ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

ヨークシャテリア(体重2.8kg)6才のメスを飼っています。去年の9月頃から右後足をかばうように歩き始め、その内時々痛がるようになり、地面に足をつけることができなくなったので病院に連れて行くと『変形性関節症』とのことで、その頃体重が3.5kgもあったので、体重の減量とサプリメントの服用とで様子を見る事になりました。そして今年の6月までは順調に良くなっていたのですが、また、痛み出したようで床に足を付ける事が出来なくなりました。
病院に連れて行き、手術で治らないものかと尋ねると、手術は無理だということでした。その日は、結局、鎮痛剤(非ステロイド)の薬もらっただけでした。
『変形性関節症』というのは手術しても治らない病気なのでしょうか? このまま年を重ねる度にもっと酷くなるのではないかと思うと、とても辛いです。
私の住んでいる所(高知県の田舎)では設備の整った病院が無い為、もし手術となっても不安です。外科手術で良い病院があれば教えて欲しいです。
それから、痛みを和らげる方法があれば教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

おせっかいな意見なのですが・・


わが子の健康は、お母さんにかかっています!
うちの子も近所ではハイテンション犬と呼ばれています。はしゃぐ姿はかわいいんですけどね。「猿まわし」とまで言われちゃいましたよ~
毎日ちゃんと散歩しているのは大型犬が多く、友達は大きな子ばかりなので、ちゃんと躾をしました。
「止まれ」「お座り」「待て」を教えておけば、興奮しかかる前にとめられます。
はしゃいでいい時間も少しつくってあげて、あとは落ち着いて遊ぶことを心がけてあげてください。
興奮しているときに怒ると、ますますハイになると思います。 まず、無視。それでもだめだったら、とにかく止めてあげてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おせっかいだなんてとんでもないです。アドバイス有難うございます^^
「止まれ」「お座り」「待て」は教えてあります。が、興奮すると私の言っている事が耳に入らない様子です。興奮している時におもいっきり怒るとテンションは下がりますが、人前で思いっきり怒るのが恥しくて・・・ でも、motokoさんの言うとうり、わが子の健康は私にかかってますから、もっと心がけて我が子に接します。どうも有難うございました。

お礼日時:2005/07/08 19:19

どこの骨がどうなっているのかわからないと判断出来ないです。


レントゲン写真はご覧になりましたか?触診だけですか?

この回答への補足

説明不足ですみません。右後足の膝です。最初に行った病院でレントゲンを撮りました。その時触診では分からないとの事でレントゲン写真を撮りました。モヤモヤした影が膝に写っていて、関節炎になりかけているとの事でした。あまりよくならないので、次に他の病院に行った時は触診だけで、すぐに「変形性関節症」との診断結果でした。明らかに左右の膝の形が違うのが私が触っても変形(骨が大きく)しているのが分かるくらいです。それに、靭帯も切れているとの事です。 今はサプリメント(プロモーション)と鎮痛剤(非ステロイド)で様子をみています。
どうか良いアドバイスがあれば宜しくお願いします。

補足日時:2005/07/08 13:03
    • good
    • 0

うちのヨーキーの後ろ足もそうでした。


2.7kg、3才のメスです。
半年前に症状が出たときには、2.3kgしかなくて、減量は考えませんでした。手術で治ると断言できないとも言われました。
私がやったことといえば、足への余計な負担を減らす生活にしたことと、サプリメントを与えたぐらいです。
(1)フローリングにマットを敷きすべらないようにした。
(2)ソファに飛び乗らないように、階段をつけた。
(3)飛びついたり、ジャンプをできるだけやめさせた。
(4)お散歩は、平らなところ。そして、毎日運動させる。(関節を支える筋肉をつけさせた)
(5)足裏の毛や爪をまめにチェックして、カットした。

こんなもんでしょうか。
私の背骨は曲がっているので、トレーニングで筋肉をつけ、身体のバランスを保っています。犬にも同じことをさせてよかったのかわかりませんが、うちは成功したようです。
先日の診察では、驚くほどよくなって、グラグラ・カクカクがなくなっていました。身体も、締まっていいカンジだそうです。
もちろん、今も、この生活と、サプリメントは続けています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々の返答ありがとうございました。うちのヨーキーも足への負担を減らす生活を心がけてはいるのですが、とても御転婆な子で、特に興奮するとクルクルと回ったり、後ろ足で立ったりします。怒ってみたりはするんですが興奮している時はなんの効果も無く困ってます。
motokoさんのワンちゃんはまだ若いのに関節炎だなんて早すぎますよね。お気の毒です。
手術で治るものだったらイイのですが、やはり手術より私生活での管理だけで気をつけるしかないのでしょうか。 とりあえず、アドバイスいただいた事も生活に取入れて様子を見てみようと思います^^

お礼日時:2005/07/08 09:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q老犬が急に立てなくなりました。

今朝まで普通にしていた老犬(雑種15才オス)が、突然ふらつき立てなくなりました。立ってもよろよろとししゃがみ込む腰が抜けた状態です。老犬なのでこの様な状態は命に関係あるでしょうか。食事は少したべました。今仕事中なので終わったらすぐ帰って面倒みたいと思います(家族は家にいます)。何か出来る事はあるでしょうか。同じ症状があった飼い主さんがいたら教えていただければと思います。

Aベストアンサー

15才ということなので、普通に考えれば老いのために立てなくなったと思います。

老いてくるとまず後ろ足が弱って立てなくなってきます。
ただ、ヘルニアや内側からくる病的な事で立てなくなる事もあるので、そこは獣医さんの判断になります。

もし食欲なども普段と変わらないのであれば老いからくるものなので、食事や物事に対しての意欲があれば早々に命に関わる事は少なく感じます。

衰えて立てなくなった足腰はどうリハビリしようが弱る一方です。
けれど立てないからと言って体を動かさないままにすると体の血行も悪くなりますし、内臓の働きも悪くなってしまいます。
前足は後ろ足に比べて衰えるのが遅いので、トイレの時は腰を支えて(もっと衰えた時は持ち上げるように)あげると意外と元気に歩き回りますよ。

いきなり寝たきりになってしまうと、犬の方も寝たままでの排出を我慢してしまいますが、後ろ足を支えつつ付いて歩くと(中腰の人間の方がきついですが・・・)トイレもズムーズにするかと思います。

今はまだ良いですが、いくら食べても太らなく皮下脂肪がなくなってくるころには筋力も衰えてしまうため、便の排出も少なくなってきますが、筋力が衰えたために排出できない場合もあります。
その時はティシュなとあてて肛門をマッサージすると、刺激されて排出をさせることもできます。
また脂肪がないので、体温調節にも気を付けてください。

さらに衰えると前・後ろ脚も棒のようになって体を支えることができなくなってきます。
寝ている時に寝返り(座り直し?)もできなくなってくるので、2時間ごとに体位を変えてあげるといいです。
フードもできるだけ消化の良いようによくふやかしたり、ペースト状にしても良いと思います。

完全に立てなくなってしまうと排出も寝たきりになってしまいますが、特にオシッコのアンモニア臭がキツイので体が濡れてしまったら早めに拭いたり、オムツシートなと敷いておくといいです。

頭を持ち上げるほどの筋力も衰えてすまうと、食事もスプーンなどで口元まで持っていってあげたりしましたが、
割れる可能性のあるプラスティックなどは避けた方がよいかと思います。
ボケなのか分かりませんが、ビックリするぐらい頑固で言うことを聞かなくなったりすることもあります。
うっかり飲み込んではいけない物を出そうにも、まったく口を開けませんし、下手をすると挟まれます・・・・痛いです ハイ
聞こえてるはずなのに都合のいい事しか聞こえてない とか・・・・


今の状態が命に係わるかというと、何ともいえません。
まずは老いであるのか、何か病気なのかだけでも把握した方がいいかもしれません。

ちなみに食欲旺盛だった17歳・18歳のラブラドール2匹は後ろ足が立てなくなって寝たきりの状態までで1年過ごしたのが最長でした。

15才ということなので、普通に考えれば老いのために立てなくなったと思います。

老いてくるとまず後ろ足が弱って立てなくなってきます。
ただ、ヘルニアや内側からくる病的な事で立てなくなる事もあるので、そこは獣医さんの判断になります。

もし食欲なども普段と変わらないのであれば老いからくるものなので、食事や物事に対しての意欲があれば早々に命に関わる事は少なく感じます。

衰えて立てなくなった足腰はどうリハビリしようが弱る一方です。
けれど立てないからと言って体を動かさないままにすると体...続きを読む

Q抱き上げる度に、ボキボキと音がします。Mダックス・12歳。病気なのでしょうか?

わが家で犬を飼い始めて、もうじき13年になります。雄のミニチュアダックスフントです。11歳頃から足がふらつくようになり、だんだん歩かなくなってきて、現在は全く歩けません。
今までずっと同じ獣医さんに診てもらっていて、二ヶ月前に受診したとき、先生に相談したのですが、これは人間の老いと同じでどうしようもないことで、近いうちに寝たきりになるよ…と言われました。

私はこの子と一日でも長く一緒にいたいと思って、食事の度に栄養の粉みたいなのを入れて食べさせたり、白内障の薬を毎日飲ませて、世話をしています。

それがここ最近急に動きが鈍くなってきて、寝返りもうてないし、トイレに連れて行こうと抱っこしたり、背中をなでていると必ず「ボキボキッ」と体から音が鳴るようになったんです。
それだけでなく、抱っこすると痛そうに悲鳴をあげるようにもなりました。これって、病気なのでしょうか?
老犬の世話をするのは初めてなので、よくわかりません。動物病院に連れていけばいい話なのですが、ちょっと診察してもらうだけで、すぐ五千円とられるのです…。
病院に行くお金を惜しいと言っているのではなくて、高齢犬を飼っていらっしゃる方にアドバイスを頂いて、ただの老化現象だったら安心出来ますし、もし老犬でもそんな症状は見られないということなら、明日にでも病院につれて行きます。
色々ネットでしらべてみましたが、これの回答らしいものにつながらなくて、今回書き込ませていただきました。
あと、手・足首もグニャグニャで、触ると必ず痛そうに鳴きます…。
ウンチも、食後すぐに出なくなってきました。
心配です…。

わが家で犬を飼い始めて、もうじき13年になります。雄のミニチュアダックスフントです。11歳頃から足がふらつくようになり、だんだん歩かなくなってきて、現在は全く歩けません。
今までずっと同じ獣医さんに診てもらっていて、二ヶ月前に受診したとき、先生に相談したのですが、これは人間の老いと同じでどうしようもないことで、近いうちに寝たきりになるよ…と言われました。

私はこの子と一日でも長く一緒にいたいと思って、食事の度に栄養の粉みたいなのを入れて食べさせたり、白内障の薬を毎日飲ませ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
私も、14歳になるコーギー系MIXのおじいちゃんを飼っています。
今回私が、お話させて頂くのは昨年の9月迄一緒に過ごした14歳のおばあちゃんの時に経験した事に基づいてです。
うちの子は、骨の老化現象で背骨の間隔が異常に狭くなってきていて、骨同士がぎちぎちになっていました。(レントゲンによる判断)
これは、ヘルニアとは違う老化によるものだと判断されました。
ただ、うちの子は脊髄癌(転移性)・舌炎・を併発しておりました。
骨が鳴るというのは、おそらく骨がもろくなっているのだと思います。
うちの子も、抱っこする時にポキポキと鳴っていて非常に不安でした。
また、抱く時に痛がるので獣医に痛くない抱き方も教えてもらいました。
抱く時はゆっくりと抱き上げ、両前足の付け根の脇を方腕で支えながら、おしりあたりにもう片方の手で支えてあげるとイイみたいです。
Mダックスなのでヘルニアの可能性も十分あると思います。
ヘルニアと脊髄癌の症状は、全く同じです。
足のふらつき(特に後ろ足)・びっこ又は歩く時に足が跳ねる・手足首のぐにゃつき(重度になると歩く時に肉球が地面につかず、足首から下の部分が折れるというかぐにゃっとなります)・下半身不随・排便困難・そして骨の痛みが凄くあると思います。
一度レントゲンを撮ってみると、ヘルニアならはっきりすると思います。(脊髄癌だとMRIでないとわかりません)
老化現象は速度を遅くすることは出来ても、止める事が出来ません。
ただ、わんちゃんの痛みは想像を絶するものだと思われます。
最悪、寿命を縮めてしまうかもしれませんがステロイド系の薬で痛みをやわらげてあげるのも手だと思います。(わんちゃんの生活の質を上げるため)
手術に関しては、獣医と要相談だと思いますが本文を読ませて頂く限り困難かと思いました。
結果、私の見解としましてヘルニアと骨の老化現象が併発しているのではないかと思います。
一度、レントゲンを撮って今後わんちゃんのためにどうしたら一番いいかをよく話し合ってみて下さい。
大変かと思いますが、頑張って下さい。

こんばんは。
私も、14歳になるコーギー系MIXのおじいちゃんを飼っています。
今回私が、お話させて頂くのは昨年の9月迄一緒に過ごした14歳のおばあちゃんの時に経験した事に基づいてです。
うちの子は、骨の老化現象で背骨の間隔が異常に狭くなってきていて、骨同士がぎちぎちになっていました。(レントゲンによる判断)
これは、ヘルニアとは違う老化によるものだと判断されました。
ただ、うちの子は脊髄癌(転移性)・舌炎・を併発しておりました。
骨が鳴るというのは、おそらく骨がもろくなって...続きを読む

Q犬の足からパキッて音がします

いつもお世話になってます。
最近気付いたのですが犬がお座りをしていて、
姿勢を正すときなど前足を浮かしたり座りなおしたりして、
前左足を動かすときにパキッと音がします。
かなりじっくり観察して前右足を動かしても音は鳴らず、必ず前左足を動かしたときに鳴っています。
人間も体勢を正したり立ち上がったり座ったりするときに膝がパキッって音が鳴ったりしますよね?
その音と同じ気がします。
本人(犬)は全く気にしていないようですし、もちろん痛そうなそぶりもないです。
若い頃に後ろ右足を膝蓋骨脱臼をしているので、じっくり観察したつもりでも
本当は左前足を動かしたときに体勢が傾いて右の後ろ足から音が出ているのでしょうか…
犬の年齢は7歳半なので関節は弱ってきているとは思います。
何か対策をした方がいいのでしょうか?
私自身、しょっちゅうパキパキ音が鳴る方なのに何も対策をとっていないのですが
やはり愛犬の事となると気になります。
ちなみに普通に歩いているので、膝蓋骨脱臼の手術はしていません。
コンドロイチン&グルコサミンのサプリメントや適度な散歩で維持しています。
その他にしてあげた方がいい事、またはパキパキの音はほっといてはいけない事なのか教えて欲しいです。
みなさん、よろしくお願いします。

いつもお世話になってます。
最近気付いたのですが犬がお座りをしていて、
姿勢を正すときなど前足を浮かしたり座りなおしたりして、
前左足を動かすときにパキッと音がします。
かなりじっくり観察して前右足を動かしても音は鳴らず、必ず前左足を動かしたときに鳴っています。
人間も体勢を正したり立ち上がったり座ったりするときに膝がパキッって音が鳴ったりしますよね?
その音と同じ気がします。
本人(犬)は全く気にしていないようですし、もちろん痛そうなそぶりもないです。
若い頃に後ろ右足...続きを読む

Aベストアンサー

私たちも間接がパキパキいいますよね?
あれは間接を動かしたときに、間接が開くと骨と骨の間(まぁ間接なのですがw)に空間が生じます。
それは気泡となって出来るのですが、その気泡が弾ける音がパキパキという音、間接がなる原因とテレビで医師が言っていました。
なのであえて間接をパキパキならすのは、間接部分の軟骨?が気泡の破裂と同時に多少かけるので故意に関節を鳴らすのは良くない。という内容の番組でした。
それと同じではないでしょうか?

気になるようでしたら、かかりつけの獣医に聞くのが一番です。
「こんなことで聞くのは…」と思ってしまいますが、自分自身で納得しないと解決しませんからね^^;
予防接種、定期健診などのついでに聞いたりしてはどうでしょう。

Q股関節形成不全の愛犬にできること

9ヶ月になった愛犬(小型)が以前から危惧していた
股関節形成不全だと診断されました。

この股関節形成不全は筋肉をつけてもあまり
意味がないのでしょうか?
もしできるなら散歩より、自宅の浴槽で負担をかけずに
脚を動かしたりしてあげたいんですが、
逆効果でしょうか?

まだ関節炎などは引き起こしておらず、
四六時中脱臼しているわけではないので
手術の必要は当面は無いそうです。

医師曰く、長~い導火線のついた爆弾を常に抱えているようなもの
だとおっしゃっていました。
段差などはスロープで補っていて、興奮しても走らせないようにしています。
肉球は常に出るようカットしています。
フローリングは歩かせたり走らせないよう敷き物をしています。


先天性なのでどうしようもないのは解っていますが
なにか私たちがしてあげられる事はないでしょうか?


サプリ、リハビリ?など有効なものを教えてください!

Aベストアンサー

こんにちは。

うちの先代犬も子供のころから股関節とひじ関節の形成不全で四本脚とも悪いという状況でした。
大型犬でしたので、途中で手術が必要かもしれないと覚悟していましたが、結果不要で
15年の長寿、最後まで自分の足で歩き、寝たきりになったのは3日だけでした。

ずっと様子見でしたが5歳になった時にひどく痛がるようになり、痛み止めとサプリメントで
コントロールすることになりました。
痛み止めは肝臓に負担もかかるので跛行がひどい時だけ頓服として使用して、あとは緑イガイ
の含有率の多いサプリメントを各種与えてきました。
緑イガイ(グリーンマッセル)の効果はとてもあったと思います。

関節は適度に使わないと固くなり、それで痛みも出るのでごく普通に軽い散歩は痛みのない場合
毎日行いました。
同時に筋肉でサポーターのように関節を補助させるために、しっかりと筋肉がつく食材、
たとえば牛筋肉、赤味の多いすね肉、鹿肉を、肝臓での解毒を助けるために野菜類なども
フードに加えて与えました。
体重はやややせ気味に管理するのがいいですね。
ドライフードだけに頼らず、お肉を与えれば体もしまって太ることもないと思います。

適度な運動、サプリメント、痛み止め、食材の工夫で十分コントロールできると思います。
室内は工夫されていると思いますので、飛び乗り飛び降りだけ厳しく制限されれば
大丈夫だと思います。
浴槽でのリハビリも痛みがなければ有効だと思います。
水中ですと本能で自然に足を動かすので、痛みがある時には逆効果になりますので
あくまでも無理しないように、やりすぎに注意が必要ですね。
寝かせている状態で前足の屈伸運動をしてやること、首、背中、腰のマッサージを是非してください。
悪い足をかばって前足に負担が来ていますし、体もすごく凝ってきます。

将来手術をする場合には、完全無菌状態が保たれる大学病院、専門病院での手術が
必要になります。
もしもの為に今から資金の準備はされておくことをお勧めします。

こんにちは。

うちの先代犬も子供のころから股関節とひじ関節の形成不全で四本脚とも悪いという状況でした。
大型犬でしたので、途中で手術が必要かもしれないと覚悟していましたが、結果不要で
15年の長寿、最後まで自分の足で歩き、寝たきりになったのは3日だけでした。

ずっと様子見でしたが5歳になった時にひどく痛がるようになり、痛み止めとサプリメントで
コントロールすることになりました。
痛み止めは肝臓に負担もかかるので跛行がひどい時だけ頓服として使用して、あとは緑イガイ
の含有率の多いサプ...続きを読む

Q愛犬のじん帯(前十字靱帯)断裂。手術するべきしないべき?

愛犬(ミニチュアブルテリア6歳メス9キロ)が
ベッドから飛び下り損ねてすべってしまい、
後ろ脚の靱帯を断裂したようです。
(レントゲンの結果、骨折でも脱臼でもなくて二週間3本脚でしか歩けないのなら…というかかりつけ獣医さんの判断です。)

二週間経ちましたが、最初はずっと3本脚だったのが、今は立つ時は4本脚、ゆっくり歩く時は時々4本脚、ちょっと速めに歩く時は3本脚になってケンケンします。炎症を押さえるダーゼンという錠剤だけ頂いています。

特に痛がる訳ではありませんが、3本脚でケンケンする事、膝が曲がりにくい事が目立った症状です。

先生は手術するかどうか微妙な所だとおっしゃるのですが、彼女は心臓が不整脈で、今年の初めに避妊手術と乳腺の腫瘍を取った大きな手術をしたばかりなので、できれば麻酔手術はもうしたくないのですが、

●手術をしないで治癒することは望めるのでしょうか?
●先生はビッコがちょっと残るかもとおっしゃるのですが、散歩が大好きな子なのでできればそれも避けたいのです。
●手術するかどうかの判断はケガ後いつまでにしなくてはならないでしょうか?
●手術をすれば完治が望めるのでしょうか?
ビッコのままでは残りの脚にも負担なのではと心配でたまりません。外に出れずに太らないようにゴハンもセーブして、不憫です。
これを機に身体や心になにか影響が出ないかとすごく不安です。
どなたか一番いい方法を御意見くださいませんでしょうか?ぜひよろしくお願い致します。

愛犬(ミニチュアブルテリア6歳メス9キロ)が
ベッドから飛び下り損ねてすべってしまい、
後ろ脚の靱帯を断裂したようです。
(レントゲンの結果、骨折でも脱臼でもなくて二週間3本脚でしか歩けないのなら…というかかりつけ獣医さんの判断です。)

二週間経ちましたが、最初はずっと3本脚だったのが、今は立つ時は4本脚、ゆっくり歩く時は時々4本脚、ちょっと速めに歩く時は3本脚になってケンケンします。炎症を押さえるダーゼンという錠剤だけ頂いています。

特に痛がる訳ではありませんが、3本...続きを読む

Aベストアンサー

今の状態は大変不安でしょうね。
一般開業の、普通の獣医師です。

「前十字靭帯断裂」なのか「そうでないのか」は担当獣医師と同じ意見です。 このまま、その病院で診察を継続するつもりならば、もう2週間くらい、治療してもいいのでは。

本来のアプローチの方法がありますし、手術結果は良好(私の場合50例位しかないけど)です。先日、私が答えたURLを張っておきます。

上記の方法をとらないと、質問者さんの疑問=獣医師の悩み=手術をすべきか になります。
他の高次医療のできる病院を紹介、と言うことは簡単ですが、最初の方法をとられ、その後にご検討されるのが、現実的だと考えます。

その一番の理由は-獣医外科の専門家や動物愛護の方の苦言があるかもしれませんが-「前十字靭帯断裂」ならば、数週間おいて手術してもよい結果が得られます。(と思います) 
正しいアプローチでの即時診断、ゆっくり経過を見ながらの長期間の診断、このことを知っていれば、選択するのは質問者さんですね。

がんばって下さい。 

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=843581

今の状態は大変不安でしょうね。
一般開業の、普通の獣医師です。

「前十字靭帯断裂」なのか「そうでないのか」は担当獣医師と同じ意見です。 このまま、その病院で診察を継続するつもりならば、もう2週間くらい、治療してもいいのでは。

本来のアプローチの方法がありますし、手術結果は良好(私の場合50例位しかないけど)です。先日、私が答えたURLを張っておきます。

上記の方法をとらないと、質問者さんの疑問=獣医師の悩み=手術をすべきか になります。
他の高次医療のできる病院を紹介、...続きを読む

Q歩き方の異常、痛がらない

昼過ぎ頃に突然、昼前では見られなかった歩き方の異常に気付きました。慌てて抱き上げ、にくきゅうや爪をチェックしたり腫れや、痛がらないか触ってみたところ声をあげたりいやがったりはせずまたけがの様子もなく何事もないように歩いたり毛繕いをしたりします。歩き方は、普通歩く時地面につくのはにくきゅうのあるところのみですがそのうえ(かかと?)のところまで地面につけてぺたぺたとあるく(軽く引き摺っている)感じです。後ろの左脚のみそうなっています。しばらく様子をみていても大丈夫でしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あっ すみません。猫ちゃんだったんですね。
なぜかわんちゃんと勘違いしていました。

外歩きの猫ちゃんだと、私が思いつく可能性として
・脱臼、骨折などの怪我(痛がらないこともあります)
・神経系の異常
・ヘルニア系
があります。

いずれも病院で検査しないとわかりませんが
万が一、ヘルニア系だった場合は一刻の猶予もありません。
大至急大きめな獣医に診てもらってください。
ヘルニアは発症してから24時間以内に治療できるかどうかで
その後回復するか、一生麻痺したままかが決まります。

うちの場合は犬(ダックスフントです)ですが、
なんとなく後ろ足がふらふらしてるな~どうしたんだろう~と
言っている間に、あっという間に(半日位)後ろ足が両方とも
麻痺してしまって、お尻を引きずって移動するように
なってしまいました。
本人は全く痛がる様子も無く、また嫌がるそぶりも無かったのですが
(強めにつねっても反応なし)
びっくりして病院に行ったらヘルニアによる下半身麻痺でした。
そこで24時間以内~の説明を受け、東大病院にむりやり
飛び込んでいってステロイド治療を始めました。
ひどい子は背中から切開して骨を削る手術を受けるそうです。
手術をしても、回復率は60%と説明されました。
(時間が経つとともにどんどん回復率は低くなるそうです)

我が家では悩んだ末、車椅子わんこになる覚悟で
投薬と点滴治療を選び、毎日毎日通院したところ、
運良く麻痺はほとんどなくなり、今では走り回れるようになりました。

病院ではねこちゃんのヘルニアも多く見ました。
わんこと同じような治療をしていました。

!!ただ、ヘルニアの場合、前か後ろの両足が麻痺している子!!
!!ばかりだったので、es1ndさんとこの猫ちゃんが本当に!!
!!ヘルニアとは言い切れないかもしれません!!

・骨折や脱臼系だった場合、適切な処置で回復できます⇒獣医へ
・神経系だった場合、例えば腫瘍ができていたり、炎症が
起きていて麻痺することがあります。比較的回復しやすいです⇒獣医へ
・ヘルニア疑惑がある場合、一刻も早く獣医へ!診療時間過ぎてても
無理やり急患で運んでください。電話帳で片っ端から電話して
診てもらえるところを探してください。

☆下半身なので、
・排泄は正常にできているか おしっこ、糞に異常は無いか
(おしっこが出てないと、ヘルニアでなくてもかなり危険な状態です)
・食欲はあるか

をチェックした上、獣医さんにかかるようお勧めします。
(とんでもなく暴れてかばんやかごに入らない子もいます・・・
そのときは、大き目の洗濯ネットに入れると良いです(笑)
脱走の心配も無くなり、注射などの治療もできます)

脅かすようでごめんなさい。
しかし万が一、ヘルニア系だった場合、
様子を見ている猶予はありません。

受診してみて、重篤な原因でなければ安心できますし、
是非獣医に連れて行ってみてください。

半野良ちゃんとのことですが・・・・・・
費用では
一回の受診に一万円以上はかかると覚悟してください。
その後長期で治療する場合、毎回一万円以上かかります。
(うちのわんこは全治までに40万もかかりました)

場合によっては毎日通院が必要になるかもしれません。
排泄困難が伴った場合、24時間介護が必要です。

初診後で結構ですので、良くご検討ください。

猫ちゃんが、実はたいしたことなかったよ~って
結果でありますよう、祈っています。

あっ すみません。猫ちゃんだったんですね。
なぜかわんちゃんと勘違いしていました。

外歩きの猫ちゃんだと、私が思いつく可能性として
・脱臼、骨折などの怪我(痛がらないこともあります)
・神経系の異常
・ヘルニア系
があります。

いずれも病院で検査しないとわかりませんが
万が一、ヘルニア系だった場合は一刻の猶予もありません。
大至急大きめな獣医に診てもらってください。
ヘルニアは発症してから24時間以内に治療できるかどうかで
その後回復するか、一生麻痺したままかが決まりま...続きを読む

Q犬の関節炎にかかる費用

私のワンコが関節炎の疑いが出て来ました。
まだ病院には連れて行ってません。
ビッコを引かない日もあり今様子を見ている段階です。

そこで関節炎のワンちゃんをお持ちの方にお聞きさせていただきます。
関節炎も重度具合によると思いますが皆さん大体月幾らぐらい病院費が掛かってますか?関節炎も重度か軽度かも添えて教えてください。
その他サプリメント等も別途月に幾らぐらいか教えてください。

今ペット保険に入るか健闘中です。
実際積み立てをした方が良いとゆう話も聞くのですが、関節炎だとすると一生付き合って行く病気なので保険に入ってた方が良いのかなと考え中です。
多分保険が適応されるまでに2ヶ月ぐらいかかるみたいなので結局適応される前に病院に連れて行く事になるかもしれませんが・・・一応参考までに・・・
もしペット保険についてアドバイスなどもあれば教えてください!

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

うちの犬ですが、関節炎ではないのですが、ダックスで、この度“椎間板ヘルニア”を発症しまして、
退院してきましたが、これからは腰(関節)にいいサプリを食事にプラスしたいと考えています。
・・・で、こんなのがいいかな・・と思ってるのがこのサプリです。
値段はこんな感じ。。。(参考までに)↓↓↓
http://www.smile-wan.jp/shopdetail/013003000006/012/020/brandname/

それと、保険の件ですが、以前アニコムに一時期入ってたのですが、結局途中で辞めちゃってたので、
今回の入院費用は正直、手痛いものでした。・・・で、この先の保険加入を考えています。
アニコムはうちの犬の年齢では(6才)もう加入は無理なので、
アイペットクラブってとこ考えてます。評判はわからないですが、
加入年齢の制限が無いみたいだし、そのペットの過去6ヶ月間に於いて、何らかの病気にかかっていなければ加入OKということなので、
その点を計算して、加入申請しようかと思ってます。

churrascoさんの犬さんの関節炎がどの程度のものなのか(重症度)わからないので
一概に言えませんが、6ヶ月間病院にかからなければ保険加入も可能なのでは・・・?
その間を何とかサプリのみでフォローして乗り切って、やり過ごせれば。。。って
考えてしまうんですけどね、私だったら。
ただし保険会社側があらかじめ加入の際に定めているいくつかの“特定疾病”が
自分のワンコにあてはまってたら加入は難しいというような感じだったと思いますが。。。
記憶違いだったらごめんなさい。

うちの犬ですが、関節炎ではないのですが、ダックスで、この度“椎間板ヘルニア”を発症しまして、
退院してきましたが、これからは腰(関節)にいいサプリを食事にプラスしたいと考えています。
・・・で、こんなのがいいかな・・と思ってるのがこのサプリです。
値段はこんな感じ。。。(参考までに)↓↓↓
http://www.smile-wan.jp/shopdetail/013003000006/012/020/brandname/

それと、保険の件ですが、以前アニコムに一時期入ってたのですが、結局途中で辞めちゃってたので、
今回の入院費用は正直、手痛...続きを読む

Q老犬の後脚の筋力維持としてできること

老犬の後脚の筋力維持としてできること

愛犬(15歳)の後脚の筋力が弱って、踏ん張りが利かなくなってきました。1時間を1日2回しておりますが、それだけでは不十分なようで、どんどん衰えていっています。
勿論、無理はさせませんし、老化も受け入れますが、何か出来るのならばしてやりたいです。
散歩の他に、積極的に筋力を維持する方法は無いでしょうか?

最近、バランスボールに興味を持っていますが、、、。

Aベストアンサー

TVで老犬の後脚の筋力トレーニングについて幾つかのやり方を紹介していました。

1、床に並べたペットボトルを跨いで歩く。
2、床に両脇に障害物を置いて後ろ歩きをさせる。

目的は、通常の散歩では使わない筋肉に刺激を与えるということでした。

私が通っている動物病院では、1.5m位の水槽を歩かせるトレーニングもしています。
水槽の床が動くようになっているので犬はその場歩きすることになります。
このトレーニングは、上述のTVでも紹介されていました。

なお、主治医によれば、適切に体重を維持することも大事とのことです。

水槽トレーニングは、少しハードルが高いと思います。
しかし、冒頭の2つはやってやれないものではないでしょう。
一つ試されてはどうでしょうか?

Q受け入れられません。愛犬が末期がんと診断されました

こんばんは。
私は子供の頃から犬を飼っていて、
今は4代目で10歳弱のオスのゴールデンを飼っています。

今年の6月に9歳になるので、そろそろ検査を受けてみようと、犬ドックに行きました。
その時、血液検査をしたようなのですが、全ての項目が正常値で、病院から「大型犬でこの年の子ですべて正常なのは珍しいいですね。健康ですよ。」といわれました。

そして6月末、同じ病院で、健康なうちに発ガン性を低くするためにと、去勢と左胸辺りにあったできもの(脂肪の固まりか良性の腫瘍)を手術しました。

その後の生活での変化は、お散歩の時、最初のおしっこポイントに着く前に歩きながらおしっこがでてしまったりすることが多くなり、年齢と、去勢手術の影響が若干あるのかなと思っていました。

そして、4日前の11/29に、のどあたりに何か引っかかったときにやる「ゲホッ、ゲホッ、・・おえ~」を時々やっていました。
また散歩中、小さな枝かじって、何かのどに引っかかってんだろうなと思ってました。

しかし、それが3日続いた昨日、床に少量の血がありました。
きっと「ゲホッ、ゲホッ、・・おえ~」してる時出たんだろうと思いましたが、食欲だけは旺盛な子が今朝はほとんど食べませんでした。
さすがに心配で、病院に行ったところ、診断結果は末期の癌でした。

えっ?と思い、先生の説明をききました。
どうやら脾臓が大きく腫れており、その中に癌があって、肺や他の臓器に転移しているというのです。
今日の血液検査の結果を見ましたが、6月の犬ドックの時とほとんど変わらない数値で、全て正常値でした。

素人には分かりませんが、臓器の機能低下が見られる欄の数値が下がっていましたが、
それでも正常値の枠内でした。

6月の診断で健康だから去勢等の手術を受けたのに、5ヶ月後に末期がんの診断なんて・・・。
こんなに犬の癌の進行って早いものでしょうか?

こんな状況で、何かおかしいんじゃないか?とお気づきの方いらっしゃいましたら、アドバイスいただけませんか?

宜しくお願いします。

こんばんは。
私は子供の頃から犬を飼っていて、
今は4代目で10歳弱のオスのゴールデンを飼っています。

今年の6月に9歳になるので、そろそろ検査を受けてみようと、犬ドックに行きました。
その時、血液検査をしたようなのですが、全ての項目が正常値で、病院から「大型犬でこの年の子ですべて正常なのは珍しいいですね。健康ですよ。」といわれました。

そして6月末、同じ病院で、健康なうちに発ガン性を低くするためにと、去勢と左胸辺りにあったできもの(脂肪の固まりか良性の腫瘍)を手術しました。...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ちお察しいたします。
私も何ヶ月か前に同じ気持ちでいました。

私の愛犬も癌で亡くしたのですが、最後までほとんど全ての検査
(大学病院でのCT、血液検査、レントゲンなど)で
何の異常も発見できませんでした。
唯一癌だとわかったのは、口の奥に出来ていたものすごく小さな
米粒程度の出来物を病理検査に回した結果のみでした。

最初異変に気付いたのは、今年の3月半ばにやはり同じように
何かを吐き出そうとするような咳でした。
ですが、他はいつものように元気一杯でした。
すぐ病院に行ったものの普通に元気だったのでアレルギー系の
薬を処方されましたが改善されず、4月半ばになると
声が出なくなりました。
4月末に内視鏡検査で口の奥に出来物を見つけ病理検査に出すものの
結果が出たのがゴールデンウィークもあった為、5月の中ごろでした。
そこでようやく扁平上皮癌という悪性の癌だとわかり、
1週間後の5月末に大学病院でCT検査、直接目で確認したり
直接癌があるだろうと思われる部分を触ったり、
あらゆる検査をしたにもかかわらず
何の異常も見つからず癌ではありませんと言われました。
その頃のワンコは、少し食べ物を食べづらくなっていて
お水をほとんど飲むことを拒否していました。
ですが、見た目も元気だしお散歩も喜んで行っていました。

うちの場合は最悪でした。
絶対に癌があるからこそどんどん弱っていっているのに、
検査の結果で異常が見つからないし、CTにも写らない癌となれば
手術も放射線も抗がん剤もなんの治療を行うことができなかったのです。

最後の最後に病理検査のスペシャリストと言われている方に
再度病理検査を依頼することができたのですがやはり扁平上皮癌で
しかも、ものすごい悪性度の高く浸潤性の進行性も早い
最悪な部類の癌だと。。。
診断されたものの、ちょうど結果を聞けたのが
7月1日の亡くなった日でした。

結果、3月の半ばに異変が見つかり5月の末に癌だとわかり
7月1日には亡くなってしまったので気持ちも何もかも追いつきませんでした。

犬の場合は人間の3倍以上の速さで全てが進行します。
人間の1ヶ月が3ヶ月です。
なのでzokkondesu さんのワンコの癌もおかしいとは思いません。
ありえることだと経験上思います。

お気持ちお察しいたします。
私も何ヶ月か前に同じ気持ちでいました。

私の愛犬も癌で亡くしたのですが、最後までほとんど全ての検査
(大学病院でのCT、血液検査、レントゲンなど)で
何の異常も発見できませんでした。
唯一癌だとわかったのは、口の奥に出来ていたものすごく小さな
米粒程度の出来物を病理検査に回した結果のみでした。

最初異変に気付いたのは、今年の3月半ばにやはり同じように
何かを吐き出そうとするような咳でした。
ですが、他はいつものように元気一杯でした。
すぐ病院に行ったも...続きを読む

Q愛犬が亡くなりました。。。

はじめて質問させていただきます。

数日前、15歳の愛犬を亡くしました。とても小さなオスのポメラニアンでした。
亡くなる10日ほど前からほとんど食べてくれず、亡くなる前日は大好物のものさえ口にしようとしませんでした。また、いつもは夜中に起こすと水を飲んだり、オシッコをしたりしてくれていましたが、前日の夜は抱っこされたまま眠ってしまうし、意識がすでに朦朧としていました。

そのときもう永くないという認識はあったものの、あんなに突然息を引き取るとは思ってもいませんでした。看取ったとき、呼吸が苦しそうで本当に辛かったです。最後に大きく息を吸い込んだと思ったら突然亡くなってしまいました。でも、苦しそうだったにもかかわらず、最後は眠ったような表情で亡くなりました。

わが子も同然可愛がってきましたので、深い深い悲しみからなかなか抜け出せません。いなくなって寂しいという気持ちはもちろんですが、天国で幸せに暮らしているのか、(人見知りな性格だったので)お友達はできたのか、(目も耳も不自由になっていたので)守ってくれる誰かはいるのか、等々心配でたまらないのです。

また、火葬をしたことで後悔していることがあります。人間は死後丸一日以上火葬しませんが、犬もそうすべきだということを知らず、死後たったの4時間程度で火葬をお願いしました。獣医さんやお寺の方にお尋ねすればよかったものの、早くしてあげなければいけないものと思い込んでいたのです。亡くなった姿を見ていられなかったし、早くきちんとした逝き場所に連れて行ってあげなくてはという勝手な思いが起こした行動です。

冷たくなり手足は少し硬直していましたが、もしかしたらしばらくして息を吹き返すこともあったのではないかと思うと、なんだか自分が殺してしまったような錯覚をおこし、恐ろしくてたまりません。
辛くてもきちんと現実を受け入れ、十分なお別れの時間を取って、それから火葬してあげるべきでした。取り返しての付かないことをしてしまいました。申し訳ない気持ちでいっぱいです。

混乱して気持ちの整理がつきません。私の考え、行動はやはり間違っていたのでしょうか。
また、とっても可愛がっていたけど、すぐ埋けて/火葬してあげた、という方もいらっしゃったら、お話を聞かせていただきたいと思います。

長文で申し訳ありません。アドバイスをよろしくお願いいたします。

はじめて質問させていただきます。

数日前、15歳の愛犬を亡くしました。とても小さなオスのポメラニアンでした。
亡くなる10日ほど前からほとんど食べてくれず、亡くなる前日は大好物のものさえ口にしようとしませんでした。また、いつもは夜中に起こすと水を飲んだり、オシッコをしたりしてくれていましたが、前日の夜は抱っこされたまま眠ってしまうし、意識がすでに朦朧としていました。

そのときもう永くないという認識はあったものの、あんなに突然息を引き取るとは思ってもいませんでした。看取ったとき、...続きを読む

Aベストアンサー

半年前に高齢のヨーキーを亡くしました。
高齢でしたが、とっても元気でしたので、少し体調を崩してからも、
「これからすべてをかけて介護・看護する」と数ヶ月~もしかしたら1年は
犬に付きっ切りになるだろう、と覚悟したその日にあっけなく旅立ってしまいました。

私も夜の9時に亡くなった愛犬を、次の朝の9時に火葬しました。
最後の夜は一緒に眠りましたが、今巷で多くの人がブログなどに掲載されているように、
亡骸の写真をとったり葬儀の様子を録画したりは一切しませんでした。
ワンコの用品も想い出として残すものは箱に詰め、押入れの奥のほうに即しまいこみました。
病院関係のもの、治療に使ったもの、食欲が亡くなったので試行錯誤でたくさん買い込んでいたえさ、
亡くなる日にたくさん使って汚れてしまったタオルや毛布などは、なくなった夜のうちに処分しました。
ワンコにとても似合っていた洋服や、ぬいぐるみ、リードやハーネスなどは
ワンコと一緒に火葬してもらいました。

もしかしたら、後悔するかも?と思いましたが、半年たった今ではそれでよかったと思っています。
しばらくは、亡くなる直前のワンコの辛そうな姿ばかりが思い出されて辛かったのですが、
時間とともに、一緒に過ごした20年弱の楽しかった事、ワンコの素晴らしかった事、
ほんとうにかわいらしかった姿・・など、本当の意味でのワンコとの想い出ばかりが
思い出されるからです。
もし、亡骸の写真をとっていたら、あんなにすばらしかった月日よりも、あの辛く悲しい
場面がいつまでも私の心を占めていたかもしれません。
ワンコが大好きだったものは、手元に残したい気持ちを抑えて火葬してもらいましたが、
月日がたった今は、寒い日でもあの服があるからさむくないね、とか
お気に入りのぬいぐるみを咥えてお空を走っているのかな?とか考えると心がやすまります(涙)

質問者様も、今はまだワンちゃんが旅立って日も浅いので、亡くなった衝撃の印象が強いのは
当然だと思います。
でも、わんちゃんはあなたに別れの悲しみを与えるために15年間一緒に過ごしてくれたわけでは
ないですよね。
一緒に暮らした日々がどれだけ、素晴らしくあなたを成長させてくれたか、そしてワンちゃんが
とても幸せだった事が、月日とともにあなたの心を満たしてくれると思いますよ。

半年前に高齢のヨーキーを亡くしました。
高齢でしたが、とっても元気でしたので、少し体調を崩してからも、
「これからすべてをかけて介護・看護する」と数ヶ月~もしかしたら1年は
犬に付きっ切りになるだろう、と覚悟したその日にあっけなく旅立ってしまいました。

私も夜の9時に亡くなった愛犬を、次の朝の9時に火葬しました。
最後の夜は一緒に眠りましたが、今巷で多くの人がブログなどに掲載されているように、
亡骸の写真をとったり葬儀の様子を録画したりは一切しませんでした。
ワンコの用品も想い...続きを読む


人気Q&Aランキング