位置情報で子どもの居場所をお知らせ

5年前、川沿いに家を建てました。そのとき、川沿いに1段低く官地があったので、自分の土地と同じ高さになるように、そこを埋め立て、物置を置いて使用していました。
ところが、隣の人がそれを見て、「官地を勝手に使うな、元どおりにしろ、役所に訴えるぞ」と言って来ました。
自分としては、その官地を使うことで他の人に迷惑が掛かるわけでもないし、草がボウボウ生えずに済むのだから。
それに、他の川沿いの家も官地を使っているのだし、と軽い気持ちで使用してきました。
隣の人がもし、役所へ行った場合、役所はどういう対応をするのでしょうか? 元に戻すように言われた時、それは強制権があるのでしょうか。

A 回答 (3件)

> 自分としては、その官地を使うことで他の人に迷惑が掛かるわけでもないし、草がボウボウ生えずに済むのだから。


 その土地は、あなたの物ではありません。駅前に放置自転車があって、邪魔だからといって、勝手に使えば立派に窃盗罪が成立します。不動産の場合には不法占拠(不動産略取)になるでしょう。
 迷惑がかかるわけではないといわれますが、河川は、大雨の時にでも河川が氾濫せずに安心して暮らせるようにするための空間が設けられています。一見不要に見えても十分に役立っている空間です。もし、あなたの行為により、河川が氾濫した場合には、被害に遭われた方から損害賠償を求められても仕方ない立場になります。

>それに、他の川沿いの家も官地を使っているのだし、と軽い気持ちで使用してきました。
 隣の人が法律を破っているからといって、あなたも破って良いという言い訳にはなりません。駐車違反だって同じことです。

>隣の人がもし、役所へ行った場合、役所はどういう対応をするのでしょうか? 元に戻すように言われた時、それは強制権があるのでしょうか。
 最近は、行政がやるべきことをやらなかったために担当者が責任をとらされるケースが出てきています。(HIV訴訟で訴えられた厚生省の松村被告が良い例)また、行政手続き法が施行され手続が明確になったこともあり、行政側も司法の場で白黒をつけようとという姿勢を強めています。従って、もし、住民からの訴えがあったときには、行政は法に基づく厳正な対処をせざるをえません。もし、何もしなかったり、いい加減な対応をしていると行政自身が訴えられます。
不法行為を行ったあなたのために、行政が味方になるなんてまったく考えられません。特に、このケースは河川法が適用されるはずですので、不法工作物として強制代執行の対象になるでしょう。ここまで至るにはしかるべき手続が必要ですが、あなたがいくら拒否をしても行政代執行になれば、行政が片づけて、費用をあなたに請求することが出来ます。それを拒んで裁判に訴えられれば、裁判所による財産差し押さえも覚悟しなくてはなりません。
 この土地が自分の物だと証明するような古文書でもあれば別ですが、まず、あなたに勝ち目はないでしょう。

これからとられる道としては、隣の人が訴え出ようとしている以上、まず、この土地を管理する機関(国または市町村)に、事情を話し、河川占有許可(=土地の使用許可)を受けられるよう相談れることをお薦めいたします。恐らく、埋め立てたところは元に戻さなくてはならないと思います。河川の機能を損なわない範囲で、相談に乗ってくれるかも知れません。また、運悪く、裁判沙汰になったときに、少しは情状酌量されるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

軽い気持ちで使用していましたが、確かに違反ですよね。
行政側から言われたら素直に元通りにした方がいいようですね。
分かりやすく説明していただき、ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/13 19:12

2-3軒近所で建設省が所有者の土地の侵略について届けたことがありますが.原則としてあいてされませんでした。

むしろあるこうむしょでは.該当土地の占有を援助し.その正当性を主張しています。だから.当分の間(黙って)使いつづけても文句が来ないと思います。なお.「隣地」か建設省土地の反対側の方でしょうか.この場合には.「公図幅確保」という観点から.あなたと向かい側の土地の所有者との境界争いになり.間の建設省所管土地との関係はみんみん境界あらそいに塗り替えられます。その他の土地所有者の場合には.訴える権利がありません(だから私があいてされなかった)。「どうぞごかってに」.ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

物置を置きたいと、つい、軽い気持ちで官地を使用しました。できることなら、このまま使いたいとは思っていますが・・・
とにかく、役所がどういう対応をするかですね。
どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/13 19:23

こんにちは。



法律のことは良くわかりませんが、原状回復の義務を常に負っていると思います。
回復の指示、命令があれば、元通りにしなければならないと思います。
しかし
隣人が役所へ訴えても、数年前から行われている(埋め立て)のであれば、黙認ということになるのではないでしょうか。

それよりも、

河、川、水路、下水、埋設管、など水の通り道は、すべて過去30年、又は50年の降水量から、流量計算をした結果、断面積が決定されています。
その断面積の結果を元に、設計・工事が行われています。
質問の文面からは、たいした埋め立てではないと、想像します。が、
気おつけて利用してください。

私の結論。このまま利用しつづけると、川沿いの住民は、常に、
原状回復の義務を負い、
水害の危険を負い、
一部の住民との近所づきあいが悪くなる。
役所は利用を黙認。

隣の方も、川沿いの住民(埋め立てている方)全員を相手にして訴えることはしないと思います。
現在深刻な状況であれば、川沿いの住民(埋め立てている方)と相談してみてはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、現状回復の義務があるのでしょうかね。
役所の対応を見守りたいと思います。
どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/13 19:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国有地を買い取りたい

我が家の駐車場の横に一坪ほどの国有地があります。
図面には「水路」と記されていますが、土地を購入した時点から水が流れている事もなく現在は空き地になっています。
数年前に県の合同庁舎へ問い合せをし、自転車や車を停めるなどに使用して良いと許可をいただきましたが、これは書面ではなく、口頭で許可を得たものです。
実際、その土地の草刈などの管理は我が家がしているため、使って良いということです。
そこで、この国有地を購入したいのですが、お伺いしたい事があります。

(1)場所によって差はあるでしょうが、国有地は一坪あたりだいたいどのくらいの価格なのでしょうか。
(2)書面などの手続きを行政書士の方に依頼をした場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。
(3)また逆に行政書士の方に頼らず、自分ですべて手続きができるものなのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1と2はわからないのですみません。
No.3について
可能だと思います。
時間と手間が非常にかかることは覚悟してください。
まずは、土木事務所に行って相談をしてみてください。そして全ての手続きをご自分でしたい旨を告げ、いろいろ教えてもらうと良いと思います。業者に頼みなさいと簡単に言う担当者はあまり良い人ではありません。納税者には協力するのが役人の勤めですから。
がんばってください。

Q官地を侵している方への対処方法?

新設の道路(公道)が建設されたために通行されなくなった道路、いわゆる旧道が(公図上では”道”)隣接している方(以後Aと呼びます。この隣接地は宅地で、狭い敷地にむりやり家を建てたようなところであるため庭がほとんどない。)に使用されて、通行が困難になっている場合、どのようにしたら後退させることができるのでしょうか。
 ちなみにその区間は約50m程、公図上の幅は3m~3.6m程度、新設道路ができる前までは2tダンプくらいは通行していたのです。しかし、新設道路ができてからは、一般の方は通行しなくなったため、Aは官地を侵し始め、現在は軽乗用車がぎりぎり通行できるかどうかの幅です。境界杭は道路両側にはありません。
 どうしてこのような質問をするかといいますと身内の土地(耕作地)がAの道路向かいにあり、そこに耕作機械が進入できないのです。
 官地ですので、とりあえず県の管轄事務所、また、役所にも相談しましたが、地域で解決して下さいとのことです。役所いわく管轄外のため指導する根拠がない。県いわく、測量費を予算化していない、そのような事をしていたら測量費が多大になる。個人で測量して頂ければ立ち会うが、測量してもAが同意をしなければ司法にゆだねることになる。との回答でした。このような回答なのですが、なにか良い解決方法を教えて下さい。

新設の道路(公道)が建設されたために通行されなくなった道路、いわゆる旧道が(公図上では”道”)隣接している方(以後Aと呼びます。この隣接地は宅地で、狭い敷地にむりやり家を建てたようなところであるため庭がほとんどない。)に使用されて、通行が困難になっている場合、どのようにしたら後退させることができるのでしょうか。
 ちなみにその区間は約50m程、公図上の幅は3m~3.6m程度、新設道路ができる前までは2tダンプくらいは通行していたのです。しかし、新設道路ができてからは、一般の...続きを読む

Aベストアンサー

>近々、行政区長と地区の協議員において当問題を協議するようです。
>これで落着すれば問題ないのですが。

良かったですね。それで落着すると良いですね。


>公図の件ですが、法17条地図のことです。

法17条地図が整備されている地域は、全国的にもごくわずかです。
法17条地図があれば境界に関する資料としては申し分ありません。

一般に、「公図」と言いますと前回ご説明したような『地押丈量』を基にした図面のことを指し、法17条地図は、そのまま「法17条地図」と言います。
弁護士の方や司法書士の方に相談に行かれる時にはハッキリと「公図」ではなく、「法17条地図」があることを明言なさったほうが宜しいと思います。

それから、今回のようなケースの場合、不動産侵奪罪(刑法235条の2:10年以下の懲役)が成立する可能性があることを書き忘れておりました。
様々な証拠から、「Aさんが、元々道であった土地の一部をそれと知りながら自己の所有地の一部とするために、境界線を移動させたり囲壁を設けるなどして自己の占有下に置いた」と言うことができれば、上記の不動産侵奪罪が成立します。
このことを証明する証拠を提示できれば、警察も、仮に悪質ではないとして逮捕には至らなかったとしても、侵奪行為をやめるよう強く勧告することはできるはずです。


>仮に当方が勝訴であった場合にAは後退するのか、
>しない場合はどのような過程を辿ることになるのか、

もちろん判決が出た後に、Aが自主的に撤去すれば問題はありませんが、Aが判決に示された通りに妨害物を撤去しない場合には強制執行の手続きをとることができます(民法414条1項本文)。
強制執行のための手続きは、まず勝訴の確定判決書を、判決を出した裁判所においてその裁判所備え置きの申立て書に必要事項を記入し、3千円の印紙(民事訴訟費用等に関する法律別表第1―1の11)を貼って申立てます(民事執行規則16条)。
この時に、民事執行の手続きに必要な費用として裁判所が定める金額を予め納めなければなりません(同法14条1項、執行官法15条1項)。
この強制執行をするための費用には、撤去のために必要となるであろう作業員の労賃や執行官の日当(1日当たり1万5千円(執行官の手数料及び費用に関する規則11条))などが含まれます。
この強制執行をするための費用は、最終的には債務者(今回はA)が負担することになります(民事執行法42条1項)が、最初は強制執行を申し立てる側が支払う必要があります。
それらの手続きが終了し、裁判所書記官がその判決書に強制執行の文言を記載してくれると(民事執行法26条)、強制執行をすることが可能になります(民事執行法25条)。

執行費用をAからの取立てる方法は、強制執行が終わった後に、強制執行を申し立てた裁判所に執行費用確定の申立てをし、裁判所書記官がその額を定め、その処分が確定すれば、これをもとにしてAから強制執行によりその金額を取り立てることができます(民事執行法42条4項)。


>裁判、弁護士等の費用等々・・・

これは、訴えることによって原告が取得する財産権上の利益の額によって異なります(民事訴訟法8条1項)。
この利益の額を算定することができないときや、算定するのが極めて困難であるときは、その価額は一律95万円とみなされ(同条2項。民事訴訟費用等に関する法律4条2項)、貼付する印紙は8200円で済みます(民事訴訟費用等に関する法律別表第1第1項)。

しかし、「財産権上の請求であって、その価額の算定が著しく困難なものについては、裁判長または裁判所は、その価額の算定にとって重要な諸要因を確定し、これを基礎とし、裁量によって請求の価額を評価算定し得る(最判昭49年2月5日)」とする判例もあり、今回のように、妨害排除請求という財産権上の利益を算定し難いと思われる場合であっても、なるだけ訴訟によって得る利益を算定して確定しようとする傾向が強いため、今回の場合ですと、Aが侵犯している土地の価格を訴訟によって得ることのできる利益として算定される可能性が高いものと思います。

仮に、Aが侵犯している土地分の価格が全部で1千万円であり、その価格に見合っただけの訴えの利益があるとみなされたとしますと、かかる費用は次の通りです。

(1)訴状に貼付する印紙は57600円。
 その他に訴状送達のための諸費用・手数料。
(2)弁護士費用は、着手金と報酬金で約177万円(30%の範囲内で増減可能)。
 その他に交通費・日当などの諸費用。
(3)司法書士に訴状の作成だけ頼んだ場合、1回につき基本報酬28200円以下。
 訴状の正本1枚につき4500円。副本その他は1枚につき500円。
 その他、証拠収集などのために日当を支払う必要がある場合には1日当たり
 5万円以内の金額。

但し、(3)の場合には、平日に開かれる公判期日に自分で裁判所に出かけていって訴訟を追行しなければなりません。


訴訟のために要した諸費用(裁判所に支払った手数料、当事者の日当・交通費・宿泊費など)は、原則として敗訴者の負担となります(民事訴訟法61条)。
判決書に訴訟費用の負担についての判断も示され(同法67条)、勝訴者がその判決書を持って『訴訟費用額の確定手続きの申立て(同法71条)』を行うことにより、裁判所書記官がその額を定めます。
相手がその額を支払わない場合には強制執行をすることもできます。



通常の訴訟の場合には、弁護士費用は訴訟費用に含まれず、相手方に請求することはできません。しかし、不法行為に基づく請求の場合には、弁護士費用も訴訟費用に含まれると考える傾向が最近では強いです。

そのため、今回のケースでも、赤道に障害物を設置されたことによるyukai4779さんの身内の方の人格権に対する侵害という訴えの形式をとることができれば、弁護士費用も請求できるかもしれません。


以上、おおよその流れをお話致しました。
詳しくは、裁判所や弁護士の方などにお尋ね下さい。

いろいろと大変でしょうが頑張って下さい。
ご成功をお祈り致します。

>近々、行政区長と地区の協議員において当問題を協議するようです。
>これで落着すれば問題ないのですが。

良かったですね。それで落着すると良いですね。


>公図の件ですが、法17条地図のことです。

法17条地図が整備されている地域は、全国的にもごくわずかです。
法17条地図があれば境界に関する資料としては申し分ありません。

一般に、「公図」と言いますと前回ご説明したような『地押丈量』を基にした図面のことを指し、法17条地図は、そのまま「法17条地図」と言います。
弁...続きを読む

Q官地の既得権について

自宅の横に汐溜り(官地:河川の水位と田んぼからの排水の調整池的な役割をしていたと思われるが、現在は必要性がなくなりつつあり、埋め立てられている。)があり、そこに、60年ほど前に、祖父が倉庫(木造平屋 10m×4m)を建て現在にいたっているのですが、先日汐溜り管理者である市の建設課の方がこられて、このあたりの汐溜りを開発したいとの理由で立退きをするよう言われました。
倉庫は、現在も使用していまして、取り壊すにも費用が必要ですし、中の荷物を保管する場所を新たに設ける必要がある等多額の費用が必要となります。
このような場合の倉庫の既得権について、参考になるようなことがありましたら、ご意見お願いいたします。

Aベストアンサー

民法の取得時効の規定で「20年間、所有の意思をもって平穏かつ公然に他人の物を占有することによって所有権を時効により取得できる」こととなっています。
ここでその土地が公共用財産の場合は認められないのですが、「長年の間事実上公の目的に供用されることなく放置され、公共用財産としての形態、機能を全く喪失し、その物のうえに他人の平穏かつ公然の占有が継続したが、そのため実際上公の目的が害されるようなこともなく、もはやその物を公共用財産として維持すべき理由がなくなつた場合には、右公共用財産については、黙示的に公用が廃止されたものとして、これについて取得時効の成立を妨げないとしている」との判例があります。

つまり、本件の場合は時効取得を援用すれば所有権が認められるものと思います。
なお、既得権なるものはこのような権利関係では関係ないでしょう。

Q再度、官地の払い下げ、について

再度の質問になります。
官地(青地)の払い下げを受けようと思っていますが、隣地の同意が得られません。
この官地は私の土地との間にあり、
以前、隣地が住宅の建築の折、官地との敷地境界線を確認、決定しております。
その後に、国調により、私の土地と、隣地、官地が確定されました。
今回、ある所より私の土地への借地の依頼があり、この機会に、払い下げを受けようと、
隣地へ払い下げの同意のお願をしましたが、
現状のままでいいとのことで、払い下げの同意は得られておりません。
法律上、隣地からの同意が得られなければ、払い下げは受けられないとの事ですが、
今の時世から考えると、このままお互いが払い下げを受けられずに、
この官地が半永久的に凍結状態になるとすれば、
土地の有効利用の点からしても、お互いに、よい事はないと思うのですが、如何、思われますか…?
なにか解決の手立てはないのでしょうか…?
是非、お教えください。

Aベストアンサー

5年以上前の話になりますが、社有地内の隣地との境部分に赤道があることが判り、この際だから払い下げを受けよう、と動きました。
その折、隣地の同意が得られず、調査士の先生がイロイロ調べたところ、隣地の下水管が赤道部分に越境しており、そこを他人に買われてしまうと排水経路の変更が必要になるのでは?と心配していたことが判りました。
幸いその部分は隣地に接する部分のごく一部でしたので、こちらで全部の払い下げを受けた後、当該部分は無償で譲る旨の覚書を結ぶことにより解決しました。

 質問文では、土地の位置関係や大きさが判らないのですが、私が経験したような事情が無いとすれば、隣地所有者には単純に『何も建てて欲しくない』という気持ちがあるのではないでしょうか?現況は何も無い状況ですよね?
そこを質問者様が購入することにより、塀が建ったり、物置が建ったり、何かしら現況が変わる可能性があるワケですよね?

隣地と半分ずつにするという手も、隣地が現状の敷地利用で何らの問題も持っていないとすれば、隣地にとってのメリットはこちらで考える程では無い。

時間の経過と共に、隣地にも敷地拡張の必要性がでる可能性はあるのですから、その時まで待つのも手でしょう。いつのまにか他の人(隣地所有者を含めて)の所有になっていた!という可能性は無いワケですよね?
焦って交渉すると、全部こちらで払い下げを受けて、半分を隣地に無償で譲ります、みたいな約束で隣地同意を貰うことになりますよ、ご注意。

5年以上前の話になりますが、社有地内の隣地との境部分に赤道があることが判り、この際だから払い下げを受けよう、と動きました。
その折、隣地の同意が得られず、調査士の先生がイロイロ調べたところ、隣地の下水管が赤道部分に越境しており、そこを他人に買われてしまうと排水経路の変更が必要になるのでは?と心配していたことが判りました。
幸いその部分は隣地に接する部分のごく一部でしたので、こちらで全部の払い下げを受けた後、当該部分は無償で譲る旨の覚書を結ぶことにより解決しました。

 質問文...続きを読む

Q自宅裏に国有地(小さな川・小さな堤防)があります。

自宅裏に国有地(小さな川・小さな堤防)があります。

自分の敷地の裏手に小さな川が流れています。
・川幅2m程度
・両サイドの河川敷が5m程度
・堤防高さ1.5m程度
・堤防幅5m程度
・堤防から自分の敷地まで3.5m程度
・自宅は、敷地から1m離れて建っています。

上記の・堤防から自分の敷地まで3.5m程度のスペースには 太くて、見栄えが悪く、夏場には2m近くも伸びてしまい、とてもたちの悪い雑草で、気持ちが悪いので、一面に芝生を植えたいと思っております。

上記の・堤防から自分の敷地まで3.5m程度 の場所に庭木を植えたり、家庭菜園や芝生を植えたりすることは、違法でしょうか?また、違法であれば罰金等の処罰はあるのでしょうか?

隣のお宅は、申し訳程度に家庭菜園スペースを作っていますが、私の場合、一面を綺麗にしたく、
もし処罰があるのであれば、見つかってしまった時には注意で済みそうもありません。

知識のある方、ご教授願います。

Aベストアンサー

質問者も把握している通り国有地である以上、あなたの土地ではありませんよね。
したがって、あなたが勝手にその土地を使ったり(芝生を植えたり家庭菜園をする事)は出来ません。

家庭菜園程度の使用なら・・という気持ちも解りますが
「国有地の不法占有」という事になるので
河川敷にビニールシートなどで家を作り、勝手に住まいとしている浮浪者と同じ事です。

もし、その国有地を自由に使って良いとなってしまえば
あなたの家の裏の国有地に浮浪者が勝手に居座り、
そこに家を建てて生活する事も許されてしまいますが
もしその様な状態になったらあなたはどうしますか?

1を許せば10も許さなくてはならないので
家庭菜園が許されればそこに他人が住む事も許されてしまいますが・・・

というように、国有地は国が管理する国の土地なので
近隣住民であろうと、誰であろうと勝手に私物化する事は出来ません。

実際問題として家庭菜園などの不法占有されている事が問題視されれば
まずは不法占有している者を特定し、犯人が解った時点で
まずは注意勧告及び原状回復を求められます。
それらに従わなければ裁判へと発展する可能性もあります。
現実に公園に住んでいる浮浪者を排除する為に
裁判所の許可と協力を得て、強制排除した地域もありますよね。

まずは不法占有したいと思う原因の一つには
夏場には2m近くも伸びてしまう雑草、管理不足が原因だと思われるので
不法占有して環境改善を望むのではなく、
まずはその土地の管理をもっと徹底して貰う事を願い出るのが先決だと思います。

また、ある地域では自治会名での要望書を作成し、
地域住民が共同で管理することになったという国有地も存在するので、
地域単位で願い出れば国有地でも地域住民で管理する事が可能となる可能性もあります。
あなたの一存で決めるのではなく一度、町会単位、自治会単位で話し合いをする事も
良い解決策に繋がるかもしれませんので努力してみてください。

参考に
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/k_jirei_08.html

質問者も把握している通り国有地である以上、あなたの土地ではありませんよね。
したがって、あなたが勝手にその土地を使ったり(芝生を植えたり家庭菜園をする事)は出来ません。

家庭菜園程度の使用なら・・という気持ちも解りますが
「国有地の不法占有」という事になるので
河川敷にビニールシートなどで家を作り、勝手に住まいとしている浮浪者と同じ事です。

もし、その国有地を自由に使って良いとなってしまえば
あなたの家の裏の国有地に浮浪者が勝手に居座り、
そこに家を建てて生活する事も許されてし...続きを読む

Q国有地を駐車場代わりに・・・

こんにちは。
半年前に近所の奥さんが免許を取りクルマを購入されたのですが
自分の家のガレージにはすでにその方の旦那さんの車があり
うちの家の前の国有地をこの半年間駐車場代わりにされています。
悪びれた様子もなく旦那さんのクルマはどうも会社か知り合いに車庫証明をとって貰っているらしく最初の「大阪」やら「なにわ」などナンバープレートの文字がうちの近辺のものではありません。
注意したいのですが逆恨みされそうでなかなかいえないのですがうちのガレージの前でもあり
かなり邪魔で目障りです。
法的に国有地へ駐車、もしくは車庫代わりに使うのは処分の対象になりますか?
同じく250ccのバイクは同じように国有地に駐車もしくは車庫代わりにしている場合は違反になるのでしょうか?
年末お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

その車やバイクが国有地内に完全に収まっており、公道にはみ出しているなどの状況がないのであれば、残念ながら道交法や保管法上の違反には該当しません。
しかし立ち入りを禁止されている土地であれば厳密に言えば住居侵入は成立します。

またその土地の所有者(すなわち国)に損害を与えているので土地所有者は車の撤去や賠償を請求することができます。

よってあなたが可能なことは、土地の管理者(通常は財務省の出先である各地の財務局)に証拠写真でも提出して訴え出ることで、そうすることで財務局が立ち入り禁止の表示をするとか、その車両に警告の張り紙をするなどで対処してくれるのではと思います。


人気Q&Aランキング