社会保険料について教えてください。
8月の途中で正社員として入社しました。
その時の日割り計算の給与の総支給額が87500円でしたが、健康保険8075円+厚生年金16482円+雇用保険350円=合計24907円の社会保険料を徴収されました。
2ヶ月間の試用期間が設けられておりましたが、「ずいぶん保険料が高いな」と思い、HPで調べましたら、試用期間後の算定額だったようです。
会社側の
1.月の途中でも、「給与は日割りでも保険料は日割りではないから会社が儲けているわけではない。」との説明は正しいのでしょうか?
2.試用期間後の1万5千円アップ(17万⇒195000円)で最初から算定するのは、正しいやり方なのでしょうか?
その後、とても色々あって、9月18日付で延期されないように本当の理由である「精神的苦痛」で退職し、19日から派遣会社で雇用契約を結び、社会保険に加入しました。
やっと前職の給与明細が郵送されてきたのですが、「19日から他社で社保に加入するので引かないで下さい。」と申し出ていたのに総額159750円(また日割りですので)の給与に対して、健保6800円+厚生13880円+雇用945円=計21625円が差引かれておりました。
過去の質問の答えに「前職の分は不要」とあり、派遣会社でも「二重になることはありえないので返してもらえる・・・が、介入は出来ない。」とお聞きました。
そこで是非教えていただきたいのですが・・・
3.前職の会社を通して、9月分保険料返却の手続きするしかないのか、もしくは直接社会保険事務所へ出向いても良いのか?
4.実際に貰った8月または、8~9月の平均給与で算定しなおして、差額を返してもらえるのかどうか?
について教えてください。
尚、8月・9月共引かれているので、9月に引かれたのは「前月未払い分」である可能性は全くありません。
お忙しいところ申し訳ありませんがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1.社会保険料は、歴月単位で計算しますから、会社の言うのに正当性が有ります。



2.当初の見込み賃金額(このケースでは17万円)で保険料の取得時算定をするのが本来なのでしょうが、正式採用した時に賃金が上がるのでしたらその額で算定しているのが一般的です。試用期間のみで退職することを前提としていれば話は別ですが。

3.月の途中で退職した場合、同じ月に次の職場で社会保険資格を取得するか否かにかかわらず、その月は保険料はかかりません。保険料がかからないのに天引きされたなら、前職の会社から戻してもらってください。先月分である可能性が無いのであれば、社会保険事務所には納付されていないはずですから。

4.社会保険事務所と相談してみたほうが良いですが、難しいと思います。なぜかというと、「見込まれる賃金額」を標準として保険料が定められているのであって、現に受け取った賃金は保険料算定の根拠にならないからです。

 気になったのですが、退職日の14日以上前に退職の申し出をしておられますか?
 前職の会社を敵に回した場合に、こちらに落ち度が有ると、そのことを理由に損害賠償請求を提訴される危険性は有りますので、充分ご注意ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすく書いてくださってありがとうございます。
さっそく電話してみましたら、社長さんは出張中だとかで奥様に説明しましたが・・・。
「納めてないハズでは?」とは言わずに「納めなくていいそうです。」と言っておきました。
「私では分からないから(いつもそう言う)社長が帰ってから手続きするように言っておくわね。」いつになるやら。(^^;;;;;
えーと退職日の14日前以上に・・・という法律は守っておりません。
辞めた時も社長さんは出張中でしたし・・・。
前の新卒さんも1ヶ月と3か月で退職され、ボーナス後に辞めた方の人は1か月引き延ばされたと聞いていたので、警戒して冬のボーナス前に辞めることにしました・・・というか耐え兼ねましたので。
募集要項に書いてある諸条件の待遇面・職場の雰囲気に大きな誤まりがあるので、損害賠償請求ではなく、慰謝料請求も考えましたが、辞められるならラッキーだと思うことにして諦めました。
でも納めてない社会保険料は返還してほしいです。

お礼日時:2001/10/12 23:34

1、○ 2、× 3、直接 4、社会保険事務所と相談

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q算定基礎届 基礎日数・退職者・月額算定基礎

算定基礎届について質問です。

1.支払基礎日数で日給者は出勤日数とありますが、休日出勤も含まれますか?

2.退職者の名前も記入してあるのですが、そこは空欄でいいのですか?

3.今回の決定で適用になるのはいつですか?
ちなみに※20日締めの末払い(6月分(5/21~6/20分)は6月末払い)は7月分で控除。※末締めの翌15日払い(6月分(6/1~6/30分)は6月分で控除。の2つです。

4.10月入社で報酬月額が決まっていたのですが、前の事務さんが最初に少なく記入したらしく、しかも月額変更もなにもされてないままで今回の算定基礎の時期になってしまいました。この場合は算定基礎だけじゃダメですよね?提出の際に去年からの賃金台帳を持っていくのでバレますよね?というかバレるとかの問題じゃないとはわかりますが・・(T-T)

以上、たくさん質問してすみません。。。

Aベストアンサー

1.含まれます。
2.空欄ではなく斜線を引いてください。
3.http://homepage2.nifty.com/kskt/snteikiso.htm
4.正確な金額に訂正します。

Q総務している人に質問したいんですが、9月分から厚生年金保険料が上がると

総務している人に質問したいんですが、9月分から厚生年金保険料が上がると思うんですけど年金事務所から標準報酬の決定の通知の通り標準報酬額の設定を変えたんですが、等級が上がってる人がほとんどで健康保険料も一緒に上がるんですかね?
前任者は引き継ぎもしてくれなくて他部署に異動したので聞ける人がいなくて困ってます。

知っている方ご回答お願い致します。

Aベストアンサー

標準報酬月額は毎年1回、定期的に標準報酬の見直しが行われ、新しい標準報酬月額が決定します。(定時決定)



毎年7月1日現在の被保険者について算定対象月の4・5・6月の3ケ月間の報酬月額を年金事務所等に提出し、給料の実態に合った標準報酬月額が決定します。この届け出を”報酬月額算定基礎届”といい、決め直された標準報酬月額はその年の9月から翌年8月まで、あるいは随時改定が行われるまで適用されます。



昇給や降給、賃金体系の変更等で従前の標準報酬月額と原則として2等級以上の差が生じた場合等は差が生じた月の4カ月目から標準報酬月額が改定されます。(随時改定)

改定された標準報酬月額は1月から6月に改定した時はその年の8月まで、7月から12月に改定した時は翌年8月まで適用されます。



今回のケースだと”定時決定”により、健康保険・厚生年金保険の標準報酬月額の等級が上がっている人は当然どちらの保険料も上がり、下がっている人は当然どちらの保険料も下がります。

等級に変動が無い人は通常ですと保険料には変化はありませんが、厚生年金保険料率が9月分より増加しているため、厚生年金保険料のみ上がります。



私も同業種で入社して5年程度経過していますが、入社した時に前任者より引き継ぎもなく、尚且つ上司からも教えてもらえず、今回のようなケースだと現在のけんぽ協会や年金事務所などに電話やネットで調べて独学で学んで行きましたのでYUKKO0018さんの困っている様子が痛いほど分かります。これから色々と大変だと思いますが分からないことがあれば、勇気を出してどんどん関係官署等に聞いて行くと丁寧に教えてくれますので良いと思いますよ。

標準報酬月額は毎年1回、定期的に標準報酬の見直しが行われ、新しい標準報酬月額が決定します。(定時決定)



毎年7月1日現在の被保険者について算定対象月の4・5・6月の3ケ月間の報酬月額を年金事務所等に提出し、給料の実態に合った標準報酬月額が決定します。この届け出を”報酬月額算定基礎届”といい、決め直された標準報酬月額はその年の9月から翌年8月まで、あるいは随時改定が行われるまで適用されます。



昇給や降給、賃金体系の変更等で従前の標準報酬月額と原則として2等級以上の差が生じ...続きを読む

Q私は、この4月から父親の会社(貿易関係)で働いています。去年の9月まで

私は、この4月から父親の会社(貿易関係)で働いています。去年の9月まで海外で語学の勉強をしていたんですが、通訳ほどのものは得る事ができませんでした。
会社では通訳、翻訳、商品の語学力が必要なのです。。まだまだ、会社の流れを覚えるのでいっぱいいっぱいなんですが、今会社には英語を理解できる人がまったくいないのです。
なので、私も必死で翻訳しているのるが、まだ完璧ではありません。
なによりも早く早く翻訳できる方法を覚え早い段階で社長にも伝えたいのですが。。
まだまだ。。時間がかかうような気がします。
なにかいい方法はないかと相談させて頂ました。
私としても、ネットとかでも探したりはしてるのですが。。まだまだ情報が足りないような気がします。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>会社では通訳、翻訳、商品の語学力が必要なのです。
>なにかいい方法はないかと相談させて頂ました。
詳しい状況と質問の真意が分からないですが(BBS開示の必要はないです)----

翻訳は、語学力のみでなく、商品、業界、貿易の知識等、幅広いものが要求されます。まして、入社さたばかりの質問者さんには、語学力以外の部分も厳しいものがあると推察します。
自分だけで、背負い込まないで、翻訳のプロに外注するという選択肢もありえます。(外注するときの難しさもありますが)

>今会社には英語を理解できる人がまったくいないのです。
貿易会社ありながら、ちょっと信じられないくらい。それだけ質問さんが期待されているのでしょうか。
こ分野(貿易、輸出、輸入)のコンサルタント、貿易実務代行業者も多数います。個人では、翻訳と一緒にやっている人もいます。セット考慮するも1つと思います。

早期に、時間がかかることと、外注、コンサルタント、代行業者依頼の選択肢も含み、社長に報告することが必要です。ずるずるするのが一番まずい。

Q診療情報提供料算定について

医療事務従事者です。

当院におかかりの患者様が、救急で他院に入院する事になった場合、入院先の病院から現在の状況、服薬内容を教えて頂きたいとの連絡が入り、FAXにて取り急ぎ送らせて頂く事がありますが、この際、患者さまから請求出来る算定内容を教えて頂きたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

過去に総合病院にて医療事務をしていました。
ちょっと状況が読みずらいのですが・・・
通常、そういったやりとりはドクター同士の連絡で行うはずですが、その場合はそのドクターに通常でだしている診療情報提供書を書いていただき、後日相手方病院に郵送で送れば通常の診療情報提供料が算定できます。またその際の再診料等は取りません。初診も再診もなく純粋に診療情報提供料のみの算定です。

もしドクターを介せず事務方で行ったとしても、相手方が要求してくるのは必ずドクターの指示なので、こちらも必ずドクターに確認を取りすぐに記入してもらえるか?と聞き、無理であればカルテをみながら事務方で簡易的な物を作成し、必ずドクター(主治医が不在なら同科のドクターに確認)に確認を入れ、「とりあえずこちらをFAXするので後で提供書を記入してください」と簡易書類の確認と後で記入してもらう話だけは通しておくこと。相手方の病院には簡易的にドクターの指示の元記入してあるので後日正式な提供書をお送りする旨伝える。どちらにせよ、後から正式に書類化された物を相手方に持ち込むか郵送しなければなりません。
なので診療情報提供料は取れます。
取れる物はそれだけですが、レントゲンのフィルムコピーなどがあればフィルムコピー代も算定して下さい。
検査結果のコピーやレントゲンでもフィルムでなくコピー機で紙にコピーした物(滅多にないけど)は算定できません。心電図のレシートみたいなのも算定不可です。
この診療情報提供料に時間外などは算定不可です。

過去に総合病院にて医療事務をしていました。
ちょっと状況が読みずらいのですが・・・
通常、そういったやりとりはドクター同士の連絡で行うはずですが、その場合はそのドクターに通常でだしている診療情報提供書を書いていただき、後日相手方病院に郵送で送れば通常の診療情報提供料が算定できます。またその際の再診料等は取りません。初診も再診もなく純粋に診療情報提供料のみの算定です。

もしドクターを介せず事務方で行ったとしても、相手方が要求してくるのは必ずドクターの指示なので、こちらも必ずド...続きを読む

Q算定か月変か?

末締めの時給パートが、4月1日付で正社員となりました。
正社員が15日締めの場合、4月給与は3月1日から3月31日までのパート代と、4月1日から4月15日までの日割給与となります。
当然、4月給与がそれ以前より多くなりますが、この場合、算定でいいのか?月変なのか?で迷っています。
アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

(3月以前から社保に加入していた場合)
4月に給与体系が変わっていますので、これは月額変更の契機になります。
新しい給与体系が完全に反映された月(5月給与)から3か月の平均で月額変更にあたるか確認して、必要であれば月額変更届を提出してください。
この場合であっても、算定基礎届を提出する必要はあります。

(正社員になったのを契機に社保に加入した場合)
社保加入後に給与体系の変更はありませんので、月額変更にあたる可能性はありません。
算定基礎届は提出してください。


詳細については分かりかねますので、原則的な部分だけを書かせていただきました。
不安な点があれば、お近くの年金事務所に電話するのが手っ取り早いと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報