私は法に詳しくないですが、自分なりのポリシーがあって、こういう時にはこうしようと漠然と意識しています。極論ですが、大小関わらずトラブルを避ける性癖がついてしまいました。
そこで質問ですが、仕事関係でもプライベートでも、日頃から、例えば不利な状況を避ける意味で、結果的に証拠として残す意味で、意識的にひとの音声や映像を記録しておく(勿論自分以外に公表したりはしない)ことはOKでしょうか?
業者なんかは例えば監視カメラ設置とかしますよね。
また、OKだとしても、記録用機器を相手に見せておかなくてはいけないんでしょうか?
また逆に、映画なんかでも、無意識に拾われた音や画が決定的な証拠として生きる場面がありますよね。
問題は収録行為が故意か否かだとしても、その故意性をどうやって証明するかってことなのかななんてことも考えますが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

録画はどうかとして、録音程度ならOKなんじゃないですか?


むしろ、常に録音しておけばいざという時に絶対に有利になると思います。賢い生き方だと思いますけど。

一般素人でした。
    • good
    • 0

>結果的に証拠として残す意味で、意識的にひとの音声や映像を記録しておく(勿論自分以外に公表したりはしない)ことはOKでしょうか?



場所にもよりますが、マズイ場合があります。憲法13条で保障される肖像権侵害で訴えられてもしりませんっすよ。参考程度に、憲法の判例百選20番に京都府学連事件ってのがあります。正当な理由も無いのに個人の容貌を撮影するのは許されないですしね。ま、公権力たる警察官が写真とっていた場合なので憲法が直接適用されてますが、私人間であれば、間接効力説とって、民法709条に憲法の趣旨を盛り込んで判断されるので、不法行為責任が問われ、損害賠償請求されるのではないでしょうか。

公道であれば、防犯上可能だと思うのですが、程度によりけりです。公道であっても、対面の他人の玄関が常時監視できるような状態になっていれば、まずいんですよね。

>問題は収録行為が故意か否かだとしても、その故意性をどうやって証明するかってことなのかななんてことも考えますが。

故意性ってなんでしょうか?民事訴訟なら、証拠として本人と相手方の会話の録音テープは問題ありません。刑事訴訟でも、本人が入っていれば証拠として大丈夫だと思います。しかし、盗聴していた場合の録音テープは違法収集証拠として、証拠排除されると思うので、証拠能力が否定されて裁判で取り上げてくれないと思います。
具体的には警官が容疑者を殴って、ポケットに手を突っ込んで、中の物を掴み出して、それが覚醒剤だったとします。そこで、覚醒剤所持罪で起訴されたとしても、確実に無罪になります。事実として覚醒剤を持っていたのが明らかなのですが、違法に収集した証拠は司法の廉潔性確保のため、将来適正な捜査を担保するため、証拠排除されるということです。

証人も立派な証拠になります。いろいろ制約は付きますけども、民事でも刑事でも。胸元にマイクをこっそり忍び込ませて、常時録音しておく程度なら、証拠保全にいいのではないでしょうか。決して、盗聴したり、写真やビデオで他人を撮りまくることのないようにって思います。某司法試験受験生のたわ言でした。乱文ごめんなさいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

〉本人が入っていれば証拠として大丈夫だと思います。胸元にマイクをこっそり忍び込ませて、常時録音しておく程度なら、証拠保全にいいのではないでしょうか。決して、盗聴したり、写真やビデオで他人を撮りまくることのないように。

以上から察するに、今の私なら、MDウォークマンを、いざって時に録音できるようスタンバってればいいのかななんておもいますが。勿論自分が参加している環境での収録のためですが。
単に、突発的なヒトとのトラブルを避けたいというのが基本主旨なんで。
こんなんでまちがいないでしょうか?
御教授ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/13 12:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発言記録は証拠品になるか?

元社員が社長の給料未払い等でモメています。
元社員は幾度となく催促するのですが
そのつど社長の発言は二転三転します。

そこで元社員はイザというとき(裁判)のために
ポケットに録音機を忍ばせて
社長の発言を録音しておこうと考えました。


ここで質問です。
この会話内容は証拠品として認められますか?

Aベストアンサー

 その録音内容は、重要な証拠品となります。このような事案の場合には、言った、言わない、聞いていない、などの水掛け論となって、結局あやふやなままで終わってしまう場合がありますが、動かぬ証拠になります。

 裁判という方法もありますが、社長と元社員との問題ですので、できれば話し合いで解決が出来ればよいのですが、難しい場合には労働基準監督署や、都道府県庁の労働局総務部企画室で、弁護士や大学教授などで構成する紛争調整委員会が無料で解決をしてくれます。

Q妹が特別受益をうけた古い記録は、証拠として有効か

現在、相続調停中。
 相続人は、私と妹。
妹は、昭和61年、家を建てるというので、、故両親が、あちこちの金融機関に預けていた定期預金をいくつか解約し、合計1200万程妹に生前贈与をしました。
 私は、両親といっしょに、商売をやっており、会社の経理、両親の家計を、管理していました。
 私は、大学で法学部に、学びました。数十年後、相続で、妹が、相続で法定相続分を要求するのを想定して、妹の特別受益を、記録に取っておこうと、思いました。
 その当時の我が家の、預金の預金一欄表を、私が、所持しています。
その一欄表には、両親が、妹の住宅資金のために、定期を解約したというおびただしいメモ書き「何年何月何日,マルマル銀行マルマル支店、敵ナンバー00000、金額0000円、妹の住宅支払のため解約」等が、記載されています。
 また、私は、その当時、定期をいれていたフアイルを、保管しています。そして、フアイルの台紙にも、定期を解約するつど、その解約した定期証書の台紙に、一覧表と同じメモが、記載されています。
 その一欄表は、綴じ込みのホチキスの針もさびついており、その錆のシミが、その表の紙面ににじんでおり、相続後に捏造されたものではないのが、一目瞭然です。
 問題は、筆跡が私のものが、ほとんどで、両親の筆跡がないことです。
 そして、私は、各銀行にいき、両親が住宅資金の援助のために、結婚前の姓名でつくられた妹名義の定期の存在を証明してほしいといったのですが、数十年前のことなので、証明を拒否されたのです。
 このメモは、調停委員からは、完無視されましたが、(調停委員は、均分相続の方向に流れをつくろうとしているようだ)審判で、妹の特別受益の証拠として主張したいのですが、無理でしょうか。

現在、相続調停中。
 相続人は、私と妹。
妹は、昭和61年、家を建てるというので、、故両親が、あちこちの金融機関に預けていた定期預金をいくつか解約し、合計1200万程妹に生前贈与をしました。
 私は、両親といっしょに、商売をやっており、会社の経理、両親の家計を、管理していました。
 私は、大学で法学部に、学びました。数十年後、相続で、妹が、相続で法定相続分を要求するのを想定して、妹の特別受益を、記録に取っておこうと、思いました。
 その当時の我が家の、預金の預金一欄表を、私が、...続きを読む

Aベストアンサー

法学部に学んだ....と書くほどなら法律的な知識も少しはあると思うのですが....。
証拠を認めるかどうかは裁判所の判断なのでは?
仮にここで「証拠として認められる」という回答があっても裁判所で認められなければ意味はありませんし、その逆もあるでしょう。
証拠として主張するだけはしてみても損はないと思います。認められるかどうかは別だとしても。

Q民事 相手に証拠(電話の発信記録)提出を求めたい

本人訴訟(貸金請求)を起こしました。当方原告です。
(正確に書くと、原告は私の身内です)
訴状を送り、答弁書が送られてきたところです。

【訴状の概要】
○円貸した。
毎月返済するとの契約書を交わしたが、○月を最後に入金が途絶えた。
契約書○条に反したので、元金と、契約書に定めた損害遅延金を請求する。

↓契約書○条 当該部分要約
【支払いが相応の理由無く1回でも遅れた場合、期限の利益を失い、残金+損害遅延金を直ちに支払うこと】

【答弁書】
○月の支払いをしなかったことは認める。
しかし支払期日の前、○月○日原告に電話をし、支払いが遅れることを話し、原告の了承を得た。
よって、【相応の理由無く遅れた】には該当しない。

この答弁書に反論したいのです。
○月○日に電話を受けた事実は無く、【支払いが遅れる~了承を得た】というのも全くのデタラメです。
相手にも弁護士はついていないようです。
「適当に書いてもばれないだろう」くらいの勢いだと思います。(そういう性格の人だし・・・)

(準備書面にて、上記を説明することしかできないのか・・・
 相手の言い分をバッサリ切り崩したい・・・)←心の声

そこで質問なのです。
電話会社から発信記録でも取れればと思うのですが、裁判所からの指示があれば取れるとの話をネットで見かけました。
準備書面にてその旨(証拠として発信記録の提出を求める等)記載すれば良いのでしょうか?
また他に良い方法等ありましたらご教示ください。
 
アドバイスよろしくお願いいたします。

本人訴訟(貸金請求)を起こしました。当方原告です。
(正確に書くと、原告は私の身内です)
訴状を送り、答弁書が送られてきたところです。

【訴状の概要】
○円貸した。
毎月返済するとの契約書を交わしたが、○月を最後に入金が途絶えた。
契約書○条に反したので、元金と、契約書に定めた損害遅延金を請求する。

↓契約書○条 当該部分要約
【支払いが相応の理由無く1回でも遅れた場合、期限の利益を失い、残金+損害遅延金を直ちに支払うこと】

【答弁書】
○月の支払いをしなかったことは認める。
しかし支払...続きを読む

Aベストアンサー

その「裁判所からの指示があれば」と言いますが、そのためには、「証拠申出書」と言う書面を提出し、裁判所が、これを採用しないとならないことになっています。
今回の場合は、間違いなく採用してもらえません。申請しても無駄です。
何故ならば、今回の争いは、残金があるかどうかは、争いとなってはいません。
争いは、期限の利益が喪失しているかどうかです。
被告は、「債権者の承諾を得たので期限の利益は喪失していない。」と言うことですから、
原告(債権者)で「承諾していない。」と言うことだけでいいです。
「期限の利益は喪失していない。」と言う証拠は被告(債務者)の方ですべき事案です。

Aベストアンサー

提出させること出来ますよ。
但し法的に裁判進行上必要なんだという裁判所の命令が必要です。

Q強盗の故意と詐欺の故意

Aが、飲食店に、ご飯を食べたらお店の人に暴行して金を払わず逃走しようと思って入店し、思惑通りご飯を食べた後お店の人に暴行して、反抗する意思を失わせた後逃走したら、強盗利得罪が成立しますよね。
それとは別に、払う気がないのに飲食物を注文した時点で、一項詐欺罪も成立するのでしょうか。詐欺の故意があったと見れるかどうかが問題だと思うのですが、故意の成立には構成要件該当事実の認識が必要であるとすると、上の例では、Cは「人を欺」く故意はないので、構成要件該当事実の認識に欠けていることになりますよね。そして、暴行・脅迫により財物を奪取することと、騙して交付させることとは、性質の違うものだと思うので、強盗の故意の中に詐欺の故意を含めて考えることも出来ないと思います。
でも、詐欺罪が成立するとする説もあるみたいなんですが、それはいったいどういう風に論理構成すれば可能なのでしょうか。そして、もし成立するとすれば、罪数処理はどうなるのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>上の例では、Cは「人を欺」く故意はないので、

 このような無銭飲食の場合における欺罔行為は何でしょうか。それは代金を支払うことを装って注文をすることです。店の人を暴行して金を払わず逃走しようと思っていたとしても、「代金を支払うことを装って注文する」という行為自体を認識しているのですから、故意がないとはいえないでしょう。

>もし成立するとすれば、罪数処理はどうなるのでしょうか。よろしくお願いします。

 これはいろいろな考え方があるでしょう。財物(注文の飲食物)と代金の支払を逃れるという財産的利益とは別の法益であるのだから、1項詐欺罪と2項強盗罪が成立すると考えることができます。ただし、併合罪とみるか、包括一罪(最決昭和61年11月18日刑集第40巻7号523頁参照)とみるかは争いがあるでしょう。
 一方、1項詐欺罪が成立する以上、財産罪としての評価は尽くされたとみれば、1項詐欺罪の他に2項強盗罪の成立を認めるのは妥当ではないので、1項詐欺罪と暴行罪が成立し、併合罪になると考えられます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報