グリーン購入法やホルムアルデヒド規制等環境にやさしいものづくりが叫ばれる昨今、家具業界独自の規制があると聞きます。環境問題に関する家具業界の規制をチェックする、又は入手する方法はありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私は個人経営の家具工房を経営していますので、大手の家具業界との係わり合いはなく、


家具業界の独自規制とは関係ないところで物づくりをしています。
私の知る限りでは、業界独自の規制が出来たという話は聞いていませんが、もし出来るのなら良い方向性であると歓迎しています。

しかし、業界の自主規制がどのようなものになるかは、期待したい気持ちがある反面、
真に消費者の利益を考えた規制になる可能性は、非常に低いと言っておきましょう。

ある有名な学習机を作っているコ○ヨという会社の例では、
学習机に、「森林浴効果」「超低ホルムアルデヒド」などを、目玉商品には、取り入れていますが、
「森林浴効果」は2~4年で消滅、ホルムアルデヒドも「ゼロ」ではありません。

「グリーン購入法」も理念の聞こえは良いのですが、肝心の、木材の入手先での、森林伐採による環境悪化への配慮が足りません。

批判するばかりで、申し訳ありません。
それでは、今何が必要で、何ができるのでしょうか。

先ず問題点の整理して必要な対応を述べましょう。

1.ホルムアルデヒド対策

 『問題点』
 住宅業界が規制を始めてから慌てて追随している状態で、根本からホルムアルデヒドを排除しようというよりも、
 現状において、市場がどの程度反応しているかを見極めて、消費者受けする対応を選択している。

 『必要な対応』
 有機化学系の接着剤の乱用を止める。
 木材もどきの合成素材の使用をやめる。
 消費者に情報を公開する。

2.森林保護(グリーン購入)

『問題点』
 環境問題が社会問題として取り上げられたことに乗じて、森林の役割を自分に都合の良い方向に解釈し、宣伝の材料に使っている。
 木材を使うことに、良い面と悪い面があるにもかかわらず、家具への木材使用がすべて『善』となるような誤解を与えている。

『必要な対応』
 家具業界の木材消費量は、森林の破壊や育成に影響を及ぼすほどではありません。
 「木」のように見せかけた、合成資材の使用を止め、木を見せたいところには「本物の木」を使い、木の消費量を増やす努力をするべき。
 森林破壊が深刻化している「海外の木」は使わずに、「過密状態」となっている国内の木を利用する。

家具つくりをしている者は、住宅関係者同様、住環境への関心が低い。
営業ツールとして、ビジネスチャンスとしてばかりとらえて、消費者の利益優先という意識にはなっていない。

大変申し訳なく思います。
私は微力ながら、問題解決に向けて「地域の木」「身の回りの木」のみを使う物づくりを実践し、
周りの関係者にも推奨していますが、呼応してくれるものは極わずかです。

家具業界といいますか、住宅関連業界の実態はこんな程度です。
聞こえの良い情報に惑わされず、真実はどこにあるのか見極める目を持って、厳しく業界に圧力をかけてください。

個人のレベルで、上記の諸問題に対応している会社のサイトを紹介しておきます。
参考にしてください。

参考URL:http://www.valley.ne.jp/~ecoshop1/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフロンのオゾン層破壊に対する環境問題について

フロンはどのくらいの時間をかけてオゾン層に到達するのか教えてください。
あとフロンが上空に上がっていくのは密度が小さいからということでいいですか??
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確にはわかりませんが、成層圏にフロンが到達するのは数年と言われています。
フロンは空気よりも比重は重いです。ですから、フロンが上空にあがるのは、ヘリウムを詰めた風船があがるのとは少し違います。科学的には少し不正確かもしれませんが、空気の動きによって上空まで運ばれると考えてください。

フロンは非常に化学的に安定で、対流圏(成層圏の下、私たちがいるところです)で分解されにくいため、成層圏まで到達してしまうのですね。仮にすぐ分解されてしまうならば、オゾン層を直接破壊することはないでしょう。

Qアメリカと中国がすべき環境規制

二酸化炭素排出量1位2位につけるアメリカと中国が今すべき環境規制とは何なのかを具体的に挙げてもらえますか?
もちろん個人の意見でいいです
よろしくお願いします
〆切明日10時半

Aベストアンサー

1.車の規制
共に国土が広いので、交通部門のCO2削減、つまり公共交通の整備拡大と車の抑制が重要。50キロの人間を1トンの車で運ぶのは、地球環境にとって根本的に無理がある。

2.地球温暖化デマ情報の規制と啓蒙
 米国は、自然エネルギーの中で歴史を歩んできた大多数の国々とは異なり、化石燃料を原動力としてわずか200年余りで驚異的な発展を遂げた国家である。したがって、化石燃料が国土を破壊するいう現実が受け入れ難く、地球温暖化懐疑論というデマを捏造し、いまだにそれを信じている国民が多い。 
 日本は、自然エネルギーとともに歩んだ歴史があるにもかかわらず、米国発の化石文化や地球温暖化懐疑論デマに洗脳され、いまだに目の醒めない人も多い。 
 中国も、近年経済的野獣化した日本同様、化石文化に目を奪われ、「環境」に目が向かない国民が殆どのように思う。
 以上より、化石燃料から排出されるCO2が気候変動や生態系の崩壊を招くという科学的事実を正しく伝える教育が重要であると思う。ロスアンゼルスタイムズが懐疑論を取り上げないようにしたのは朗報。

正しい地球環境情報
 現在、地球の気温が産業革命前に比べ、0.9℃上昇している。気温が2℃上昇するようになると、現在局部的に発生してる異常気象や生態系の異変が地球全体に急拡大すると予測されており、気温上昇を2℃以下に抑制することが求められている。しかし、これを達成するには2050年頃までにCO2を100%削減し、それ以後は大気中に拡散してしまったCO2を人為的に回収して、大気中のCO2濃度を400ppmまで戻す必要がある。EUが2030年までに40%削減するよう提言したのは、この道筋に基づいている。(NHK 2014.1.23 ニュース)

詳細は、第5次評価報告書及び海洋研究開発機構・東京大学・気象庁http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20110223/

1.車の規制
共に国土が広いので、交通部門のCO2削減、つまり公共交通の整備拡大と車の抑制が重要。50キロの人間を1トンの車で運ぶのは、地球環境にとって根本的に無理がある。

2.地球温暖化デマ情報の規制と啓蒙
 米国は、自然エネルギーの中で歴史を歩んできた大多数の国々とは異なり、化石燃料を原動力としてわずか200年余りで驚異的な発展を遂げた国家である。したがって、化石燃料が国土を破壊するいう現実が受け入れ難く、地球温暖化懐疑論というデマを捏造し、いまだにそれを信じている国民が多い...続きを読む

Q環境問題についてのレポートの書き方が解りません!!

私は、環境問題について調べたいのですが、どうやって調べれば良いのか解りません!
えっと、しらべたいことは「ダイオキシンやオゾン層破壊」と言う題名なんです。
お願いします。

Aベストアンサー

廃棄物関係のコンサルティングをしております者です。
ご参考までに申し上げます。

環境問題として考える場合、ダイオキシン(正確にはダイオキシン類です。以下DXNとします。)とオゾン層破壊というテーマはあまりよくないと思います。そもそも、環境問題とは、どの環境の問題なのでしょうか。地球ですか?人体ですか?工場などの周辺環境ですか?

地球環境として考えるのであれば、今は地球温暖化がキーワードです。人体であれば、環境ホルモンであり、DXNは環境ホルモンの一部と考えることができます。(人体へのDXN取り込みのほとんどは食品由来といわれています。)また、オゾン層破壊がもたらす紫外線照射による皮膚ガンと関連付けもできるかもしれません。工場などの周辺環境であれば、いわゆる公害(典型7公害で検索してみて下さい。)からまとめるとよいでしょう。ただし、DXNは大気汚染、土壌汚染問題として取り上げることができます。

「ダイオキシンやオゾン層破壊」という題名は、miku1833さんが考えたのですか?与えられたテーマですか?前者であれば、上記意見を参考に再考してみてはいかがですか。与えられたテーマであれば、仕方がないので人体に与える影響という観点でまとめてみてはどうでしょう。ごみ処理問題としても扱えそうですが、こみ処理問題の本質ではないのでよくないと思います。

調べるヒントとして、次のことを参考にしてみては?
DXN:ベトナム戦争、枯葉剤、ごみ焼却、農薬、食品由来
オゾン層破壊:フロン、エアコン・冷蔵庫の冷媒

廃棄物関係のコンサルティングをしております者です。
ご参考までに申し上げます。

環境問題として考える場合、ダイオキシン(正確にはダイオキシン類です。以下DXNとします。)とオゾン層破壊というテーマはあまりよくないと思います。そもそも、環境問題とは、どの環境の問題なのでしょうか。地球ですか?人体ですか?工場などの周辺環境ですか?

地球環境として考えるのであれば、今は地球温暖化がキーワードです。人体であれば、環境ホルモンであり、DXNは環境ホルモンの一部と考えることができ...続きを読む

Qガス業界について(vs電力業界)

私は今就職活動中の大学院1回生理系学生です。
インフラの中でもガス業界、電力業界に興味があります。
特にガス業界に興味があるのですが、電力との勝負が激化しているようで正直なところ少し不安です。

大手ガス会社でも電力会社におされてピンチなんですか?将来電力会社に吸収合併されるなんてことはありえますかね?

噂、持論、体験談などなどどんな書き込みでもいいのでみなさんの意見をお聞かせください。電力・ガスに関することならなんでもおっけいです!
他にも社内の雰囲気や働きやすさなど、何でもいいので情報がある方は書き込みをおねがいいたしますm(__)m

ちなみに私は私生活も充実させたいですが、仕事にメインで打ち込みたいと思っていますので、できるだけ上から押さえつけられるのではなく、下の意見も適度に受け入れてもらえる風通しのよい企業がいいと考えております。

関西の大阪ガス、関西電力を希望していますが、関東の情報でも結構です。
よろしくおねがいいたしますm(__)m

Aベストアンサー

某ガス会社に勤めている者です。
家庭用においては、電化攻勢の激化により競合が厳しくなっていますが、ガス販売全体を見れば、環境性が重視される昨今、産業用を中心に手堅い天然ガス需要があり、しばらくは伸びが期待できるかと思います。
また、家庭用においても、市場環境が厳しいのは事実ですが、対前年の電化率の伸びも一時期よりは下がってきている傾向にありますし、家庭用燃料電池の市場投入も相まって、やられっ放しというわけではありません。
数十年先のことまではわかりませんが、電気とガスの健全な競争はお客さまの利益につながることから、電力会社に吸収されることはないと思います。
ただし、ガス会社は電力会社に比較して、事業規模の小さい会社が多く(ガス料金の内々価格差も課題として挙げられている)、また今後LNGを安定的かつ安価に確保していくにあたっては、事業規模の大きさがメリットになるため、一部大手を除いては、ガス業界の再編に巻き込まれることになる可能性があります。
大阪ガスであれば、若手の時期から活躍が求められる、市場に敏感に反応していく会社との印象を持っています。エネルギー業界の中でも、いわゆるお役所的な会社ではないと思います。(その分忙しいとも言えそうですが。)ただ、大手ガス会社であれば、生産、供給、営業、一般管理と部門が違えば、会社が違うほど部門間の雰囲気に差があります。
これから就職活動に入られるかと思いますが、いろいろな業界をご覧になって、ガス会社のよさを感じてもらえればと思います。(少なくとも私はこの業界に入ったことを後悔していません。)
就職活動がんばってください。

某ガス会社に勤めている者です。
家庭用においては、電化攻勢の激化により競合が厳しくなっていますが、ガス販売全体を見れば、環境性が重視される昨今、産業用を中心に手堅い天然ガス需要があり、しばらくは伸びが期待できるかと思います。
また、家庭用においても、市場環境が厳しいのは事実ですが、対前年の電化率の伸びも一時期よりは下がってきている傾向にありますし、家庭用燃料電池の市場投入も相まって、やられっ放しというわけではありません。
数十年先のことまではわかりませんが、電気とガスの健...続きを読む

Q10年前の環境問題、オゾン、酸性雨は?

10年前の環境問題、オゾン、酸性雨は?
現在はCO2による地球温暖化が問題になっていますが10年前はフロンガスによるオゾン層の破壊と窒素酸化物による酸性雨が問題でした。
この二つは現在あまり問題にされませんが、改善されつつあるのでしょうか?

Aベストアンサー

昨日かおとといくらいの新聞に載っていたと思うのですが、オゾンホールは歯止めがかかり回復傾向にあるそうです。ただ,元通りに回復するのは2050年くらい(だったか?記憶が曖昧ですみません)と出ていた気がします。

酸性雨については分かりませんが、最近の調査ではホルムアルデヒドが含まれているようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100916-00000065-mai-soci

QNOx規制とPM規制に関して教えてください

NOx(窒素酸化物)規制
PM(粒子状物質)規制は
それぞれ公害関係の規制だと思いますが、
どういうものなのでしょうか。
またNOx、PMは何の略なのでしょうか?
またそれぞれどのような単位で表し、どのくらいの数値に達すると、規制にひっかかるのでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

NOx(窒素酸化物)はNOとNO2とを合算したものです。
PM(粒子状物質)は粒径100μm以下のものをいいます。
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/global/kankyou/kankyou_si/taiki/tai03.htm

NOX規制については「大気汚染防止法」による総量規制もありますが、ご質問は
「NOX・PM」ということですので、いわゆる「自動車NOX・PM特別措置法」のことと
思われ、これについてご説明いたします。
なお、法律というものは大変入り組んでいて、全体を説明するのは大変難しいので、
極めて大雑把なご説明になることをあらかじめご了承ください。

この法律の概要は、(1)NOX・PMの2項目について (2)地域を定め(特定対策地域)
(3)適用する自動車の種類(車種規制)ごとに (4)排出量を定め(排出基準)
(5)規制適用年次を定める・・・ことから成り立っています。
また、税制優遇措置・補助金制度などもあります。
また、この法律(国の措置)の適用を待っていては、環境汚染の改善に遅れが出る、
との考えから東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県は、条例による「上乗せ規制」を
かけています。

1.法律の概要です。
 (法令というのは難解なもので理解し難いのですが、基本的なものなので、一応
 掲示しておきます。 飛ばし読みで結構ですので、ざっとご覧になってください)
 第六条に「窒素酸化物総量削減基本方針」が、第八条に「粒子状物質総量削減基本
 方針が、うたわれています。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H04/H04HO070.html

2.法律の分かりやすい解説です。詳しく知りたい人には大変役に立つと思います。
 「もくじ」に法制定の趣旨が、1.車種規制に対象車種が説明されています。
 詳細は「全体版」をクリックすると見られます。
http://www.env.go.jp/air/car/pamph/index.html

3.「対策地域」のリストです。
 首都圏・愛知三重圏・大阪兵庫圏の3地域が規制対象地域です。
http://www.env.go.jp/air/car/pamph/02_1.pdf
(これは上記2項からの抜粋です)

4.「規制対象車種」および「排出基準」のリストです。
 ガソリン乗用車は含まれていません。一例として「ディーゼル乗用車」には
 NOX 0.48g/km PM0.055g/km という規制がかけられています。
http://www.env.go.jp/air/car/pamph/02_2.pdf
 (これも上記2項からの抜粋です)

5.「適用年次」のリストです。
 現在使用している車は車検が切れるまではそのまま使えますが、その後どうなるかを
 知るときに必要です。
http://www.env.go.jp/air/car/pamph/02_4.pdf
(これも上記2項からの抜粋です)

6.東京都条例です。
 都条例はPM規制だけです。またディーゼル乗用車にも規制をかけている点が法と違います。
 この中に「法」との比較対照表があります。
(1都3県では、「法」と「条例」の両方が適用されます。お間違いなきよう・・・)
http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/jidousya/rifuretto/zidou.pdf

法律は大変難解で”流れるような説明”をすることが出来ません。(^_^;)
上記のようなご説明になってしまったことをご容赦ください。

参考URL:http://www.city.numazu.shizuoka.jp/global/kankyou/kankyou_si/taiki/tai03.htm

NOx(窒素酸化物)はNOとNO2とを合算したものです。
PM(粒子状物質)は粒径100μm以下のものをいいます。
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/global/kankyou/kankyou_si/taiki/tai03.htm

NOX規制については「大気汚染防止法」による総量規制もありますが、ご質問は
「NOX・PM」ということですので、いわゆる「自動車NOX・PM特別措置法」のことと
思われ、これについてご説明いたします。
なお、法律というものは大変入り組んでいて、全体を説明するのは大変難しいので、
極めて大雑把なご説明になるこ...続きを読む

Q理科のオゾン層

いつも大変おせわになっています。

地球環境問題について調べ・勉強しているのですが、
「オゾン層を構成している物質の原子の記号はO」
という本の一文の意味がよく分かりませんでした。
これについて教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

オゾン層を構成しているオゾンは
(というよりもオゾンの濃度が
 高いからオゾン層と呼ばれている)
酸素原子(元素記号O)が3個結合したものです(O3)。
つまりはそういうことだと思います。

ちなみに酸素は酸素原子が2個結合したものです(O2)。

Q建材に含まれるホルムアルデヒド基準値

ホルマリンとも言うらしいですが、このホルムアルデヒドは建材の接着剤の中に含まれているらしくその基準は日本がかなり厳しいらしいです。では具体的にどのような基準が設けられているのか教えてください。
中央省庁のHPなんかに掲載されていないのでしょうか?
JISと関係があるとも聞きました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

この方面の最新の動きは、国土交通省の「改正建築基準法に基づくシックハウス
対策について 平成15年7月1日施行」があります。

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/build/sick.html

これに関連して、JIS、JASで建材の等級表示が義務付けられています。
(昔はJIS/JASで表示が違っていたのですが、今度統一されました。)


上の流れと別に、厚生労働省が「濃度指針値」として、ホルムアルデヒドの室内
濃度指針値を0.08ppmに設定しています。

http://www.a-1group.net/cute/sickhouse.htm#3

(下のほうにはJIS表現についても触れられています。)


日本も相当厳しくなってきましたが......。
世界の中で最も厳しいかどうかで評価すると、まだまだのような気がします。
(欧州ではもっと厳しい国がありますし)

Q二酸化炭素がオゾン層破壊?

二酸化炭素がオゾン層を破壊していると聞きますが、空気中での分子量が比較的高い二酸化炭素(44)がオゾン層まで上っていくのでしょうか?重い気体は比較的低いところに留まると思うのですが。また、どのように二酸化炭素がオゾン層を破壊するのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、オゾン層を破壊しているのは古いくエアコンや、冷蔵庫の冷媒として利用されている塩素を含む「フロン」です。
二酸化炭素にはオゾン層を破壊する働きはありません。

二酸化炭素は地球から外へ出るはずの熱を通るのを妨げる性質があります。そのため、地球には多くの熱がたまって気温の上昇などにつながります。
そこから、二酸化炭素は「温室効果ガス」と言われるのです。

フロンも温室効果ガスの一種ですのでそこで混同しているのかと思います。

Qホルムアルデヒドの発生理由

ホルムアルデヒドが合板等の接着剤からでるってのは知ってますが、接着剤等のどの化学薬品が原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

ホルムアルデヒドとは、その物質ないに、
酸素を含む有機化合物で刺激臭があるのが
特徴の物質です。

では、どうしてそのようなものを使わなければ
ならないかと言うと、
接着剤には、必ず、接着時間がありますよね?
その硬化時間を調整する役割で使われています。

クロスをはる接着剤には、貼り付けて少しの間は
シワを伸ばしたりする時間が必要です。
フローリングをはる時のボンドも、あまり早く
固まると、作業性が悪い・・。
そこで、登場するのがホルムアルデヒドです。
これを入れることによりその揮発時間で
調整が可能で、しかも調整するには一番安くて、
手っ取り早い。
だから、今まで多く使われてきました。
家の中のものほとんどのものに入っているといって良いかも知れません。
しかし、その揮発したホルムアルデヒドや、
まだ完全に揮発しきっていない残っているホルムアルデヒドが徐々に空気中に拡散し、
ご存知の通り、マスコミで問題視されるようになり、
製造メーカーからも、低ホルム・低ホルムアルデヒドと大きく記載された、代替商品がおおく登場し、
施主・工務店ともトラブルを防止するためにも
好んで使うようになってきました。
しかし、先の接着剤のコストが少し高くなるので、
全体的に少し高めの商品になっている場合が多いです。

ではなぜそのような物を完全に廃絶できないか?
木材自体や自然界のそのものにも
ホルムアルデヒドは含まれており、
特に干ししいたけは、多く含む代表的なものでもありますが、これはなぜか無害と厚生省では発表しております。

ご参考になりましたか?

参考URL:http://zest-lumber.hoops.ne.jp/horumarin.htm

ホルムアルデヒドとは、その物質ないに、
酸素を含む有機化合物で刺激臭があるのが
特徴の物質です。

では、どうしてそのようなものを使わなければ
ならないかと言うと、
接着剤には、必ず、接着時間がありますよね?
その硬化時間を調整する役割で使われています。

クロスをはる接着剤には、貼り付けて少しの間は
シワを伸ばしたりする時間が必要です。
フローリングをはる時のボンドも、あまり早く
固まると、作業性が悪い・・。
そこで、登場するのがホルムアルデヒドです。
これを入れること...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報