マンガでよめる痔のこと・薬のこと

市民税・府民税について聞きたいのですが、去年の年間所得で今年の税額が決まるじゃないですか。
で、今年は去年より収入も半分以下になり減額の申請に役所に行きました。その結果、所得控除金額の社会保険料が7万円程増えたにもかかわらず年額3200円しか
減税になりませんでした。
一般に知られている控除項目の保険類、家を買ったり等ではなく、それ以外に税金を安くする方法はないですか?

A 回答 (2件)

住民税は所得と控除の額によって計算されるため、所得を下げるか控除を上げるかの方法しかありません。

一般的に知られている控除がどこまで範囲のことをおっしゃっているのかわかりませんが、扶養親族をつくるとか、障害者になるなどの方法しかないように思います。しかしこれらの控除は事実に基づき発生するので、虚偽の申告は必ず発覚します。
ちなみに約7万円の社会保険料の控除増額で、住民税の年額3,200円減は妥当な金額です。
市民税と県民税の税率の合計を5%(所得-控除が200万円以下の場合)と仮定し逆算すると、
3200÷0.85÷0.05=75294.1176・・・となり、
約75,200円前後の社会保険料控除であれば、計算の間違いはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。勉強になりました。

お礼日時:2005/07/07 09:34

税金を安くする方法は、なかなか無いと思いますが、今年の収入が少なく、支払いが困難であり、


来年の収入は期待できるとの事なら、支払いを一時中断(延納)することは可能です。利息はかかりますが。

税金の支払いのために高金利の借金をする方もいらっしゃるようです。そういう方は律儀なのでしょうが、
行政もそこまでさせて徴収しようとは思っていないはずですから、窓口で相談されてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。もう1度考えてみます

お礼日時:2005/07/07 09:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング