バツイチの彼と今秋結婚する事になっております。
その彼が、手続きの関係上、元奥様に、
自分の戸籍謄本をお渡ししなければいけない状況になっております。
(お子様の戸籍の手続き上必須なので、必ずお渡しする事になっております)

しかし、元奥様は、ご自分が得をする事であれば、法律上違反するような事でも、
重要な契約や手続きを、彼には言わず、
彼の名前を使って勝手にしてしまう恐れのある方です。
(実質、法律違反をされた事もありましたが、
証拠不十分等で咎める事は出来ず、話し合いで決着をつけています)

そこで、心配があります。
彼や私は、金融会社からお金を借りたりしたことがないし、
戸籍謄本を使った処理をした事がある契約といえば、
不動産賃貸契約のみです。

元奥様に戸籍謄本をお渡ししてしまった事によって、
どんな問題が生じるか、
何か悪用されてしまう事が考えられるのか、
ご意見伺えればと思っています。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.2です。



ご婚約者さんの元妻が親権者なのですね。
それならば、お気づきのとおり、元妻でも戸籍謄本を入手することは可能です。
ですから、もし悪用しようと思えば、今までにも悪用できたのではないでしょうか。

ところで、flower19701016さんとご婚約者さんはまだ入籍されていないのですよね?
入籍されていないならflower19701016さんの個人情報を知られることはありませんし、現在ご婚約者さんの戸籍は、ご婚約者さんを筆頭者として、妻の欄が除籍されたものとなっているはずです。
それならば、例えば「私が妻です」と嘘をついて何か悪巧みを考えても、戸籍謄本をみれば嘘だとわかってしまいますし、証明書として戸籍謄本を見せても「貴女は誰?」という話になるかと思います。
元妻では何の権限もありません。
それに、戸籍謄本の有効期限は3ヶ月ですから、永久にそれが使用できるわけではありません。

ご心配ならば、他の方もおっしゃるように家裁へ出向かれたらどうでしょうか。
元妻の彼氏さんの話もありますが、この件については彼氏さんは関係ない話です。
それよりも、自分の身を守ることを優先された方がいいと思います。
もし、万が一何かあれば、手渡したご婚約者さんに過失があるとみなされる可能性もあります。
何かおこってから対応するのではなく、何か起こらないように最善の策をとられる方がいいかと思います(氏の変更は1日で終了しますが、問題がおこればあまり顔を合わしたくない人と何度も顔を合わせることになりかねませんので…。一時の感情を優先するか否かですが…)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
そうですよね。彼の戸籍謄本上は、元奥様の欄は「除籍」となっているわけですから、何かしようとしても「あなたはこの戸籍謄本を使える立場の人間ではない」となりますよね。そうでした。おっしゃる通りでした。
そして、身を守る為に優先しなければいけない。その通りです。離婚届提出時は、彼はなんとか元奥様を説得し、役所での待ち合わせによる提出を済ませたようですが、今回は、何度話しても、元奥様が受け入れてくれないようです。しかし、そうも言ってはいられませんので、何とか時間をかけて説得してみようと話しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/07 09:27

 戸籍移動の申立の場合、提出された書類(添付書類を含む)は家裁が受取って保管する(しつづける)ものなので心配はいらないと思いますが(何なら家裁に問合せてみてください)。

悪用の可能性としては、申立をしたといってしなかった、コピーをとっていた、などが考えられますが、どうしても、というのなら、当日直接渡し、元の奥様について家裁の玄関までゆく、くらいしか方法がないのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですよね。当日直接!という方法しかないですよね・・・離婚届の提出の際は、その方法をとったようです。しかし、お子様の戸籍移動に関しては、元奥様に新しい彼が出来ている事もあってか、一緒に行く事は拒否してきました。
今まで、きちんとした事をなかなかして下さらない元奥様ですが、今回は、信じて待つ事しか出来ないように思えてきました。
悪用されてしまった時は、その時に、対応するしかないという事なんですよね・・・涙。

お礼日時:2005/07/06 16:55

No.1の方もおっしゃっているように、元妻とはいえ、今は他人である人物に対し戸籍謄本(抄本ではなく謄本ですよね?)を必ず渡すようなことがあるのでしょうか?



戸籍謄(抄)本を他人が入手する場合、弁護士などごく限られた職務権限を持つ者が、しかも正当な請求事由をもって請求できるものです(現に正当な事由なく請求した弁護士や行政書士が何人も処分を受けています)。

仮に戸籍謄(抄)本が必要であっても、それがどこから必要だと言われているのかしっかりと聞き、その提出先に離婚している事情を話し、flower19701016さんのご婚約者さんから直接提出先に送るようにして下さい。
個人情報保護法の関係もありますので、提出先がそれを拒むことはできないと思います。

>戸籍謄本はどんな事に利用出来るのでしょうか?
というよりも、利用されないための防御策を考えるほうが賢明だと思います。

この回答への補足

御回答、ありがとうございます。
No.1の方への補足に記載致しましたが、必要な理由としては、「お子様の戸籍の移動」の為です。
彼が、家庭裁判所に確認したところ、お子様の戸籍の移動の申立は、親権者が必ず出頭し、家裁において「即決裁判」を行い、受理されるそうです。
元奥様の戸籍謄本及び、お子様が残っている彼の戸籍謄本を、親権者が家庭裁判所に申し立てる際の書類に添付しなければいけないとの事です。(家庭裁判所はその書類を別途受け取る事はしないようです)
よって、元奥様に、彼の戸籍謄本を渡さなければいけないのだと聞きました。

おっしゃる通り、防御策を考えるべきだとは思うのですが、渡さざるをえない状態であるとの事なので、心配になり、ご相談させて頂いた次第です。

補足日時:2005/07/06 16:20
    • good
    • 0

>その彼が「手続きの関係上」元奥様に自分の戸籍謄本をお渡ししなければいけない状況になっております。

(お子様の戸籍の手続き上必須なので、必ずお渡しする事になっております)

→逆に質問者さんに私の方から質問する形となってしまいますが・・・。

 「手続きの関係上」とは、具体的にどんなことでしょうか?
 もしご不明でしたら、彼にお尋ねになるなどして、どうかお教え願います。これが明らかでないと回答差しあげるのは非常に困難です。

 彼は元妻との間にお子さんがいて、その親権は今は元妻にあるようですね。彼はあなたと結婚後、お子さんを引き取り親権者となる、ということですか?
そうでないならば、元妻はあなたの戸籍を入手する理由はないと思われますが。(親権が仮に変更になる場合でも、あなたの戸籍をなぜ元妻が必要なのかはわかりません。)

 戸籍にはきわめて重要な個人情報が記載されております。
 あなたの氏名、住所、生年月日、本籍地、結婚暦、離婚暦などです。親兄弟が同じ戸籍にあるならば同様です。ためしにご自分の戸籍を市役所などでお取りになり、ご覧になってみてください。

 従って、悪事を思いつく人間にとっては「個人情報の宝」に見えると思いますよ。どんな悪事が考えられるか、はここでは控えさせていただきます。(悪用されることもあり得ますので)

 あなたがどうしても納得いかないのならば、見ず知らずの彼女に重要な戸籍を渡すべきではありません。下手すれば親兄弟にも迷惑がかかる可能性がありますので。

 

この回答への補足

早速の御回答、ありがとうございました。
そして、言葉の間違い、説明不足で申し訳ありませんでした。

渡さなければいけない戸籍謄本は、私ではなく、彼の戸籍謄本です。
必要な理由は、お子様の戸籍の移動の為です。(親権者である元奥様の新戸籍に移動する為、お子様が残っている彼の戸籍謄本が必要との事です)
親権に関しては、離婚時のままで、元奥様が親権者です。

補足日時:2005/07/06 15:27
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戸籍謄本と戸籍抄本って何に使うのですか?

私の記憶では、今まで生きてきて一度も交付したことがありません。
婚姻届を近々出すのですが、本籍地と同じところに婚姻届を出すため 戸籍謄本(抄本)が必要なかったです。
戸籍謄本や戸籍抄本っていったいどういうときに交付してもらうものなのですか?
それと謄本と抄本の違いは何ですか?

Aベストアンサー

戸籍には次のような機能があります。

1.日本の国籍を証明する
2.家族関係を証明する

パスポート申請では1番の機能が必要になります。

2番の機能は色んな場面で必要になることがあります。

・婚姻時...家族関係に変化が生じたために必要になります
・死亡時...遺産の法定相続人を確認するために必要になります
・自分の家族関係を知りたいとき
 たとえば離婚により会うことがなくなった、父がその後再婚したのか?などなど。
 番外編として、戸籍には「附票」というものがあり、そこには戸籍に載っている人の現住所が書かれていますので、自分の直系親族の居場所を知ることも出来ます。

最近ですと携帯電話で家族割りサービスを受けるのに求められることもあります。
あと親から生前贈与を受けるために相続時清算課税制度を利用するという場合にも戸籍が必要になります。

こんなところでしょうか。

Q戸籍謄本でできる事

こんにちは。詳しい方教えていただけますか?

以前、叔父が姉である母に「お宅の本籍どこにあるん。」
と突然聞き、母は答えました。
叔父が委任状を捏造してでも、我が家の戸籍謄本は
とれるものなのでしょうか?

叔父は委任状の捏造をしかねない人物です。
私は何だか気色が悪くてたまりません。

叔父は何を知りたいのか、ただの興味本位かもしれませんが、
悪用する可能性は十分ある人です。
我が家の姓の三文印をつくっていそうです。

また、行政書士さんに叔父がお願いすると、
我が家の戸籍謄本は叔父の手に入るのでしょうか?

以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

委任状を捏造し,それによって戸籍謄本を取得することは可能です。
ただ,委任状の捏造は私文書偽造の罪(刑法159条)に当たります。

また,行政書士に依頼して戸籍謄本を取得する方法もありますが,
行政書士は,行政書士倫理に従い,
依頼の目的が不当なものであると判断されるような場合には,
その依頼を受けることはしないはずです。
まあ,騙されて取得しちゃう場合もあるでしょうけど。

行政書士倫理
 http://www.gyosei.or.jp/upload/save_file/01230953_1336452e067feb7389.pdf

そういったことについてあらかじめ防止策を施しておくということは,
事実上,無理と言わざるを得ないように思われます。

ただ,たとえば福知山市等では,あらかじめ登録することにより,
本人の戸籍謄本等を第三者に交付した場合に,それを本人に通知をするという
本人通知制度という制度を作っています。

本人通知制度について(福知山市)
 http://www.city.fukuchiyama.kyoto.jp/life/entries/003043.html

本籍地を管轄する自治体にこういった制度があるようであれば,
それを利用しておくのも1つの方法かもしれません。

委任状を捏造し,それによって戸籍謄本を取得することは可能です。
ただ,委任状の捏造は私文書偽造の罪(刑法159条)に当たります。

また,行政書士に依頼して戸籍謄本を取得する方法もありますが,
行政書士は,行政書士倫理に従い,
依頼の目的が不当なものであると判断されるような場合には,
その依頼を受けることはしないはずです。
まあ,騙されて取得しちゃう場合もあるでしょうけど。

行政書士倫理
 http://www.gyosei.or.jp/upload/save_file/01230953_1336452e067feb7389.pdf

そういったことについ...続きを読む

Q入社後、戸籍謄本を提出して欲しいと言われたのですが

入社したてで、年金手帳など提出書類の中に
家族構成を書く用紙がありました。
それはいいのですが、その用紙に謄本も添付するように
書いてあるのです。
会社は東京、実家は大阪なので母に頼みました。
しかし母の話では、区役所で謄本を出すときに書く、
使用目的の欄に(息子の就職の為)と書いたところ
その理由では発行できませんと言われたそうです。
どんな目的で使うのか?
このままでは謄本はもらえないので、どう対処すればいいのか?
教えていただけませんか?

パスポート発行の為とか偽って発行してもらうのはナシでお願いします

Aベストアンサー

その区役所の取り扱いは正しいです。
法務省の通達で、企業は原則として戸籍謄本を提出させてはいけないことになっております。
家族構成や両親の職業なども聞いてはいけないことになっております。
これは一部の地域出身者が、その出身地や特定の一族であることを理由にいわれ無き差別を受けることがあるためです。
以前は企業に応募する段階で戸籍謄本を提出させたり、面接で出身地を聞いたりして、特定地域の特定の姓の者は採用を排除されるといった事が普通に為されておりました。
これが社会問題になり、法務省は企業が採用活動をするにあたり、本籍を確認したり、戸籍謄本を提出させたりしてはならないと定めました。
また地方公共団体に対しては、企業に就職にからんで謄本を提出する目的では発行してはならないといった通達も出しております。
よって最近はあなたの会社のように、採用後に謄本を求めるケースが起きており、これも社会的に問題視されております。
本来は提出を求めてはいけないものですので、会社に対して一度「区役所に拒否された」旨を申し入れて、また「使用目的を明らかにしないとならないので、誰が何を確認するのかきちんと教えて欲しい」と聞いてみるべきです。
せっかくの就職に水を差すようで申し訳ないのですが、それを無理強いするような会社は人権意識に欠けているので、入社すべきで無いと考えます。
また謄本(もちろん抄本も)提出拒否を理由に解雇などの不利益な扱いをすることは、厳に禁止されておりますので、もしその様なことがあったり言われたりした場合は、労基署と法務省人権擁護局に訴え出れば、その会社は大変なことになります。

その区役所の取り扱いは正しいです。
法務省の通達で、企業は原則として戸籍謄本を提出させてはいけないことになっております。
家族構成や両親の職業なども聞いてはいけないことになっております。
これは一部の地域出身者が、その出身地や特定の一族であることを理由にいわれ無き差別を受けることがあるためです。
以前は企業に応募する段階で戸籍謄本を提出させたり、面接で出身地を聞いたりして、特定地域の特定の姓の者は採用を排除されるといった事が普通に為されておりました。
これが社会問題になり...続きを読む

Q戸籍謄本(戸籍抄本)について

とある手続きのため戸籍謄本(戸籍抄本)を送って欲しいとのことがありました。まだ送っていないのですが、戸籍謄本(戸籍抄本)って悪用されますか?されるとしたら何に使われるのでしょうか? 身分証明書として保証人とかに使われないか不安です。

Aベストアンサー

>身分証明書として保証人とかに使われないか不安です。

実印&印鑑証明書なら、悪用可能だと思いますが、戸籍謄本(戸籍抄本)は悪用しようにも、使うところはないと思います。

私も相続手続きで、戸籍謄本を今回、いろいろ取りましたが、窓口でのチェックが一番甘かったです。
また、弁護士や司法書士は本人の同意がなくても取れるそうです。
単に相続関係を調べるしか、使い道がないからではないでしょうか?

それに比べて、住民票や印鑑証明は、チェックが厳しかったですよ。

Q戸籍が必要な時とは?

ふと疑問に思ったので教えてください。
戸籍謄本が必要になるのってどんなときですか?
今まで、住民票は身分証明のために何度か発行してもらったことがあるのですが…。

Aベストアンサー

親との血縁関係を公証するのは
戸籍が最も信憑性が高いです。
また、氏名に用いられている漢字は
戸籍の通りでなくてはならないので、
住民票に記載している漢字氏名について、
誤りがある場合には戸籍で照会します。
それと、戸籍は日本国籍を有している
証明になります。
これは住民票でも同じといえるかも
しれませんが、住民登録は戸籍簿に
登録されている人しかできません。
なので、
住民登録のある人=戸籍に登録されている人
=日本国籍のある人
と、間接的に日本国籍の保持者であることを
証明しているんです。

一般的によく使われるとしたら、
・親との相続権利、扶養義務の証明
 (親との嫡出関係の証明)
・婚姻関係の有無の証明
 (独身状態<婚姻用件具備状態>の証明)
概ねこの二つでしょうね。
ただ、身分に関わる変更届、婚姻、出生や
離婚などの他にも、養子縁組や、入籍届など、
少なくとも、入籍が生じる戸籍異動の場合、
必ず従前の戸籍謄(抄)本の添付が必要です。
添付されない場合は前の本籍地から
取り寄せているんです。

実は婚姻の場合も戸籍謄(抄)本の添付は
義務ではありません。添付しなくても
いいのですが、その代わり、届書を受理してから
従前の本籍地から戸籍抄本を取り寄せるので、
その分時間がかかることを了解してもらわなければ
ならないということになるんですね。

ちなみに、細かいことで申し訳ないのですが、
婚姻をすると新戸籍に「入籍」しますけど、
同時に親の戸籍から「除籍」になります。
離婚しても、筆頭者の戸籍から「除籍」に
なると同時に親の戸籍あるいは新戸籍に
「入籍」になります。
婚姻すると確かに「入籍」するのですけど、
「入籍」する=「婚姻」ではありません。
離婚しても「入籍」します。
マスコミでの用語の扱い方がとても乱れている
影響なので、決して質問者様が悪いわけでは
ありませんけど、せっかくなのでこの機会に
もう一つ覚えてくださいませ♪

親との血縁関係を公証するのは
戸籍が最も信憑性が高いです。
また、氏名に用いられている漢字は
戸籍の通りでなくてはならないので、
住民票に記載している漢字氏名について、
誤りがある場合には戸籍で照会します。
それと、戸籍は日本国籍を有している
証明になります。
これは住民票でも同じといえるかも
しれませんが、住民登録は戸籍簿に
登録されている人しかできません。
なので、
住民登録のある人=戸籍に登録されている人
=日本国籍のある人
と、間接的に日本国籍の保持者であることを
...続きを読む

Q印鑑証明書や戸籍謄本、住民票、保険証など

どれも非常に重要なものですが、印鑑証明書は偽造や取得されること(危険性)はないでしょうか?また他人が勝手に自分の印鑑証明書や戸籍謄本、住民票などを取得する(危険性や可能性)はないでしょうか?
また、落としたり、盗まれて悪用されたときは全ての責任を負うことになるのでしょうか?サラ金などで保険証を使われて金を借りられたらどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。以前、戸籍や印鑑登録の事務をしていましたので、主にその点について書かせていただきます。

 まず、戸籍法などの法律では、戸籍や住民票は公開が原則になっています。しかしながら、プライバシーの侵害や悪用の恐れがあることから、法律は改正されていませんが、運用で取得の制限が段々と厳しくされては来ています。現在は、どの自治体でも、第3者(債権者は取得できる場合があります。例えばお金を貸していて返してもらえない人が、貸主を追跡する場合などですね。勿論、住民票の請求の際は、借用書などの提示を求められますが)への交付はしてくれないでしょうし、請求者の身分を証明するもの(運転免許証など)の提示を求められると思います。
 ただ、これとて、悪意があれば取得することは不可能ではありません。

>印鑑証明書は偽造や取得されること(危険性)はないでしょうか?

 偽造はないといっていいと思います。大抵の自治体では、コピーすると「無効」や「複製」などの文字が印刷される特殊な用紙を使っていますので。

 また、取得もないといっていいと思います。印鑑登録カードが無いと交付してもらえません。カードには名前が書かれていませんから、落されても誰のものか分かりませんから、申請できないと思います。

 心配なのは、印鑑登録そのものを変えられてしまうことです。
 印鑑登録は委任状があれば代理人でも申請ができます。その際は、その場では登録が完了せず、郵便で本人に確認の文書が行くことになります。
 つまり、この二つを突破されれば、勝手に登録することが可能です。そのためには、委任状の偽造と、郵便物が配達されるのを見張ってそれを詐取する必要がありますが。
 ただし、申請者の名前を申請書に書く上、身分証明で確認されるでしょうから、誰が申請したかの証拠が残りますから、リスクが大きいです。

>他人が勝手に自分の印鑑証明書や戸籍謄本、住民票などを取得する(危険性や可能性)はないでしょうか?

 戸籍謄本、住民票は、委任状を偽造すれば可能です。ただし、印鑑登録と同じで、請求者の名前を申請書に書く上、身分証明で確認されるでしょうから、誰が取得したかの証拠が残りますから、リスクが大きいです。
 印鑑証明は、前述の通り登録を変更されてしまわれない限り取得される恐れは無いと思います。

>落としたり、盗まれて悪用されたときは全ての責任を負うことになるのでしょうか?サラ金などで保険証を使われて金を借りられたらどうなるのでしょうか?

 健康保険証や運転免許証を身分証明書として利用する消費者金融や信販会社も少なくないですから、トラブルを防ぐためには早急な対応が必要です。
 紛失した場合や盗難にあった場合には、まず最寄りの警察署と発行元にすぐに届け出ることが必要です。健康保険証であれば健康保険組合か社会保険事務所と警察署に、運転免許証であれば公安委員会(あるいは、免許更新センターや最寄りの警察署)へ届け出てください。 
 被害を防ぐ方法の一つとして、個人信用情報機関が設けている「本人申告制度」があります。本人申告制度とは、身分証明書の紛失や盗難に遭ったことなどの情報を個人信用情報機関に登録することで、当該機関の加盟会社(信販会社、消費者金融、銀行など)が審査をより慎重に行うことができるようにする制度です。
http://www.security-joho.com/service/sinyoukikan.htm
 
 万が一、第三者が健康保険証などを不正使用して消費者金融に借金をしたとしても、支払わなければならないということはありません。このようなことで覚えのない請求が消費者金融や信販会社からあった場合は、その旨申し出てください。

参考URL:http://www.security-joho.com/service/sinyoukikan.htm

 こんにちは。以前、戸籍や印鑑登録の事務をしていましたので、主にその点について書かせていただきます。

 まず、戸籍法などの法律では、戸籍や住民票は公開が原則になっています。しかしながら、プライバシーの侵害や悪用の恐れがあることから、法律は改正されていませんが、運用で取得の制限が段々と厳しくされては来ています。現在は、どの自治体でも、第3者(債権者は取得できる場合があります。例えばお金を貸していて返してもらえない人が、貸主を追跡する場合などですね。勿論、住民票の請求の際は...続きを読む

Q戸籍の附表(謄本)発行における適切な使用目的記載

 電話でのやりとりはあり、おおまかな場所に住んでいるのは解るものの、自分以外の家族(母・父・兄)が住む具体的な住所がわからない状態にあります。
 ちゃんと把握しておきたいという理由で戸籍の附表(謄本)を発行しようと考えているのですが、使用目的としてはやはりそのまま書くと受付拒否の可能性があるので、適当に書きたいのですが。

 現住所が確実に記載されている、書類を発行してもらうのに、良い使用目的理由はどうすればいいでしょうか?
 ついでに、どういう人生を生きてきたのかということも知りたいので、どういう場所に住んでいたのかも把握したいです。
 要するに単純に生まれてから、これまでの住所記録も閲覧したいです。
 
 これまでの住所をすべて開示が必要な書類とはどういうケースがありえますか?

Aベストアンサー

>相続手続きのために○○の出生~死亡までの戸籍が必要」という一文がありました。

これは戸籍の動きのことで、住所とは関係ありません。
附表と戸籍は性格がまったくちがうものです。

その人がどこに住んでいたのかは関係なく、婚姻したり、子供がいたり離婚したりを検証する意味です。

ご混同のないように

Q住民票は悪用されますか?

姉の友達が水商売のアルバイトをしているのですが、そこの会社?お店が身分証明として住民票の提出を求めているそうです。免許書などでもいいのですが彼女はもっていないため住民票をだすことになっているのですが、うちの母は住民票でもお金を借りられたり、悪用できるといいましたが本当ですか?たとえばコピーをとられるだけであるなら大丈夫なのですか?ちなみに、住民票は彼女の本籍や世帯主は省略してあるそうです。

Aベストアンサー

Yahooニュースで、以下の用語を検索すると最近の悪用の手口が出ていました。
住民票 事件
免許証と違って、顔写真がないのが悪用される可能性となっています。

Q他人の戸籍謄本を役所で出してくれますか?

見てみたいという理由だけで、他人の戸籍謄本を、役所では出してくれるのでしょうか?

又、理由によって出してくれる場合はどのような理由があれば、良いのですか?

よろしく、お願いいたします。

Aベストアンサー

戸籍法で「誰でも(他人の)戸籍(除籍を除く)を請求できることができる」としながら、「不当な目的による場合は請求を拒むことができる」としているため、結果的に、委任なく第三者が他人の戸籍を請求する場合は、目的を明らかにする必要があります。

 しかし、実務上、ほとんど難しいことになってしまっています。

 戸籍をとりたいということであれば、その人が既婚者か、子供がいるのか、親はだれか、まぁ、大体知りたい情報といったらそんなところでしょうが、そういう目的でも、たいていの窓口のお役人さんは出し渋るでしょう?

 だいいち、その人の本籍地がわからないことには、請求書の書きようがありません。わからなければ、基本的には、本人に教えてもらうことになるわけで、そうであれば、委任状を作成して、代理人として請求すれば済むことです(住民票をまず請求すれば、本籍地は出ていますが、御自分の住民票を取る時のことなど、思い出していただくとお分かりいただけると思いますが、そんなときでさえ、住民課のお役人さんって、なるべく本籍地の記載は省略させようとしたりするくらいですから・・・)

 本来戸籍法に定められている「不当な目的」とは、出身地に絡んだ、就職や、婚姻における不当な差別的観点からの調査を意識したものだったはずなのでしょうが、現実問題、そういう目的の人が、正直にそう書くわけないので、結果として、それ以外の第三者請求も実務上難しい状況が出来上がってしまっているようです。

 対して、専門家の職務請求の場合は、それぞれ所定の用紙があるので、それで以って、専門家の人が窓口で請求すれば、すんなり出してくれます。
 ちなみに#2の方の「行政書士・司法書士・弁護士・税理士・社会保険労務士などの特定の資格がある者が」という記述に特に間違いはありません。
 戸籍法10条・12条の2を受けて、法務省令でこれらの者には職務上の請求であれば、請求することを認められているのです。
 ですから、kodemariさんの目的しだいで、これらの専門家のいずれかに依頼すれば、なんら問題なく正当に請求はできますし、現実問題出してもらえます。
 例えば、司法書士に依頼することができる動機だとして、戸籍1通であれば、手数料プラス3000円程度の費用で取ってもらえます。
 
 弁護士など立てずに自分で裁判をする場合、相手方の戸籍が必要な場合は、訴状等その旨証明する書類の写しと、免許証などを添付して、請求できるように自治省の通達でなっていますが、これなども不勉強な役人が少なくなく、「そんな請求はできません」と窓口で突っぱねられ、大喧嘩をしたことがありますが・・・とにかくご自分で請求されるのは大変なのが現実です。

戸籍法で「誰でも(他人の)戸籍(除籍を除く)を請求できることができる」としながら、「不当な目的による場合は請求を拒むことができる」としているため、結果的に、委任なく第三者が他人の戸籍を請求する場合は、目的を明らかにする必要があります。

 しかし、実務上、ほとんど難しいことになってしまっています。

 戸籍をとりたいということであれば、その人が既婚者か、子供がいるのか、親はだれか、まぁ、大体知りたい情報といったらそんなところでしょうが、そういう目的でも、たいていの窓口のお...続きを読む

Q戸籍謄本、抄本は誰でも取れるの?

教えてください。他人でも謄本、抄本は役所で取ることができるのでしょうか?住民票は取れますよね。個人情報について最近とみにうるさくなってますが、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

戸籍は原則として3親等以内の親族の請求に限られますが、例外的に他人でもとれる場合があります。

それは当該戸籍(除籍)に記載された人が死亡した場合で、請求者が死亡した人の相続人である場合です。

私のケース

叔母が死亡し、私が第三順位代襲相続人となった為、義叔父の除籍謄本及び平成改正原戸籍謄本を取得しました。(その際には系図を証拠として提出しています。)

その外には職権請求による取得があります。
公権力(警察・裁判所・国税等)の外に、弁護士・司法書士等の法律専門職はその業務の必要において取得できます。(行政書士も取得可能ですが、行政書士が職権取得しなければいけないケースを私は不勉強な為思い至らない為、敢えて割愛します。)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報