あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

H.Kリッチという韓国の企業が年利8.5%で1年に1回分配金を出すという、出資金募集をしていることが、ホームページでわかりました。とても魅力的に見えますが、外国の私企業に投資するわけですから、MRIと同様にハイリスクなんでしょうね。でも、これに投資している方っているんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

過去にこの様な質問がありました。



http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1038847
会社が違いますが韓国私企業で年利は8.5%です。
参考になると思います。

私は信用しませんけど。(NO2)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはりふつうの人は信じないですよね。
でも、韓国の別の企業で、年利がまったく同じ8.5%って、あやしいですね。もしかすると、同じ人物が別の会社名を使って同じようなことをしているのかも・・・。
いい参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/09 00:56

>MRIと同様にハイリスクなんでしょうね・・・・・


H・Kリッチについてはよく調べていないので、真偽を言う資格はありませんが、
MRIがこれらと決定的に違うのは預かったお金を再運用して投資家に分配するのでなく、
投資金は医療保険請求業務に対してのみ使われ、その回収差を分配するものです、
預かったお金はエスクロー制度により管理されています。
会社が回収業務さえまともに行えば分配リスクは低いもので
会社設立以来25年間この業務をしており、類似会社は米国では約2000ある普通の会社です。
これからは金融会社をとうさないで、直接投資が増えると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、MRIは投資金の使途がとても明瞭ですね。
H.Kリッチという韓国の企業は不動産を担保に企業に資金を貸すという、バブル時代の日本の銀行と同じようなことをしているようです。会社のホームページなどによると、韓国は貸出金利の上限がない状態なので、高金利の配当も可能ということです。でも、当然100%安全なことはありえないですよね。
それに、どちらの方がより投資金の使途とがはっきりしているかというと、いうまでもなくMRIですね。
こうして比較してみると、それぞれの特徴がよりはっきりとわかりますね。
よい参考意見をいただき、ありがとうございました。
 

お礼日時:2005/07/09 01:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング