今夜はマのつく大脱走で最後の方でユーリが魔笛を吹いたら
雨が降りましたよね?それで思ったんですが
何回吹いてもなかなか雨降らなかったのにいきなり振りましたよね
これってアニシナの「魔力倍増雨乞い機いますぐふるぞーくん」の
効果が出たんでは?と思うんですが実際どうなんでしょう?
それから文庫本で読みやすくておもしろいファンタジー系の作品あったら
教えてくれませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私も○マ読んでますが、細かいところをよく見ていらっしゃいますね。


読み飛ばしていました・・・。

その件については回答が出ていますので、お薦めのファンタジーを挙げておきます。

・バイトでウィザード 椎野美由貴 角川スニーカー文庫
矯正術者(魔女みたいなもの)である高校生の双子のお話。
最初はドタバタコメディーっぽかったんですが、最近テーマが重くなってきてます。
現在番外編含め10巻まで出ています。

・涼宮ハルヒの憂鬱 谷川流 角川スニーカー文庫
宇宙人や超能力者などの存在を信じ、会いたいと本気で思っている女の子、ハルヒをとりまくドタバタコメディー。
ハルヒの周りにいる人たちは、実は…?
現在7巻まで出ています。

どちらもテンポがいい文章なので、読みやすいと思います。どうぞ参考に~。
    • good
    • 0

マ王はアニメでその回をみましたが、ソプラノリコーダーの口の部分が見つかって、ソレをつけて吹いたら雨降りました。


多分そのせいじゃないかなと思います。

文庫本で読みやすいのは個人的には。

・フォーチュンクエストシリーズ(電撃文庫)
・卵王子カイルロッドシリーズ(富士見ファンタジア)
・暗夜忌憚シリーズ(コバルト文庫)

がオススメです。
    • good
    • 0

今夜はマのつく大脱走について回答させていただきます。


最後に雨が降ったのは、多分魔笛のパーツが全部そろったからだと思います。(ソプラノリコーダーみたいに分かれてますから。)

質問の内容とずれてたらごめんなさい。
    • good
    • 0

まるマシリーズについては分からないのですが


(すいません)
おもしろいファンタジー系の作品と言う事で。

「天空の剣」:喜多みどり(角川ビーンズ文庫)
神話をベースにした物語?で、シリアスですが、
かなり読み応えがあります。
続編「西風の皇子」シリーズもオススメです。

「ちょー美女と野獣」:野梨原花南(コバルト文庫)
ちょっと微妙なタイトル(笑)
かなり長いシリーズなんですが、
キャラが明るいのでスッキリ読めると思います。
「ちょー○○」と言うタイトルで以下続刊。

イラスト描いてる作家さんが同じなのは
気のせいじゃないです(笑)。
でも中身もおもしろいですよ。
ちなみに、どちらもすでに完結しています。
    • good
    • 0

まるマシリーズと同じビーンズ文庫なので、すでにご存知かもしれませんが、


今ものすごくハマって、布教活動をせずにいられないのが
■「彩雲国物語」/雪乃紗衣・著(ビーンズ文庫)
ですねぇ♪読みやすいのに、嬉しいくらい予想を裏切ってくれる話の展開が大好きです♪私の中ではイチオシです!

他にも、
■「アルティメット・ファクター」/椎葉周(スニーカー文庫)
主人公のリボーがカッコ良すぎです。スピード感あふれる戦闘シーンにかなり引き込まれますねぇ。
■「七姫物語」/高野和(電撃文庫)
不思議な世界観に引き込まれます。ほんわかしてるというか、癒し系なんです。でも、お話は天下取りがテーマ。独特な雰囲気に味をしめてしまいました。
    • good
    • 0

人気があるのは「マリみて」「まぶらほ」?


「オーフェン」「風の大陸」「グインサーガ」…
ティーンズ向けの 文庫は すぐに 絶版になってしまう傾向なので 見つけたら即買うか
あとは 図書館か 古本屋で

富士見ファンタジア 電撃文庫 角川スニーカー 講談社X など いろいろ

参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/tribute/2004/06/07/2.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qmoving a scene

I have never seen as moving a scene as that before.

この文のmoving a scene はどう訳したらいいでしょうか?

教えて下さい
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

直訳すると、「私はそのような感動的な場面を、これまでに見たことがない」 ということになります。

moving a scene の moving は形容詞です。その文においては、moving a scene = a moving scene です。意味は同じですが、moving を前に出すことで moving を強調する形になっています。

もしかすると文法書などの 「形容詞」 の項に説明が出ていたりするかもしれません。

Q漫画(やアニメ、小説など)での魔力、MPとは

気になったので、ご意見をお聞かせください。

RPGなどのゲームで、よく「MP」や「SP」と表されている数値があります。
魔力や精神力と表されていたりします。
魔法や特殊な技は、大体このMPやSPを消費して繰り出されていますが、
戦闘でMPがゼロになっても、登場キャラが死ぬことは少ない気がします。
(逆にHPの数値は体力を表していて、ゼロになると動けなくなってしまいます)

でも漫画やアニメを見ていると、魔力を全部使い切ると死んでしまう、という
警告を受ける場面があったりします。
この設定、個人的に(特にバトルものでは)あった方が好きなのですが、
魔力が尽きて死んでしまう、とはどういうことなんでしょうか?
確かに、魔法を使うたびに疲れていく描写はよく見ますが……。

1.魔力と体力に関連性があるのか?
2.人体の機能を維持するために、魔力が必要なのか?
3.回復役が自分で自分の傷を治した場合、どうなるのか?

話の流れやシステム上の都合と言われればそれまでですが、
一度考えてしまったら、気になってしょうがありません。
それぞれの漫画やアニメ作品などで魔力がどういう扱いをされているのか、
また皆さん個人の意見はどうなのか、お聞きしたいです。よろしくお願いします。

気になったので、ご意見をお聞かせください。

RPGなどのゲームで、よく「MP」や「SP」と表されている数値があります。
魔力や精神力と表されていたりします。
魔法や特殊な技は、大体このMPやSPを消費して繰り出されていますが、
戦闘でMPがゼロになっても、登場キャラが死ぬことは少ない気がします。
(逆にHPの数値は体力を表していて、ゼロになると動けなくなってしまいます)

でも漫画やアニメを見ていると、魔力を全部使い切ると死んでしまう、という
警告を受ける場面があったりします。
この設定、個人的...続きを読む

Aベストアンサー

色々な回答者の皆さんが仰るように、作者の設定によって、様々に変わるものなので、一概にMPが“0”になると死亡するという設定ばかりではありません。

まず、MPをどう考えるかによって、方向性が変わってきます。

1)魔力として、リアルな世界には存在しない未知のエネルギー。
2)精神力などの人間の意志によって生み出される精神エネルギー。
3)石油や天然ガスのような世界に存在するエネルギーの一種。

1)は、一般的なファンタジーのRPGなどで採用されている設定で、ゲームシステム的に強力な魔法攻撃を無制限に使用できないように一定の制限を設けるためのモノです。
理由は様々ですが、とりあえず使用できる限界があり、一人の人間は一定の魔力を使用すると暫く利用できなくなるシステムになっています。
経験をつみ、レベルが上昇すると魔力も増加する場合が多く、魔法使いなどは魔法の使用回数が増えたり、魔力を大量に消費する魔法が使えるようになっていきます。

2)は、精神力を搾り出すようにして、何らかの魔法やスキル、超能力的な効果を発揮する設定で、ゲーム的には1)同様に魔法やスキルを無制限に使用させないための制限になっています。ゲームがリアルタイムで進行する場合などに、消費しても減った直後から時間経過によってジリジリ回復していくようなシステムが多いです。
ゲーム以外に漫画やアニメの設定などで見かける事が多いですね。
その場合に顕著なのは、扱う事が出来る魔法やスキルの限界などを個々のキャラクターの生まれついた才能や血筋などで影響されると設定される場合が多いです。魔術師の一族だから魔法も覚えがはやいし、魔力も他の一般人より遥かに大量に持っている等など。
この設定のゲーム以外の作品ではMPを枯渇させると死亡してしまうという設定がありますね。
死亡しないまでもMPを枯渇させるというのが危険だとしている設定が多いです。
MP=精神力ですから、精神力の枯渇=廃人になるというイメージがあるのでしょう。

3)は、天然の資源として扱うという特殊な設定で、魔法や超能力は、その資源を消費させる術式であったり、機械が燃料を消費するように作用に対して消費するという考えのモノです。
全ての物質には魔法の源があり、空気中にも存在するけれど、より密度の高い物質の方が多く含まれている傾向があるらしく、大地に蓄積されているという設定が主流です。
その為、強力な魔法を使うと、一時的か、永久かは世界観しだいですが、その地域から魔力がなくなり、魔法が使用できなくなるというシステムである場合が多いです。
ラリィ・ニーヴンによるファンタジー小説の「魔法の国が消えていく」という作品が有名です。この作品では有限の資源なので、魔法使いが様々な魔法を多用した結果、枯渇していくと、魔力無しには生きられないドラゴンや精霊などが絶滅してしまい、魔法によって寿命を延命していた魔術師たちも魔力の枯渇によって若返り出来なくなって死亡するというシビアな設定です。

これらの設定は、複合的に混ざっている設定である場合も多いですね。魔力は未知のエネルギーだが精神や意志の力でより強力になったり、生まれ持った才能で扱える魔力の絶対量が違ったりするといった感じである場合も有ります。

考え方として、MPをどう位置付けるのかを根幹にしてみるのが考え方の道筋となるでしょう。
基本は二つです。MPを外的要因のものか、内的要因のものにするのかです。
外的要因の場合には、1)や3)の設定になり、1)の場合には一度に扱える魔力の上限が魔術師のレベルや才能に左右される設定になっている場合が多いです。
3)の場合には制限はありませんが、消費によって地域や空間の魔力消失により魔法が使えなくなります。
どちらも外的要因なので、MPの枯渇によって死亡するとは限りません。
ただ、1)の場合には許容量を超える魔力を使用したりする魔法の暴走などが起因して死亡する場合もあります。厳密には消費しすぎる枯渇とは違いますが…。
また、3)でも魔力に頼って若さを維持したり、魔法的な存在として魔力無しには生きられない場合には、魔力の枯渇によって死亡する場合がありますね。

内的要因が2)の設定で、個々の人間の精神や意思、メンタルパワーなどがエネルギー源としている場合で、魔法の訓練もイメージトレーニングなどが採用されたりしている事が多いです。
この場合にMPの枯渇が死亡やそれに類する廃人や軽度の場合には意識喪失(いわゆる気絶ですねw)などを招くという場合が多いですね。

これらの設定を前提に質問にお答えしますと、
1.魔力と体力に関連性があるのか?
2)の設定の場合には関連性があると考えられますが、3)の設定では全く関連がなく、1)の場合も関連は少ないですが、体調によって魔法などの使用に影響が出る場合もあります。

2.人体の機能を維持するために、魔力が必要なのか?
これも2)の設定の場合には不可欠です。精神やメンタルがないということは廃人か死亡している場合だけですね。1)と3)の場合には、個々の事情により必要である場合もあるということになり、直接必要ではないでしょう。

3.回復役が自分で自分の傷を治した場合、どうなるのか?
2)の設定の場合に稀に術者は自身を治療できない場合がありますが、ほとんどどの設定でも自身も治療できるケースが多いです。
魔力で肉体の再生機能を強力にしたり加速したりするというものなら、自然治癒力を高めるだけなので自分にも効果があるでしょう。
欠損した肉体を魔力で維持するという事なら、3)の設定の場合には魔力の枯渇によってまた失われる事になるでしょう。

色々な回答者の皆さんが仰るように、作者の設定によって、様々に変わるものなので、一概にMPが“0”になると死亡するという設定ばかりではありません。

まず、MPをどう考えるかによって、方向性が変わってきます。

1)魔力として、リアルな世界には存在しない未知のエネルギー。
2)精神力などの人間の意志によって生み出される精神エネルギー。
3)石油や天然ガスのような世界に存在するエネルギーの一種。

1)は、一般的なファンタジーのRPGなどで採用されている設定で、ゲームシステム的に強力な魔法攻撃...続きを読む

Qscene と sequence

Wikiからです。

In film, a sequence is a series of scenes which form a distinct narrative unit,
usually connected either by unity of location or unity of time.

意訳です。

映画において、scene とは、物語上のつながりのある一連の場面で、
sequence とは、そのsceneを、『ロケ地が同じである』、『撮影の時間帯が同じである』ことをもとに集めた集合体である。

ということでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問文にある意訳でだいたい合っています。詳しく解説しますと、

1.scenes which form a distinct narrative unit:

(1)このwhichの先行詞はscenesで、which以下はscenesの説明になります。

(2)distinctはここでは「個別の」、unitは「単位」という意味で使われています。

(3)この部分の訳し方は
(直訳)「個別の物語の単位」
→(意訳1)「個別に物語を構成する単位」
→(意訳2)「物語を構成する一要素」
→(意訳3)「ストーリーの構成要素となるひとつの場面単位」
ということになります。

(4)sequenceとは、ひとつひとつの場面を連続して寄せ集めた、ひとまとまりの映画の構成要素ということになります。

2.usually connected either by unity of location or unity of time:

(1)ご質問にある解釈で結構です。

(2)この動詞connectedの主語はa sequenceで、isに戻っていき、is connectedという受け身の動詞句が述語となっています。

(3)訳し方は
(直訳)「(sequenceとは)通常、撮影場所の単一体や撮影時間の単一体と関わりがある」
→(意訳)「(sequenceとは)通常、撮影の場所・時間帯が同じになることが多い」
となります。

3.以上を踏まえて前文の意訳例は
「映画で言うシークエンス(構成場面)とは、ストーリーを構成する、各カットシーンが連続したもので、通常、同じ撮影の場所・時間帯をひとまとまりにしたものが多い」
ぐらいになります。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問文にある意訳でだいたい合っています。詳しく解説しますと、

1.scenes which form a distinct narrative unit:

(1)このwhichの先行詞はscenesで、which以下はscenesの説明になります。

(2)distinctはここでは「個別の」、unitは「単位」という意味で使われています。

(3)この部分の訳し方は
(直訳)「個別の物語の単位」
→(意訳1)「個別に物語を構成する単位」
→(意訳2)「物語を構成する一要素」
→(意訳3)「ストーリーの構成要素となるひとつの場...続きを読む

Qまたマ王

マンガ(Asukaじゃなく)は売ってるのですか?

Aベストアンサー

No.1で回答させていただいた者です。
今年の12月26日に1巻が発売される予定です。

Q英単語について質問です。 scene(場面・風景)の単語の原義は"劇場のテント"という話を聞きまし

英単語について質問です。

scene(場面・風景)の単語の原義は"劇場のテント"という話を聞きました。

電子辞書でsceneを調べようと思っていたら、誤ってscenaと入力してしまいました。scenaの意味は

「シェーナ<歌劇の一場面;歌劇の劇的独唱または重唱曲>(イタリア語より)」

でした。これを見て、偶然"シナリオ(scenario)<これもイタリア語>"と日本人にも馴染みのある単語が頭の中に浮かびました。

sceneとscenaとscenarioの三つに関係性はありますか?イタリア語から英語のsceneに発展した、みたいな?下手な日本語ですみません。

Aベストアンサー

質問者さんの仰るとおりです。

scene は、ギリシア語で、scenaとscenario はイタリア語ですね。

英語には、ラテン語・ギリシア語を語源にしたものが多く、それにドイツ・フランス語なども融合しています。

日本語の、skiyaki sushi 等も加わっていますね。

世界史の国家の成立順なども影響しているのでしょうが、古代ギリシャが起源のラテン語が、
ヨーロッパ諸国に伝わる課程で変化していったと考えられています。

古代ローマ帝国が支配し、イギリスが世界を支配していった歴史が込められているような気がします。

英語と米語が、微妙に違うのも、興味深いことですね。

英語が国際語と言われる、所以の一つとも言えますね。

語源まで調べることは、英単語を勉強する上で、とても興味深いですね。

参考までに。

Q別マ「羽のない天使」

おそらく'84 or'85の夏季発刊号(7~9月号?)だったと思うのですが、
集英社・別冊マーガレットに掲載、読みきりで
「羽のない天使」という漫画についてご存知の方はおられませんか?
作者、単行本についてなどの情報をお願いします!

主人公は大学生くらいの男性で、言葉が不自由な女のコに出会うのですが、
そのときにホースの水をかけられて…といったシーンから始まっていたような
気がします。最後にはその女性は視力も失うというようなストーリーでした。

Aベストアンサー

私も読んだことがあります。たしか真柴ひろみさんが書いた漫画かもしれないです。間違ってたらごめんなさい。単行本も出ているので探してみたらどうでしょうか。古本屋さんに行けばあると思いますよ。 

Qobscene gerund

Chicago Tribune の記事です。

"We're ..... tired of feeding nigger," the worker told the professor, filling in the blank with an obscene gerund. The professor was hearing what the press at the time would call "white backlash."

この an obscene gerund は当然、....の部分に f-word が入るわけなのですが、この語は、厳密に言えば動名詞ではなく副詞的に用いられる分詞だと思いますので、正しくは obscene participle (adverb) なのになあ、と考えてしまいます。英語のネイティブは動名詞と分詞の区別を知らない人がほとんどだと本で読んだことがありますが、obscene gerund は決まり文句的に使われるのでしょうか。

Aベストアンサー

Googleで検索するとこの熟語が沢山でてきますから
決り文句なんでしょうけど
それ以前にアメリカ人の殆どの人がGerundは動詞+Ingとして理解しているのではないでしょうか。丁度、H2Oはお湯でも水でもあるように。伏字のところを読者にGuessして埋めてもらうのにはこれで充分、どころかAdverb的なObscene Gerundなんて付け加えても一般的人には意味がないかも。 第一動詞+Ing形で副詞的に使う単語をほかには思いつきませんからとても特殊なんでしょうね。

しかしTribuneの最近の記事なんですか? N-wordもF-wordの次に伏字にしなければならないのかと思っていました。

Qジョジョの奇妙な冒険。単行本と文庫本について

一部二部はジャンプサイズの総集編を買いました。

三部の購入を検討中なのですが、総集編の発売の予定は無さそうなので、どちらを購入するか迷っています。

値段等を比較するとどちらがよいのでしょうか?


総集編のレビューで「やっぱジョジョは大きなサイズで読むのが良い」との意見が多かったので、やはり文庫本より単行本のが良いのでしょうか。

Aベストアンサー

最近文庫版ボックスで1~6部購入しました。
単行本よりも収納に場所をとらずに、ボックスでまとめて購入できる、というのが文庫で買うメリットだと思います。
しかし、やはり単行本より画面が小さいので迫力には欠けます。
そして文庫には表紙イラストもないので、自分は単行本でも全巻購入を考えています。
値段で言えばおそらく文庫の方が若干お手頃ですが、余裕と置き場所があるのなら単行本での購入をおすすめします。

Q『Fiction mis-en-scene task recorded

『Fiction mis-en-scene task recorded on video.』の和訳を教えて下さい。

はじめまして。
『Fiction mis-en-scene task recorded on video.』
の和訳を教えて頂きたく思います。
現在、ポーランドに留学中です。映画大学入試にあたり課題分を渡されたのですが、自分は英語がわからなく、ポーランド語訳を聞こうにも担当者が不在で良くわからないと言われました。
自力で探してみたのですが、ポーランド語の訳も見当たらずに困っております。
『mis-en-scene』の部分がわかりません。
の日本語訳を教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

mis-en-scene これは、フランス語で「演出された」
という意味です。mis は、過去分詞で、mise は女性形です。
(外来語で使われてますから、男性形・女性形の意味はない)

これをポーランド語では、
inscenizacja sztuki teatralnej

Q別マで連載していたの作品のタイトルと作者名を教えてください

5~8年前に別冊マーガレットで連載していた作品なのですが、覚えていることが、マネキンの頭でサッカーをしている場面があった事と、男っぽい女の子と黒髪で短髪の男の子が付き合うというぐらいです。
あと不思議で面白い男の子が出てきて邪魔をするという、ラブコメディーのような内容だったと思います。
連載期間はとても短かったのですが、もう一度読みたいと思っています。いろいろ調べましたがどうしても思い出せないので、記憶が薄いですが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

片岡吉乃さんの煩悩クラスではないでしょうか?
ただ片岡吉乃さんの漫画の中でそのシーンがあったのは
すごく覚えているのですが、
煩悩クラスだったかどうかが自信ありません…
参考URLで絵柄は確認できますので一度見てみてください。

参考URL:http://www.s-manga.net/author/yoshino_kataoka.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報