ショットキー型接続について
詳しい事を教えていただける方はいませんか?

後、太陽電池についてのことも・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

金属と半導体を接続したものをショットキー接合といいます。

このように、異なる材料をくっつけると、それを流れる電気の向きに変化がでてきます。金属から半導体へは流れるが、その逆は流れないとか。この構造を太陽電池に使うこともできます。簡単には、ショットキー接合は、半導体を素子として使うための一番単純な構造の一つであると覚えておいたらいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
PN接合との違いが分からなくて
ショットキーの場合はPN両方なくてもいいのですね。

お礼日時:2001/01/07 02:34

専門家の方から、なかなか回答が来ませんね。



「ショットキー」は、結晶の空孔型の欠陥(ショットキー欠陥)の時に出てきますね。不純物型の欠陥の一つだと思うのですが。 反対に結晶格子の間隙に他のイオンが入ったものは、フランケル欠陥といいます。シリコンに不純物を混ぜて空孔型(ショットキー型)にしたものはP型素子、反対に電子過多(フランケル型)にしたものはN型素子になります。あとはこの組み合わせで、いろんな素子ができますね。

まったく見当はずれだったらごめんなさいね。でも、質問されてからかなり時間がたっていますので、別の聞き方を試みてはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ただ、欠陥ではなくて接合なので・・・・・

お礼日時:2001/01/07 02:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半導体部品、半導体製造装置とは

半導体製造装置とは、半導体部品(トランジスタなど)又は半導体装置の製造装置のことですよね。

だとしたら、なぜ、「半導体部品(又は半導体装置)製造装置」といわないで、
「半導体製造装置」と言っているのでしょうか?

Aベストアンサー

シリコンウェーハなどの材料基板上に半導体素子(デバイス)を形成する機械が「半導体製造装置」であり、切り出してパッケージングして「部品」にする機械とは違うと思いますよ。
パッケージングまで一気にしてしまう設備もあるかと思いますが、それは各装置の集合体であって、工程によって呼び名は変わるものかと思います。

Q太陽光線と太陽電池

太陽電池ってどれ程の太陽光線をどれくらいの電気に変換するのでしょうか?

また、以前太陽電池は熱くなると効率が悪くなる
と以前どこかで見たのですが、宇宙だと冷却装置は不要なのでしょうか。

ご回答お待ちしております

Aベストアンサー

シリコン系の効率的は#1,2の方のおっしゃるとおりです。理論効率では30%が最大との事。
この30%が一般家庭向けに実用化されたとしても、現状ではコストが合わないそうです。
【家庭用電気料金並(23~24 円/kWh 程度)にコストダウンすることが必要である。
そのためには、太陽電池の材料コストを低減することとともに、光エネルギーの変換効率を向上することが強く求められている。】(http://www.ryutu.ncipi.go.jp/chart/denki/denki16/frame.htm)
だそうで、実用化についてはこのあたりがネックだとか。

ちなみに、高効率太陽電池には、単結晶シリコン、化合物半導体、色素増感型の3つのタイプがあるそうです。現在材料コストの安い光触媒機能を応用した色素増感型が注目されていますが、変換効率10%の壁を越えられないのが現状のようです。
ポイントは、色素増感型の場合、吸収できる波長の領域が狭いため、太陽エネルギー全体で言えばロスが多い。そこで、吸収できる領域を広げるための研究が行われています。
期待したいところですが。。。なかなか進まないのが現状のようです。

以上

参考URL:http://st-seimitsu.shinshu-u.ac.jp/~seimitsu3a/sikisozoukan.htm

シリコン系の効率的は#1,2の方のおっしゃるとおりです。理論効率では30%が最大との事。
この30%が一般家庭向けに実用化されたとしても、現状ではコストが合わないそうです。
【家庭用電気料金並(23~24 円/kWh 程度)にコストダウンすることが必要である。
そのためには、太陽電池の材料コストを低減することとともに、光エネルギーの変換効率を向上することが強く求められている。】(http://www.ryutu.ncipi.go.jp/chart/denki/denki16/frame.htm)
だそうで、実用化についてはこのあたりがネックだとか...続きを読む

Q薄膜形成の対象は半導体ウエハか半導体基板か

「蒸着などの方法で薄膜を形成する」という文章を書く場合において、その薄膜を形成する対象は「半導体ウエハ」と「半導体基板」との両方があるのでしょうか?
それとも、「半導体ウエハ」と「半導体基板」とのいずれか一方ですか?

そもそも「半導体ウエハ」と「半導体基板」との違いは何でしょうか?

Aベストアンサー

>半導体ウエハと半導体基板とは、同じものということですか

インゴットを輪切りにした直後の加工していない状態なら、同じものと考えていいでしょうね。実際ウェファー上には基板しか存在しないわけですから。
文脈上は、ウェファーはインゴットから切り出された円盤状の物体そのものを指すのに使われるのに対して、基板はその円盤上に載っている半導体で作られた土台のような文脈で使われます。

薄膜を形成するというのであれば、後者の意味で使ったほういいかと思います。

http://en.wikipedia.org/wiki/Wafer_%28electronics%29
http://en.wikipedia.org/wiki/Substrate_%28electronics%29
ちなみにSubstrateというのがいわゆる基板です。

Q太陽電池の接続

工作に使うような太陽電池セル(2.5V 250mA位)を接続する場合どこかのサイトで太陽電池について電池と同じように直列であれば電圧加算、並列であれば電流加算というようなことがありましたが、太陽電池の場合光の当たり方で発電量が異なるので並列にした場合電圧の差が生じて低い電圧のセルに電気が流れたりしないでしょうか?
また太陽電池は(外部から)電気を流しても大丈夫なのでしょうか?
接続方法の注意点などありましたらお願いします。

Aベストアンサー

並列にして電流加算するには
各太陽電池セルに整流器を取り付けて纏めれば良いのです
これで低い電圧のセルに電気が流れません
流してはロスになりますから 非効率になり もったいない です

整流器の電圧は太陽電池から出る最大電圧以上であれば
電流は同じく太陽電池から取り出せる最大電流以上(短絡電流と書いてあり)であればよろしいです
整流器自身でのロスを小さくする為にはVfの小さいものが最適でショットキータイプが良く使われます 0,5V前後です
と言うかこれしかありません
太陽電池電圧が高い場合 例えば50V以上とかでしたら普通のもので結構です Vfは1V前後ですけれど割安です
最終出力電圧は このVf分低くなり非効率なるからです
整流器の電圧電流は余裕を見ましょう1,5倍あれば十分過ぎます。

Q半導体って?

半導体って?

友人にプリンター設定を説明している時のことです。

インクの金属部分を「これはインク情報が入っているところなので、素手で触らないでね!」と言ったら、「うん、半導体のところだね。」と言われ、
「半導体というより、ICチップだと思うよ。」と言ったのですが、
はっきり半導体ではないと言い切れない自分がいて、いったい半導体って何だろうと思いました。

半導体とは、電気を通すような通さないようなちょっと中途半端な存在ですよね。
パソコン内部にはたくさん使われているんだと思いますが、
それはどの部分でしょうか?
また、インクの金属部分は半導体かそうでないかとその理由を教えてください。

(パソコンパーツの説明は、自作をするのである程度ついていけます。
が、半導体がわからない位なので、その中間あたりのレベルだと思います。)

Aベストアンサー

友人にされた説明は適切だと思います。
半導体も使われているでしょうが、ICチップと呼んだ方が適切です。
パソコンで使用されている部品で半導体が使われているものは、CPU、メモリ、トランジスタ、ダイオード、その他いろいろなICですね。

>インクの金属部分は半導体かそうでないかとその理由

金属の部分は、銅箔と呼ばれるものです。詳しい材料までは分かりませんが、銅の種類です。半導体ではありません。理由と言うほどのものはないですが、半導体を、むき出しで使用することなんてまずありえません。表面が酸化したり、傷ついたりすれば、使い物になりません。
半導体は銀色っぽい色をしてますので、見た目も違いますね。

Q太陽電池の直列接続に関して

独立系の太陽光発電の際、この系を24Vで組むとして諸元の異なるパネルを直列接続するとどのような弊害があるのでしょうか?例えば、開放電圧値の異なるもの同士を接続する場合ですが、発電電流値の小さい方のパネル(太陽電池)がパンクしてしまうとか・・・このような現象が起き得るものでしょうか?そもそも、同規格のものを接続するものなのでしょうけど、生憎手持ちのパネルに同じものがないものでどうしたものかと悩んでいます。

Aベストアンサー

基本的に最大電流値が小さいほうのパネルに出力電流値は束縛されますよ。

そのため組み合わせによっては、電流値の大きい方のパネル1枚だけを使う場合よりも
反って取り出せる電力が少なくなってしまう場合もあります。

Q半導体について

半導体を知らない人に半導体の基本と役割を口頭で簡単に説明する場合、どのように説明すれば良いでしょうか?

友人に「どういう勉強してるの?」と聞かれ、「半導体」って答えると、必ず半導体って何?って聞かれます。このパターンが多々あり、勉強し始めの私は毎回困ります。

まだこんなことしか分かっていません。
↓↓↓
物質には電気を通す導体と電気を通さない絶縁体があるが、半導体はその中間に属していて.....
シリコンでできている半導体にPやAlをドープするとn型、P型半導体になり....pn接合に電圧を加えて、電子が流れることで電流が流れる。  電気を通すことも通さないこともできるので便利。

上記のようにまるでまとまってません。導体や絶縁体よりも何が優れていて、半導体によって何が実現したのかを説明したいです。

勉強始めたばかりで、まだよく理解できていないのでどうか回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

トランジスタとかICとかLSIとか応用利用の方面でどう使われているのか、コンピュータは半導体なしにはできないってことでも説明して、自分の学んでいる部分の細かい説明まで付いて来れそうならば・・・もっと詳しく、ね。

半導体っていうだけだと、ただ単にほとんど電気を通さないブツだけど、ちょっと混ぜものをしてやると・・・ね。

説明は相手に伝わるように、というのが大事じゃないかな。

Q太陽電池の発電量を調べたい

太陽電池の発電量を調べたい

皆様いつもおせわになっています。
ジャンク品の太陽電池を数枚入手したのですが、
その太陽電池の電流(最大アンペア)の量を測りたいのですが、
どのようにすれば良いでしょうか?
電圧の方はテスターで直接測りました、太陽の下で1枚4.5V程度発電できています。

手持ちのテスターには直流のアンペアを測るモードはあるのですが(10AモードとmAモード)、
どの用に使うかまでは説明書に記載されていませんでした。
電圧はテスターを並列に、電流はテスターを回路の中に直列に入れる
と記憶していましたが、太陽電池の発電できる最大の電流を測るには
太陽電池、テスターの他になにを繋げばよいでしょうか?
アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

ロータリースイッチを使ったデジタル可変抵抗を作ってみてはいかがでしょうか。添付図のように、3つのロータリースイッチを使えば、 0Ω から 999Ωの範囲を1Ωきざみで可変できます。電流は100mA程度流せます。10Ωきざみで良ければ一番左側の部分なしにすればいいです。こういうのが1台あると何かと便利です。

定電流回路は、±5V電源とオペアンプとMOS-FETと抵抗数本と可変抵抗で作れますが、電子工作の経験がかなりないと難しいかもしれません。±5V電源の準備と部品の入手(秋月や千石などで)が可能で、もし挑戦してみようと思われるのなら回路図を添付します。±5V電源電源も自作してみますか?

[1] 12接点ロータリースイッチ(150円) http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00100
[2] 1/6W抵抗(100本入り100円)
   1Ω http://akizukidenshi.com/catalog/g/gR-16010/
  10Ω http://akizukidenshi.com/catalog/g/gR-16100/
[3] 酸化金属被膜抵抗器100Ω・2W(1本30円) http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/search.php?toku=%E6%8A%B5%E6%8A%97%E5%9B%BA%E5%AE%9A&cond8=and&dai=%E9%85%B8%E9%87%91&chu=2&syo=&cond9=&k3=0&list=1&pflg=n&multi=&code=&st=30

ANo.3 さんは質問 4286543 を最後に、質問も回答もぱたりと途絶えたので、もしや・・と考えていました(別名で出られてました?)。当方はバッテリーと強電が弱いので、この分野で質問があったら回答をお願いします。私事で済みません。

ロータリースイッチを使ったデジタル可変抵抗を作ってみてはいかがでしょうか。添付図のように、3つのロータリースイッチを使えば、 0Ω から 999Ωの範囲を1Ωきざみで可変できます。電流は100mA程度流せます。10Ωきざみで良ければ一番左側の部分なしにすればいいです。こういうのが1台あると何かと便利です。

定電流回路は、±5V電源とオペアンプとMOS-FETと抵抗数本と可変抵抗で作れますが、電子工作の経験がかなりないと難しいかもしれません。±5V電源の準備と部品の入手(秋月や千石などで)が可能で、もし挑戦...続きを読む

Q半導体工学

p型半導体、n型半導体のそれぞれの場合において、ショットキー接触の場合、金属と半導体のどちら側に正電圧を印加すれば順バイアス状態となりますか??

Aベストアンサー

ショットキー障壁ができるのは、n型半導体では、図1のように、金属の仕事関数 φm が半導体の仕事関数 φs より大きい場合で、電子に対して障壁ができるような状況です。p型半導体では、図2のように、φm < φs の場合で、正孔に対して障壁ができるような状況です。

           金属   n型半導体
  真空準位  ┬   ┬
          |   φs
          φm   ↓
          |     \ ← 電子に対する障壁
 フェルミ準位 ↓___  \ - - - ← 電子
                    ̄ ̄ 伝導帯下端
               \
                 \__ 価電子帯下端

【図1 n型半導体でショットキー接触となる場合】

           金属    p型半導体
   真空準位 ┬    ┬
          |    |   / ̄ ̄ 伝導帯下端
          φm    φs /
 フェルミ準位 ↓___|    __ 価電子帯下端
                |  / ++++ ← 正孔
               ↓/← 正孔に対する障壁

【図2 p型半導体でショットキー接触となる場合】

これらに対して、順バイアスとなるのは、障壁が小さくなる方向にバイアスした場合です。金属-n型半導体系だと、半導体側のエネルギーを上に持ち上げる方向になります(バンド図の上側というは、電子エネルギーを増加させる方向なので、-の電圧を増やす方向)。つまり、金属側に+の電圧を加えるのが順バイアスになります。

金属-p型半導体系はその逆で、半導体側のエネルギーを下に押し下げる、つまり+の電圧を半導体側に加える方向になります。

ショットキー障壁ができるのは、n型半導体では、図1のように、金属の仕事関数 φm が半導体の仕事関数 φs より大きい場合で、電子に対して障壁ができるような状況です。p型半導体では、図2のように、φm < φs の場合で、正孔に対して障壁ができるような状況です。

           金属   n型半導体
  真空準位  ┬   ┬
          |   φs
          φm   ↓
          |     \ ← 電子に対する障壁
 フェルミ準位 ↓___  \ - - - ← 電子
   ...続きを読む

Q太陽電池の直列抵抗

シミュレーターで変換効率の測定をしました。
直列抵抗の算出方法が分からず困っています。
どなたか助けていただけませんか?

Aベストアンサー

抵抗の求め方は



 RSは添付した図のグラフの I=0 のところでの特性の傾きですので、

   RS = ⊿VRS/⊿IRS

より求めます。

同様に RSH は 図のグラフの V=0 のところでの特性の傾きですので、

    RSH = ⊿VRSH/⊿IRSH


より求めます。


人気Q&Aランキング