テロ後のアフリカの経済について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

曽野綾子さんの著作を読むとアフリカに「経済」という概念が成立するのだろうかと思います。


援助をしても末端に届く前に蒸発してしまうそうです。大方は支配階級のフトコロニ入っているようです。経済の前提となる国家自体の存在さえも疑われます。北朝鮮と同等かそれ以下かもしれません。

「テロ後」というのが分かりかねますが、今後ということであれば当分停滞から抜け出せないだろと思います。
基本的に「生産の経済」ではなく、拡大再生産の望めない資産(資源)の「切り売り経済」だからです。その資源を抑えているのが「族長」勢力だそうです。
社会体制の未熟さを中国などに突け込まれて食い物にされないことを願うばかりです。

リビアもカダフィの独裁性ばかりに目を奪われていると本質を見誤ります。イラクやアフガニスタンがいつまでも落ち着かないのと同じ背景があります。誰が舞台に上がっても変わり映えしないということです。
カダフィ体制の崩壊は新たな混乱の始まりと思った方がよさそうです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界地図のアフリカ大陸が手羽先に見えたことは?

イタリアが長靴に見えるのは有名ですが、
アフリカ大陸が手羽先に見えたことはありますか?

Aベストアンサー

 あんな太い手羽先はないっ!手羽元だろwww
 どちらかと言えば南アメリカ大陸の方が形は近い。
 

Q日本のバブル前、バブル期、バブル崩壊後、ドイツ、中国経済、現在の世界の経済について教えて下さい

いくつか質問があるのですが

質問1
バブル前の日本とバブル期の日本の違いを教えてほしいです。例えばGDPとかの順位が何位から何位になったとか
自分で調べてみると日本は戦争に負けて叩き潰されて、それから復活したって言われていたようですが叩き潰された状態がどんな状態かわかりません。

質問2
日本は先進国と言われていますがそれはバブル前から言われていたんですか?バブルのお陰で先進国の仲間入りを果たしたんですか?バブル前の先進国はどんな国でしたか?ドイツも先進国とは言えない感じでしたか?

質問2
バブル期はGDPとか1位になったんですか?それとも1位の国に迫っていずれ抜くだろうと言われて抜く前にバブルはじけたんですか?バブル期の世界のGDPの順位ベスト5くらい教えて下さい。GDPと一人当たりのGDPを知りたいです。

質問3
一人当たりのGDPが世界3位と言われていた時期はいつですか?バブル期ですか?1位や2位はどこですか?現在は1位ルクセンブルク、2位ノルウェーらしいですが

質問4
ドイツも戦争に敗れ酷い感じになったんですか?戦争に敗れた当初は日本、ドイツどちらが酷い状態でしたか?そしてどっちが早く復活したんですか?ドイツにも日本のバブルのように復活のきっかけはあったんですか?

質問5
ドイツのGDPは日本に続く3位ですが戦争前は何位ですか?そしてどのように3位まで上がってきたんですか?

質問6
中国の経済がバブルなんて言われていましたが日本のバブルが4年くらい続いたのに対し、中国はどれくらい続いていますか?
中国の経済は日本ほど大きいバブルではなく、日本ほど酷い崩壊もしていない感じですか?それとも中国経済は未だに絶好調ですか?

質問7
アメリカが大変なことになっていますがそれを受けて中国はどうですか?強い影響を受けて失速ですか?それとも以前成長中ですか?、

質問8
インド、ロシア、ブラジルなどの絶好調と言われていた国達は現在どんな感じですか?

質問9
世界恐慌が始まると言われていますが経済が良い状態の国はありますか?

質問10
これから戦争もしくは戦争に代わる国同士の争いは起きますか?

質問11
元厚生省事務次官が殺されましたがこれは現在の世界経済と関係がありますか?

以上です
出来れば経済音痴にもわかるように教えてほしいです

いくつか質問があるのですが

質問1
バブル前の日本とバブル期の日本の違いを教えてほしいです。例えばGDPとかの順位が何位から何位になったとか
自分で調べてみると日本は戦争に負けて叩き潰されて、それから復活したって言われていたようですが叩き潰された状態がどんな状態かわかりません。

質問2
日本は先進国と言われていますがそれはバブル前から言われていたんですか?バブルのお陰で先進国の仲間入りを果たしたんですか?バブル前の先進国はどんな国でしたか?ドイツも先進国とは言えない感じで...続きを読む

Aベストアンサー

質問1への回答
WW2でありとあらゆるインフラが破壊され、軍に物資を徴用されたため国民が生活必需品にも事欠く有様を「叩き潰された」と表現しています。
ありとあらゆる物資が欠乏していたため(また代用品も粗悪であり、それらを製造する工場の設備自体が劣化していたのです)当時は極貧国といえたと思います。
それが朝鮮戦争でより戦場に近い日本を当時占領軍の中枢にいたアメリカ軍が工場代わりに使ったためいわゆる「朝鮮特需」が沸き起こりました。
このとき、老朽化していた設備などが一新され、また原料などが豊富に入ってきたことにより急速に発展していきました。
その後「神武景気」「いざなぎ景気」といった長期間の好景気が続いたことにより70年代にはGDPは資本主義国家で第二位になるまでに成長しました。

質問2への回答
日本もドイツもバブル以前から先進国の仲間としてカウントされています。
ただドイツは複雑で、西ドイツと東ドイツに分割統治されていたため当初「先進国」として考えられていたのは西ドイツです。しかし、西ドイツが東ドイツを吸収したため現在ドイツは先進国に分類されるでしょう。
Wirtschaftswunder(経済の奇跡)といって、日本と同じような経緯の元西ドイツは復興しました。
主要先進国はロシアを除いたG8加盟国ですが、広義の先進国はOECD加盟国とされています。

もう少しご自身で調べるとよろしいかと思います。
年代別GDP・一人当たりGDP等は検索すれば上位にあるサイトに必ず記載されています。
また、何が訊きたいのかをもう少し明確にしたほうがより有用な回答をもらえると思いますよ。

質問1への回答
WW2でありとあらゆるインフラが破壊され、軍に物資を徴用されたため国民が生活必需品にも事欠く有様を「叩き潰された」と表現しています。
ありとあらゆる物資が欠乏していたため(また代用品も粗悪であり、それらを製造する工場の設備自体が劣化していたのです)当時は極貧国といえたと思います。
それが朝鮮戦争でより戦場に近い日本を当時占領軍の中枢にいたアメリカ軍が工場代わりに使ったためいわゆる「朝鮮特需」が沸き起こりました。
このとき、老朽化していた設備などが一新され、...続きを読む

Q場所をおしえてくれるサイトはありませんか(世界地図)

 地理がとても苦手なわたしですがサイトで場所を入れて
検索できて検索結果に地図がのせれるようなサイトはありませんでしょうか?たとえばコンゴ盆地と検索したら
アフリカの地図とコンゴ盆地の場所が示してあるようなサイトがいいです。

Aベストアンサー

こちらのサイトから探すことは可能と思います。
英語版ですが、発音から判断できると思います。
>Online Maps of General Interest
この項目からご自分の探したいエリアをクリックしてみてください。
例)
Maps of Africa・・・アフリカ
Maps of Asia ・・・アジア

など。

参考URL:http://www.lib.utexas.edu/maps/index.html

Qテロ後のブラジル経済

アメリカでのテロの後の各国の経済状況を調べています。とくにブラジルを調べているのですが、なかなか最新の経済状況が書かれているサイトが見つかりません。
最新の経済状況が、できればこまめに更新されてるサイトがあればぜひ教えてください。

Aベストアンサー

フォルクスワーゲンのブラジル法人が、
従業員4000名を解雇した、っていう記事が載っています。
   ↓
http://63.236.108.16/news.cms?newsId=581

アメリカのAutomotive Newsっていう、自動車業界紙の
Webサイトです。

参考URL:http://63.236.108.16/news.cms?newsId=581

Qアフリカ西海岸

Wカップのニュースを見ていて思い出したのですが
昭和30年頃の日本発行の世界地図にはアフリカ西海岸には象牙、奴隷、黄金他 海岸がつく国名があったのですが当時の地図が見られるサイトをご存知ありませんか?ちなみに象牙海岸は現在のコート・ジボアールです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当時の地図、特に「○○海岸」と表記されているものはネット上ではなかなか見つかりませんね。
「象牙海岸」は直訳なので分かり易いのですが、今回調べてみたら「黄金海岸」は現在のトーゴなど。しかも植民地には無縁な感のあるスエーデンも「黄金海岸」を持っていたとは、オドロキです。蛇足ですが、黄金海岸はオーストラリアにも確かにありますね。

下記のURLで「○○海岸」のことが、少し分かります。ご参考まで!
ご要望の地図のことではなく、すみません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E9%87%91%E6%B5%B7%E5%B2%B8

Q【経済】「経済を回す方法って、何も消費だけではないと思うんだけど」と言われてしまいました。経済を

【経済】「経済を回す方法って、何も消費だけではないと思うんだけど」と言われてしまいました。

経済を回す方法って消費以外に何かありますか?

Aベストアンサー

書店チェーンのリブロが、西武百貨店池袋本店に構える本店を6月で閉店するのだそうだ。残念なニュースだ。

フロアマップの中にきちんとした書店を配置していない百貨店(モールでも同じことだが)は、長い目で見て、顧客に尊敬されない。まあ、書店を必要としないタイプの客だけを相手に商売が成り立たないわけでもない。それはそれでやって行けるものなのかもしれない。が、立ち回り先に本屋が無くても平気なタイプの客は、店舗に対して値段の安さ以外の要素を求めない買い手であるはずで、だとすると、顧客に対面して商品を直接販売する百貨店のような業態は、この先、店舗負担と人件費を要さないネット通販のチェーンに、早晩駆逐されなければならない。

本屋は、本を販売するだけの店ではない。それが入店しているモールなり百貨店なりに、単なる商品の売買とは別次元の付加価値をもたらす施設だ。
その意味で、書籍を売る売り場が無くなることは、その百貨店が「なじみの本屋を定期巡回する流れでフロアに流れてくる客」を失うことを意味している。

そこで起こることは「庇を貸して母屋を取られる」の逆パターンのなりゆきになるはずだ。
リブロ本店閉店の噂を語る人たちが決まって指摘していたのは、道を挟んですぐ向かい側にある、より蔵書数の多い大型書店(←ジュンク堂池袋本店)と商圏が重複していることだった。
ほとんど同じ場所に、同じような大型書店が2軒並んで店を構えているのは、資源の無駄だというわけだ。しかし、その考えは、いささか古いかもしれない。
昨今では、飲食店でもアパレルでも、同じ顧客をターゲットとする同業のライバル店舗が、同じ街の狭い地域に、あえて隣り合って立地している例が珍しくない。

なぜそんなことをするのかというと、同じ業種の店が集中することで、顧客の側には見比べるメリットが生じるからで、事実、限られた一角に同じタイプのファストファッションの店が軒を連ねている原宿や、都内のどこよりももんじゃ焼き屋が集中している月島では、その一極集中の様相が、客を奪い合う結果よりは、遠くから顧客を呼び寄せる効果を生み出している。

そういう意味で、リブロが閉店することは、もしかしたら、ジュンク堂にとっても良くない影響をもたらす可能性がある。これまで、休日や仕事帰りに、池袋で途中下車していた巡回客のうちの一部は、今後は、もう10分ほど余分に電車に乗って、別の街の書店街を歩くことを選ぶかもしれない。
つまり、書店の撤退は、リブロの例に限らず、「本が売れない」という、もう20年も前から続いている「出版不況」と呼ばれる現象のひとつだということだ。してみると、これは、水源が枯渇したから畑が消滅しましたという、退屈な必然に過ぎないのかもしれない。

本が売れないことには、たくさんの原因が考えられる。
ざっと思いつくところでは、娯楽の多様化:ラジオ、テレビ、もちろんインターネットなど、本を読む以外の娯楽が増えた。
情報ソースの多元化:活字以外の情報ソースが充実するにつれて、活字メディアの相対的な地位が低下した。
現代人の多忙化:きょうびのんびり本読んでるヒマなんてないぞ。
といったあたりが代表的な線だろうか。

結局のところ、書籍が売れないことは、書籍の中に活字という形で集積されるタイプの知識や情報に対して、わたくしども現代の日本人が、あまり大きな価値を置かなくなってきていることのあらわれなのだ。

つい2日ほど前、IT業界で活躍するビジネスマンの対談記事が話題になった。
対談そのものは、2年前(2013年)にネット上の動画サイトで公開されたものなのだそうだが、この中で、お二人は、日本で優れたプログラマが育たないことを嘆きつつ、学校教育の中でコンピュータサイエンスやプログラムを教えるべきである旨の持論を展開している。
で、これまでの、学校教育のカリキュラム、たとえば日本史については
「意味ないよ」
「歴史は苦手ですね」
「大河ドラマ見てればいいんですよ」
と言っている。
おそらく、日本史のような古色蒼然たる知識を授けることより、子供たちには、もっと実践的な知識を教えるべきだということなのだと思う。

私は、このお二人の考え方に、「反知性主義」というレッテルを貼ろうとは思っていない。三木谷さんも夏野さんも、大変にアタマの良い人だ。それに、お二人とも、知性を軽んじる考え方を持っているわけではない。

ただ、何をもって「知性」とし、具体的にどんな情報を「教養」と考えるのかについて、自分たちなりの持論を展開しているということだ。
大げさに言えばだが、この対談の中で、このお二人のビジネスマンは
「有効な知性と無効な知性の区別について」お話をしている。そういう意味では、「新知性主義」と呼ぶことも可能だ。

彼らの言わんとするところを要約すれば、これまでの大学教育やブッキッシュな教養体系の中で「教養」「知性」とされてきた、「日本史」や「シェークスピア」や「憲法」のようなアカデミックな「知識」よりも、たとえば「プログラミング」や、「観光英語」や「簿記」や「工作機械の操作法」といったアクチュアルで、現実的で、実用的で、実践的で、実学に近い「情報」の教育により高いプライオリティを置くべきだということだ。

「激動の時代」と呼ばれることの多かった20世紀の日本も、21世紀の現代と較べてみれば、ずっと変化の少ないおだやかな時代だったと言える。
社会的な事件や政治的なあらそいごとはともかくとして、こと「情報」に限って言えば、その変化のスピードは、コンピュータという機械の登場以前と以後とではまるで違う。
だから、1人の人間が一人前の勤労者になるまでの間に身につけなければならない情報は、現代の方がはるかに多い。情報の陳腐化も早い。
それゆえ現代のビジネスパースンは、昭和のサラリーマンと比べて10倍速(オダジマ推定)で自分の中の知識を更新し続けなければならない。
こうした背景を考えれば、三木谷さんや夏野さんが、学校教育の中で「実学」を教えることの重要性を訴えるのも当然だ。

個人のアタマの中に蓄積された伝統的な教養が、死ぬまで有効だった時代は、既に過ぎ去っている。情報は刻々と更新されている。それに合わせて、知識はどんどん陳腐化し、教養もまた加速度的に無効化しつつある。そんなふうにあらゆるものがスクロールしている世界の中で暮らしている以上、紙に印刷した知識を積み上げることは、そもそも、ナンセンスなのかもしれない。

別の考え方もある。情報の陳腐化が急速であるからこそ、学校教育では、知識や情報それ自体ではなく、学問(ないしは体系化された情報)への取り組み方を教えるべきだという立場だ。
この立場からすると、「教養」とは、知識そのものではなくて、「知識との付き合い方」、「知識の扱い方」、あるいは、「自分がどの程度の知識を持っていてどんな知識を欠いているのかを正確に知る能力」を示唆する言葉ということになる。

物理学は私になにももたらさなかった。それ以前に、私は授業についていけなかった。教養というのは、元来そうしたものだ。物理学は私に
「一言半句わからない」
というかけがえのない経験を与えてくれた。そう考えれば、そういうふうに考えることもできる。日本史も同じだ。
わからない人にはわからないし、価値を知らない者には価値の無いものだ。
が、だからといって、省いて良いものではない。
「一部の人には不可欠でも大多数の人間には無価値なもの」を容赦無く削って行けば、コストはカットできるだろうし、効率も上がるだろう。生産性だってもしかしたら向上するかもしれない。

が、そうやって無駄な要素を省いて行くと、無駄なものにかかわる人間がいなくなる。
つまり、音楽を楽しんだり歴史散歩をしたり古美術を蒐集する人間が消えてしまう。
と、需要が半減して、世界はとんでもない不景気になる。
教養という無駄も、実は経済を回しているのだと思う。

そうさせないためにも、われわれは、せめて本を買って、世界を回さなければならない。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20150305/278274/?P=1

書店チェーンのリブロが、西武百貨店池袋本店に構える本店を6月で閉店するのだそうだ。残念なニュースだ。

フロアマップの中にきちんとした書店を配置していない百貨店(モールでも同じことだが)は、長い目で見て、顧客に尊敬されない。まあ、書店を必要としないタイプの客だけを相手に商売が成り立たないわけでもない。それはそれでやって行けるものなのかもしれない。が、立ち回り先に本屋が無くても平気なタイプの客は、店舗に対して値段の安さ以外の要素を求めない買い手であるはずで、だとすると、顧客に対...続きを読む

Qアフリカ 原油

こんにちは、
勉強をしていて、ふと疑問に思ったことがあります。
原油は新期造山帯の地域で多くと習いましたが、アフリカの地図を見ていると、ナイジェリアの海岸あたりなどに原油のマークがありました。アフリカは、大部分が安定陸隗だから、鉄鉱石が多く取れるのですよね??でも、どうして原油もとれるのでしょうか?
教えてほしいです。

Aベストアンサー

国立二次の受験で地理を利用した大学生です。

鋭いですね。私も新期造山帯=石油・古期造山帯=石炭・安定陸塊=鉄鉱石の組み合わせを習いましたが、質問者さんのように気づきませんでした。

明確な回答ではないのですが、「石油がなぜ&どこで取れるか」というのははっきりわかっていないようで、「古代の動物の死骸が地球の圧力や熱によって石油になる」というのも仮説にすぎず、「地球の内部に大量にある炭素が石油になる」という説もあるそうです。

すると、「古代の動物が死んだあとに造山活動が起きた、新期造山帯で石油が採れやすい」という説も仮説に過ぎないことになります。

あくまで、新期造山帯は石油の「採れやすい」ところですから、絶対の組み合わせと思いこまず、ひとつの基準として考え、ナイジェリアはその例外と考えてはいかがでしょうか。

Q南アフリカの経済について。

 南アフリカはBRICsと呼ばれ経済発展が著しいようなことがある本に書いてあるのですが、どの程度の経済レベルなのでしょうか?日本となじみのあるような国で例えてもらえないでしょうか?中国のように急成長しているのでしょうか。国が違うので比べること自体が無理があるような気がするのですが、あえて教えていただけないでしょうか?イメージがわかなくて困っています。
 それからアフリカ大陸では発展の状況としては上位にいるのでしょうか。どうしてもエジプトとかしか浮かばないんですが、エジプトよりも発展しているのでしょうか?

Aベストアンサー

判断するのが、微妙で、難しい、そういうところです。
所得水準は、日本の近くの例で見ると
マレーシアとタイの間くらいになります(1)(2)。
といってもマレーシアやタイの所得水準が
ありありと思い浮かぶ日本人は多くないかもしれませんが。
アフリカではトップクラスの所得水準ですが、
貧富格差は極めて大きく、貧困人口もいっぱいいます。
所得水準はエジプトよりずっと上ですが、
国連の人間開発指数でみると発展段階は
エジプトより下になってしまいます(3)。
HIV/エイズで平均寿命が非常に短く、
貧富格差が大きく識字率が低いといった事情があります。

他にアフリカで高成長の国には例えばボツワナとかもありますが、
人口が少ないので存在感は大きくはありません。
最近は原油高で異常な勢いで成長している産油国も多いですが、
資源価格が下落したらまた経済が混乱するかもしれません。

南アフリカの経済的な立場は、どちらかというと
中国よりもブラジルに近いかもしれません。
ここ数年の経済成長率は、中国ほどではないとしても、
先進国と比べれば高い水準にあります(4)。
もっとも、最近のアフリカ諸国の高成長は、
資源価格高騰に頼っている面が大きく、
今後資源プレミアムがなくなる~マイナスになる
ケースも考慮に入れる必要があるはずです。

南アフリカは、巨大な資源大国でもありますが、
加えてアフリカ最大の工業国という顔も持ち合わせています(5)。
輸出の半分は工業製品となっているようです。
最近中国製造業の大量生産に押されがちで、
対中感情があまり良くないという噂もありますが。

(1)1人当たりの国内総生産(購買力平価換算(物価差調整済)、2007年、IMF)
ボツワナ 16,450ドル
ロシア 14,692ドル
マレーシア 13,315ドル
南アフリカ 9,761ドル
ブラジル 9,695ドル
タイ 7,900ドル
エジプト 5,491ドル
中国 5,292ドル
インド 2,659ドル

(2)1人当たりの国内総生産(為替レート換算、2007年、IMF)
ロシア 9,075ドル
ボツワナ 7,888ドル
マレーシア 6,948ドル
ブラジル 6,938ドル
南アフリカ 5,906ドル
タイ 3,737ドル
中国 2,461ドル
エジプト 1,739ドル
インド 978ドル

(3)アフリカ諸国の人間開発指数(UNDP、2007年分(データは2005年))
1 セーシェル 0.843
2 リビア 0.818
3 モーリシャス 0.804
(タイ 0.781)
(中国 0.777)
4 チュニジア 0.766
5 カーボベルデ 0.736
6 アルジェリア 0.733
(インドネシア 0.728)
7 エジプト 0.708
8 ガボン 0.677
9 南アフリカ 0.674
10 サントメ・プリンシペ 0.654
(インド 0.619)
(※人間開発指数は、国連開発計画公表の、発展の度合いの指数
 所得水準・平均寿命・識字率・就学率からなる)

(4)経済成長率
南アフリカ(2000)+4.2%(2001)+2.7%(2002)+3.7%(2003)+3.1%(2004)+4.9%(2005)+5.0%(2006)+5.4%(2007)+5.1%
エジプト(2000)+5.4%(2001)+3.5%(2002)+3.2%(2003)+3.2%(2004)+4.1%(2005)+4.5%(2006)+6.8%(2007)+7.1%
中国(2000)+8.4%(2001)+8.3%(2002)+9.1%(2003)+10.0%(2004)+10.1%(2005)+10.4%(2006)+11.1%(2007)+11.4%(推定)
インド(2000)+5.5%(2001)+3.9%(2002)+4.6%(2003)+6.9%(2004)+7.9%(2005)+9.1%(2006)+9.7%(2007)+9.2%
ロシア(2000)+10.0%(2001)+5.1%(2002)+4.7%(2003)+7.3%(2004)+7.2%(2005)+6.4%(2006)+7.4%(2007)+8.1%
ブラジル(2000)+4.3%(2001)+1.3%(2002)+2.7%(2003)+1.1%(2004)+5.7%(2005)+3.2%(2006)+3.8%(2007)+5.4%

(5)製造業の付加価値(UN、2006年、為替レート換算)
2 中国 1兆0956億ドル
8 ブラジル 2307億ドル
13 メキシコ 1360億ドル
14 インド 1302億ドル
15 インドネシア 1026億ドル
18 トルコ 828億ドル
19 タイ 723億ドル
26 マレーシア 455億ドル
29 南アフリカ 422億ドル
37 フィリピン 272億ドル
45 エジプト 200億ドル
57 モロッコ 100億ドル
61 アルジェリア 66億ドル

判断するのが、微妙で、難しい、そういうところです。
所得水準は、日本の近くの例で見ると
マレーシアとタイの間くらいになります(1)(2)。
といってもマレーシアやタイの所得水準が
ありありと思い浮かぶ日本人は多くないかもしれませんが。
アフリカではトップクラスの所得水準ですが、
貧富格差は極めて大きく、貧困人口もいっぱいいます。
所得水準はエジプトよりずっと上ですが、
国連の人間開発指数でみると発展段階は
エジプトより下になってしまいます(3)。
HIV/エイズで平均寿命が非常に短く、...続きを読む

Qアフリカ事情!

先ほど、地図を見ていましたらアフリカ大陸にコンゴ共和国という国とその隣りにコンゴ民主共和国という国があるではありませんか!この二カ国はどういった歴史を歩んできたのでしょうか?民族構成、政治体制を織り交ぜた回答を待っております。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記ぺージ等によると,『15世紀頃まではコンゴ王国としてひとつだったが、植民地時代にベルギー領(現在のコンゴ民主共和国)とフランス領(現在のコンゴ共和国)に分けられた。』との事です。

 ・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B4%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD
  コンゴ共和国

 ・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B4%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD
  コンゴ民主共和国

 ・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B4%E7%8E%8B%E5%9B%BD
  コンゴ王国

 参考 URL にはハイパーリンクのある OKWeb のこの質問をあげておきます。

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1305114

下記ぺージ等によると,『15世紀頃まではコンゴ王国としてひとつだったが、植民地時代にベルギー領(現在のコンゴ民主共和国)とフランス領(現在のコンゴ共和国)に分けられた。』との事です。

 ・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B4%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD
  コンゴ共和国

 ・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B4%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD
  コンゴ民主共和国

 ・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E...続きを読む

Qテロの経済への影響などについて・・・。

こんにちは!よろしくお願いします!m(__)m
卒論で『テロの経済への影響』についてやることになったのですが、
どうしたら良いか分からなくなったので、教えてほしいです。
まず、章別編成を考えたのですが
1章が、テロの世界経済への影響
2章が、世界の金融システムについて
       〃     の弱さ
3章が、見解
といった感じにしようと思うのですがどうでしょうか?
特に、1章がどう書いたら良いか悩んでます。
なにか、アドバイスなど頂けたら嬉しいです。
あと、これを書くにあたって参考になる本がありましたら教えてほしいです。
回答よろしくお願いします! 

Aベストアンサー

sho15さん今日は。卒論の季節ですねえ、日本でも卒論の資料をwebで探せるよな便利な国になりましたね。
余計なことはさておき、ご参考までにお答えします。

テロの直接的経済損失よりも、経済社会への不安が大きく広がったことが、経済的影響が予想以上に大きなつた原因ではないでしょうか、経済社会の制度は、確かに世界金融市場を中心に動いてはいますが、社会の不安は個々の経済活動を著しく阻害するのではないでしょうか。
先日、新聞の書評欄で、「信頼と信用の経済学」(信頼と信用の順序が逆かも知れません)と言う本が紹介されていました私は読んでいませんので無責任ですが、このあたりの参考に成るのではないかと思います。読んではいませんが、最近の進化経済学の範疇に入るのではと想像していますが、間違っていたらごめんなさい。

余談ですが、テロの報復がイスラム対キリスト教文化、先進国対後進国の構造になり、経済不況が続けばナショナリズムが盛んになり、第二次世界大戦前のような状況になるかもしれませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報