青い眼の人と、黒い眼の人が子をなした場合、一般的に子供の眼は黒くなりますよね。
例外的に、どう云った場合に子供の眼は青くなるでしょうか。
突然変異などのケースも含めて、教えて戴ければ幸いです。

また、「青みががった黒い瞳」と云うのは存在するでしょうか。
子供の頃は青い瞳でも、大人になるに連れて黒く変色していくと云う話も聞きましたが、実際ありえるのでしょうか。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

中学校の理科で習った『メンデルの法則』ってヤツじゃないですか?


1つの生物体がもつ遺伝子は、両親から1つずつもらって2つある、って。

この法則では2つのエンドウ豆
A:丸い(ツルツルの)遺伝子(○)を2つ持つ。(○○)
B:シワの遺伝子(△)を2つ持つ。(△△)

このAとBのマメをかけ合わせてできるマメ(子ども)は
○△、○△、○△、○△
優性(表に出やすい)である○の遺伝子のせいで
すべてが丸いマメとなります。

では、この○と△の遺伝子を1つずつもったマメ
C:○△
D:●▲
(わかりやすく色を変えています。○と●、△と▲の性質は同じ)
をかけ合わせると
○●、○▲、△●、△▲
の四種類ができます。

で、△or▲よりも○or●の方が優性なため
○●、○▲、△●:丸いマメ
△▲:シワのあるマメ
となり、この割合は 丸:シワ=3:1
となります。


つまり
人の眼の色を決める遺伝子にも優性、劣性(表に出にくい)があり
yamiyuさんがいうところでいうと
青眼と黒眼の遺伝子をひとつずつもってうまれた場合に
黒眼となるのではないかと思われます。

でも、黒眼と黒眼のあいだにできた子どもでも
それぞれが青眼の遺伝子を持っていた場合には
青眼の子どもがうまれる可能性もあるわけです。

同様に、表面に現れていないだけで緑の眼の遺伝子を持っていたら
子どもの眼が緑だったりすることもあるわけです。

眼の色がだんだんと変色していくことに関してはわかりません。
#そういう私も、気がついたら黒→茶色になってましたが。。。


わかりにくい説明でスミマセン。
なんとなくわかっていただけたでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
やはり、親が二人とも「隠れた青目遺伝子」を持っている場合が、一番判り易いケースなのでしょうね(^-^
ご丁寧な説明ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/15 19:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q劣勢突然変異と優性突然変異

劣勢突然変異と優性突然変異の違いについて本を読みましたがいまいち理解できません。どなたかできれば例も添えてわかりやすく説明してほしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えば、ある遺伝子が壊れて、機能を失ってしまっている場合は、たいていが劣性変異になります。なぜかというと、機能がなくなっているだけなので、同時に機能を持った遺伝子がもう一方の染色体にあれば、そちらが働くことによって補うことができるからです。

一方、ある遺伝子が、本来と違った働きをするようになってしまった場合や、本来働くべきでないときにまで働いてしまうようになった場合は、優性変異になります。なぜなら、もう一方の染色体に正常な遺伝子があっても、変異型の遺伝子の、本来と異なる働きは残るからです。

Qサイレント変異とミスセンス変異を合わせて何と呼ぶか

学士編入試験の過去問でわからなかったので、誰かご存じの方、教えて下さると嬉しいです。

正確には、silent mutationとacceptable missense mutationを合わせたものについてです。
ちなみに、missense mutationには、acceptable, partially acceptable, and unacceptableの3種類があるみたいで、acceptable missense mutationの例にはHemoglobin Hikariなどがあるみたいですが、詳しくは分かりません。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1 です。ちょっと追加回答します。
おそらく中立的変異と答えさせたい問題だと思います。しかし今は silent mutation の中には acceptable でないものもあることがわかってきているので、silent mutation と acceptable missense mutation をまとめることに無理があるんです。
この問題に拘らず、変異のほとんどは生存に不利か中立なものであることを覚えておけばよろしいかと思います。

Qなぜ日本人は自分たちの瞳の色を黒と呼ぶのか。

なぜ日本人は自分たちの瞳の色を黒と呼ぶのか。

ニュージーランド人の友だちからの質問。なぜ日本人は彼らの瞳の色を黒だと言うのか?

彼曰く世界には青と緑、それから茶色の瞳があり、日本人の瞳の色は茶色だろう、と。彼らは瞳の色を黒なんて呼ばないと言っていました。

そう言われれば真っ黒な瞳をした人なんて見たことない。そして韓国人も日本人と同じように彼らの瞳の色を黒と呼ぶそう。

そんなに深い理由もなさそうですが、少し興味がわいたので質問させていただきました。

Aベストアンサー

 確かに明かりに照らしてよく見ると茶色ですね。
でもちょっと暗いところで離れてみると黒く見えますね。
メラニンの粒が大きくたくさんあるとより黒く見えるようです。これは遺伝的なものです。

 昔の日本は(おそらく中国や韓国も)そんなに色が細分化されていなかったので茶色も黒の範囲に入っていたのではないかと思われますよ。
 信号は緑色だけど青と言ったりするようなものです。
黒砂糖や黒蜜は茶色い色をしてますけど黒とついているのと同じことと思います。
黒人も実際の肌の色は茶色というのと同じことと思います。

 また、おそらくは白目に対して黒目という色の対比で黒と呼ぶのではないでしょうか。

Q西洋人の眼の色が青や緑なのは何故?

日本人の瞳の色は、黒か茶色です。
一方で西洋人には、青や緑の瞳があります。
黒以外だと太陽がまぶしく感じられて不便だと思うのですが、
どうして黒以外の色になってしまったのでしょうか?

またゴリラやチンパンジーの猿類の眼の色で青や緑がるというのは聞きません。
人間だけ特別なのも不思議なことです。
今後日本人が進化の過程で眼の色が変ることはありえますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

人間の場合はもともとの生活圏の紫外線の量で違うそうです。

瞳の色にも優性遺伝・劣性遺伝があり、黒の方が出やすいみたいなので地球上でまんべんなく混血が進めば黒い瞳の人間が増えるのではないでしょうか…

↓参考URLの真ん中あたりにその解説があります。

ゴリラやチンパンジーは熱帯中心なので薄い色の瞳にはなれなかったと思います(?)

参考URL:http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q51.html

Q帆立貝の眼と人間の眼は、本当に似ているのでしょうか?

ベルクソンの書いた本の中に、帆立貝の眼と人間の眼の構造が非常に良く似ていると書いてありますが、これは、本当でしょうか?

もし、本当だとすると、どの程度似ているのでしょうか? 例えば、帆立貝の眼は、魚の眼よりも、人間の眼に似ているのでしょうか?

Aベストアンサー

「軟体動物と脊椎動物が分岐した時点では、帆立貝のような複雑な眼を持っていたわけではないのに、分岐した後に、軟体動物の進化の系統を進んだ帆立貝の眼が、人間の眼に構造的によく似ているというのは、機械論では説明できないと言っています。」


二重網膜で検索しましたら下記URLがヒットしました。ここで軟体動物と脊椎動物が分岐する以前に様々な視物質(視細胞)の遺伝子をすでにを持っていたとあります。その中のどれをどのように使用するかがその生物固有のデザインなのではということと思います。

○七田研究室 京都大学  1.2.3.をご覧ください。
http://photo1.biophys.kyoto-u.ac.jp/

現在ではマスター遺伝子のスイッチを入れて昆虫の足に目を作ることも可能です。機械論的といわれますと現在の生物学は全く成立しなくなります。生物系の古い成書は古典の意味しかありません。哲学書は知りませんが…


人気Q&Aランキング

おすすめ情報