人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

貴方の場合、書道の他の趣味をお持ちでしたら、共通点とかあるいは逆に違う点などを教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

今晩は。

私の書道以外の趣味は最近ではギターです。(時間が無くてあまり弾けないのですが)

ギターを弾く(楽器を弾く)時、一音一音心を込めて弾くと、それがストレートに音に反映されるんですが、書道の場合も線に関して同じことが言えると思います。それとギターの音の強弱、伸びなんかも線のそれに同じようなことが言えると思います。個人的に、どちらも「生き物だなぁ」と思います。(意味不明ですね・・・)

違うところと言ったら目で見えるか見えないか、というところでしょうか。

何かうまく書けていないのですけれど参考になったでしょうか?(その前にこの文章は日本語として成り立っているのでしょうか・・・?)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

楽譜とお手本はどこか似ているように思いますが、自分の心が指や手、あるいはギターや紙筆と一体化して、かつ自分以外のものとして表現されるということでしょうか。時間と時間が一体化したものが生き物とすればよくお話が分かるように思いました。大変ためになりました。

お礼日時:2005/07/09 11:00

>書道の師範免許とか昇段なども目標になさっておられるのでしょうか



はい、目標にしています。
19歳から下記の大阪市内の支部に所属し、もうすぐ15年が経ちます。教授補資格を取得し、教授の受験資格を得るために勤しんでいます。

参考URL:http://www.shogakukan.ecnet.jp/katsudo.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどと思いました。私のような素人が観ても良い字というのは永年の着実な努力の結果が一瞬のうちに表現されているという一種の緊張感があるように思います。納得しました。

お礼日時:2005/07/10 12:02

茶道(表千家)です。


とても書道が役立っていますよ。
(あたりまえな気がしますが)

掛物を拝見しますので、書がある程度
わかっている方がいいでしょうね。

またお道具類の書き付けや
伝来などもありますし。

七事式のうち「茶カブキ」という
ものの中には、執筆といって
お稽古中に毛筆で奉書紙に書く役目も
あります。

他にもいろいろありますが、
海外にいくたびに
文字を書く、書というのは東洋(中国・日本)の
最大、最高の文化だと思い、先人の偉大さに
敬意をもって帰国します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書は教養の基本なのでしょうか。他の文化にもそれぞれ書に相当するものがあるのでしょうが、さらに茶の湯に相当するものを外国でも見出されておられるのでしょうね。貴重なご意見をありがとうございました。

お礼日時:2005/07/09 11:11

書道以外に最近は書画に嵌っています。



以前、水墨画に取り組んで道半ば......という感じで
挫折しました。
でも、書画を気楽にはじめたら楽しくて時間を忘れます。先生につくという形ではなくて、
参考本を読みながら自己流なのがいいのかな。

筆の持ち方や材料など、似ていそうで
実はかなり違いますが、どちらも気ままに
自分の好きな時間に、取り組んでます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

互いに近いところにありそうでそれだけに違いに興味をもたれるのでしょうか。歴史的に有名な書家で絵も同じように有名であるとか、その逆の例もあまり多くないことにも興味を感じました。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/09 11:06

最近はいそがしくなってしまい、書道もやっていないのですが、やっていたころは油絵もやっていました。



油絵は自由度が高くていろいろな技法が使えるのですが、書道をやっていた影響かどうかわかりませんが、印象派(ゴッホとか)のようなコテコテと盛り上げる画風にはなじめなくて、古い時代(レンブラントとか)ような油で薄めて塗り重ねる方法を良く使っていました。行書のようなイメージでしょうか。

ただ油絵が書道と違うところは、何度でもやり直しができるというところです。もし、失敗しても削ったり塗り重ねたりしてやり直せます。やり直しができないと言う点と流れを重視するという点では、書道は音楽だなぁと感じていました。
油絵では、書道と違って製作過程が作品に出てこないともいえます。この点が西洋と東洋の考えの違いかもしれません。油絵は心に描いたある理想があってそれに向かって完成させていく、間違っても何度でもやり直し最後には100%完成させる、という雰囲気なのに対し、書道は書いているときの心が書に反映されて、流れにそって書いて、間違ったなら、心を改めてまた白紙から書き直す。といった感じでしょうか。

あとレタリング、カリグラフィーにも興味がありました。文字の美しさや、全体のバランスを求めるところには共通点があると思います。こっちは楷書のようなイメージです。

私にとっては共通点があるから別のものに活かせるというよりは、別のものを持っているから他の人には出せない味が出せるという感じでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時間と空間の対比、あるいは行書的と楷書的という対比、いずれもご体験に基づいたご感想を伺い大変ためになりました。又趣味が持つ効用についてもなるほどと思いました。

お礼日時:2005/07/09 10:53

資格、検定の取得

    • good
    • 0
この回答へのお礼

こつこつやるというところが共通なのかなと愚考いたしました。書道の師範免許とか昇段なども目標になさっておられるのでしょうか。

お礼日時:2005/07/09 10:49

20代後半の新米主婦です。


結婚で専業主婦になったので、久々に書道を習い始めました。
小学6年間続けていたのですが、中学に上がり
部活動を優先したため中断していました。

本当は気合いを入れて免状を取るつもりでしたが、
習い始めた教室で\20,000以上の費用がかかる
(協会登録費、手本等教材費など)と言われ
趣味程度の習い事にしています。

書道以外の趣味ですが、パソコンを触ることですね。
結婚前の仕事がパソコン関係だったこともありますが、
1日中触っている時もあったりします。

・・・参考になったでしょうか?(汗)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パソコンと書道の関係は私にはわかりませんが、ひとつの実例としてありがたく聞かせていただきました。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/07 17:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q読売書法展と毎日書道展、どちらが好みですか?

読売書法展と毎日書道展、どちらが好みですか?
また、なぜそっちの好みかをよろしければ聞かせて頂きたいです。あと、日展作家は読売の人が多いような感じがするのですが、どうしてでしょうか?

Aベストアンサー

書道教室に通っていました。

「好み」とはいえないかもしれませんが
私のところの教室の先生は、読売を押して、毎日をバカにしてまいました。

その時に「何で読売押すんですか?」という生徒がいまして
その生徒の言っているのを、私が側で聞いていた感じなので
しっかりとした答えではなのですが

かいつまんで、私の言葉で言いますね。

どうやら歴史は毎日の方が古いみたいです。
毎日では、現代風のアートみたいな書道も入選も多く
ある時、古典系の偉い先生が団結?して読売書法展を立ち上げたらしいです。

そして、この「偉い」って部分が重要で
偉い先生が読売書法展を立ち上げたので、日展作家は読売が多い、みたいな感じでした。

私自身は、読売も毎日も好きです。
読売では、基本の古典をしっかり見ることができますし
毎日では、書道の新しい芸術分野を見れる感じがします。

実は、こんなことばっかり言う先生だったので、教室をやめて
今は、新しい教室を探している最中です。
毎日か読売かは、通っている教室の先生や、師匠の流派や好みにもよるのかな、と思います。

自分の目と感性で、好きな展覧会を決めてもいいと思いますよ。

書道教室に通っていました。

「好み」とはいえないかもしれませんが
私のところの教室の先生は、読売を押して、毎日をバカにしてまいました。

その時に「何で読売押すんですか?」という生徒がいまして
その生徒の言っているのを、私が側で聞いていた感じなので
しっかりとした答えではなのですが

かいつまんで、私の言葉で言いますね。

どうやら歴史は毎日の方が古いみたいです。
毎日では、現代風のアートみたいな書道も入選も多く
ある時、古典系の偉い先生が団結?して読売書法展を立ち上げたらしいです。...続きを読む

Q大人の書道教室とはこんなものなのでしょうか?

私は字が下手なので、書道教室へ入会しました。
先日初めて通ったのですが、指導をほとんど教えてくれません。いや、既に通っている方には、それこそ、アドバイスひとつしていません。初日だから少しは(本当に少しだけです)教えてくれたのかな?などと思っております。
私の書道経験は、小学生のときに習った、僅か2年弱の期間だけです。ですから、筆遣いは多少知っておりますが、あくまでも多少です。それでほどんど指導も受けず、何十枚と書いているだけです。
入学前の見学の際、楷書をしっかりと書けるようになってから草書に移りたいのです、と念を押して聞いたにも係わらず、1、2ヶ月で草書をやらされそうです。
特定される可能性があるので詳細が書けないのですが、大人の書道教室とは、どこもこんな感じなのでしょうか?うまい人が更に腕に磨きをかけるための場であって、私のように字を書くことにコンプレックスを持っている者が通うべき場所ではないのでしょうか?
すみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かに、自分のところにびっちりとついて、手取り足取り教えてくれるような書道教室はまずないとは思います。
だいたいは何枚か書いていいのが書けたら先生のところに持って行って指導をしてもらう、というようなスタイルが多いのではないかと思います。
また、先生の方が助言しながら巡回したり、生徒が巡回している先生に声をかけて見ていただく、というような教室もあります。

指導も受けずに何十枚書いても、初心者の場合はそれで上手くなるはずがありません。
また、やはり楷書からしっかりと学ぶべきでしょうね。上達するにつれて、行書に移り、そして草書や隷書なども取り組んでいくという流れが多いと思いますが、楷書は、どの段階の学習をする時にも常に並行して練習すべきものだと思っています。
確かに、行書や草書などは、実力の低い者が書いても、「何となく」かっこよく見えるものです。だから、日本人の学習者には、行書や草書が好き、けど楷書は苦手、という人が意外と多いのですよ。楷書はごまかしが効きませんし、素人が見ても善し悪しがわかってしまうからです。

あくまで楷書メインで練習しつつ、行書や草書にも挑戦していく、というのはいいと思いますが、ロクに書けないうちに草書メインで書かされるのは問題ではないかと思います。それでは、いつまでたっても、普段書くような字が上達したという実感は湧かないのではないかと思います。

私は楷書をしっかりと書けない、そして指導できない先生のもとで学びたいとは思いません。上級者やお気に入りの生徒だけをひいきするような先生のところにも行きたいとは思いません。いい先生とは、基本をしっかり教えてくれて、人柄が尊敬できるような先生だと思っています。

質問者様が書道教室へ入会したのは、それなりの決意を持って入会されたのだと思います。ある程度の期間も覚悟されていることと思います。それならば、今後数年習う先生として、自分には向いていないと思ったら、違う先生を探した方がいいのではないでしょうか。

質問の答えとしては、書道教室によって色々だ、ということでしょうね。
書道の大家で、弟子がたくさんいるような人だと、新規入会者はほとんど相手にされないかも知れません。私の通っている教室では、大人から子供まで、それぞれのレベルに合わせて指導をしてくれますし、毎週目の前で手本を書いてくれます。助言を求めたら喜んで応じてくれます。 色々な先生がいますので、大手や大家にこだわらず、探してみてはいかがでしょうか。お金と時間とやる気を無駄にしないためにも。

良い先生と巡り会えるよう祈っております。

確かに、自分のところにびっちりとついて、手取り足取り教えてくれるような書道教室はまずないとは思います。
だいたいは何枚か書いていいのが書けたら先生のところに持って行って指導をしてもらう、というようなスタイルが多いのではないかと思います。
また、先生の方が助言しながら巡回したり、生徒が巡回している先生に声をかけて見ていただく、というような教室もあります。

指導も受けずに何十枚書いても、初心者の場合はそれで上手くなるはずがありません。
また、やはり楷書からしっかりと学ぶべきでしょ...続きを読む


人気Q&Aランキング