三者面談の待ち時間に図書館を覗いたら壁に素敵な絵がかけてありました。森の中で木の幹にもたれて無造作に足を投げ出し、一心に本を読んでいる女性の絵です。図書室はclosedとなっていて質問できませんでしたが、何かポスターかカレンダーの絵のようにも見えました。気になったので見える限りメモしてきましたが、次のように見えました。ELIAHWOOD ICRD AS FRODO RINGS(絵の上のほうに書かれていました)どなたか、だれの絵かお分かりの方、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

The Lord of the Ringsに違いないと思って検索してみました。


↓が見つかりましたが違いますか?

主人公のFRODOはホビット族の男性なのでちょっと自信ないのですが・・・
ELIAHWOODはこの俳優ですし・・・

参考URL:http://www.oshkoshpubliclibrary.org/teen/reviews …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わおー、これです。映画全く知らないのです。もう少し縦長で上のほうに文字の書かれたものでしたが、とてもすてきでした。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/07 07:52

私も、「ロード・オブ・ザ・リング(指輪物語)」の一作目「旅の仲間」の一場面だと思います。


映画の最初の方で、ホビット村で木にもたれかかって本を読んでいるフロド(裸足)だと思います。
肌が白くキレイな顔をしていますが、男の子です。
その場面の画像は見つけれなかったのですが、関連画像のあるものを見つけました。
確認してみてください。
映画を観れば一目瞭然なのですが・・・

参考URL:http://www.lotr.jp/legend/characters/frodo.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。1のURLで間違いありませんでした。男の子だったのですね!

お礼日時:2005/07/07 07:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q絵を模写して練習……いろんな絵の模写がいいか、ひとつの絵に集中した模写がいいか

15歳、中3です。
絵がうまくなりたいので、絵を模写して練習しているのですが……

どうしても、あるひとつの絵が、納得できるように模写できないんです(何度も練習しているのですが……)。

その場合、そのひとつの絵を納得できるまで、模写し続けるべきか、
別の絵の模写に切り替えるべきか……どっちがいいのでしょうか?

わかる方、教えてください! 回答待ってますm(__)m

Aベストアンサー

模写しても絵は上達しません。
実写から描き起こさなければだめです。

絵の上達ではなく模写を上達したいなら
できないことをできるまで続けねば
なりません。
楽器の演奏で、できない部分を集中的に練習するのと
同じです。できることをくりかえしても上達しない。

Q【美術・芸術】「襖絵(ふすま絵)」 私は襖絵に自然の景色を描くことはあまり良いとは思えません。

【美術・芸術】「襖絵(ふすま絵)」

私は襖絵に自然の景色を描くことはあまり良いとは思えません。

狩野永徳の花鳥図が美しいと言われていますが美的感覚を疑います。

室内では室内の落ち着く絵が良いです。

なぜわざわざ室内に室外の自然の絵を描いたのでしょう。

落ち着きませんよね?

室内に合う落ち着く絵を描いた襖絵の巨匠って誰がいますか?

18枚の襖に日本の四季を冬、春、夏、秋という大パノラマの絵は重たくしんどい。

京都御所の来賓の待機場も位によって3部屋用意されていて、虎とか鶴とかこれも自然の絵でしんどいです。

室内の絵って何があるでしょう。

ただ、日本の襖に花びんや果物の絵を描いても絵にはなりませんよね。

パノラマなので自然の絵しか思い付かない。

これだと素人と一緒です。

日本の芸術家で襖絵で自然の絵、動物の絵などを描かずに大パノラマの傑作を残した人の作品が見て見たいです。

ちなみにビートたけしも襖絵を描いたが四季の絵で凡人でした。

長谷川等伯も自然の美しいとされる樹木を描いているので私から見たら発想がまだ甘い凡人に見えます。

【美術・芸術】「襖絵(ふすま絵)」

私は襖絵に自然の景色を描くことはあまり良いとは思えません。

狩野永徳の花鳥図が美しいと言われていますが美的感覚を疑います。

室内では室内の落ち着く絵が良いです。

なぜわざわざ室内に室外の自然の絵を描いたのでしょう。

落ち着きませんよね?

室内に合う落ち着く絵を描いた襖絵の巨匠って誰がいますか?

18枚の襖に日本の四季を冬、春、夏、秋という大パノラマの絵は重たくしんどい。

京都御所の来賓の待機場も位によって3部屋用意されていて、虎とか鶴とかこれ...続きを読む

Aベストアンサー

その空間の広さ、使用目的をしっかり弁えて題材を選んだものと理解しています。

Q”見えている絵”の意味について 追加

デッサンの講評で講師が”見えている絵”と言っている意味がよくわかりませんでした。
何が見えているのかよくわかりませんでした。
見えていない絵の人は訓練で見えるようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

 
 一言誇示 ~ ひとひねりした褒めことば ~


 あなたの描写力を「よく観察したね」と、率直に褒めたのでしょう。
 「よく見て描いたね」ではなく、描く前から「対象が見えている」と
いう意味で、あなたの持って生れたセンスを評価しています。


 たんに「うまいね」と云ったのでは、評者の貫禄がないので、すこし
重みをつけたとみられます。描き手を褒めるふりをして、さらに一段上
から賞している点も見逃せません。


 絵画では、デッサンにおける質感や、クロッキーにおける輪郭などが
最小限の描込みで最大限の効果をもたらすのが理想です。
 あるいは、不要なものを排除した構図やトリミングへの賞賛です。


 この種の傾向は、訓練よりも偶然の可能性が高いのが特徴です。
 かつては、知性的で抽象的な作品を「冷たいね」と賞した時代もあり、
のちの「クール・ビューティ」などで(通俗的に)継承されています。


 楽器演奏で「音が立っている」とか、合唱の一人を「声が立っている」
などという場合もあります。音や声が大きいからではなく、正確な音程
で絶妙の間合いが、ひときわ突きぬけて聴こえる現象を指すのです。


 音楽や文学に比べて、美術(とくにポップ・アート)には、古典的な
技法が確立されていないので、まるで自信のない教師も多いのです。
 絶賛・羨望・共感・疑惑・軽視・蔑視の順に評価されるはずです。


…… ゲーテの日記(18120123)によれば“エグモント”の写しが手許
に届き、素人音楽家ボイネブルに頼んで一日に何度となく弾いてもらっ
た(P255)。沈黙のみがゲーテにとって防波堤であった(P265-266)。
http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4003350138
── 小松 雄一郎・訳《新編 ベートーヴェンの手紙(上)19820118 岩波文庫》
http://d.hatena.ne.jp/adlib/18100615
 エグモント年譜 ~ ゲーテとベートーヴェンの運命 ~
 

 
 一言誇示 ~ ひとひねりした褒めことば ~


 あなたの描写力を「よく観察したね」と、率直に褒めたのでしょう。
 「よく見て描いたね」ではなく、描く前から「対象が見えている」と
いう意味で、あなたの持って生れたセンスを評価しています。


 たんに「うまいね」と云ったのでは、評者の貫禄がないので、すこし
重みをつけたとみられます。描き手を褒めるふりをして、さらに一段上
から賞している点も見逃せません。


 絵画では、デッサンにおける質感や、クロッキーにおける輪郭などが
最小限の描...続きを読む

Qこの絵は誰の絵?

ご覧頂きありがとうございます。
この絵の作者についてご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こちらですね。

Stanis?aw Chlebowski (1835?1884)
http://en.wikipedia.org/wiki/Stanis%C5%82aw_Chlebowski

Q遠目に見て良い絵と、近くで見て良い絵

・パッと見で惹き寄せられるものの、よく筆跡を
観察すると、何故ああ見えたのか分からない絵

・パッと見が凡庸だけれども、近寄り細部を観察すると
技術や描き込みの度合いに文句がつけがたい絵

に、絵の種類が分かれるとします。
(パッと見も描き込みもよいのがベストですが)

私は前者で、後者に常に技術的な劣等感を感じながらも、
丁重な描き込みをして、その間に、描き始めにあった
感情や感覚が失われるのを恐れて、それを実行できません。

毎日、感情も空の色も微妙に移り変わるので、1枚仕上げる
のに何日もかけると、継ぎ接ぎになりそうで怖いです。

遠目にも近目にも優れた絵を描く人は、一定した上品な
感情の持ち主だから、存在感のある絵が描けるのでしょうか?

前者はどう努力したら、双方を併せ持ったいい絵を描けるようになるでしょうか?
長文申し訳ありません。宜しければ、アドバイスをください。

Aベストアンサー

私もどちらかというと前者です。
しかし自分の経験では、やはり良い評価をもらえる時の絵はパッと見が良く、それでいて近くで見ても文句がつけられないくらいに丁寧に書きこんだものでした。

私が講師の方によく言われることは、細部を書きこんでいるときに手は細部を書きながらも、目は全体(パッと見)を意識しろ。と言われます。
(例えば、影を書いているときに同じ影でも、その物の全体では光のあたる面にある影だったらより明るくする等)

この方法を自然に実践するには、そうとう熟練していないと難しいですが、意識的にやってみるだけでもかなり改善されるかと思います。

あとは、一度崩すくらいに細部を書いてから、最後に全体感が良く見えるように整えることをすることかと思います。

趣旨はあっているでしょうか?参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報