柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

サプライチェーン戦略における
Many suppliers Strategy および
Few Suppliers Strategy の役割について
資料を集め、プレゼンしなければなりません。
英語の本で訳しているのですが、
この二つの戦略の訳がうまく思いつきません。
ご存知の方よろしければ情報お願いします。。><
訳も自信が無いので、よろしければ二つの果たす役割についてもお願いします。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

"Few suppliers Strategy" SCM



で検索したら、パワーポイントが引っかかりました。
英語の部分が多いので、参考になるかと思います。

それぞれのメリットも書いてありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実は、そのパワーポイント及び英語の資料を使ってのプレゼン、が課題なんです。
説明不足で申し訳ありません。
ありがとうございました!!

お礼日時:2005/07/06 23:00

◎Many suppliers Strategy


併注、複社発注、複社購買

◎Few Suppliers Strategy
一社集中、一社発注、一社購買

◎その他
オプティマサプライヤー

等で検索するといろいろ出てくると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
無事、プレゼンを終えることができました。。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/07/07 21:22

SCMを会社で実践までやりました。

この時はコンサルタント(日本)と一緒の活動と、その後の社内カスタマイズでした。と言うことで、ご質問の出典が分りませんので仮定で、回答します。
ここのSuppliersは、商品を作る工場において、その必要部品を調達する会社(下請け、系列、部品、部分加工会社等)を意味しています。
そして、その商品や工場形態によって、調達する相手の会社の数を多く、又は少なく設定する戦略をどう取るかと言う意味だと思います。
つまり翻訳では、多調達先戦略・少調達先戦略で良いと思います。
尚、SCMでは調達戦略の中で、商品・工場形態によって述べられていると思います。
私がSCMをやった時は、生産リードタイム短縮の為の工場・調達戦略でした。

この回答への補足

英語の本、というか英語の本の抜粋のレジュメを渡されました。出典は不明です。。申し訳ありません。
Few suppliers Strategy の例として、ダイムラークライスラー社の供給コスト削減についてが書かれています。
少調達戦略で訳を進めていくとうまくいきそうです!ありがとうございました。

補足日時:2005/07/06 22:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
大変参考になります!

お礼日時:2005/07/06 22:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q索引の再構築をすべき?

とあるプロジェクトに放り込まれた新人SEです。
当該PJでは、客先にDBを構築して納入しているのですが、最近動作が遅くなってきたというクレームを耳にしました。調べてみると、特定のテーブルのSelect処理に時間がかかっているようです。問題のテーブルは、毎日数十万件のデータがInsertされ、一定の保持期限より古いデータは毎日削除されます。
問題はここからで、索引は設定されていますが、それをメンテしているという話を聞かないのです。
ちなみに、日付に対応するパーティションがあり、表・索引ともにパーティションで管理されています。毎日深夜に一番古いパーティションを削除し、翌日分のパーティションを新規作成するデーモンが動きます。
OracleSilver挑戦中の頭で一生懸命考えたのですが、納入から時間が経っているので索引が凄いことになっているのでは・・・という考えと、毎日新しいパーティションが生成されてるから大丈夫なのでは・・・という根拠の無い考えが渦巻いています。
アドバイス、お願いできますでしょうか。

Aベストアンサー

>CBOでは実行計画の最適化には統計情報が使われるのですか・・・!
>ということは、定期的にANALYZEしないとボケた実行計画を選択してしまう、ということですか。
>(ちなみにCBO or RBOは少し調べて理解したのですが、どこかで明示されているんでしょうか?)

CBOは、原則として、統計情報が必要です。
統計情報にあるテーブル/インデックスの特性と実態が異なるようなケースでは、
統計情報が悪さをして、まともな実行計画が立案できません。
なので、テーブルの登録内容が大きく変わる場合は、統計情報の更新を行う必要が
あります。
ただし、統計情報が一度も採取されていないテーブルやインデックスについては、
CBOは、類推して、実行計画を算定します。
これが偶々良い方向で実行計画に作用する場合も無いとは限りません。
少なくとも、大嘘付きの統計情報を使うくらいなら、ない方がましかもしれません。


現在どのオプティマイザを使っているかは、初期化パラメータに
指定があるはずです。(デフォルトはCHOOSE)
特定のSQLのみルールベースにしたり、コストベースオプティマイザの種類を変更したり
というのは、オプティマイザヒントで行えるので、統計情報が信頼できず、
統計情報の更新タイミングが持てないような運用の場合、ヒントで切り抜けるのが
ラクな解決法だと思います。
少なくとも、他への影響がないので。

>CBOでは実行計画の最適化には統計情報が使われるのですか・・・!
>ということは、定期的にANALYZEしないとボケた実行計画を選択してしまう、ということですか。
>(ちなみにCBO or RBOは少し調べて理解したのですが、どこかで明示されているんでしょうか?)

CBOは、原則として、統計情報が必要です。
統計情報にあるテーブル/インデックスの特性と実態が異なるようなケースでは、
統計情報が悪さをして、まともな実行計画が立案できません。
なので、テーブルの登録内容が大きく変わる場合は、統計情...続きを読む

Q「ご質問があります」「ご回答いたします」 この「ご」はいるの?

先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。」という一文がありました。相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。
自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか?
また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか?
仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。

ちなみに私は下記のようにしています。
質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」
回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。

Aベストアンサー

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと用法的には全く一緒です。

でも、感覚的な問題で「ご質問致します」「ご回答致します」は敬語の使い方としておかしい!と思っている方も多いですから、seven_heavenさんの仰る通り、「ご質問いたします」と書いてくる相手には「ご回答いたします」、そうでない相手には「ご」無しが無難だと思います(^^。

私の場合、質問があるときには、seven_heavenの書かれている例の他、
「いくつかおうかがいしたい点がございます」
も使ったりします。
回答の場合は、(「ご回答」を避けるために)
「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」
と書いたりします。


ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^;

こんにちは(^^
この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。

基本的には、敬語はNo.2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。

では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。(Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。

ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。
たとえばNo.5のStella_Marisさんが出していただいた例「ご案内いたします」や、ビジネスの場だとよく出てくる「ご紹介いたします」などと...続きを読む

QVA提案とVE提案の違いを教えて下さい。

こんにちわ。
VA提案とVE提案の意味の違いを教えて下さい。
宜しく、お願い致します。

Aベストアンサー

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
(適正な材料の選択、適正公差、最適工法の選択、仕上げ方法の見直しなど)
不必要に過剰品質にならない、設計が複雑では製造段階での努力には限界がある、それらを含めて設計段階への提案。

現在では、VEの方が重視されている、もちろん既存製品に対するVA提案を受けて、次製品へのVE活動につなげていきます。

個人サイトですが「VEをもっと知ろう」
http://www.geocities.jp/taka1yokota/mypage4-ve1.htm
(VEの考え方がおおよそ分かると思います)

社団法人日本VE協会「VE基本テキスト」
http://www.sjve.org/102_VE/images/302_basic.pdf
(PDFファイルです)

こんな感じです。

用語的には。
VA:Value Analysisの頭文字(価値分析)
VE:Value Engineeringの頭文字(価値工学)

VAは、おおざっぱに言って、既存の製品に対して改善を行う手法。
製品やその部品に対して、必要とされる機能や品質を考えて現状を分析し、コスト低下につながる代替案を提案する。
この部品は何のために使うのか →他に代替えになる物はないか →あるいは現状の品質がほんとに必要かなど。

VEは、開発設計段階から行う手法。
設計を行う場合に、機能や品質を満足するするに必要なレベルを考慮する。
...続きを読む

Q鋳造とダイキャストの違いを教えてください。

鋳造とダイキャストの違いを教えてください。

Aベストアンサー

他の回答をコピペしました
正しくはダイキャスティング。ダイ(Die)=金型。キャスティング(Casting)=鋳造。金型鋳造のこと。鋳造とは、溶融金属(どろどろに溶かした金属)を鋳型に流し込み製品を作る方法。
厳密には、金型を使った鋳造は全てダイキャスティングとなってしまうのですが、一般的には、High Pressure Die Casting(高圧鋳造)のことをダイキャストと呼ぶことが多い。『高圧』とありますが、これは金型に溶融金属を流し込み、高い圧力をかけて鋳造するからです。その他に、低圧鋳造・重力鋳造など様々な方法があります。
ダイキャストの歴史は極めて浅く、欧米では約120年、日本では約60年程度の歴史しかない様です。

ちなみに・・・
お寺の釣り鐘(梵鐘)なども「鋳造」で作られます。これは大昔からある「砂型鋳造法」と呼ばれるもので、双型と言う外側と内側の型の間に金属を流し込む製法です。
(砂型鋳造法には数千年の歴史があるようです。)

☆ダイキャストの特徴
・寸法精度が高く、後工程での加工を減らせる。
・大量生産に適する。
・薄肉のものをつくることができる。
などが言えるでしょう。

他の回答をコピペしました
正しくはダイキャスティング。ダイ(Die)=金型。キャスティング(Casting)=鋳造。金型鋳造のこと。鋳造とは、溶融金属(どろどろに溶かした金属)を鋳型に流し込み製品を作る方法。
厳密には、金型を使った鋳造は全てダイキャスティングとなってしまうのですが、一般的には、High Pressure Die Casting(高圧鋳造)のことをダイキャストと呼ぶことが多い。『高圧』とありますが、これは金型に溶融金属を流し込み、高い圧力をかけて鋳造するからです。その他に、低圧鋳造・重力鋳造...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報