マンガでよめる痔のこと・薬のこと

こんにちわ。
民族について本を読んで感想を書きたいんですけど、
おすすめの本有れば教えてください。
できるだけ短いものがいいなぁと思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

比較的狭義な意味での民族一般論についてわかりやすい本として


「民族とは何か」
講談社現代新書、関曠野著、2001年
ISBN:4-06-149579-8

著者が体感した民族の現場の実体論として
「民族」
ミネルヴァ書房 近代ヨーロッパの探究10、大津留厚、野村真理等著、2003年
ISBN:4-623-03716-9

の2冊を推薦しておきます。
「民族とは何か」の方は、230ページほどの新書なので集中すれば短時間で読めると思います。
    • good
    • 0

特定の民族について書かれた本でなくても良いのなら,


次の本はいかがでしょうか。

 
●『もし「右」や「左」がなかったら―言語人類学への招待』
 井上京子 (著) 
 ドルフィン・ブックス  大修館書店

思考と言語の関係をめぐる古典的な話題である
「言語相対性仮説」への現代的アプローチです。
目から鱗が落ちますよ。

大修館書店のドルフィン・ブックスは
最先端の研究成果を第一線の研究者が平易に語るシリーズですので,
取っつきやすいと思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4469212 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング