マンガでよめる痔のこと・薬のこと

私は有限会社の社長をしております。役員ではありません。
会社の建物、設備、土地の所有権は代表取締役の奥さんが持っています。 娘が会社の役員です。(役員は二人だけ)

私はその娘の夫になります。(妻、母親よりも、位置関係で、あえて娘、奥さん、と書きます)
奥さん(母親)は会社には出てきませんが、娘は私と一緒に仕事をしています。
最近、人事や運営に対して、強く発言するようになりました。それが正当な事ならば納得できるのですが、感情的で、気まぐれで、場当たり的で、困っています。(第三者にも確認しています)
私が正すと「私の方が上」だからとか、「雇われ」とか言われてしまいます。

オーナーの娘ということは認めますが、現場の人事や運営は私の職権と思いますがどんなもんでしょうか?
法的なこと、一般的な考え方など何でも結構ですので、アドバイスをいただきたいと思います。

会社は順調ですので、代表の奥さんも娘が会社に出社しなくてもいい、と希望しているのですが、会社の仕事が好きなようで、毎日出社してますので、でてこないようにはできそうもありません。

「対決して」というより、「穏便に」しかも「多少の月日がかかっても」よいから、会社と娘と私が良い関係を持てるようにしたいと考えています。
役員でも、会社では社員として、社長の権限の下で気持ちよく働くことはできないのでしょうか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

tomotomo05さんの言うことを素直に考えるとしますと、文章中の「会社では社員として~」の社員は『従業員』という意味合いで理解するものとして考えて回答致します。

(有限会社法にのっとれば、社員とは出資口数を持つ出資者、と言うことになり、株式会社で言う株主に相当するものだからです。株主であれば経営に対して相手が社長であっても強気で言うのは当然です。)

まず、かなりいびつな形態をとっている、と言わざるを得ません。
社長なのに役員(=取締役)でない。と言うことになりますが、法律上は社長の行為は「表見代理」の解釈から実質的に役員の行為と解されます。
即ち、従業員のとってみれば、いつもいない代表取締役や取締役であるその娘さんよりも社長の言動や行動が問題になりますし、経営上の判断や取引先との契約においては、その行為は全て有効であると判断されます。

即ち、代表取締役であると言っていなくても、そう思われても当然なのですから、本来はそれに見合う権限と責任を追う必要があります。
今のままでは、権限がなく、責任だけ負わされる辛い役回りでしかありません。

もしも何かあった場合には、あなたの責任でなくても責任が追及されることになります。たとえそれが夫婦であっても「社長」と呼ばれることへの責任です。

こんな言い回りをすると、本文の最後の方にあるようなtomotomo05さんの願いとは裏腹な回答になってしまいますが、いっそのこと「社長」を娘さん、もしくは
代表取締役である奥さんに譲る・返上するのが良いかもしれません。権限も完全に委譲します。
その代わり、全ての行動・言質について責任を負い、上位役職である役員として見合った行動をするように伝えます。

今まで仮にも(役員でないにせよ)社長として働いてきたのですから、まさに降格の形になりますから、やり辛いことになるとは思いますが、それが娘(つまりtomotomo05さんの奥様、ですよね?)さんに今自分が言っていることの意味を知るチャンスだと思います。

それで会社が順調に回るのであれば何の問題もありません。あなたも権限もないのに無駄な責任だけ負わされる可能性を排除できますし、娘さんも納得でしょう。奥さんが納得されるかどうかは別ですが。

もしも、それにより会社が回らなくなるような事態に陥れば、そのときこそ、キチンと役員として処遇された上で取締役社長として対応できるようにしてもらう様、代表取締役(=奥さん、tomotomo05さんのお義母様)に御願いすれば良いでしょう。

それが出来ないのなら、役員処遇の有無に関わらず、あなたもその家族(お義母様、奥様)も会社経営に関わるべきではありません。

有限会社は「法人」と言われるように『法律上は1つの人格』を与えられた“人”であり、それに対して単なる感情だけで行動(=運営方針など)を決めるのは、あまりにも無責任極まりありません。

まずは、娘さんが「自分の言動・行動」が『会社の為を考えた結果のものとなっているか』『冷静に考えて(客観的に見て)役員として正しいものかどうか』を理解できるようでなければ、状況改善は望めないでしょう。そこは単に「穏便に...」では済まされない問題だと思います。
会社の関係者は家族だけではありません。取引先・仕入先・協力会社・取引金融機関・債権者・顧客・従業員など多岐に及びます。そのことを念頭に置いた行動が必要であることを学ばせる必要アリ、です。

何か理由をつけて、商工会議所でやっている「第二創業コース」などのセミナーを受講して、企業経営の何たるかを学び、考えさせる機会を与えるのも良いのではないでしょうか?

状況として難しいことは理解できますので、どうしても駄目だと思ったら、近くの中小企業支援センターなどで経営相談員・中小企業診断士などに相談してみて下さい。明確な答えはないかもしれませんが、今の私の回答よりは現場や当事者に会える分だけ、より良く参考になる回答が期待できます。

頑張って下さい。

参考URLは第二創業コース(日本商工会議所主催「創業塾」の中の1コース)です。
『創業塾』
http://www.sogyojinzai.jp/

参考URL:http://www.sogyojinzai.jp/02what.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。がんばってみます。

お礼日時:2005/07/08 06:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有限会社の代表取締役と取締役

取締役とか代表取締役など役職がありますが、昔商法のお話しを聞いたときに「有限会社は取締役は対外的な代表権を取締役一人一人もつ」とききましたが、現実に代表取締役を置いていても同じことが言えるのでしょうか?

Aベストアンサー

取締役は何人いても良いんでしょうが、代表取締役はその中の代表者であって一人しかいないと思います、又取締役が一人しかいない場合は代表取締役という存在せずに取締役○○様になると思います。

Q【社長解雇】有限会社の社長は絶対権限?【相談先】

いわゆる旧会社法で言うところの有限会社です。
題名の通りですが、言うに耐えられないほど社長の行為がひどいので、社長の進退伺を立てたいと考えています。

会社規模はいわゆる中小企業で、社長を除いて社員7人、パート6人のインターネット販売会社。
社長を除いた人間関係はすこぶる良好。

問題としては・・・
・パワーハラスメント(録音あり)
・会社運営費の私物使用(会社名義のカードで、釣り道具、ボート等、個人的趣好品の購入(証拠として購入履歴保管))
・残業費月15時間制限(実際は60時間前後(証拠としてタイムカード、給与明細あり))
・愛人への会社運営費の譲渡(架空社員への支払い明細あり)
・社用車と称しベンツ、ランクルを購入(車検証(会社名義)の写しと、「俺の車だ」の録音あり)
・一時間おきに、ゲームの点数を確認するが如く、売上の確認(経営サイトが楽○、○ahooショッピング、ぐ○なび、ビッ○ーズ、○mazonと5社に渡っているので、売上を算出する人工(にんく)を想定していない)
・社用「info」メールの私物使用(「info@社名」のメールアドレスにオークション通知等の証拠あり)
(後半二つは仕事妨害を受けている上での私怨かもしれませんが(苦笑))

また、以下の事由を盾にボーナス支払い、賃金UPを拒まれています。
今現在いる社員が入社する前にいた社員の横領(7000万円)に対する追徴課税(約4000万円)がある。よって今季は赤字決済だからボーナスも給料UPも見込めないの一点張り。(横領と追徴課税は実際にあり)
社長の人間性に著しく問題があるため、社員の出入りが激しく、その【横領をした社員】は、現社員の誰も知りません。
ちなみにハローワークに出している求人詳細には【賞与あり】の明文あり。

ただし、こちらが把握している情報として、現在会社がプールしている金額が約14000万円あります。
ひと月の売上は3500万円前後(人件費、運営維持費用等含まず、販売商品原価のみ引いた金額で、30~40%前後の粗利)

ざっと状況はそんな感じです。

ここからが質問なのですが、当然似たような質問も見させていただきましたし、有限会社のように出資者(株主)=社長のような会社ですと、それは難しいと把握もしています。
ただ、当人は出資者として存在しているだけで、会社経営においては何のプラスにもならない人なので、会社運営費から出資金を全額支払い、社長という立場を更迭することは【絶対に】不可能なのでしょうか?(当然出資金プラスαの要求はあるでしょうが・・・)
また、こういった状況を相談する相談先として、労基法違反に関して(残業費未払い等)はその関係各所への通達で済むのでしょうが、言わば自社横領のような状況を公正するために査問していただく機関としてはどのような機関があるのでしょうか?

いわゆる旧会社法で言うところの有限会社です。
題名の通りですが、言うに耐えられないほど社長の行為がひどいので、社長の進退伺を立てたいと考えています。

会社規模はいわゆる中小企業で、社長を除いて社員7人、パート6人のインターネット販売会社。
社長を除いた人間関係はすこぶる良好。

問題としては・・・
・パワーハラスメント(録音あり)
・会社運営費の私物使用(会社名義のカードで、釣り道具、ボート等、個人的趣好品の購入(証拠として購入履歴保管))
・残業費月15時間制限(実際は60時間前...続きを読む

Aベストアンサー

>・・・人間関係はすこぶる良好。

と言うことで、社員一同結束しているならば、労働者が一丸となって労働組合を設立してはどうでしよう。パートも可能と思われます。
それで、法律上、賃上げやストライキの組合権利を取得すれば、代表者もワンマンは言っている場合ではなくなります。
実際には、労働組合法と言う法律に基づいて設立しますが司法書士が専門家です。
なお、これだとしても退陣を求める権利はないです。
この権利の取得は株の取得以外にないです。
公開株ではないので事実上不可能です。

Q代表取締役と取締役社長の違いは?

社長として手形を切る時や、名刺に肩書きを書く時に、代表取締役とする会社と取締役社長とする会社とに別れるように思いますが、両者にはどういう違いがあるのでしょうか?
1、専務などが代表権がある場合に代表取締役専務とわざわざ代表を名乗るのはよく理解できるのですが、社長で代表権がない場合が有るのでしょうか?代表権があるのは当たり前で大げさ(長すぎる)なので取締役とだけしか書かないのでしょうか?
2、稀に代表取締役社長とまで名乗っている場合も見かけるのですが、取締役社長とだけ名乗るのと効果にどういう違いがあるのでしょうか?
3、定款とか会社を規定する法律とかの違いで、どちらを名乗るか予め決められているような事があるのでしょうか?或いは、極端に言って最初は社長の気分でどちらにしても良いのでしょうか?(銀行の届を出した後などでそれを爾後使わなければ行けないのは判るのですが)
4、どちらでも良いならば、普通の会社はどう言う基準で決めているのでしょうか?又、どちらのほうが一般的なのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、法律上の地位と呼称としての地位とに分けて考える必要があります。
法律上の地位は、商業登記された人が名のることができる地位です。定款により取締役の人数が定められ、その取締役の互選により、代表取締役が決まります。これは定款の定めで何人でも選出できます。ここで選出された人が「代表取締役」を名のることができます。

呼称としては、社内外に対して「社長」「専務」「常務」という職責上の地位が用いられます。
従って、社長が必ずしも代表権があるわけではなく、また代表権があるからと言って社長というわけでもありません。

通常は、「代表取締役」とだけ言えば、単に商法上の地位のみを表していると考えて、社長かどうかは問題ではありません。

「代表取締役社長」と名のるのは、法律上代表権があり、しかも社内外的に社長ですよ、という二つの意味があるということです。「代表」を省くのは、対外的には「社長」ではあるけれど、代表権がないか、ありは、あえて仰々しくなるのを避けて書かない場合もあります。

Q有限会社の役員に付いて

ある有限会社と取引を考えていますが交渉相手が差し出した名刺に「専務取締役」と書いてありました。通常有限会社の役員は代表取締役を決めればよい事になっていますが
いわゆる役付け取締役を設置する旨定款に記載すれば問題が無いのでしょうか。

Aベストアンサー

有限会社でどんな役職を作るかはその会社の勝手です。

>>通常有限会社の役員は代表取締役を決めればよい事になっていますが

 それは商法で最低限それを決めなければならないということです。

Q代表取締役と取締役の違いは具体的にどんなところなんでしょうか?

非常に初歩的な質問ですみません。代表取締役と一般の取締役と具体的にどんなところが違うのでしょうか?(権限や責任など) また一般的に言う役員=取締役と考えていいのですか? それから役員と執行役員の違いはどこなんでしょうか?(権限や責任)今さら人に聞けないので教えてください。

Aベストアンサー

>代表取締役と一般の取締役と具体的にどんなところが違うのでしょうか?

代表取締役は、その名の通り会社を代表する事ができます。つまり対外的
に会社を代表します。(社内的には、社長が会社を代表する場合もあれば
会長が会社を代表する場合があります)
会社の代表として、自分の意思で契約などをする事ができます。
それに対して、取締役は会社の最高機関である取締役会の構成要員です。
よって会社の方向性の決定や、取締役として任された一部の仕事を行いま
すが、契約などを自分だけの意思で行う事はできません。

>一般的に言う役員=取締役と考えていいのですか?

一般的には、役員=取締役です。最近は執行役員も役員と表記する場合が
ありますので注意が必要です。

>それから役員と執行役員の違いはどこなんでしょうか?

取締役会の構成メンバーが取締役です。取締役会は会社の経営・執行を
統括する機関ですから、会社の全てを掌握します。よって構成メンバー
である取締役は”経営者”という事になります。
それに対し執行役員は、与えられた業務を執行する責任者です。
また執行役員は従業員であり経営者ではありません。

社長・副社長・専務・常務(+会長)が取締役で、その下が執行役員で
ある場合が多いと思います。
しかし、社長が執行役員であっても問題はありませんので、別途取締役
会があり社長と代表取締役が別であっても問題はありません。

>代表取締役と一般の取締役と具体的にどんなところが違うのでしょうか?

代表取締役は、その名の通り会社を代表する事ができます。つまり対外的
に会社を代表します。(社内的には、社長が会社を代表する場合もあれば
会長が会社を代表する場合があります)
会社の代表として、自分の意思で契約などをする事ができます。
それに対して、取締役は会社の最高機関である取締役会の構成要員です。
よって会社の方向性の決定や、取締役として任された一部の仕事を行いま
すが、契約などを自分だけの意思で行う...続きを読む

Q代表取締役は他の会社の従業員になれますか?

近日中に起業を予定しているものです。
固定収入の見込みが立っており、毎日2時間程度仕事するだけで済むのですが、個人事業よりも法人化したほうが節税になるので会社を立ち上げようとしています。

一方で本業として企業に就職を考えております。
現在失業中で再来月に採用が内定したのですが、下記問題があるか心配です。
・法的に就職できないのでは?(普通の取締役であれば大丈夫だそうですが代表取締役は?)
・就職先で雇用保険の被保険者になれるのか?
・社会保険はどうなるのか?(就職先から天引きされるはずですが、自分の会社で報酬があった場合はどうなるのか?)
ご存知の方どうぞお教え下さい。

Aベストアンサー

1.他社に勤務することは、法的には問題ありません。
ただし、その就職先の会社が副業を認めない場合は、就業規則違反となります。

2.雇用保険は、通常は二つ以上の会社に勤務していても、主に生計の主となっているほうでしか加入できないことになっています。

3.どちらの会社も正社員として、社会保険に加入する場合は「2以上選択」という届けを、主となる会社から社会保険事務所に提出することになります。
それによって、社会保険事務所でトータルの保険料を計算した上で、会社毎に振り分けられ、その金額を各会社の給料から控除されることになります。
ご自分の会社が社会保険の適用事業所でなければ、就職先でのみ加入します。
詳細は、社会保険事務所にお聞きください。


人気Q&Aランキング