現在、日銀の金融政策について調べています。その手段の一つに「預金準備率操作」というのがあるらしいのですが、
質問1 今の預金準備率はいくらですか?
質問2 今の預金準備率は高いと言えるのですか、低いと言えるのですか
質問3 最近、預金準備率操作はあまり用いられていないと聞きましたが、それはなぜですか。
質問4 今の預金準備率はいつから適用されているのですか。(至近ではいつ変更になったのですか)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

既に御存知と思いますが、金融政策としての預金準備率の意味に、念の為下に参考URLを入れておきます。

要すれば、
・ 預金準備そのものは、銀行の資金繰りが逼迫した際の予備として、別にとって置かせるもの
・ 準備率の増減には(仕組みそのものとしては)マネーサプライを動かす効果はある、
って事です。

質問1&4
日銀のHPをご覧下さい。
http://www.boj.or.jp/siryo/stat/junbi.htm

質問3
あくまで私個人の理解ですが、民間銀行間の貸し借りや国債売買のマーケットが小さかった時代は、直接的かつ強制的に民間銀行から資金を吸い上げたりする事でマネーサプライをコントロールしようとする事に意味がありましたが、今のようにインターバンクの資金のやりとりや国債売買の市場が大きくなると、日銀が国債を市場で売買する(いわゆる買いオペ、売りオペ)等で、資金の吸収・放出をした方が遥かに機動的にできるので、預金準備率を使う意味がなくなってしまったのだと思います。
また、国債の売買だと、日銀はマーケット全体に対して資金の調節をするだけで、民間銀行間の過不足は市場で調整されますが、預金準備率は、業態毎預金毎には一律になってしまうのも欠点といえると思います。

質問2
たぶん高くはないんだろうとは思います。しかし、そもそも調節手段としてほとんど意味がなくなっているので、あまり悩む意味はないでしょう。

参考URL:http://www.nomura.co.jp/terms/ya-gyo/yokinjyunbi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「自信なし」と言いつつバッチリのお答えをいただき、ありがとうございました。日銀のホームページは見たつもりだったのですが、もっとよく探せば答が見つかってたのですね。ありがとうございました。お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/10/22 13:39

●預金準備率とは 破綻した銀行が預金者に預金額を保障できるように


 安全範囲として 按配しているだけのことです。

●経済的な アクティブ要素は 何もありません。
 この項目は 研究するだけ 無駄ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「按分している」と言うことは金融機関によって預金準備率は違うということでしょうか、まあいずれにせよ、この項目は研究するだけ無駄のようですね。

お礼日時:2001/10/22 13:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジェニファー・コネリーの映画の題名

ジェニファー・コネリーの映画の題名

添付ファイルしか情報がありません。
よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

「レクイエム・フォー・ドリーム」ではないでしょうか。
http://movie.walkerplus.com/mv31984/

製作は2000年。監督はダーレン・アロノフスキー。意志の弱さから転落人生まっしぐらになる4人の男女が味わう地獄のような日々を、強烈な音楽と映像で描く野心作です。

特に麻薬中毒患者が見る「映像」の描写は圧倒的です。

Q支払準備率操作・預金準備率操作の影響について

預金準備操作の金利・為替レートへの影響について以下で良いのでしょうか?
金利の影響:好景気のとき預金準備率が上がる→金利が低下する。

金利の影響:不景気のとき預金準備率は下がる→金融が緩和し金利が上昇する。

為替レート:預金準備率が上がったとき→為替レートが上がる。円高ドル安に進む。

為替レート:預金準備率が下がったとき→為替レートが下がる。円安ドル高に進む。

Aベストアンサー

 結論から言えば、「準備率の変更は実態経済に大きな影響を与えない」です。日本の経済学の教科書の説明に従えば次のようになるでしょう。
 好景気のときは日銀が準備率を上げる⇒銀行は準備金負担により金利を上げる⇒金利が高い円を持とうと円買いが進み円高となる(円高ドル安に進む)。
 しかし別の可能性もある。好景気のときは日銀が準備率を上げる⇒銀行は準備金負担により金利を上げる⇒金利が高いのでいずれ日本の景気は低迷するだろう⇒今の内に円を売っておこう(円安ドル高に進む)。
 実際の準備率は、日本の教科書ではほとんど10%と書いてありますが、実際は1.3%程度。http://www.boj.or.jp/type/stat/boj_stat/junbi.htm アメリカでは8~14。
 「日銀が準備率を上げると、銀行は準備金の負担のため金利を上げる」が教科書の説明ですが、実際は、大きな影響はない。もし銀行が10億円の融資をすると、それに伴う準備金の負担は50万円程度です。 これらの仕組み、数字を理解していなかったために、「岩田・翁論争」というピント外れの論争が起きてました。いろんなケースを想定して計算してみて下さい。

 結論から言えば、「準備率の変更は実態経済に大きな影響を与えない」です。日本の経済学の教科書の説明に従えば次のようになるでしょう。
 好景気のときは日銀が準備率を上げる⇒銀行は準備金負担により金利を上げる⇒金利が高い円を持とうと円買いが進み円高となる(円高ドル安に進む)。
 しかし別の可能性もある。好景気のときは日銀が準備率を上げる⇒銀行は準備金負担により金利を上げる⇒金利が高いのでいずれ日本の景気は低迷するだろう⇒今の内に円を売っておこう(円安ドル高に進む)。
 実際の準備率...続きを読む

Qジェニファー・コネリーとデビッド・ボウイが出てた映画

かなり前の映画ですが、ジェニファー・コネリーが継母とうまくいっていない少女で、「弟なんていなくなればいい」と願ったら、デビッド・ボウイの魔王に弟を連れていかれてしまって、それを取り戻すための冒険をする・・・という内容だったと思います。
DVDかビデオでもう一回観たいのですが、題名がわかりません。Amazonでも調べましたが、DVD化されていないらしく見つかりませんでした。
どなたかご記憶の方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ラビリンス ここまで自信あり
魔宮の伝説・・・ ここは自信なし。

Q日銀の金融政策 公定歩合操作について

教えてください。金融資格を受験する予定で勉強していますが、
種類の違う参考書が2冊あり(共に19年度版)、1冊には日銀の金融政策は、
(1)公定歩合操作
(2)預金準備率操作
(3)公開市場操作 の3つがあげられていますが、もう1冊の方は(1)公定歩合操作が除かれていて、(2)と(3)だけです。一体どっちが正しいんでしょうか?

Aベストアンサー

公定歩合操作は2つの効果を目的に行われています。この内の一つである直接的な金利指標としての効果(コスト効果)は、金融の自由化に伴い日本ではほとんど失われていますが、もう一方の中央銀行の姿勢を示すという効果(アナウンスメント効果)を狙った公定歩合操作は、今年に入ってからも公定歩合操作は行われているので、残っていると見るのが妥当でしょう。
まぁ、名前は変わりましたがね。

というわけで三つ全部あるのが正解。

Qテレビではアニメ、映画では実写の理由

 最近、テレビではアニメ、映画では実写にするパターンの作品が多いが、何か理由でもあるのでしょうか。
 特に実写映画でヒットした作品(NANA、デスノート等)をドラマではなくアニメにする理由がわかりません。
 ドラマだったらアニメより3~4倍の視聴率は稼げるはずなのに・・・

Aベストアンサー

既に回答は出揃ってますが、映画がアニメでなく実写である理由をちょっとだけ。
アニメというのは基本「子供の見るもの」というイメージが今でもあります。
中学・高校生にもなってアニメを見ていると「ヲタク」と後ろ指をさされたりする事もある位です。
どんなに内容がいいアニメでも、アニメというだけで観ない人は多いです。
映画の興行収入は観客がどの程度入ったかで決まります。
間口が狭まるアニメを作るより、実写にした方が、普段原作の漫画やアニメに全く興味のない層も見てくれます。
(原作のファンは逆に見てくれないかもしれませんが)
そこで、原作が漫画と知り、普段読まない漫画を買ってくれる可能性もあります。
アニメより実写の方が、外国で配給もしやすいですしね。

Q日銀が国債を買えば日銀当座預金残高は無限に増えるか

黒田日銀総裁は2014年度末には日銀当座預金残高を175兆円にするという目標を発表しました。これは主に国債を日銀が市場から買うことによって実現するというシナリオのようです。素朴な疑問ですが、日銀に銀行が国債を売ったとして、現金を受け取ったとします。銀行はそれを日銀当座預金に預けておくだけでは0.1%の利子しかつかなくて、それだったら国債を持っていたほうが利子が大きいことになるのではないでしょうか。だから銀行はそのような取引はしない。国債よりももっと高い利子の金融商品に乗り換える、あるいは融資に回すことができるなら国債を日銀に売ってもよいがそうでなければ売らないのではないでしょうか。その場合は日銀は市場から十分な国債を買うことが出来ず、日銀当座預金も増えないことになります。

もちろん土地や株への投資が進むとか、景気が回復して融資が伸びるとかあれば国債を日銀が大量に買えるかもしれません。でもその場合、銀行は日銀当座預金から引き出して使うのですから、やはり日銀当座預金は増えないということになりませんか。

Aベストアンサー

> 素朴な疑問ですが、日銀に銀行が国債を売ったとして、現金を受け取ったとします。銀行はそれを日銀当座預金に預けておくだけでは0.1%の利子しかつかなくて、それだったら国債を持っていたほうが利子が大きいことになるのではないでしょうか。

#1の回答では利子がつかないということを言っていますが、現状ではついています。いわゆる「付利」と呼ばれるもので、現在では年0.1%となっています。この金利は国債の金利(10年国債の利回りベースで0.45%程度)よりも低いため、そのまま当座に預けたままでは、国債を持っていた方が金利が大きくなります。

したがって、国債を日銀が買い入れた代金を引き出してどこかに投資するか再度国債を購入するか、何らかの方法で投資を行うことが期待されています。その過程で、例えば投資が活性化し経済が活性化することによる物価上昇や、国債の増発を政府が行っても支えられることが期待されています。

とはいえ、限度があります。ざっくりといって日本の市中銀行は大体400兆円ほどの国債を保有しています。なので、上限は最大で400兆円です。
国債を買い入れるとして、現在、日銀当座の残高は45兆円ほどなので、175兆円までは130兆円ほど買い増さなければなりません。したがって、少なくとも3割、引き出し分を考慮すれば半分近くの国債を購入することになります。

これが可能か、ということですが、買いオペは現在は現先取引で行われています(これを変えるとは聞いていませんので)。
この方法では、一定期間後に売ることが定められていますので、実質的には日銀が国債を担保にお金を貸しているのと同じようなものです。また、売り直す価格を操作することで、国債を持ち続けた場合と同じかそれ以上の利回り(用語の使い方が少しおかしいけれども)にすることも可能です。
したがって、可能か不可能か、ということであれば、市中銀行側の事情からは可能です。


因みに。
> 準備預金制度というのがあって、銀行は預金規模(銀行にすれば借金)の一定割合を日銀に預けることが義務付けられています。

というのは、結構古い話です。実際には、近年の銀行は準備に必要な額の2倍~3倍程度を預けています。
http://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/cabs/jcabs.pdf

> 素朴な疑問ですが、日銀に銀行が国債を売ったとして、現金を受け取ったとします。銀行はそれを日銀当座預金に預けておくだけでは0.1%の利子しかつかなくて、それだったら国債を持っていたほうが利子が大きいことになるのではないでしょうか。

#1の回答では利子がつかないということを言っていますが、現状ではついています。いわゆる「付利」と呼ばれるもので、現在では年0.1%となっています。この金利は国債の金利(10年国債の利回りベースで0.45%程度)よりも低いため、そのまま当座に預けたままでは、...続きを読む

Q反日映画「パッチギ」に文化庁が3000万円の金額を支援した理由は?

文化庁は日本の省庁のはずだが、韓国・在日朝鮮人合作映画と云うべき「あなたを忘れない」に3000万円を寄贈し、
今回もこのような反日映画「パッチギ」に「3000万円」を拠出したとのことです。
私たちの税金から反日映画に計6000万円も使われています。

文化庁は反日映画「パッチギ」に3000万円を拠出した理由を知っていますか?
シネカノンの親会社の「朝鮮総連」からの脅しがあったのでしょうか?

日本の省庁である文化庁から、2つの反日映画「あなたを忘れない」「パッチギ」に計6000万円もの税金を使っているとは信じられないので質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

文化芸術振興費補助金制度、というものが毎年ありまして、一定の条件(映画の公開に関することとか、製作会社側が用意する製作費など)を満たして応募すれば、どんな作品も審査対象になります。
てなわけで「パッチギ」は応募した作品の中から、助成金の対象に選ばれたということになります。
ちなみに審査員は映画評論家や製作者など映画関係者がほとんどです。
そのむかし、応募して対象にされなかった苦い経験がありまする(^_^;)
http://www.bunka.go.jp/1bungei/19_hojokin_boshu.html

Q日銀の量的緩和政策解除とはゼロ金利政策終了と同じ意味ですか

今日のニュースで日本商工会議所会頭の山口さんが、「量的緩和政策解除は適切であるが、当分の間はゼロ金利は維持してもらいたい」と述べたとの報道がありましたが、
量的緩和政策を解除するということはゼロ金利政策を終了するということとは違うのですか?
量的緩和政策を解除してゼロ金利を維持したり公定歩合をゼロに維持するということは、日銀が何をどうすればそのようなことが実現するんですか。山口さんが日銀にして欲しいと言ってることは具体的に言うとどういうことなのか、金融に詳しい方、教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

量的緩和政策は日銀が銀行がもつ国債を買い取ることにより銀行に余剰資金を供給して翌日物コールレートをゼロに誘導していました。
今回量的緩和政策を解除するということは、この日銀による国債の買取をやめることになります。そうすると、日銀による資金供給がストップしますので、コール市場の金利は上昇するはずです。
しかし、ゼロ金利は継続しますので、そのためには、別の方法で資金供給を続けなくてはなりません。
その方法とは日銀の公定歩合(0.1%)による貸出しだと思います。この方法により資金供給をおこない、コール市場金利をゼロに誘導するのだと思います。

Q映画「野獣狩り」のDVD化されない理由

藤岡弘主演の、「野獣狩り」をどうしても見たいとずっと思っていますが、
上映されることがあっても映画館がかなり遠方だったり、
知らないうちにテレビで放映されていたりと
いまだに見ることが叶いません。

この映画がソフト化されない理由に、「権利関係」ということを耳にしたのですが、
実際のところ理由は何なのでしょうか。
またこの作品は永遠にDVD化されないのでしょうか。

ご存知の方いらっしゃいましたらご回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

東宝映画「野獣狩り」の理由は不明ですが、一般論で
お答えします。製作会社は、映画を興行(映画館で上映)する
だけではなく、常に、二次使用を考えて、製作することが多く
なりました。二次使用の主なものは、セルレンタルのDVD化や
地上波、BSCS衛星による放送権、インターネットによる配信
などですが、当然、興行をしたからには、なんら法律的には問題
はないはずです。ですので、製作会社の考えや自主規制ではないか
と思われます。権利は、製作会社が所有していますが、二次使用に
ついては、映画ごとに、それぞれ契約が異なりますので、一概には
いえませんが、監督脚本音楽など「著作権所有者」には、決められた
パーセントで支払う契約になっていることが多いので問題はないと
思います。

結論を一言でいえば、今の時期に、DVDを発売しても売れない
からでしょう。なかには、放送禁止用語があったとしても、
投書などがあったら困るな程度で、自主規制をして、声を消したり
する処理をすればよいことです。
現在のDVD視聴層の多くは、40代くらいまでの若者が中心。
映画をリアルタイムで見た年齢層の多くは、まだ再生機器すら
ない状態です。若い人は古い映画は見ない、でしょうから発売
にならないのも当然なのかもしれません。十年後くらいには?

東宝映画「野獣狩り」の理由は不明ですが、一般論で
お答えします。製作会社は、映画を興行(映画館で上映)する
だけではなく、常に、二次使用を考えて、製作することが多く
なりました。二次使用の主なものは、セルレンタルのDVD化や
地上波、BSCS衛星による放送権、インターネットによる配信
などですが、当然、興行をしたからには、なんら法律的には問題
はないはずです。ですので、製作会社の考えや自主規制ではないか
と思われます。権利は、製作会社が所有していますが、二次使用に
ついては...続きを読む

Q支払準備金と日銀当座預金のちがい

支払準備金と日銀当座預金のちがいってなんですか

Aベストアンサー

質問の「支払準備金」が、預金準備制度におけるそれであれば、支払準備と日銀当座預金の関係は、「支払準備として、日銀当座預金に一定残高(平均)を積まなければならない」という事です。結果としての当座預金残高の一部が、支払準備金だった、とも言えるでしょう。これで答えになりますか??

(おまけ)
・質問されるときは、「的が絞れる」程度に説明を加えた方が、答える方としては楽です。
・「日銀あるいは通貨」シリーズで複数の質問をされていますが、疑問がとけたら頃合を見計らって、締め切ってくださいね。(回答した側としては、もっと何か書いた方が良いのか、悩む事もあるんで…)

参考URL:http://www.tradition-net.co.jp/kouza/kinyu_kouza/kinyu_7.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報