ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

 贈与の可能性があるものがいくつかあります。
 親からのマンション物件(時価およそ2000万円)
 父方の叔父からの現金贈与(現金でおよそ1000万円)
 母方の叔父からの宅地と物件(時価およそ1500万円)

 それぞれ違う時期に贈与する事になりますが、それぞれどれくらい贈与税金が掛かるんでしょうか?。また、それを回避できるものなら回避する方法はありませんか?。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
わかり易いサイトですね。
しかし、かかりますね~。
贈与する上での課税の意味ってあるんでしょうかね?。

お礼日時:2005/07/06 17:08

以下はすべて国税庁のHPです。




贈与税計算の原則
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4408.htm


軽減可能性のある制度

1.相続時精算課税制度
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4103.htm

2.住宅取得資金の軽減制度
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4502.htm


参考まで、土地家屋の評価
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4602.htm
    • good
    • 0

それ位の金額なら贈与税はかからないと思われます。


気になるならお住い地域管轄の税務署でご確認下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング