『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

腕立て伏せの回数を短期間でアップさせるには、どのようなトレーニングをしたら良いのでしょうか?

腕立て伏せ以外で、腕立て伏せに使う筋肉を効率よく鍛えられるトレーニングがあればぜひご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

10回出来るのですから、30回は必ず出来ます。



もう上がらない限界+1回を必ず行って下さい。
確実に回数とパワーが上がります。

酷なようですが、回数の伸びない方は、必ず疲れたら止めています。
更に、死ぬ気でやれば数回行くでしょう。

ここで止めるのでなく、もう上がらない!
ここが終了地点である事は明白です。
これでも更に上げようとする方が最も回数、筋力を手に入れます。

11回無理やり上がらなくてもしようとしなければ、回数は持って行けません。
11回出来たのですから、翌日は、何が何でも12回出来るまでやります。

10回程度の方を何人も知っています。
50回を目標にしましょう。
背中に何か乗せましょう。

相当太った方でも、どんどん回数を増やす事が出来ました。
この方は、25回が50回でクリアーです。

クリア出来なかったのは、最初に、1回も出来なかった方だけです。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

確かに仰せの通り、10回ぐらいで疲れてくると止めていました。もう一踏ん張り頑張ったら20回できました。

あと一つ気付いたのですが、私は力を入れる時息を止める癖があって、筋肉よりも呼吸が苦しくなってきて止めてしまうことが多々あります。(他の筋トレでもそう)

もう少しリズミカルに呼吸ができたらスムーズに行くのではと自分でも思っています。

腕立て伏せの時の呼吸法について更にご教授いただけると幸いです。

お礼日時:2005/07/07 22:26

 上腕二頭筋を鍛えるのであれば、ダンベルをつかうといいでしょう。

腕立てよりも同じ期間(1ヶ月)くらいなら腕立てよりも効果が出ます。ダンベルは、腕をダラーんと伸ばした状態から胸の辺りまで持ち上げる。そして、回数は、自分の体力に合わせて、3日に1日は休息期間を必ず入れてください。休息中に超回復が起こり、以前より筋肉をさらに強くしてくれます。しかし、超回復させるためには、運動によって筋肉痛になっていなければなりません。
 ちなみに、ダンベルの重さは負荷の少ない軽めの物から始めてみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。頑張ります!

お礼日時:2005/08/05 13:00

>腕立て伏せ以外で、腕立て伏せに使う筋肉を効率よく鍛えられるトレーニング



チェスとプレスなどの胸を使う運動かと思いますが、
腕立てを行う方が簡単に多くの負荷を掛けられるので、腕立てだけが目的なら「腕立てひと筋」で頑張る方法でも良いかと思います。

どの程度の事が出来ているのかわかりませんが、つま先をつけての腕立てが出来ないなら、膝を付いて行う事から始めましょう。

この回答への補足

1か月でできる効果的なトレーニング法についてご教授いただけると助かります。

補足日時:2005/07/07 21:10
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

10回程度は普通にできるのですが、その後が続きません。
30回はできるようになりたいと思っています。

筋トレは2日おきぐらいでやった方が良いと聞きますが、腕立て伏せもそうなのでしょうか?

お礼日時:2005/07/07 12:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腕立て伏せの回数アップ法

38歳男性です。2ヶ月前から健康の為にほど腕立て伏せを始めました。
最初は10回位だったのがすぐ20回までできるようになりましたが
その後が伸びません。
そこで、回数を伸ばす鍛え方を知りたくて投稿しました。
-------------------------------------------------------------
現状のトレーニング
週に2回ぐらい
セット数 2セット
回数 1セット目はめいっぱいを目指すも毎度20回できつくて止まります。
   2セット目も同様で15回前後です。

Aベストアンサー

はじめまして!中学時代から陸上競技をしている20歳の男です。
中学時代から陸上が好きなのと中学・高校とキャプテンをしていたことも
あり、筋トレについてかなり自分で勉強したりして実践してきました。
その知識を色々紹介したいと思います。
筋肉についてしっかり理解し、有意義な筋トレを行って頂きたいため、
かなりの長文になると思いますが、全て読んで頂くと参考になると
思いますので、ご了承下さい!

ご存知かもしれませんが、
筋トレには、『筋持久力』を向上させるためのメニュー、
『筋肥大』をさせるためのメニューの2つがあります。
『筋持久力』とは文字通り、筋肉が少しでも長い間
 力を発揮させ続けるための持久力のことで、
『筋肥大』とは、筋肉を以前よりも太く大きくし、
 『最大筋力』を伸ばしていくということです。

ここでSuperFrogさんの20回から回数を増やしたいということを
叶えるためには、少しでも多くの回数をこなすための『筋持久力』を
鍛えることも必要なのですが、『筋肥大』のメニューをこなすことも
必要なのです。

わかりやすく説明するために筋力を数字で表しますが、
これは専門的な数字だったり、実際の筋力を表したものでは
なく、ただ単に説明しやすくするために表したものなので
気にせずに見てください!

SuperFrogの現在の最大筋力の数値を「104」と仮定します。
もし、腕立て伏せを1回するのに筋力を「5」必要となるとすると、
20回腕立てを行うと、「100」の筋力を消費することになります。
そうすると、SuperFrogの残りの筋力は、「4」ということになり、
もう一度腕立てを行うために必要な筋力「5」には達していないため、
21回目が行えないということになります。

ここで『筋肥大』のメニューをこなすことにより、『最大筋力』を
「1」だけでも増やすことができれば、SuperFrogさんの最大筋力は
「105」となり、腕立て伏せを21回続けて行えるということに
なります!

ここまでで『筋持久力』、『筋肥大』両方大切ということが
分かって頂けたと思います。
早くメニューを教えてくれとお思いかもしれませんが、
もう1つだけ重要なことがあるので、説明させて下さい!

それは『超回復』というものです。筋トレを行うということは、
筋肉の組織を壊しているということでもあります。
そして、壊された筋肉は、48時間つまり、2日間かけて
組織を修復していき、筋トレ前よりも強い筋肉を
作り上げてくれます。これが『超回復』です。

つまり、筋トレを行うには、筋トレを行った日の3日後に
また筋トレをするというのが効率が良いです!
(例:月曜日に筋トレを行ったら、
  次の筋トレを行うのは、木曜日ということになります。)

では、そろそろメニューを紹介していきます。
まず、『筋持久力』のメニューです。
・3セット必ず行える回数で、3セット行う
 (15回なら、15回必ず3セットとも行う)
・1回1回行うスピードをいつもよりもゆっくりにする
 (1回行うのに2秒かけていたとしたら、5秒くらいかけて行う。
  このメニューの場合は、10回くらいの少ない回数でもOKです。)
・腕をまげ、体が床スレスレのとこまで下げたときに3秒間くらい静止する
 (これも、10回くらいでOKです。)

次は、『筋肥大』のメニューです。
・そのセットごとで限界の回数を行い、3セット行う
 (20→15→10と回数が減ってもいいので、限界の回数行います。)
・腕立てを行うときの両手の間の幅を広げる
 (これは、普通の腕立てよりもきついので回数を減らしてもOKです。)
・ベッドやテーブルなどに足を乗せて腕立てを行う
 (これも、腕だけで体重を支えているため、きついので回数を
  減らしてもOKです。)

これらのメニューを参考にしてみて下さい。
また、3セット行うのがお勧めです。
そして、SuperFrogさんは週2回筋トレされているようなので、
1回目は、『筋肥大』のメニューを、
次の筋トレの日には、『筋持久力』のメニューを行うのが
いいと思います!
(もちろん、1回目に『筋持久力』、2回目の時に『筋肥大』のメニューを
行ってもかまいません。)

これらを参考に頑張って、鍛えて下さい!!
本当にかなりの長文になってすいませんでした。

はじめまして!中学時代から陸上競技をしている20歳の男です。
中学時代から陸上が好きなのと中学・高校とキャプテンをしていたことも
あり、筋トレについてかなり自分で勉強したりして実践してきました。
その知識を色々紹介したいと思います。
筋肉についてしっかり理解し、有意義な筋トレを行って頂きたいため、
かなりの長文になると思いますが、全て読んで頂くと参考になると
思いますので、ご了承下さい!

ご存知かもしれませんが、
筋トレには、『筋持久力』を向上させるためのメニュー、
『...続きを読む

Q腕立て伏せ100回以上を、連続で出来る人に質問です

どうしたら、腕立て伏せ100回以上を、連続で出来るようになりましたか?

Aベストアンサー

今はできないけど高校時代はごく普通に
毎日100回やってましたね。
ちょっと休みを入れて500回くらいやったこともある。

とにかく毎日やること。最初は10回でもいい。
次の日も10回。慣れてくればそれが20回になり、
やがて100回になります。

姿勢はごまかさずにきっちりやることが大切かな。
腰を曲げたりせず、あごまできっちり地面につける。

Q3000m走のトレーニング

もうすぐ20歳になります。
半年前までは運動はしていたのですが、今は全く動いていません。

仕事で3000mを走ることになりました。
選ばれたからには全力でやりたいと思ってます!

そこで3000m走が速くなるトレーニング方法はありますか?
仕事の都合上、3日の内1日はどうしてもトレーニングができません。
何かあればアドバイス下さい!

Aベストアンサー

長期間練習するのか短期間で仕上げたいのかで答えは変わりますが

陸上競技をやっていたものから、言わせてもらえば
どの距離でも距離感をつかむことが大事なので
3000メートルと言う距離感を自分のものにするために練習をすべきです
まず、3000以内であるとこの400メートルからはじまって、1500メートルあたりを息を整えた状態で何本か走ります
これは陸上競技では距離が短いなら短い距離で距離が長いなら長い距離なりにスピード養成が必要なのです
そして、トレーニングでは短い距離の設定の場合にはその走る回数を多くするようにします

3000メートル以内の距離を何回も走ることでスピードの養成をします

連動して3000メートルより長い距離も走ります
5000メートルくらいがよいでしょう
これも陸上競技選手は自分の担当の距離より長く走る練習もしてスタミナを養います

そうした中で
3000メートルに
おけるスタミナの配分と自分の実力を覚えていきます
全てに全力疾走は無理なので、どこでスピードアップすべきか変化をつけながら自分のものにしていきます。(どんな変化でも走り通すということが大事でありその中で自分の得意なペースを作るわけ)

試合は短い距離の練習をしているので、少しぐらい
ハイペースでも
ついていけますが
そのペースで3000メートルは無理だと感じたら、いずれどこかでペースダウンするか
集団離脱を容認しないとなりません
バテバテ覚悟でいけるとこいくと言う作戦もありますがタイム的には
期待できません

日本選手権上位者は、いろんなシチュエーションに対抗できるようにペースを変えながらの練習もしますが
一般アマチュアはそこまでは難しいので

参考までに

a
(1)ウォーミングアップ
(2)3000メートルジョギング
(距離を覚えるため)
(3)息を整えてから全力疾走
400m×5本
(スピードトレーニング)
(4)5000メートル走(タイムより走りきることを主眼に)
(5)クールダウン

これが練習内容ですね。

スピード強化は
400メートルを800メートルに変えたなら三本程度にして1500メートルに変えたなら二本程度にします。
それに連動して5000メートルも4000メートルや3000メートルに変更します

スピードとスタミナに慣れるので
後は3000メートルをどう走れば
一番よい成績になるかということです

これは人それぞれタイプがあります
先頭を譲らないことが信条のタイプは先行逃げ切り型のスピード練習重視を

後半、勝負どころでスパートタイプなら、スパートとスタミナのバランス練習を

根性走りで
つき離されないことが信条なら
スタミナ重視と
いうことに
なります

試合はペースも
上がったり
下がったりで
駆け引きがあるのですが
アマチュアだと
駆け引きも甘く
行ったままと
いうレースが
多いです

そのためにも
最初の先頭集団に残れるように
スピード練習を
しておき
そしてイーブンなペースに落ちたらスタミナ練習での成果に期待します
最後は二の足的な再度のスパートが可能かどうかが
勝敗を左右します
一流選手だと
3000メートルは
8分以内に駆けてしまいます

9分を最初の目標にして頑張ってください

さらに大切なのが苦しくなったら
手で走ると言うこと

足が思うようにならないなら
手を動かして足を強制的に運びます

それには手のウエイトトレーニングも必要です

さらに、肺活量の強化

これは、スピード練習の時に
息を整えたらスタートとありましたが
若干、息が上がっている中でトレーニングをするなり
または、普段から息止め練習をすることで拡大できます

一回の呼吸での
摂取酸素量が多いほど有利ですから
ここまでやって
さらにもっと早く走りたいのなら
フォームの矯正です

省エネフォームを会得すれば
実力が上がります
フォームも
人それぞれですから一様にどれが
いいとは言えませんが
中距離~長距離においては省エネでかつスピードを
落とさないフォームです

かかとを落として走るとそのたび
ブレーキをかけているようなものです

つまさきから着地するフォームが
向いていますが
会得するのは
大変です

長期間練習するのか短期間で仕上げたいのかで答えは変わりますが

陸上競技をやっていたものから、言わせてもらえば
どの距離でも距離感をつかむことが大事なので
3000メートルと言う距離感を自分のものにするために練習をすべきです
まず、3000以内であるとこの400メートルからはじまって、1500メートルあたりを息を整えた状態で何本か走ります
これは陸上競技では距離が短いなら短い距離で距離が長いなら長い距離なりにスピード養成が必要なのです
そして、トレーニングでは短い距離の設定の場合にはその...続きを読む

Q自衛隊で働いている人の身体能力とはどの程度なんでしょうか。

自衛隊で働いている人は
腕立て・腹筋・スクワット等どのくらい出来るのでしょうか。

こんな基礎トレで表したところで、どの程度も身体能力をはかるバロメーターにはならないことは分かりますが
基礎的な筋トレはどのくらいなのかなぁと思い質問させてもらいました。

筋肉番付とかで腕立て300回とか腹筋300回とかやっているのをみてナレーターが凄い凄いと言っているのですが、
その程度って結構出来るものですよね?

自衛を仕事している人たちなら平均殿程度出来るものなんでしょうか

Aベストアンサー

腕立て伏せ 28回
膝半屈腹筋 40回
3000m走  16分33秒
懸垂腕屈伸 3回
走り幅跳び 360cm
ボール投げ 30m以上

上記が体力検定7級で、陸自の場合ですがこれをクリアできてればとりあえず問題ないようです。腕立て・腹筋は各2分での記録で無論学校等でやってるようなのではなく、しっかりした体勢で一回一回きっちりやらされます。
他に陸自の最精鋭部隊の一つ第一空挺団(通称:第一狂ってる団)になると体力検定1級~2級はクリアしてないと辛いようです。

一級 / 二級
腕立て 82 / 72
腹筋85 / 77
3000m11,26 / 12,22
懸垂17 / 14
走幅跳5,10 / 4.80
ボール投60 / 56

そして以下は空挺の人の平日のメニューだそうです。

1時間走(約11km程度)
懸垂×10~12回 2セット(毎回腕を伸ばしっきってあげる時は顎を鉄棒より上に持っていく)
腹筋×60~80回 2~3セット(出来れば斜めになっている台の上で)
腕立て×40~50回 2~3セット(下げた時胸を地面ぎりぎりまで持っていく,尻は上げない下げない一本の線のように)
スクワット×50回 3セット(荷物を背負うなど負荷をかけて膝の角度は45度)

余談ですがレンジャー等はさらに過酷なトレーニングをしているのもあります、場所にもよりますが炎天下で数キロの小銃を持ちゴツいブーツを履きながら20キロ走でしかも途中何度も全力疾走させられたり、30キロの背嚢を背負って4日間不眠不休で樹海を行軍し途中訓練も行うとか。
冬季レンジャー訓練はさらに過酷で本気で死を覚悟するそうです。

腕立て伏せ 28回
膝半屈腹筋 40回
3000m走  16分33秒
懸垂腕屈伸 3回
走り幅跳び 360cm
ボール投げ 30m以上

上記が体力検定7級で、陸自の場合ですがこれをクリアできてればとりあえず問題ないようです。腕立て・腹筋は各2分での記録で無論学校等でやってるようなのではなく、しっかりした体勢で一回一回きっちりやらされます。
他に陸自の最精鋭部隊の一つ第一空挺団(通称:第一狂ってる団)になると体力検定1級~2級はクリアしてないと辛いようです。

一級 / 二級
腕立て 82 / 72
...続きを読む

Q腕立てふせのやり方。 腕立て伏せって毎日していいんですか? 超回復とい

腕立てふせのやり方。 腕立て伏せって毎日していいんですか? 超回復というものがあると聞いたんですが もしそれが腕立て伏せにも 関係があるんだったら、 どのくらい休めばいいん

Aベストアンサー

 初めまして。トレ歴1年のホームトレーニーです。

 腕立て伏せは凡そ体重の2/3が負荷としてかかります。脚を上げて、手を腰のほうに下げると5/6位まで負荷として利用できます。となると仮に質問者殿が体重60kgとすると負荷は40kg位となります。運動をしていない一般の男性ではベンチプレスは最初30kg位が最大挙上重量らしいので(私は5ヶ月トレして初めてフロアプレスでは50kgが1回でした)負荷が40kgだと1回もできない計算になります。

 つまりトレしていない人は腕立て伏せはできなくて当たり前なのです。普通の筋トレと同じように考える必要があります。したがって、最低1日おきでやることを勧めます。

 私は先週プッシュアップを毎日やるという実験をしました。2日目は挙上回数増えましたが、3日目、4日目は前の日より挙上回数が減りました。毎日やっては効果がマイナスになることを確認しました。

 ここでは時々50回とか100回とか平気でいう方がいますが、その方々が腕立て伏せキッチリできているか疑問です。それだけ出来るのであれば片手腕立て伏せができるか、体重とおなじだけウェイトを背中に乗せて1回以上できるはずですが、多分出来ないと思います(私はもちろん出来ません)。

 まず、体幹が充分強くなくては負荷が逃げてしまいます。腕立て伏せの姿勢を取り維持します。最低、1分は出来なければ腕立て伏せの途中で負荷が逃げてしまいます。これが出来ないなら腕立て伏せ以外のなにかになっています。筋肉を鍛えるのではなく、腕立て伏せのフリを鍛えていることになります。

 初めまして。トレ歴1年のホームトレーニーです。

 腕立て伏せは凡そ体重の2/3が負荷としてかかります。脚を上げて、手を腰のほうに下げると5/6位まで負荷として利用できます。となると仮に質問者殿が体重60kgとすると負荷は40kg位となります。運動をしていない一般の男性ではベンチプレスは最初30kg位が最大挙上重量らしいので(私は5ヶ月トレして初めてフロアプレスでは50kgが1回でした)負荷が40kgだと1回もできない計算になります。

 つまりトレしていない人は腕立て伏せはできなくて当たり前なのです。普...続きを読む

Q毎日腕立て100回で筋肉質になれるものでしょうか?

31歳男。現在体重91.7kg、体脂肪率31.3%、BMI31.4の肥満度2です。
現在は毎日踏み台昇降を1時間、できる日は2回行っています。あと散歩を約20分。
筋トレは毎日腕立て60回を2セット、脚上げ腹筋を40回(いまのところ40回が限界です)を2セットしています。筋肉痛にはなりません。

ダイエットをはじめて5ヶ月目で体重は113,8kg、体脂肪率39.3、BMI39.4から現在に至ります。

そこで疑問なのですが以前このサイトで毎朝腕立てを2年間100回やっている人がいて、写真もアップされていたのですが上半身がすごく筋肉質のマッチョ体型でした。胸板が厚いだけでなく腹筋も割れていて見事な逆三角形な上半身でしたが、果たして本当に毎日腕立て100回を2年間継続しているだけで、そのような見事なマッチョになれるものなのでしょうか? 腕立てだけで腹筋まで割れるとは思えないのですが・・・・ 

Aベストアンサー

筋力トレーニングは毎日やるとオーバーワークになってしまい、
かえって筋肉を痩せさせてしまうケースがあります。

筋力トレーニングの仕組みは、
トレーニングで破壊された細胞を、
次回は耐えられるように体がもっと太い筋肉に再生させる
”超回復”という仕組みを利用するものです。

そのために必要な要素は、
1:運動
2:栄養
3:休養
です。

運動して筋肉の細胞を破壊したら、48時間~72時間の休養をとります。
そして、その際、たんぱく質をたくさん摂取してあげるのがポイントです。

ただし、唯一例外があって、腹筋だけは毎日やっても大丈夫です。

有酸素運動は、20分以降から脂肪の燃焼効率があがるので、
できれば、脈拍を120~140の間で維持して
40分くらいするのが理想的です。

ちなみに、腕立て伏せで腹筋が割れるかどうかの話ですが、
可能性はあります。
腕立て伏せはメインが大胸筋か、上腕三頭筋ですが、
補助筋として腹筋も使いますからね。

けど、できることなら、有酸素運動40分毎日+週2,3回筋トレがいいと思いますよ。

筋トレは、大きな筋肉だけで十分ですよ。
腕立て伏せ、背筋、腹筋、スクワット。
この4つを週に2回でいいから、大きな負荷をかけてやれば、
みるみる男らしい体つきに変貌していく事ができますよ。

がんばってくださいね!

筋力トレーニングは毎日やるとオーバーワークになってしまい、
かえって筋肉を痩せさせてしまうケースがあります。

筋力トレーニングの仕組みは、
トレーニングで破壊された細胞を、
次回は耐えられるように体がもっと太い筋肉に再生させる
”超回復”という仕組みを利用するものです。

そのために必要な要素は、
1:運動
2:栄養
3:休養
です。

運動して筋肉の細胞を破壊したら、48時間~72時間の休養をとります。
そして、その際、たんぱく質をたくさん摂取してあげるのがポイントです...続きを読む

Q警察官試験のための腕立て、腹筋

こんにちは。今年、神奈川県警を受けるものです。

今現在、体力試験のために腕立てと腹筋を、夜寝る前に各30回づつ1セットやっているのですが、正しい方法なのか疑問に感じました。ちなみに県警の腕立ては2秒間に1回のペース、腹筋は一定時間(おそらく1,2分)で何回できるかです。
いろいろサイトで調べたのですが、目的がダイエットだったり、ボディビルだったりと、やり方が千差万別でよくわからなくなってしまいました。
もともとスポーツをやっていたので、まったくできないわけではないのですが、万全を期するために、のこり1ヶ月ほどで警察官体力試験のために効果的な方法を教えてください。わかりやすいサイトなどを教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

45歳の現役です。最初に言いますが、あまり心配することはないと思います。そこそこ採用試験の成績が良ければ、よっぽどでなければ落とされることはないと思います。
心配でしたら、とりあえず一気に腕立て50回(床に胸をつけた状態から)腹筋50回(ひざを曲げた状態、足先は補助があっても良い)ができるようにしておいてください。このような方法は直ちに筋力アップにつながる方法ではありませんが、警察の採用試験などでは体力の判定方法として採用されています。体育会系のクラブを経験した方なら楽勝です。
 このような体力試験は一次試験を通過した人に対する付加的なものと解しておけばいいとおもいますので、まずは一次試験突破を目指しましょう。試験を合格してなお体力に自信のない人は、警察学校でたたきなおしてくれます。
 あなたのような熱心な方が合格されるようお祈りしています。

Q早急に!!懸垂の回数増やしたいです!

こんにちは。私は男性で体重85キロ、身長175です。現在懸垂が5~7回しか出来ません。後二週間で10回できるようにするにはどうすればよいかアドバイスお願いします。厳しい回答でお願いします。

Aベストアンサー

筋肉というのは、維持では成長しないので、限界まで追い込むことが大切です。
5回が軽く出来るようになったとしても、同じ負荷で続けていたら
10回出来るようになるという保証はありません。
おそらく厳しいと思います。

懸垂をやっていて、きついから止めた!というところを限界にするのでなく、
腕がブルブルして血管が浮き出てパンパンになるくらいまでやりましょう。
ただし、ここまでやるのであれば、1日置きに。

それを繰り返せば、2週間あれば10回は出来るようになるでしょう。
…一番いいのはトレーニングしながら痩せることですが。
ただのダイエットは、体力も奪われるのでお勧めしません。

Q筋肉量を1kg増やすにはどれくらいの期間必要?

最近、あまりにもこの手の話題が多いので気になって「あえて」質問させて頂きます。

筋肉の量を1kg増やすにはどれくらいのトレーニングが必要なのでしょうか?
またどれくらいの期間が必要なんでしょうか?

週3,4回程度の有酸素運動を1か月ぐらいで筋肉が1kgも増えるなんてあるんでしょうか?
また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )

仮に増えたとしても生半可なトレーニングじゃ1か月で1kg増量なんて無理な気がしますが????

Aベストアンサー

筋トレ、ボディビルダー・・・
といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。

これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから
大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが
それなりに信じていいと 個人的に判断しています。


>また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
>(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )
「増えるでしょう。」と自己矛盾している回答を(笑)
※1年で12kgは無理でw

筋肉の水分含有量は75%~80%です。
脱水症状気味の有無、パンプアップの有無で変化しちゃいます
ヒトの体は50%が筋肉とも言われています。
つまり60kgの50%の30kg中の変動分5%程度
1.5kgは筋繊維の変化がなくとも「筋肉量の変化」がある

日ごろから運動してないなどスタート時の条件を細工すれば
2時間もあれば1kgふやせるんじゃねwwwww(草生やしておく)


なお一般的になっている体組成計の数値でしたら
複数の周波数の信号を体に送って通電状態から類推している機械ですので
トイレいったり蒸しタオルで足の裏拭いたり
水飲んだり 塩分取りすぎてむくんでたり
風呂入ってくるとか
数字はあるていどコントロールできるかと。
(説明書には風呂上りにとかNGって書いてある)

筋トレ、ボディビルダー・・・
といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。

これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから
大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが
それなりに信じていいと 個人的に判断しています。


>また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
>(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )
「増えるでしょう。」と自己矛盾している回答を(笑)
...続きを読む

Q腕立て・腹筋・懸垂の回数を伸ばしたい

陸上自衛隊を受ける者ですが、今まではウエイトトレをしてきました。
友人が陸自にいますが、いろいろと教えてもらうと体力検定なるものがあり、
腕立てや腹筋、懸垂、の回数が重要と言われたので回数を伸ばしたいです。
ウエイトは8~12repを3set、そして48~72hは休めろという事はわかっています。
しかし遅筋はどういったスポーツ科学的なメカニズムでやればいいのかわかりません。

Aベストアンサー

 ご友人が説明しているのは、筋肉を太らせる方法ですね。
実は、最大筋力を上げる( 筋肉をつける )のと、腕立て
などの回数を増やすのは、別のトレーニングになります。

 もし腕立て自体が10回くらいしかできないのであれば
話は別ですが、30回くらいはできるのであれば、毎日
トレーニングしても構いません。筋組織の断裂を伴わ
ない運動なので、48時間などの回復が必要ないからです。

 トレーニング理論が進んでいる米国のプロスポーツ選手は
毎日ウェイトルームに入ります。軽い負荷の運動は毎日続け、
重い負荷は「8~12repを3set、そして48~72hは休む」で
行ない、軽い負荷は日常的に行なっています。

 腕立ては慣れてくれば 50回+ できるようになりますが、
こうなったら日常的に続けたほうがいいでしょう。朝と晩に
やってもいいくらいです。ただ懸垂はそうそう 10 回以上
できるものではないので、足が付く状態の軽い負荷で回数を
稼ぐのがひとつの手です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング