すみませんが、教えてください。
最近、低公害車としてCNG車が普及していますが、
燃料である天然ガスの供給は
都市部ではエコステーション等の整備が進んでいて
比較的容易と思いますが、
山間地等の供給設備が整備されていない箇所で使用する場合は、
どうしたらよいのでしょうか。
自前で設備を持つとしたら、設備設置箇所まで
ガス会社がローリなどで配達してもらえるのでしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

山間地で都市ガスが供給されていない場合は、


液化天然ガス(LNG)のサテライト供給という方法が
あります。
真空断熱によるタンクに、LNGローリーで定期的に
LNGを輸送します。(LNGはマイナス162度)
参考URLの東京ガスケミカルは都市ガス会社の関係
会社で、工場などにLNGを納めています。

また、エコステーションはないけど、都市ガスが供給
されていれば、昇圧供給装置をつけて、天然ガス自動車
に供給できます。
    • good
    • 0

自前で設備を持つためには、たぶん高圧ガスの取り扱い免許が必要になると思います。


供給設備の無い山間地では、CNG車は難しいのではないでしょうか。満タンで走れる距離が300km程度と短いので、インフラが整備されるまで待たざるをえないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽光発電設備って一箇所に集める意味あるの?

広大な太陽光発電施設って普通の一軒家の屋根に乗っけるタイプの太陽光住宅街と比べて効率は良いのでしょうか?分散できることが太陽光のメリットではないのですか?

Aベストアンサー

ただ単なる『効率』という面だけで見れば、メガソーラーはメンテナンスや設備更新の点で各戸違うメーカーの物を設置する住宅用よりも良いです。

メガソーラーにしろ大出力の原発や火発にしろ、一箇所で発電して送電する事には、一旦故障すると被害範囲が大きくなるリスクがあります。
理想としては多少の効率の悪さを鑑みても、できるだけ多くの屋根に設置する方がトータルで見て大きな電力を稼げ、また同時に多数が故障することも考えにくいので、非常時でも有利だと思います。

自然エネルギーに反対する意見の中には『効率』の悪さを理由にしているものも多いのですが、自然エネルギーによる発電の場合、多少効率を無視しても燃料・原料はほとんどタダですので、数多く設置することにより大量生産によるコスト下げが期待できます。
また、各戸での自家発電が可能になれば、地域独占状態の電力会社も不要になります。
原発も必要なくなります。
遠くから電気を運ぶために電圧を上げて効率を落としている長大な超高圧送電網さえいらなくなります。
利益を共有する”原子力村”により『原発ありき』の法制度のため、現状では太陽光を始めとする自然エネルギー普及への道は遠いのですが、トータルで考えての『効率』では、自然エネルギーに軍配が上がります。

ただ単なる『効率』という面だけで見れば、メガソーラーはメンテナンスや設備更新の点で各戸違うメーカーの物を設置する住宅用よりも良いです。

メガソーラーにしろ大出力の原発や火発にしろ、一箇所で発電して送電する事には、一旦故障すると被害範囲が大きくなるリスクがあります。
理想としては多少の効率の悪さを鑑みても、できるだけ多くの屋根に設置する方がトータルで見て大きな電力を稼げ、また同時に多数が故障することも考えにくいので、非常時でも有利だと思います。

自然エネルギーに反対する意見の...続きを読む

Q供給ガスの発熱量を高発熱量で表す理由

都市ガスやLPガスの発熱量を高発熱量(高位発熱量、総発熱量)で表すのはなぜでしょうか?

一般的に、熱機関やボイラーでは水蒸気の蒸発潜熱が利用しにくいため低発熱量で表すようですが、
ガスの場合を高発熱量で表すのは、排熱回収方式を適用しやすいためなどといった理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

燃料の主成分は炭化水素(炭素と水素の化合物)で、燃焼により水と二酸化炭素を生じますが、ガスは石油や石炭に比べて、水素が多いので高位発熱量と低位発熱量の差が大きくなります。
さらに、燃料電池のように水素を燃料としたものはその差がもっと大きなものになります。
以前はあまり潜熱を利用することはなかったので、低位発熱量で問題はなかったのですが、潜熱回収型給湯器や燃料電池などとの効率比較をするようになって、高位発熱量を使うようになってきたのだと思います。

Q山間部にある電線について

山の多い所ではどのように鉄塔から鉄塔へ電線をつなげていくのでしょうか?A~~~~~~~~~~~~A
ヘリコプターとかつかうんですか?
素朴な疑問ですみません・・・

Aベストアンサー

とりあえずは、細いロープを渡して、徐々に太くして、最後は電線を渡します。
いきなりじゃ無理ですからね。

で、その細いロープですが、色々な方法で渡していきます。
場合によってはヘリコプターも使うでしょう。
petボトルロケットみたいな物で飛ばしたりもしていますよ。
人力で渡していく場合もあります。

いきなり鉄塔同士を繋ぐんじゃなくて、木々の上を渡していき、鉄塔で引っ張れば上がっていきますよね。
それが通れば徐々に太いロープを引っ張っていけばOKですね。

Q高層ビル・マンションの上部階のガス設備について

六本木ヒルズやスカイタワーなどの、高層タワーの上部は、消防法で、ガスの配管が禁止されていると電気屋で聞いたことがあります。
だから、タワー型ビルの上部階にレストランがある場合は、全てオール電化で対応していて、厨房もIHの調理器だと教えていただきました。

しかし、本日、消防署の人に、「何階、もしくは、何十メートル以上が、ガス設備の設置ができないのですか?」と聞いたら、「知らない。ヒルズやスカイツリーも、ガスは規制されていないのでは?」と回答されました。

技術的には、都市ガスがダメでもプロパンで対応できそうなのですが、何か、「地上何メートル以上の居住エリア、もしくは、飲食エリアは、ガス設備は許可されない。」という行政指導や法律の制限があるのでしょうか?

Aベストアンサー

地方都市ガス屋の職員ですがそんな制限知りません。

ただ、高層ならではの必要となる設備装置はあるのでコストは嵩みます。ガス管だけではなく給排気設備も絡んできますし。
最上階だけのガス使用のためにうん百万単位以上のコストをかけると家賃にはねかえる=テナントが集めづらいというのが実情でしょうね。

Q液化石油ガス、高圧ガス、エルピーガスの定義は?

液化石油ガス、高圧ガス、エルピーガスなどのガス関係の定義がよくわかりません。それぞれの定義を教えてください。

Aベストアンサー

液化石油ガスがLPG(Liquefied Petroleum Gas)で、これはLPガスそのものの事です。原油精製の各段階で発生する石油ガスを液化したものです。
実際に家庭で使われているLPガスのほとんどがプロパンを主成分とする為にプロパンガスとも呼ばれます。都市ガスも以前はLPGでしたが、資源や環境の問題などの観点から急速に天然ガスへの移行が進んでいます。
都市ガスと、いわゆるボンベで供給されているプロパンガスの違いは、配管かボンベかという供給形態の違いと、LPGの種類です。一般的には都市ガスはプロパンガスよりは比重の軽いものが選択されていますが例外もあります。
100円ライターのガスはブタンガスですが、これもLPGのひとつです。
よく似た言葉でLNGというのがありますが、これは液化天然ガス( Liquefied Natural Gas)のことで、文字通り天然に存在するものを高圧で液化したものです。主成分はメタンで燃焼による公害物質の発生量が少ないクリーンなガスとされています。
高圧ガスというのはよくわかりませんが、液化などに伴い、高圧となったガス全般をさすのではないでしょうか。

液化石油ガスがLPG(Liquefied Petroleum Gas)で、これはLPガスそのものの事です。原油精製の各段階で発生する石油ガスを液化したものです。
実際に家庭で使われているLPガスのほとんどがプロパンを主成分とする為にプロパンガスとも呼ばれます。都市ガスも以前はLPGでしたが、資源や環境の問題などの観点から急速に天然ガスへの移行が進んでいます。
都市ガスと、いわゆるボンベで供給されているプロパンガスの違いは、配管かボンベかという供給形態の違いと、LPGの種類です。一般的には都市ガス...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報