1.脈圧数の正常範囲は何mmHgなのでしょう?
2.運動直後の脈数の差はどうなっているのでしょう??
   おしえて下さい!!お願します!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問2の補足。



血圧を規定する要因は主として血流量と末梢の血管抵抗ですが、運動負荷時には末梢の血管が開き、動静脈の酸素分圧の格差が広がり、(要するに末梢の組織が動脈血からより多くの酸素を利用するようになる)血管抵抗は下がります。運動時に心拍出量は当然増加し、それに伴って収縮期血圧は運動負荷量に比例してほぼ直線的に増加しますが、拡張期の血圧は末梢の血管抵抗に依存する部分が多く、血流量は増えても血管抵抗が下がるため、運動時の拡張期血圧はほとんど上昇しません(上昇するとしてもごくわずかです)。運動時の拡張期血圧の15mmHg以上の上昇は明らかに病的とされます。したがって、運動時の脈圧の増加はほとんどが収縮期血圧の上昇に依存します。

人の血液の中で最も酸素含有量の低い血液は冠状静脈洞(心筋から戻る血液)を流れる血液で、心筋はそれだけ十分酸素を利用する能力が備わっています。冠血流は拡張期の血圧に依存しますが、健康な人で運動時に冠血流が心筋虚血をきたすほどの低下をきたすことはまずありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

初めて、お礼文を書きます。えっと、すごく助かりました!!陳腐なお礼ですけれど・・・ありがとう!!ございました!!それでは失礼します。

お礼日時:2001/10/15 11:42

1は回答があるようですので


普通、血圧の数字を考える時110-80くらいを思い浮かべておけば間違いありません。(安静時)

2…運動中、胸が『バクバク』していますよね。このとき末梢の酸素要求は高まっており、収縮期血圧↑↑同じく心臓の酸素要求も高まっていて拡張期血圧↑します。(ただし心筋は弛緩した状況でないと血液を受け入れられないため単純に収縮気圧↑↑とはなりません。)結果、脈圧は上昇します。運動後、しばらくは双方の酸素要求は続きますが時間の経過とともに平常に復します。

運動←末梢の酸素要求←心臓のポンプ機能要求←心筋の酸素要求というふうに連鎖していますから、一方のみが戻るのではなくバランスを保ちつつ戻ると考えてください。

ヘルツの専門でないので、経験者(一応授業を受けたから(笑))としますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

経験者なのですね。わかりやすかったです。ありがとう!!ございました!

お礼日時:2001/10/15 11:46

 下記URLを参照してください。



参考URL:http://home.catv.ne.jp/dd/kiri/kennsa/ketuatu.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q泣きすぎて...........頭がかなり痛くなるのは、どうしてでしょうか?

いつもお世話になります。

昨夜 悲しい事があり一晩中、泣いていました。

涙が出れば出る程 相応して頭が割れる様に
痛くなりました。

メカニズムと言うのでしょうか、どうして頭が痛く
なるのかどなたか教えて頂けないでしょうか。

宜しくお願い致します。 

Aベストアンサー

まだわかっていないことも多いのですが
頭痛の原因として最も多い機序である緊張性頭痛と
精神的ストレスの関連は古くから経験的に言われており,うつ状態の症状の一つとも考えられています.

参考URL:http://homepage2.nifty.com/uoh/zutsuu/200tth.htm

Q脳圧(頭蓋内圧)について

脳圧はどのような機械を用いてどのように計測するのか?またその計測値をどのように利用するのかなど。脳圧に関することならどんな些細なことでも構いません。何かわかる方、是非教えてください。
参考になりそうなホームページがありましたら教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

じつはあまり難しい問題ではないので肩の力を抜いて呼んでください。
頭蓋内圧の単位はcmH2Oつまり水を上げる高さ(cm)です。ですから一回測定するだけなら脊髄腔穿刺(側臥位)又は脳室ドレナージのチューブを接続して水柱の高さを測ればよいのです。高さの基準点は脊髄腔穿刺なら棘突起(背骨の正中)、脳室ドレナージならモンロー孔(左右の外耳孔の中点)です。この場合は疾患の診断目的です。
重症頭部外傷やくも膜下出血の場合は持続的に測定する必要が有るので圧センサを用います。センサ自体は厚さ1ミリもない薄いもので、これを頭蓋にあけた穴から硬膜外(又は硬膜内)に挿入し、ラインをモニタに接続します。この場合は挿入前の大気圧の状態をゼロに設定します。長期間挿入していると気圧その他の機械的誤差が若干生じるのでそれもヨミに入れながら管理します。この場合の目的は頭蓋内圧を正常に保つことです。目標値としては30程度でしょうか。
このような情報は医療従事者以外の人が関心を持つ話ではないのでHPが有るかどうか疑問です。看護師さん向けの参考書がいいんじゃないかと思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4263230744/250-0725305-7298651

じつはあまり難しい問題ではないので肩の力を抜いて呼んでください。
頭蓋内圧の単位はcmH2Oつまり水を上げる高さ(cm)です。ですから一回測定するだけなら脊髄腔穿刺(側臥位)又は脳室ドレナージのチューブを接続して水柱の高さを測ればよいのです。高さの基準点は脊髄腔穿刺なら棘突起(背骨の正中)、脳室ドレナージならモンロー孔(左右の外耳孔の中点)です。この場合は疾患の診断目的です。
重症頭部外傷やくも膜下出血の場合は持続的に測定する必要が有るので圧センサを用います。センサ自体は厚さ1...続きを読む

Q運動中の血圧と心拍数の変化について。

運動中の血圧と心拍数の関係について調べているのですが、イイ資料が見つかりません。詳しく載っているサイトがあれば教えてください。図で示されてあるのがあればうれしいです。お願いします。

Aベストアンサー

病気に関することなのか健康運動や競技運動かなどが不明ですが、リンク先のトレッドミルの項を参考になさってください

参考URL:http://www.tokushima.med.or.jp/myoudougun/marason-no1.htm,http://www.cepp.ne.jp/cpet2txt.html

Q【至急!】白血球の数(検査表から)を教えて下さい!!

血液検査表、白血球の欄です。

◆測定値【142】
◆単位 【×10"/ul】
(×10"の「"」のところは小さな2です、出ないのでこうしました。)

これは白血球がどれぐらいなのでしょうか?
検査表ベクトル値では高値の部分に入っています。

因みに、CRP定量というのも高値で、
◆測定値【1.3】
◆単位 【mg/dl】
でした。

検索して検査表の見方など探しましたがわかりませんでしたので
どうかよろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

14200個
CRPは体内の炎症反応です。高いと体のどこかが炎症を起こしているということです。

Q漢方薬の飲む頻度(回数)をおしえてください!(ツムラやコタロー)

いつも漢方を処方してもらっている病院とは別の病院で
漢方薬を処方してもらったのですが、
同じ薬なのに一日に飲む回数が違っていました。
前行った病院は、一日二回なのに
今回行った病院は一日三回でした。

どちらが正しいのでしょう?
漢方は
ケイジブクリョウガン等です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 piyo159200さん こんばんは

 薬局を経営している薬剤師です。

 医療用のお薬には、添付文章と呼ばれる薬の説明書きが有ります。一般に医師は、その添付文章に従った使い方をします。
 桂枝茯苓丸の場合、ツムラの場合7.5gを2~3回・コタロ-の場合は6gを2~3回に分けて食前または食間に服用するとなっています。従って、通常の使い方ですとツムラでは1回2.5gで3回または3.75gで2回、コタロウーの場合は1回2gで3回または3gで2回と言う使い方が一般的です。
 ところで添付文章を見ると多くのお薬には「なお、年齢、体重、症状により適宜増減する」と言う言葉が記載されています。これは今までの経験で医師は患者の症状の強さに合わせて使用量を適宜増減して良いと言う事を謳っているんです。従って例えばツムラの製品でも症状によっては1回2.5gで1日2回の場合と3回の場合があると言う事です。
 実際にpiyo159200さんの症状がどの程度なのかですが、私がpiyo159200さんに直接お会いして症状判断してないので何とも言えませんが、医師の判断で回数が違っているんです。ですからどちらも正しいです。
 またカネボウの製品では昔から有る「EK]で始まるナンバーの製品で1包み2gの製品と「KB」で始まる1包み3gの製品があります。「KB」で始まるナンバーの製品の場合1日2回の服用を目的に作られた製品ですから、1包みの量によっても1日の服用回数は違ってきます。
 
 本来漢方薬の場合は古来より「煎じ薬」と言われる通り、古典の漢方医学書に記載が有る量を煎じで服用するものです。また桂枝茯苓丸の様な「○○丸」は成分の生薬を粉にした物をハチミツで丸めて丸剤にしお薬です。ところで現在医師が処方する漢方薬のほぼすべてはエキス製剤です。エキス製剤の場合は、煎じたお薬を今風の技術で凍結乾燥させてエキス顆粒を作ります。また錠剤の製剤ではエキス顆粒に圧力をかけて打錠して錠剤を作ります。細かい事を言うとこの様な加工をする事で成分の一部が壊れ、エキス顆粒では煎じの95%位、錠剤の場合は90%位の成分量と言われています。従って古典に記載の有る通りの効き目よりは比べると若干効き目が弱いようです。この事を考えて、若干多めに使う医師もいます。これは今までの経験で医師が決める事です。

 以上より、1日2回または3回でも正しい服用方法と言う事が出来ます。医師の判断次第(考え方を含めて)で服用回数が違うんです。

 piyo159200さん こんばんは

 薬局を経営している薬剤師です。

 医療用のお薬には、添付文章と呼ばれる薬の説明書きが有ります。一般に医師は、その添付文章に従った使い方をします。
 桂枝茯苓丸の場合、ツムラの場合7.5gを2~3回・コタロ-の場合は6gを2~3回に分けて食前または食間に服用するとなっています。従って、通常の使い方ですとツムラでは1回2.5gで3回または3.75gで2回、コタロウーの場合は1回2gで3回または3gで2回と言う使い方が一般的です。
 ところで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報