があまりにも不安定そうならば精神科に連れていってはどうですか?

QLinux Redhad 7.1のXWindowの立ち上げの停止

電源を入れて立ち上げると自動的にXWindowsで立ち上がろうとします。キャラクターベースの立ち上げに変更するにはどの様にするのでしょうか。立ち上げ時にCtrl-Xをしますが、daemon等が立ち上がった後矢張りXWindowで立ち上がろうとしますので、作業に入れません。数秒間ほどキャラクターベースの表示出るので、そのときにパスワードなどを入れていますが、XWindowでも立ち上がらす、キャラクターベースでも立ち上がらないので、困っています。Singleの状態にして、どこかのファイルを削除する成り、スクリプトをコメントアウトするなどの方法が在りますでしょうか。

Aベストアンサー

/etc/inittabの、行initdefaultを

id:3:initdefault:

とし、run levelを3に変えてみて下さい。

Q不安定

 簡単な質問ですいません。

よく不安定に成ったとか、不安定に成るとか言われますが、

どうゆう状態に成った時ですかピントきません。

宜しく お願いします。 

 

Aベストアンサー

あるメーカーの同じPCでも、人により使うソフトや設置場所、
更新・メンテナンス状態がマチマチなので、不安定、不具合の
症状もバラバラなのが実情です。

操作や動作が重く感じれば、不具合だと気づく人もいれば
まぁ、こんなもんかぁ~って感じる人もいるので、感じ方も
千差万別なのです。

勝手に再起動を繰り返す、起動途中で固まるなどは分かりやすい
ですが、症状が時々現れる、固まる過程に一貫性がない場合は、
不安定と感じる人が多いです。
その症状は、ソフトの組み合わせやサービスパック、パーツの
接触不良、埃、経年劣化で発生場合が多いです。

QRed Hat Linux 9でcd-romをマウントできません

超初心者です。
Red Hat Linux 9 をインストールしてApacheをCD-ROMからインストールしようとしているのですが、CD-ROMをマウントできません。
su でログイン後、マニュアルに書いてある通り、
cd /mnt/cdrom
mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/
と入力しても”mount: /dev/cdrom はブロックデバイスではありません”とはねられてしまいます。
ちなみに、OSをインストールした状態では/mnt/cdromも/dev/cdromも存在しておらず、自分で作成しました。
また、マウントが成功した時に
anacnda-ks.cfg install.log install.log.syslog
と言うファイルが出来ていたことから、そのファイルを/root 以下に見つけ、
mount /root /mnt/cdrom/
/rootのファイルを/dev/cdromへコピーしてから再度
mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/
を行いましたが結果は同じでした。

何卒、よろしくお願いします。

超初心者です。
Red Hat Linux 9 をインストールしてApacheをCD-ROMからインストールしようとしているのですが、CD-ROMをマウントできません。
su でログイン後、マニュアルに書いてある通り、
cd /mnt/cdrom
mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/
と入力しても”mount: /dev/cdrom はブロックデバイスではありません”とはねられてしまいます。
ちなみに、OSをインストールした状態では/mnt/cdromも/dev/cdromも存在しておらず、自分で作成しました。
また、マウントが成功した時に
anacnda-ks.cfg ...続きを読む

Aベストアンサー

>マニュアルに書いてある通り、
>cd /mnt/cdrom
>mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/

普通、マウントする前にマウントポイント(/mnt/cdrom/)に移動したりはしないので
手順が逆では?

また、CDROM mount時の正式な記述は

#mount -t iso9660 /dec/cdrom /mnt/cdrom/

です。覚えてください。

/etc/fstabファイルには、よく使うのであらかじめ定義されています。

/dev/cdrom /mnt/cdrom udf,iso9660 noauto,owner,kudzu,ro 0 0

確認してください。(各種Linux毎に記述に若干の違いはあります。)


>OSをインストールした状態では/mnt/cdromも/dev/cdromも存在しておらず、
>自分で作成しました。
普通はできているはずですが。どのようにして作成したのか書かれていないので
正しいか間違っているか判断できません。やった事は正確に書いてください。

# ls -l /mnt
合計 16
drwxr-xr-x  4 root root 4096 6月 20 07:15 ./
drwxr-xr-x  20 root root 4096 10月 17 21:50 ../
drwxr-xr-x  2 root root 4096 6月 20 07:15 cdrom/
drwxr-xr-x  2 root root 4096 6月 20 07:15 floppy/

ちなみにマウントポイントは空のディレクトリであればどんな名前でも良い
ですが、普通は/etc/fstabの記述と同じ名前でしょう。

/dev/cdromはシンボリックリンクのはずです。
cdrom装置は大抵、マザーのセカンダリ・マスタ(/dev/hdc)につながっているので
以下の様になります。

# ls -l /dev/cdrom
lrwxrwxrwx 1 root root 8 6月 20 07:15 /dev/cdrom -> /dev/hdc


>また、マウントが成功した時に
>anacnda-ks.cfg install.log install.log.syslog
>と言うファイルが出来ていたことから、そのファイルを/root 以下に見つけ、
>mount /root /mnt/cdrom/
>/rootのファイルを/dev/cdromへコピーしてから再度
>mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/
>を行いましたが結果は同じでした。

こんな手順は必要ありませんし、日本語の意味も不明。おかしくなる原因となります。
cdromは書き込み不可なので、/dev/cdromにコピーできません。実行したのであれば
もう既におかしくなっているかも?
よく考えてください。

>マニュアルに書いてある通り、
>cd /mnt/cdrom
>mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/

普通、マウントする前にマウントポイント(/mnt/cdrom/)に移動したりはしないので
手順が逆では?

また、CDROM mount時の正式な記述は

#mount -t iso9660 /dec/cdrom /mnt/cdrom/

です。覚えてください。

/etc/fstabファイルには、よく使うのであらかじめ定義されています。

/dev/cdrom /mnt/cdrom udf,iso9660 noauto,owner,kudzu,ro 0 0

確認してください。(各種Linux毎に記述に若干の違いはあります。...続きを読む

Q制御工学における不安定零点の定義

皆さんよろしくお願いいたします。

制御工学において、ボードの定理を勉強中です。
ボードの定理の前提となっている最小位相推移系の1つの条件として
不安定零点を持たない系(もう1つは安定極であること)があります。
不安定零点とは何でしょうか?

教科書では、伝達関数
    K(s-z1)(s-z2)・・・(s-zm)
G(s)=----------     ただし(m≦n)
    (s-p1)(s-p2)・・・(s-pn)
において、不安定零点とはRe(zm)<0と定義していますが、なぜでしょう。
不安定という形容詞が付いているくらいなので、その名の
由来及び定義または、それらを掲載しているURLなどをご存知の方、
いらっしゃいましたらご教示いただきたく、お願いいたします。

Aベストアンサー

不安定零点とは連続系では、「右半平面に存在する零点」です。
つまり、実部が正の零点です。こいつがあると、位相が最小位相にならない。
Gp1(s)=( s+1)/(s^2 + s + 1) と
Gp2(s)=(-s+1)/(s^2 + s + 1) は
ゲイン特性は同じだけど位相特性は違う。
(Gp2の位相はGp1よりも180°も遅れる)

で、このときのGp2の零点を不安定零点と呼ぶ。
この不安定零点の実部は正になっています。

実部が正の極は不安定極と呼ばれますので、
零点の場合も合わせて不安定零点と呼んで
いるのだと思います。
もっと言えば、
不安定零点を持つシステムの逆は
当然ながら不安定極を持ちます。
「逆システムを構成すると“不安定”な極となってしまう“零点”」
ということだと思われます。

なお、このシステムにステップ入力などを入れても
不安定な挙動は示しませんのでご注意ください。
(安定性を支配しているのは極なので)

制御屋さんから見ると、不安定零点があると
アンダーシュートしたり、逆システムを組んだときに
不安定になってしまうことの方が問題になっています。
とはいっても、いろんな対処法があります。

はっきり言って、リファ可能な「由来」については・・わかりません。
この不安定零点は制御をやっている人なら誰でも
知っていますが、由来というのは過去に聞いたこと
無いですね。
数学屋さんに聞いたほうがいいかも知れませんね。

(参考までに)
不安定零点についてある程度書かれた教科書としては、
Goodwin著のControl system design がいいと思われます。

不安定零点とは連続系では、「右半平面に存在する零点」です。
つまり、実部が正の零点です。こいつがあると、位相が最小位相にならない。
Gp1(s)=( s+1)/(s^2 + s + 1) と
Gp2(s)=(-s+1)/(s^2 + s + 1) は
ゲイン特性は同じだけど位相特性は違う。
(Gp2の位相はGp1よりも180°も遅れる)

で、このときのGp2の零点を不安定零点と呼ぶ。
この不安定零点の実部は正になっています。

実部が正の極は不安定極と呼ばれますので、
零点の場合も合わせて不安定零点と呼んで
いるのだと思います。
もっと...続きを読む

QRed Hat9のインストール後の設定変更について

 こんばんわ。
現在、私のPCはWindows MeとRed Hat9のデュアルブートで
構成してます。(LILOでデュアルブートを構成してます)

 PCの電源を立ち上げると、DOSとRed Hatの選択画面が
出て、約5秒後にデフォルトでWindows Meが立ち上がります。

 そこで質問です。

 1.選択画面の5秒という時間をもっと長くするには
   どうしたら良いでしょうか?
 
 2.Red Hatを選択するとX Windowがデフォルトで
   立ち上がるのですが、デフォルトでCUIを立ち上げる   にはどうしたら良いでしょうか?
 
  3冊のLinux関係の書籍があるのですが、どれを見ても
  詳しく載っておらず、困っております。

  何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

Aベストアンサー

viエディタが使える場合は、

左下の「帽子アイコン」->「システムツール」->「ターミナル」
でコンソール画面を開いて、viエディタを実行して修正します。

# vi /etc/lilo.conf <ENTER>

# vi /etc/inittab <ENTER>


viエディタが使えない場合は

左下の「帽子アイコン」->「アクセサリ」->「テキストエディタ」
でファイルを開いてください。

(ファイルを修正するにはroot権限でログインする必要があります。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報