悩んでいます。

 
 パートで、厚生年金の被保険者になって
 いなかったら、在職年金は満額もらえるのでしょうか。
 
 税金面も考えると手取りで月額収入がいくら
 ぐらいがいいのでしょうか。

 教えてください。

A 回答 (2件)

 在職老齢厚生年金というは厚生年金に現在加入している人が働きながら老齢厚生年金を受け取る場合に在職中ということで老齢厚生年金が調整されて支給されるためこう呼んでいます。

会社を辞めて厚生年金の被保険者でなくなった場合、老齢厚生年金額は調整されません。
 ただ、生年月日によっては多少満額を受け取る年齢が変わります。kopanさんは女性かな?女性の場合はまた男性と違って昭和21年4月2日以降生まれの方から満額を受け取る年齢が少しずつずれてきます。現在61歳なら昭和15年生まれですね。女性で、退職しているのなら満額の年金に影響はありません。
 税金面で月額給与収入を考えるのであれば、kopanさんがうけられる控除を知る必要があります。基礎控除と給与所得控除だけしか控除をうけられないのであれば年額103万までなら課税されない給与額と言えますが、ほかにも条件によっては受けられる控除がありますので、みんながこの103万を気にして収入制限するのはどうかと思います。扶養家族であるかどうか、配偶者の収入によっては・・。とか正確にお答えするには正確な情報が必要です。お近くの税務署に電話をしてみてください。割りと親切に教えてくれますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ご丁寧な回答をありがとうございました。
参考になりました。

色々と税金のこととか考えてしまって、
ややこしくて大変です。

税務署で一度聞いてみます。有難うございました。

お礼日時:2001/10/12 17:21

あなたのお年なども考えないと何とも言えないのではないでしょうか。

この回答への補足

年齢は61歳。あと1ヶ月ぐらいで退職し、その後
パートという形で、月に何回か出社する予定です。

補足日時:2001/10/11 23:56
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外移住した場合の年金や保険について教えてください。

海外移住した場合、国によっても異なると思いますが、年金、保険などどうしてらっしゃいますか?
日本で支払った厚生年金などの受取は可能ですか?
特に、フランス、アメリカ永住のケースについて教えていただければと思います。
漠然としていて申し訳ありませんが、どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

アメリカ永住者です。

まず公的年金についてですが、アメリカは日本の年金制度との相互乗り入れ制度を2004年から始めたところです。
ですので、25年に満たない年金もアメリカでSSNの加入・支払いをすることで合算での支給が可能になりました。
詳しくは以下をご覧ください。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/nenkin/20050207mk21.htm

また保険制度ですが、日本に居住していない人に関しては(住民票の有無で判断)日本の国民保険に加入することができません。
ですので、海外在住になった段階でまず日本の保険制度とは関係なくなります。
(日本に住民票をおいての長期出張などはこれに含まれません)
#1の方が書いているのは、日本の保険に入っていて海外で治療を受けた時にその治療が日本の保険適用内の時だけです。
日本で行われない、または日本では必要と看做されない治療については支払ってもらえません。
また日本の保険基準に従っての支払いになるので、当然のことながら治療費が高いアメリカの治療は(たとえ適用内であっても)戻っても1/10位です。

通常アメリカでは勤めている会社で扱っている保険か自分で任意で保険に入ります。
特にアメリカは保険料も医療費も高いので、この会社で入れる保険会社については転職の際の大きな決め手になります。
保険の加入は喫煙慣習・飲酒慣習・がん家系かなどの細かい調査があって保険料が決められます。
このような形で保険に入らなければ医療は実際は受けられないと思ってください。
永住者に関しては、もし万が一医療保険がない状態で医療的治療が行われた時はアメリカ市民と同じようにMedicaid。(低所得者用保険制度)が適用されます
ただしその州によって、永住権をとってから何年後から適用というように決められています。

もし他にわからないことがあったら、再度書き込んでください。

アメリカ永住者です。

まず公的年金についてですが、アメリカは日本の年金制度との相互乗り入れ制度を2004年から始めたところです。
ですので、25年に満たない年金もアメリカでSSNの加入・支払いをすることで合算での支給が可能になりました。
詳しくは以下をご覧ください。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/nenkin/20050207mk21.htm

また保険制度ですが、日本に居住していない人に関しては(住民票の有無で判断)日本の国民保険に加入することができません。
ですので、海外在住になった段階でまず日...続きを読む

Q厚生年金に20年間私だけ加入してもらえなかった

勤務先は従業員10人程度の有限会社です
他の従業員は加入されています、その点を社長に
聞いてみると私が厚生年金の入りたく無いと言ったという
返事、私はそのような意思をあらわしたことなどないのです、又入りたいの意思も表していません、しかし加入は会社の責務と思います。社会保険事務所に問い合わせても
時効が2年という事ぐらいで親身に対応がありません
尚失業保険は17年間加入しています。
私の方から指摘しなかったのがある程度このような事態
のなったのは重々承知したうえで、なにか会社側と話し合う上で有利になる方法がないかと、思い悩んでいます
宜しくおねがいします

Aベストアンサー

現在大学院で法律を勉強していますが,同じような事件の判例があります。年金をさかのぼって加入することはできないということで,原告は雇用主を不法行為で訴えています。ただ,その原告らは受給年齢に達していたため,損害が現実化しているので損害の発生が認められていますが,あなたの場合と違いはあります。訴訟の場合,あなたが立証しないといけないことは,
1会社が厚生年金の適用事業所で,あなたもパートやアルバイトなどではなく,被保険者に該当すること
2会社が届出義務を怠ったこと
3損害の発生(本来受給できるはずだった年金額との差額)
です。
その他,詳細は略しますが,あなたが年金不加入を知った(知り得た)のがいつかによって,不法行為請求自体の時効の問題や,賠償が認められた場合の過失相殺なども問題となります。
いずれにしても,年金関係に精通している専門家にご相談してください。

Q国民年金について(海外移住者です。)

日本にいる間は厚生年金に加入しており、昨年末退職しました。
退職後急遽海外移住になり、国民年金も未払いの状態です。
今度一時帰国した際に支払おうと思っているのですがそれで大丈夫でしょうか。
海外に移住した場合でも任意で国民年金に加入できると伺いましたが市役所でも手続きができますか。
今後も加入しようかと思うのですが、一時帰国した際にそのことを伝えればよいですか。
また支払い方法もその時伺えばいいですか。
年払いすると少し安くなるそうですが、それは一時帰国し手続きした月からの年払いなのか、退職後からの年払いができるのか、なにかありますか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

海外在住(海外へ転出されてるのですよね)の期間は任意加入となります、すなわち任意加入申し込みをされた月のぶんからしか払えません。
手続きされたぶんからしか払えませんから注意してください。

Q【厚生年金と厚生年金基金の違い】

会社の給与明細に厚生年金と厚生年金基金として2カ所で控除されています。
この違いがわかりません。
ご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

厚生年金は一般にサラリーマンが必ず支払う年金で
厚生年金基金は任意にはらう加算年金です。
加算された分一般の人より多くもらえますし退職時にはすぐに一括でもらうか年金でもらうか選択出来ます。
厚生年金基金に入っているってことはmukoubutiさんの会社は福利厚生がしっかりしていますね。
任意と言っても個人で勝手に辞められないと思います。

Q海外移住の際の手続き(年金・税金)

こんにちは。
国際結婚により、海外(北欧)に移住する者です。
日本を離れる際の手続き(年金・税金・雇用/健康保険等)
を確かめたいのですが。
(婚姻届とVISAの手続きは出しました。)

皆さん専門家(弁護士?社労士?)とかにお願いしてるのでしょうか。
websiteなどを調べているのですが、個別になっていて
情報もれがないか心配です。

年金は国民年金を払い続けられるらしいですが。。
経験者の方いたら、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

国際結婚されて海外に移住される場合ですと、恐らく、日本の企業は退職されて移住されるのではないかと思います。
この場合は、会社経由で加入している社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険等)は、退職手続きの一環で脱退する事になります。

一般に、退職後に、加入する社会保険には、国民健康保険や国民年金保険等がありますが。。。

1.国民健康保険は、日本国内に住民登録がないと加入継続はできません。 

   参照)外務省サイトの「海外在住者と日本の医療保険、年金保険の関係について」:http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/kaigai/hoken/index.html の「2.国民健康保険(市町村、組合)中の 2番目の” ・ ” 」 

  また、住民登録を継続して、国民健康保険に加入していると、海外で医療を受けた時には、医療費の還付金をもらえます。
  還付金は、日本で医療を受けた場合の医療費に換算された金額から自己負担分を引かれた部分になります。
  従って、経験からすると、日本より、医療費が高額な国の場合はあまり効果は期待できないです。  
  手続きは、加入している区・市役所で聞いてください。

2.国民年金保険は、住民登録に海外への転出届けを出すと脱退する事になりますが、日本国籍を保持していれば、海外在住でも任意加入が出来ます。

  参照<2-1> 外務省サイトの「海外在住者と日本の医療保険、年金保険の関係について」:http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/kaigai/hoken/index.html の「3.国民年金 中の 3番目の” ・ ” 」 
  参照<2-2> 社会保険庁サイトの「 国民年金の被保険者 」:http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/kokumin/01.html中の【任意加入制度】の3.

  加入期間が25年以上あれば、海外在住でも、受給できるとのことです。
  国民年金保険の任意加入手続きは、区・市役所で、簡単にできますよ。
  保険料の支払は、銀行口座からの自動引落も出来ます。

>「国際結婚により、海外(北欧)に移住する者です。」。。。との事であれば、
夫君の国の国籍を取られるようですと、現在、日本は2重国籍を認められていないので、国民年金の任意加入が継続出来なくなる可能性もありそうですね。 

日本と外国間の社会保障協定:http://www.sia.go.jp/seido/kyotei/index.htm があります。
北欧では、スウェーデンと交渉中のようですが、協定国が年々増えているようですので、時々チェックされると良いと思います。

税金は、1月1日付けで住民登録が日本国内にあれば、課税されます。
今年度分の所得が給与であれば、所得税や住民税等は、給与から天引きされていると思います。

但し、住民税は前年度分を今年度に払っているので、年の途中で退職された場合は、前年度分の残額(今年度に支払う分)は納付書で、本人が直接支払うことになり、今年度分(2009年1月1日~住民登録を海外へ転出する日までの分)は翌年4~5月頃?に納付書が送られてきます。
納付書は、住民登録のあった住所に送られてくるので、ご実家等へ転送されるように、日本郵便に転送届けを提出しておくと良いと思います。
住民税も銀行引落が出来ます。

それから、手続きについては、国民健康保険、国民年金保険、住民税等については、区・市役所へ住民登録の転出届を出す時に、半日ないしは1日あれば、必要な手続きは出来ると思います。
時間的余裕がなければ、専門家に依頼するのも良いと思いますが、手続きなどは、ご本人が行い、行動記録や提出書類等の控え書を保管しておくと良いと思います。
海外に居ると、日本への問い合わせなどすると時に、時間帯が異なるので、難儀する事がありますので、手続きや制度の内容を出来るだけ、ご自身で把握しておいた方が、後々役に立つことがあるのでは。。。と思います。
経験上の老婆心ながらですが。。。
       
      

国際結婚されて海外に移住される場合ですと、恐らく、日本の企業は退職されて移住されるのではないかと思います。
この場合は、会社経由で加入している社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険等)は、退職手続きの一環で脱退する事になります。

一般に、退職後に、加入する社会保険には、国民健康保険や国民年金保険等がありますが。。。

1.国民健康保険は、日本国内に住民登録がないと加入継続はできません。 

   参照)外務省サイトの「海外在住者と日本の医療保険、年金保険の関係につい...続きを読む

Q厚生年金適用事業所が厚生年金未加入だった場合

厚生年金適用事業所が厚生年金未加入だった場合
厚生年金が適用される会社に5年前まで4年ほど契約社員として働いていたのですが、
最近その会社に勤めていた時の年金が未納になってる事に気が付きました。
どうしたものかといろいろ調べると控除をされていない場合2年の時効を過ぎると
その期間はどうやっても納付扱いにならないみたいです。
もうこの場合は会社相手に損害賠償請求しかないでしょうか?
もちろん揉め事は避けたいので年金未納期間が埋まればそれでいいのですが・・・。
そして裁判をしたところで勝てるでしょうか?
言葉足らずだったらすいません。

Aベストアンサー

本来は適用事業所であるべきなのに、事業所が未適だったということですね。だから、社会保険料も控除されておらず、従業員は国保と国民年金であった。

ここで考えられる損失は何か。
第三者委員会においては、保険料控除されていたが記録されていないという点を救済します。第三者委員会においては、保険料が控除されていなければ、(また標準報酬が低く設定されているとき、その低くされた標準報酬相当の保険料を超えた額が控除されていなければ)、損失はないものとします。ただし、損失はないとしても、実際とは異なる点から、事業主が追納する場合において、実際の標準報酬へ回復させるあっせんを行うことがあります。

年金事務所においては、お調べの通り、2年間の時効により保険料の取立てができません。無論、その前段階である適用についても。
未適事業所の存在については、国の年金事業一番のネックです。政府もうかつにこの問題に触れるのを避けています。当然法律により強制的に適用できますが、必ず滞納事業所になります。そうなれば法律通り強制執行ということになりますが、そうなると会社がなくなる可能性が高い。適用になったのはいいけれど、会社がなくなったとは。こうなるのもそもそも、起業する条件として適用事業所である必要がないなど会社設立時に関する問題があります。法的不備です。そういうことで年金事務所は腰が重い。
あとは労働組合による団体交渉ですが、今からは厳しい。調停やあっせんは参加の見込みが少ない。
訴訟は記憶になく、いまだ争われたことがない事件でしょう。訴訟は法律通りの判定となると考えられるので、やはり2年の時効規定により、訴訟利益なしと却下されるのではと思いますが。

本来は適用事業所であるべきなのに、事業所が未適だったということですね。だから、社会保険料も控除されておらず、従業員は国保と国民年金であった。

ここで考えられる損失は何か。
第三者委員会においては、保険料控除されていたが記録されていないという点を救済します。第三者委員会においては、保険料が控除されていなければ、(また標準報酬が低く設定されているとき、その低くされた標準報酬相当の保険料を超えた額が控除されていなければ)、損失はないものとします。ただし、損失はないとしても、実際と...続きを読む

Q海外移住(オーストラリア)と国民年金

日本で3年、国民年金を払ってきましたが、オーストラリアの永住権が取れたので、行こうと考えています。

最近、日本とオーストラリアとの間で年金の条約が結ばれたと聞きました。年金を1本化する…という趣旨らしいのですが…。今後も日本の年金を払い続けたとしたら、満期に達した場合、海外にいても、受給できると聞きました(合っていますか?)。

でも、オーストラリアでも60歳か65歳から、政府の方から収入に応じて老齢年金というような形で生活費が出ると聞いています。この場合はどちらか一方からしかもらえないのでしょうか。

分かりにくければ、ご連絡ください。分かる範囲内で書きますので。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

〉今後も日本の年金を払い続けたとしたら、満期に達した場合、海外にいても、受給できると聞きました(合っていますか?)。
「満期」という用語はないんですが……。

もともと、外国に居住する人は国民年金に任意加入することができ、保険料納付済み月数に応じて年金が受け取れることになっています。
社会保障協定は関係ないです。

社会保障協定は、二重加入を防止するためのものです。

オーストラリアとの協定は、まだ発効していないから説明がないですが、共通部分のQ&Aは参考になるのでは?
http://www.sia.go.jp/seido/kyotei/index.htm

Q厚生年金 第4種被保険者の施行日の移行について

厚生年金 第4種被保険者の施行日の移行について

ものの本によると、次の条件にあてはまる人は厚生年金の施行日である昭和61年4月1日以降も第4種被保険者になれると書いてあります。

「大正10年4月1日以前に生まれた人(施行日の前日に65歳以上)で、施行日の前日に被保険者だったが、法改正により被保険者の資格を喪失した人」

しかし、施行日以降の厚生年金においては70歳未満の人なら被保険者になれるので、例えば施行日前日に67歳であった厚生年金被保険者は、施行日以降も70歳になるまでは、(わざわざ第4種被保険者というややこしい制度に頼らなくても)正規の厚生年金被保険者であり続けられると思うのですが、何故、施行日の前日に被保険者だった67歳の人は法改正により被保険者の資格を喪失するのでしょうか?

Aベストアンサー

昭和60年改正前の旧法の厚生年金保険法においては
被保険者になるための年齢制限はありませんでしたが、
改正後の新法の厚生年金保険法では年齢制限が設けられ、
65歳未満の者が被保険者となることができることとされました。
(その後平成12年の改正により、現在は70歳未満の者が
被保険者となることができるようになっています。)

お尋ねの大正10年4月1日以前に生まれた者は
ご認識のとおり、施行日において既に65歳以上であるので
改正法の施行日以後に被保険者となるための年齢要件(65歳未満)
を満たすことができないため、正規の被保険者となることできませんでした。
そこで法律で強制的に資格を喪失させることとしています。

前述のとおり、旧法では年齢制限がなかったため、
ただ資格を喪失させるだけというのは強引なので、
そのかわりに第4種被保険者として継続して
被保険者になることができるよう措置されたのだと思います。

Q年金からの介護保険料自動搾取を防ぐために海外移住は有効か

介護保険料が所得に連動せず低年金者も同額で奪われることを知りました。
下記HPから、生活保護水準以下の人からも自動的に年金から奪う
とんでもない厚労省のやり口にびっくりしました。
「自治体窓口から見た介護保険料の仕組みと問題点
日下部雅喜(堺市職員・介護保険料一揆に連帯する木っ端役人の会)」

そこで、高齢者の骨までしゃぶった上で
保険適用以前に早く死なせようとする日本という国家から逃れて
所得に連動させずに一律に奪われるこのような税が無い
近場の東南アジアか大洋州国家に移住または帰化することで
日本の介護保険という名前の税を避けることができるかお尋ねします。
英語は得意です。

Aベストアンサー

>移住または帰化することで日本の介護保険という名前の税を避ける…

帰化は日本国民でなくなるのですから当然のこととして、1年以上の予定で海外転居届を出せば税法上の「非居住者」となり、介護保険に限らず所得税はじめあらゆる税が課税されなくなります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2012.htm

ただし、自動車税や固定資産税などは、それらの所有権を残したままにするなら課税されますので、納税管理人の選定が必要となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1923.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q退職願 相談にも乗ってもらえない 受け取ってもらえない 

長くなりますが、よろしくお願いいたします。
退職したいと、2ヶ月前に相談し・・・
社長へもう少し頑張ってみてどうしても駄目であればもう一度相談に来なさいと言われ・・・
長時間勤務・人間関係の疲れ為の体調不良に絶えられず、
3ヶ月が過ぎた頃、相談に行ったのですが、
「相談があるのですが・・・」といった瞬間
話も聞いてもらえず、叱咤激励をうけました。
内容証明で退職願を出して見ては?
と言う回答を別の質問でみましたが、
社長も何かあるとすぐに退職した社員へ内容証明を送ったりするので、
怖くて、それこそ何も出来ず困っております。
何か良い方法はありませんでしょうか、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

退職を認めるも認めないも何も、原則として退職の意志表示をしてから2週間経過すれば、やめることは可能です。就業規則や労働契約等に別の定めがある場合は、伸びる可能性もありますが、それにしても、社会通念上許容される範囲は限界があり、職業選択の自由などとの観点からみても必要以上に長期間に設定することは許されません。
とはいえ、説得を試みられ、応じてしまうと、退職の意思表示とはみなされません。

この場合は、貴方が強い意志で退職の意思表示(できれば相手が怒らず、自分が納得できる範囲で期日を設定するといいでしょう)をしないことには先には進みません。内容証明もいいですが、反発を受ける可能性もあるので、やはり対面して意思表示をするのがベターであることは間違いありません。

公的機関に相談するのはそれからです。労働基準監督署に関してはこの件では「退職の意志表示をした結果、これまで働いた分の賃金を減額、あるいは支払わなかった」といった労働基準法違反の要件でしか動いてくれませんので相談までならいいですが、それ以上を期待することはできません。組合にしても同様で、あくまで貴方の意志表示がない限りは方法などを助けてくれることはできても、直接の行動は厳しいと思います。

厳しい言い方で申し訳ないですが、あくまで自分の強い意志表示です。

退職を認めるも認めないも何も、原則として退職の意志表示をしてから2週間経過すれば、やめることは可能です。就業規則や労働契約等に別の定めがある場合は、伸びる可能性もありますが、それにしても、社会通念上許容される範囲は限界があり、職業選択の自由などとの観点からみても必要以上に長期間に設定することは許されません。
とはいえ、説得を試みられ、応じてしまうと、退職の意思表示とはみなされません。

この場合は、貴方が強い意志で退職の意思表示(できれば相手が怒らず、自分が納得できる範囲...続きを読む


人気Q&Aランキング