マンガでよめる痔のこと・薬のこと

宜しくお願い致します。

WinXP homeEditionでDiCE1.59を使用してます。
スタートアップにDiCEのショートカットを置いて一般ユーザでログイン後、DiCEを起動させるようにしています。
ログイン後、
エラー「ファイルにアクセスできません」
が発生する場合はどう対処すればいいのでしょうか?

一応、CygwinでC:\Program Files\Sarad\DiCE可の全ファイルのパーミッションをrwxrwxrwx
にしてもみたいのですが。。。

A 回答 (1件)

Windows起動後に手動でDiCEを起動した場合はどうなのでしょうか? それでエラーが出ないのであれば、Windows起動時にネットワーク接続が確立する前にDiCEが起動してしまっているのだと思います。


その場合は、DiCEを遅延起動するようにしてはどうでしょうか?

この回答への補足

有難うございます。
手動で試してみましたがエラーが出てしまいました。
管理者権限ではエラーが出ない事に気づきました。

パーミッションはrwxrwxrwxにしているのに。。。
どのファイルが原因なのでしょうか??

cygwinでパーミッションを変更しても効かないのでしょうか???

補足日時:2005/07/06 15:55
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q64bitOSでのDiceの動作

出先の会社さんで、DDNSサービスを長年使用し、Dynamic Do! DDNSサービスで、DDNSクライアントソフトウェアの「Dice 」にてDDNS更新を行って、NASファイルサーバへのリモートアクセスを可能にし運用頂いていました。
それから時代が移り変わり、OSをWindows 8.1へと切り替え、「Dice」も無事、インストールでき、一見、ちゃんと動作するようになりました。

所がその後、1ヶ月程経過して、NASに外からアクセスできないクレームが入りました。
そこで調べると、「Dice」を作動させていた端末のタスクトレイにも、プロセスリストにも「Dice」がおらず、常駐していないのです。
「Dice」のOSの起動時に自動起動するオプションはオンになっており、端末を再起動するとちゃんと常駐し、GIPの更新登録が未実施なら、その場でDDNSアドレス更新も実行されます。
しかし、全く不定期に数週間から数カ月経過すると、「Dice」がタスクトレイから消えて無くなり、そのうちGIPが更新されてしまい、外部からのリモートアクセスが出来なくなる、という現象の繰り返しで、クライアントから不信感を抱かれてしまっています。

無論、今は殆どのNASメーカーがDDNSサービスを提供しており、NAS本体を買い替えれば全て解決するのは判っていますが、データの移転がネットワーク経由につき3日程かかるため、システムアップも二の足を踏んでいます。

どなたか、Diceの動作において、64bit版Windowsで同様の憂き目に遭われ、解決なさった方か、解決のアイデアをお持ちの方はいらっしゃいませんでしょうか。
或いは、何か回避策はないものでしょうか。例えば、Diceが死んだらそれを検知して再実行してくれるようなツールとかがあるとそれでも良いと思います。
以上、よろしくお願い致します。

出先の会社さんで、DDNSサービスを長年使用し、Dynamic Do! DDNSサービスで、DDNSクライアントソフトウェアの「Dice 」にてDDNS更新を行って、NASファイルサーバへのリモートアクセスを可能にし運用頂いていました。
それから時代が移り変わり、OSをWindows 8.1へと切り替え、「Dice」も無事、インストールでき、一見、ちゃんと動作するようになりました。

所がその後、1ヶ月程経過して、NASに外からアクセスできないクレームが入りました。
そこで調べると、「Dice」を作動させていた端末のタスクトレイにも、...続きを読む

Aベストアンサー

スケジュールの頻度を「IPアドレス変化時」に
「オプション」「環境設定」にて「最小化で起動する」「ログを作成する」にチェック
ショートカットをスタートアップに登録
していますか?

Microsoftアカウントでサインイン(ローカルアカウントでなく)

Windows 8.1→Windows 8.1Update版へは?

参考URL:http://plaza.rakuten.co.jp/mscrtf/diary/201407150000/


人気Q&Aランキング