マンガでよめる痔のこと・薬のこと

検索不足、カテ違いなら申し訳ありません。
質問はタイトルの通りなのですが、放射線の出ないCTってありますか?
今、妊娠中の彼女が小さいけれど車の事故で追突されまして、念のために病院へ行き頭部だけでもCTをとりたいと言っています。
彼女の家の近くの病院に、放射線の出ないCTがおいてある所があるとのことですが、評判は良くないところです。
私は、CTは放射線が出るものだと思ってましたし評判が良くない病院というもの気になります。
本当にそのようなCTはあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

放射線(X線)を使わないものはCTといいません


MRIのことではないかと思います。が かなりこじつけです
医療関係者ならMRIのことをCTとは言いません。
頭蓋内出血を疑うのならすぐにCTを撮らないと
診断上の意義は大きく減ります。
医学上の必要性よりも保険のための検査ということでしょう。妊娠があるのならCTよりもまず 医師の診察の方が重要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
彼女の見間違いかも知れませんね。とりあえずまた話してみようと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2005/07/07 01:33

CTというのは、computed tomographyの略語です。

これを日本語に訳すと、「コンピュータ処理によって作られた断層撮影」という意味です。X線(放射線)とは「言葉としては」何の関係もありません。

生体に傷をつけずに内部を調べる方法として、最初に用いられたのがX線です。

普通にX線を当てて写真を撮ると、投影図が得られます。なんとか断層撮影ができないかと、X線源とフィルムを動かしつつ、またはフィルムを丸めたりと色々と試行されていましたが、満足のいく画像は得られませんでした。これが初期のtomographyです。

コンピュータが誕生し、様々な方向からX線を当てたときの組織(=肉体)の透過性を測定し、計算することによって、現在のX線CTが完成しました(1970年代)。CTと慣用的に言われますが、正確にはX線CTです。

磁場の中に置かれた物質が出すNMR(核磁気共鳴)信号というものを利用して、画像をつくる手法が開発されました(1972年ドイツ)。さらに改良されたものが現在のMRIですが、当初はNMR-CTと呼ばれていました。核という言葉の響きが、核兵器を想起させるということで、それをMRI(magnetic resonnance imaging:磁気共鳴イメージング)という名称に変更して、現在に至っています(日本に導入されたのは1983年で、1990年代から普及しました)。

ですから、「放射線の出ないCTがおいてある所があるとのことですが、・・・本当にそのようなCTはあるのでしょうか?」という質問の答えは、「はい、あります」という方が、正確です。

「評判が良くない病院」の根拠として、 「放射線の出ないCT」という無茶なことを言うから、と結論付けるのは誤りです。他の情報で、病院の判断をしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。7/14にOK WEBより回答の追加についてのメールをいただきました。回答の追加までしていただきありがとうございました!そしてお礼が遅れてしまい申し訳ありませんでした。
非常に詳しい回答でとても参考になりました。ここまでしていただいてこんなことを言うのは心苦しいのですが、今回のことは彼女がMRIと間違えていたようです・・・彼女の見間違いがわかったより先に回答の締め切りをしてしまったので、皆様に対して中途半端な終わり方をしてしまい申し訳なく思っています。これからはこのようなことが無いよう気をつけたいと思います。
ちなみに、評判が良くない病院の根拠は今回のCTは関係なくほかの情報あってのことでした。長文失礼しました。

お礼日時:2005/07/16 00:38

同じくMRI(核磁気共鳴装置)の事と思います。

断層撮影という面では類似していますから。妊娠後期の絶対必要な状況ではエックス線CTを撮ることもあります。この場合奇形は問題にならないはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
見間違いとかがあったのかもしれませんね。また彼女に伝えておこうと思います。

お礼日時:2005/07/07 01:40

こんばんは!


放射線の出ないCTって本当にあるんですか?
CTの原理は、レントゲンと同じでX線(いわゆる放射線です)を発射して撮影するものです。
従って、放射線の出ないCTというのはおかしいと思います。

もしかしてMRIと勘違いされているかもしれませんね。
MRIなら磁場による撮影のため、放射線は出ません。従って被爆の心配はないです。

妊婦さんならCTよりMRIです。

ただし、MRIはCTと違って撮影時間が長く、撮影中の音が非常にうるさいところが難点ですが・・・^^;

色々と書いてしまいましたが、私の知る限りでは放射線の出ないCTは聞いたことがないです。
もしかしたらMRIと取り違えてる可能性があるかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。そこの病院にはあるらしいです。妊婦にも安心と書かれていたそうですが、なにかと見間違えていたのかもしれませんね。
回答ありがとうございました!

お礼日時:2005/07/07 01:37

MRIというCTではないですが磁気共鳴方式でCTと同じ鮮明な輪切り立体映像が作れる装置です。

放射能はでません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私は医療の勉強をしたことがあったので、MRIのことではないかと言ったのですが彼女はCTと言い張っていたので気になって聞いてみました。
見間違えてたんかなぁ?

お礼日時:2005/07/07 01:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング