OCN光で最大124,800円おトク!

15~20年ほど前に読んだ本を探しています。
多分絵本だったと思うのですが、もしかしたら児童書だったかもしれません。

 内容は、ある少女(少年?)の願いが叶い、町の人の背に天使の羽がはえる。
 町中、大パニック。ある大人の「こんな羽なんかいらない!」の一言で、羽が消える。
 パニック収まる。少女は只一人、いずこかへと飛び去る・・・。

 ・・・というように記憶してますが、何分、昔に読んだきりなので脳内変換してるかもしれません。

 子供に読んであげたいので、判る方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

まったく自信がないのにお時間をおとりして申し訳ないのですが。


だいぶ前の児童書で、絶版になっていたのですが、最近復刊された本があります。
児童書なのですが各ページに強烈な色使いでインパクト大の挿絵がついていて、字も大きいので絵本のようでもあります。

「ビビを見た!」大海 赫

盲目の少年が、突然「7時間だけ目が見えるようにしてやろう」という声が聞こえ、目が見えるようになる。しかし同時に街中の人が盲目になり大パニック。
でも一人だけ、不思議な少女ビビも目が見えていて・・・。
彼女の一言がきっかけでパニックが収まったり、最後で少女ただ一人いずこかへと飛び去ったり、といった場面があったような気がするようなしないような。
それに、ビビという少女にもたしか羽がはえていたような気がします。

とにかくうろ覚えで申し訳ないのですが、脳内変換されている可能性があるのであれば、「ビビを見た!」にあたってみてはいかがでしょうか。

いずれにせよ、奥が深くてエネルギッシュな一冊です。
読んでみて損はないと思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4835440 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
さっそく本屋に走りたいとおもいます。

お礼日時:2005/07/13 09:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング